せりしゅんや的アマボク通信

中国が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。

June 2012

(剣道スタイルの川内。懐に入ることが絶対条件だったのか?)  「作戦を立てる」といえば、方法は様々だが、対戦相手の「対策を練る」には、大ざっぱに、セオリーに従う「表の手」と、セオリーを逆手に取った「裏の手(裏をかく)」で大別できる。  「表の手」は、長 ...

 上の写真は、買い物から戻った古川久俊トレーナーに、栄養ドリンクを渡されたオスカル・ブランケット。「日本の男は、勝負の前にこれで気合いを入れるんだ」と古川氏に言われたが、ビンの口に鼻を近づけてから、少しずつ飲んでいた。ブランケットは、6月25日の後楽園ホー ...

(デビュー戦で快勝した池原。元世界王者のツニャカオも「世界王者候補」と称賛した)  親しい女子選手たちから、「シーサー」の愛称で親しまれてきた池原久美子が、6月20日に地元・大阪でプロデビュー。ズバリ「池原シーサー久美子」を名乗って、橋本由貴子(陽光アダチ ...

(「小柄じゃなければバスケットボール選手になりたかった」という07年世界選手権王者のウォーレン。須佐勝明に立ちはだかる壁としてはむしろ雄大か)  その存在を忘れられているどころか、元々知らない人も増えてきた気もして、国際ボクシング協会(AIBA)の発足したワ ...

(2連覇中の東農大は3年ぶりの敗戦。拓大に負けたのは11年ぶりになる)  6月23日の関東大学リーグ戦の結果は、以下のようになった。今季の初陣で駒大に敗れた拓大は、日大、東農大を破って優勝戦線に復活。東農大、日大、拓大が3勝1敗で並んだ。今度の最終週で、拓大が法 ...

 すでに発売中のボクシングマガジン最新7月号では、ロンドン五輪予選をかねて行われた第7回世界女子選手権・秦皇島大会について書いています。他にも何か所かで書いています。よろしくお願いします。 * * * *  最新の五輪ボクシング情報では、18日、女子競技の出場権 ...

(予選に出場した清水・須佐・成松・井上・川内)  4月6日から12日にかけ、カザフスタンのアスタナで、アジア予選をかねたアジア選手権が行われ、日本勢では須佐勝明と清水聡が、ロンドン五輪出場をものにした。  今回の五輪予選は、昨年の世界選手権が1次で、このアジア選 ...

 6月20日に行われる井岡一翔(井岡)対八重樫東(大橋)のWBC・WBAの世界ミニマム級王座統一戦が、ボクシングファンの域を越えた規模で、注目を集めている。紹介される見どころも様々だ。かつてライバル同士だった両会長(井岡弘樹氏、大橋秀行氏)の代理戦争とか、「7戦 ...

(「人生で最高の期間だった」と振りかえったステベンソン氏の選手時代)  6月11日に心臓病で他界したテオフィロ・ステベンソン氏(享年60才)は、200人の参列者がキューバ国家を歌う中、12日にハバナで埋葬された。  その才能を活かすために、抜群の効果を発揮した2メ ...

↑このページのトップヘ