せりしゅんや的アマボク通信

中国が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。

December 2009

(写真:キューバで書いた質問メモ)  もう大晦日。今年はあっという間に終わった気もするのに、振り返ってみるとメキシコ、キューバ、タイ、韓国、トルコ、エジプト、ベトナム、またタイ。世界をしっかり渡り歩いている。来年は、もっとあっという間になるんだろうなあ… ...

 向かって左から須佐勝明、川内将嗣、村田諒太、清水聡、平野義幸の忘年会。来年も世界への飛躍を。 ...

 今年は、中大の元・主将、三田村拓也(ミニマム級=ワールドスポーツ)が、プロの全日本新人王に輝いた。  リーグ戦にも積極的に出場して、アマ戦績は15勝13敗。努力で勝ち越したものの、今さら新人ボクサー? 「よく言われます(笑)。誰にも気づかずに、やっていこう ...

 競馬学校を辞め、原隆二がプロボクサー転向の記者会見を行った。 「結局、戻ってきちゃって…。ヒンシュク買いますよね」  きっと大丈夫だろう。その急激な太りっぷりのほうに、みんな先に、気が行きそうだから…。  現在、54キロ。丸くなった顔に、その面影が薄い ...

 自分の少し後ろを、軽く顔にあざをつくったフィリピン人2人が追って歩いて来る。今年のクリスマスイブは、この2人のプロボクサーに付きっきりだ。1人はフィリピン王者、アーロン・メルガレホで、もう片方は、国内2位のジャコサレム。来年早々、世界スーパーフェザー級王座 ...

 20日から23日にかけて、東京・南平体育館で行われていた第61回全日本社会人選手権の結果は以下の通り。総合優勝は東京となった。ライトフライ級優勝の大賀は、国体10度出場のベテランだが、この大会4度目の優勝を区切りに、引退するとのこと。 [ライトフライ級] 優勝 ...

 明日(20日)から4日間、東京・南平体育館で社会人選手権だね。バンタム級の米澤諒治さん! ...

(写真:プロ世界王者・長谷川穂積を挟んで林田太郎と三須寛幸)  日本ボクシング界のプロ・アマ関係は、ここ数年でまた形が変化した。それを今回は、少しずつ書いてみたい。 * * * *  今年の春、プロ転向を考えるアマ選手から、電話で「月謝が免除になるジ ...

 ボクシングマガジン2010年1月号の『アマボクはここが面白い!』には、沖縄の生んだスーパースター、具志堅用高氏(写真右)が登場。かつてはタブー視された「拉致騒動」まで、ビッグな具志堅氏は掲載OKでした。  一体何の話だろう。そう思った人も含めて、今すぐジュ ...

↑このページのトップヘ