せりしゅんや的アマボク通信

中国が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。

February 2012

(ユースホステルに書いてあった「偽造戦士ガンダム」の記録)  軽く反響もあったので、そのまま中国的なディズニーランドについてレポートしてみます。  どう見てもガンダムにしか見えない巨大ロボットを出現させたことで、日本では「時の遊園地」となった中国・ ...

 後楽園ホールの近くにある天下一品・水道橋西口店で、昔、週3日くらいで、アルバイトをしていた。それを何の気なしに話すと、知り合いの中国人が、妙に食いついてきて、中国でのチェーン展開を推奨された。 「あのラーメンは中国人もきっと感動します。同じものをつくって ...

 発売中の格闘技ライフ提案マガジン『ファイト&ライフ』の最新4月号にて、全日本女子選手権について書いています。タイトルは「しずちゃんだけじゃない!ボクシングに目覚めたオンナたち」。一気に書いたものの、しずちゃん勝利から、異種格闘技からの転向組、箕輪対新本Ⅲ ...

(中央テレビの人気アナウンサーと結婚。一男を授かっている)  中国では生後1周年などに、子供の前へ様々なものを並べ、何を取るかで将来を占う「抓周」という伝統文化がある。現役屈指のエリートボクサー、ゾウ・シミン(中国)も、去年8月に生まれた長男の生後100日 ...

 映画『燃えよドラゴン』で、ブルース・リーが最後に付け足したといわれる名シーン。弟子らしき少年に、リーが蹴りを教える一幕は、ボクシングで最初にパンチを学ぶ感覚に似ていると思う。  弟子の放つ3回の蹴りを、リーはこう表現した。 1回目:見せ物 2回目:怒り ...

(51kgを連覇中の女子世界王者もキューバ入門が大変そう? 動画)  キューバのボクシングは世界一。と、認知されたことで、世界中にキューバ人コーチが派遣されているが、外国人にとって、このキューバンスタイルを、すぐに噛み砕くのは、結構難しくなくないのだろうか ...

(外国人にも人気のある厳島神社の鳥居)  気がついたらカメラを持って2年目。とりあえず難しいってことが分かった。カメラは、アマチュアで頑張るぞ。 (川口陽子・和田まどか) (中田枝里) (横田佳菜子) (平田直己さん・息子) (好 ...

(「アジア選手権ですべてを出しきる」と燃える最優秀の箕輪)  2月8日から11日にかけ、広島で行われた第10回全日本女子選手権の結果は、以下の通りとなった。最優秀賞には箕輪、優秀賞には釘宮、敢闘賞には山崎が選ばれている。 [ライトフライ級] 優勝:横田佳菜 ...

(世界選手権2度優勝のマリア・コバクス。数えるばかりだが、女子の75kg級でもエリート・テクニシャンたちが、大成しつつある)  全日本選手権を突破したしずちゃんの次なる関門は、5月に中国・秦皇島で開かれる世界女子選手権。これがロンドン五輪の予選をかねている ...

↑このページのトップヘ