せりしゅんや的アマボク通信

中国が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。

August 2012

(「村田の注目が競技の発展につながってほしい」と語る清水) 「本戦はオーソドックスで戦います」  4年前、北京五輪に向けて、清水聡(自体校)はそれくらい大胆なスタイルチェンジも考えていた。常に自分の戦いかたを悩んできた清水のボクシングは、もちろん第三者 ...

(師弟、親子の間柄で様々な思いが交錯するテイラー親子。写真は5月の世界選手権のもの)  ロンドン五輪・ボクシング競技の象徴を担った女子60kg級・金メダリストのケイティ・テイラー(アイルランド)に、米英プロボクシング界のプロモーター数人が、すでに交渉の席を持 ...

(写真:左から2年連続のMVPを狙う釘宮と国際大会初出場の寺地)  第2回台北市杯に出場するため、男子では49kg・寺地拳四朗(関大)、52kg・吹田隆有(同志社大)、56kg・藤田大和(拓大)、60kg・藤田健児(拓大) 、64kg・吉野修一郎(東農大)、69kg・皆川直輝(日大 ...

(東農大のユニフォームで戦った星。得意のアッパーも、中山のブロックを崩すだけの力がなかった)  同期のメダリスト・コンビに刺激を受けた北京五輪代表候補の星大二郎(ジャパンビバレッジ)が、和歌山県立体育館で行われた国体の近畿予選に出場。ライトウェルター級 ...

 発売中のボクシングマガジン最新9月号では、大混戦だった今季の関東大学リーグ戦を振りかえっています。閉幕の2週間後に行われた入れ替え戦の結果は、下記の通りです。 [1部・日体大]4−5[2部・東洋大] ※東洋大が1部に昇格。 [2部・大東大]1−6[3部・明大] ※明大 ...

 7月29日から8月4日まで、新潟市体育館で行われた第66回インターハイの結果は、下記のようになった。  沖島は、史上初の双子同時優勝。ミドル級では、父もボクサーだったトルコの格闘少年、ヤバシが優勝をはたした。バンタム級の秋山は、これで3冠目となる。  田中兄弟 ...

「アイツら、ボクシングをやり抜けただけでも、僕よりはるかに上ですわ。ただ、かわいそうですけど、何かが欠けていると感じているはず」  メダリストへ大成した清水聡(自体校)と村田諒太(東洋大・職)を、そう憐れんだのは、北京五輪の代表候補だった星大二郎(ジ ...

(低評価が殺到するYouTube動画)  動画サイトのYouTubeでは、世界屈指の技巧を持つゾウ・シミン(中国)に関する動画に対し、ロンドン五輪の決勝戦後から、「低評価」や批判コメントの集中砲火が浴びせられている。「ゾウは逃げてばかりの負け犬」、「中国の詐欺師に ...

(写真:昨年のインドネシア大統領杯での村田。清水の2回戦で有名になったトルクメニスタン人審判が裁いている)  ブラジル五輪委員会は、ロンドン五輪・75kg級決勝戦で、村田諒太と対戦したエスキバ・ファルカン(ブラジル)が、不要な減点を取られたとして、判定の見直 ...

↑このページのトップヘ