せりしゅんや的アマボク通信

中国が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。

September 2011

(桃色の片思い)  ポカラは溶け込みやすい。過去の訪問客たちは、「景色がいい上に温泉もあるから、ネパール旅行には必須」とよくいうが、そうした長所であれば、国内の群馬でも十分だろう。世界最高峰が近いといえども、売りだとは思えない。  しかし、実際に来 ...

 にくたらしいほど雨が降る。例年なら、今は乾季へ移りかけるらしい。  ここまで雨季が長いのは、異常気象で、「大地震の予兆」という定説もあるらしい。 「庶民派の大統領に代わったばかりだ。ストライキの少ない格別のタイミングで来たじゃないか」と、あるネパー ...

 ルンビニより高地に来て、また気温が下がった。ところで、少年アシベでスガオ君が引っ越した先ってポカラ? ...

 これだと、劣悪ぶりが分かりづらいな…。  途中、川の音が壮大な山奥で、乗客が一斉に降り始めて、何が始まるのかと思ったら、一列に並んで立ちションだった。 ...

 今夜のバスは、さらにクオリティが劣化した。息をしているだけで、体を壊しそうだ。  体を壊すといえば…、下痢にはなるまいと、絶対に水は気をつけてきた。  このバスに乗るときも、棚の上に常備。だから、ドライブインで出された危険な水も飲まなかった。  そし ...

(ポカラ行きのバスチケット。20時半にバイラワを発) (2日目もがんばるぞ) (停電も終わった。数分だけ) ...

(背後の施設内にブッダ生誕の地がある)  ブッダが誕生したという石は、ありふれたもののはずだが、周りの保護が強化されていることもあって、ただならぬ雰囲気を感じた。それをながめてから、しばらく座禅を組んでみた。  様々な宗教があるが、仏教にはセラピーの ...

 昨夜から始まったバス移動の三連夜。飛行機で行くはずだったこの移動に、耐えきったら、新しいレンズを買うかも。  根っからの草食男子なので、「自分へのご褒美」とかに惹かれます。今も手づかみでマトン食ってるとはいいながら…。 (食事休憩) (トイレ休 ...

 夜行バスが半端じゃない。強烈な揺れの中で、山道を進み、環境が悪化するたびに、車内では、カムフラージュのように大音量の音楽と映画が流れる。  映画も映画ですごい。ヒーローなのだろうが、悪役のほうが向いている顔の主人公は、流血しながら敵と斬りつけ合う。 ...

↑このページのトップヘ