せりしゅんや的アマボク通信

中国が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。

January 2009

(写真:右が正山。左は福岡県の同期で日体大に進学した金光勝治。彼の営むこの中州の居酒屋を見つけたら「ボクシングをやっていました」で、20%オフです)  仕事も遊びも人の2倍、3倍。全力投球な社会人生活の中でも、アテネ五輪フェザー級代表候補・正山照門(中大OB) ...

 1月14日から23日までキューバのグアンタナモ湾で行われた同国選手権大会では、表彰台入りをした7選手が、オリンピックや世界ユース選手権のメダリスト。スター選手のパレードとなった。 [ライトフライ級] 優勝:Yunior Hechevarría 準優勝:Daniel Matellón [フラ ...

 拓大の寮より、食事を終えたばかりのポイントゲッター2人。  写真左の杉浦剛史は、ライト級の全日本王者。直前の国体で、佐藤一喜(自体校)に破れたものの、全日本選手権の決勝では、その佐藤がケガをして不戦勝。実力を証明しないまま、日本一となってしまった。 「 ...

 北京五輪前につくられた清水聡(駒大・同五輪フェザー級日本代表)の特製Tシャツ。このマッチョ…、いつ見ても、プレミアムな風格だ。  オリンピアン輩出の勢いに乗るべく、昨年はこのTシャツを着て関東リーグ戦に望んだ駒大ボクシング部。清水先輩のその意志が、彼ら ...

 カンボジア選手権の会場にいた少女。背負った袋には大量の空き缶。客が投げ捨てらた空き缶を拾うのが、彼女のアルバイトなのだ。  ふとコーラを飲み干した男性が、その缶を彼女に手渡した。すると彼女は、残った水滴を吸い込み、満面の笑みで兄弟たちに自慢する。  こ ...

 フィリピンの首都マニラから、北に車で6時間の街バギオ。山奥にあるこの街で、集合タクシー「ジープニー」を背にしている3人は、ボクシング合宿をするフィリピンのトップ選手たち。  バギオでの合宿には、高地特有の酸素の薄さと、遊びでの誘惑が少ないという利がある。 ...

 東京から来た自分に、地元福岡を案内してくれる車の中。 「プロもアマも、喧嘩しきれるボクサーが減ったねぇ」 と、変わらぬ喧嘩論を語り始めたのは、アテネ五輪フェザー級代表候補の正山照門だ。  昨年末に不動産関係の会社を辞め、正山は福岡で転職中の身だった。そ ...

 猫背で表彰式会場をウロウロしていたのは、敢闘賞の高校ライト級3冠王・戸田健樹(巻総合高)。 「清水(聡)さんや川内(将嗣)さんとお近づきになりたかったんですけど、オーラが凄かったんで…」  栄誉ある受賞だが(ちなみに本当は、新鋭賞だったらしい)、「一生分 ...

 写真左のプロ部門新鋭賞・佐藤幸治(帝拳)は、アテネ五輪1次予選で、目じりから出血して敗退。写真右のアマ部門優秀賞・清水聡(駒大)は、北京五輪1次予選で、相手の目じりをカットして出場権を獲得した。  初対面の二人とは言え、佐藤は清水に特別な思い入れがあった ...

↑このページのトップヘ