せりしゅんや的アマボク通信

中国が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。

November 2008

(写真:07年世界選手権に向け、トレーニングに励んでいた頃のビジェンダール。日本勢では須佐勝明を高く評価していた)  ちょっと女子の記事をまとめている間に、インド初の五輪ボクシング競技メダリスト(ミドル級・銅)になったビジェンダール・シンのバラエティ番組 ...

 今月の全日本選手権で、北京五輪以来の試合をこなしたライトウェルター級の川内将嗣(自体校)が、第1回AIBAワールド杯に出場する。大会はモスクワで、12月15日から開催予定だ。  AIBAワールド杯とは、各階級のトップ8を集めてトーナメントを開く新イベント。この招待 ...

   中国つながりで05年世界選手権の写真を――。  四川省・綿陽で開かれたこの大会に出場した日本代表は、ライトフライ級・大久保賢児、フライ級・五十嵐俊幸、バンタム級・清水聡、ライトウェルター級・深石恭夫、ウェルター級・平野義幸、ミドル級・村田諒太。アテネ ...

 会場に向かうカザフスタン・チーム。試合前の体操、シャドー、ミット打ちこそ、世界屈指の実力を誇る男子代表に生き写しだった。だが、使い方まではつかめていないのか、試合では、ほとんど鳴りを潜めて敗戦続き…。対戦相手は試合中、「嬉しい拍子抜け」をしていたかも? ...

<その零> (写真:開催2年前の中国・北京五輪会場。1990年アジア大会時の建造物が残っていた)  月曜日までの3連休を使って、中国・寧波(ニンポー)の世界女子選手権会場に行くことにした。  相変わらず、海外への出発前日は興奮して寝られない。そこで毎度、試 ...

「女子って、全然恵まれていないけど、すごく頑張っていますよね。俺とかは給料をもらって、ボクシングをやれていますけど、女子は有給を取って自腹出場っすよ。それでも向上心が強くて、男子の練習に自主的に参加して…、マジで敬礼です。世界選手権、頑張って欲しいです」 ...

 世界女子選手権に出場する日本代表勢が、会場のある中国・寧波に到着した。写真は、たまに指導をしていたフェザー級・水野知里(みぎわ保育園)からの頂きモノ。  日本初となる出場メンバーは、ピン級・耵本里沙(大阪国際大短大学部)、ライトフライ級・池原久美子(正 ...

 モスクワで、当地区のトップアマ・チームを取材した日の夕刻、同行していた国営通信社の記者に、一通の電話が入った。 「アレクサンドル・バクティンという男が、よろしくだそうです」  この国でアレクサンドルの名を持つ者は、普段、“サーシャ”の愛称で慕われる。ア ...

 AIBA広報『Boxing News』の第3号(08年7、8、9月号)が、同協会の公式サイトからダウンロードできるようになった。メインは、もちろんオリンピック関連のニュース。 →こちら ...

↑このページのトップヘ