せりしゅんや的アマボク通信

中国が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。

July 2009

 インターハイ(会場:奈良県平群町総合SC体育館)の優勝・準優勝者は、以下の通り。 [モスキート級] 優勝:井上尚弥(新磯) 準優勝:寺地拳四朗(奈良朱雀) [ライトフライ級] 優勝:野邊優作(西宮香風) 準優勝:山本親吾(興國) [フライ級] 優勝:杉田 ...

 今季の1、2部リーグは、元来のペーパー採点を脱却し、審判5人の平均得点で勝敗を決するGマシーン採点に変わった。大学生たちが高い集中力をそそぐリーグ戦のルールを、国際大会に近づけることは、日本が世界で勝つためにも、大きな効果がありそうだ。また、フェザー級カ ...

 9月初めの世界選手権を前に、キューバ勢が米大陸選手権で5つの金メダルを獲得し、着々と調整を進めている。キューバのほかには、メキシコ勢の追い上げが目立つ。これは「辛口採点」や「1ラウンド3分」など、メキシカンスタイルの適合しやすいルールへの改正からか(または ...

 奈良県平群町総合SC体育館では、8月3日まで、インターハイ・ボクシング競技が開催中。この高校ボクシングの天王山を制した選手が、今年の高校チャンピオンとなる。  大会3連覇の快挙がかかった青木貞頼(崇徳高)は、もう安定感も抜群か。そして青木に限らず、今年は、 ...

 すっかり夏本番で、インターハイも開幕。こんなときこそ、エアコンを停めて、パソコンを起動して、寒いロシアのボクシング映像をチェックしてみてはどうでしょうか。しかも、暑苦しい上に、日本と無縁のヘビー級を。  前の日記でも触れた通り、技術はあくまで上級者用。 ...

 ちょっと遅くなった告知ですが、ボクシングマガジン最新号の『アマボクはここが面白い!』では、東洋太平洋スーパーフェザー級王者・内山高志(ワタナベ)が登場です。  内山さんは03年世界選手権ベスト16。アテネ五輪の出場も期待されたエリートアマながら、今、その話 ...

   部屋に籠もってガツガツと原稿を書いていると、ケータイの着信と、ドアをノックする音が。 「暇ですか〜?」  着信の主も、ニヤニヤして待っていたのも、日大の戸田健樹君だった。  気分転換にパソコン席を譲ると、国際大会の映像をひたすら観始めた。戸田君は、 ...

 忙しいので、検索に引っかかった動画でも。下の二つは、北京五輪フェザー級・金のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)のヨーロッパ選手権決勝。  ロマチェンコは、マトをズラしてから反撃までの完成度が世界トップクラス。今度の世界選手権も楽勝か? ...

 なぜかリーグ戦会場にいることでおなじみの三浦数馬さんが、プロボクサーを引退していた。三浦さんは、東洋大学ボクシング部時代に主将を務め、選手のリーダーとして1部昇格に貢献。プロ転向後も、玄人のみの心を打つWOWOWとアマ国際大会の融合スタイルで、日本スーパーバ ...

↑このページのトップヘ