せりしゅんや的アマボク通信

中国が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。

August 2013

 メキシコシティでは、30日、現地時間の午後1時30分から、WSBのメキシコ・ゲレーロズ対キューバン・ドマドレズ戦が「プレシーズンマッチ」として始まり、五輪ボクシング界最強の呼び声高いキューバが、51年ぶりにプロボクシング戦を解禁した。  1962年、フィデル・カ ...

 キューバは現地時間の8月30日と31日、フィデル・カストロから禁じられてきたプロボクシングを、WSBのチーム『キューバン・ドマドレズ』を結成したことで、51年ぶりに復活させる。その初陣はメキシコ・ゲレーロズ戦で、キューバはさすがの面子を、敵地メキシコシティへ送 ...

(写真:左からアテネ五輪の日本代表候補だった佐藤幸治、本田裕人、内山高志)  アテネ五輪の行われた2004年当時の日本は、国際ルールへの適応力に最も欠けた時期ともいえ、アジア予選の通過選手は史上初のゼロ。絶望のなか、ライトフライ級の五十嵐俊幸のみに、繰り上げ ...

 群馬県南東部の県立館林女子高校に「女子高初のボクシング部」が現れたのは4年前。板倉高校から移ってきた三橋淳先生が、ボクシングの文化を育めるか手探りをしていたら、予想よりも反響があったことが始まりとなる。男子の部員集めさえ四苦八苦する昨今に、当部では毎年 ...

 国体の北海道予選で最優秀選手賞に選ばれ、本戦出場も決めた安川浩樹(岩見沢消防署)は、大会閉幕から一夜明け、大好物の料理と向かい合っていた。 「いやぁ、私にとっていかにラーメンが欠かせなくなっていたのか、痛感しました」  そう言いながら、安川が向かった ...

(写真:左から鈴木康弘、安川、酒井幹生)  札幌市北区体育館で行われてきた国体の北海道予選では、ライトウェルター級の安川浩樹(岩見沢消防署)が、三浦大明(明大)を3-0でくだし、39歳にして、久々の本戦出場を決めた。  反対ブロックから駒を進めてきた三浦は、 ...

 後楽園ホールでは、第66関東大学リーグ戦の第3週が6月8日、第4週が6月22日に行われ、3連覇中の東農大と昨年準優勝の拓大が、全勝を維持した。  他校からの「例年以上の総合力」と戦前予想された東農大だったが、軽量級で苦戦を強いられる週が連続した。昨年度・全日本選 ...

(写真:プロデビュー戦後の会見に臨んだ井上。この後、勢いは飛ぶ鳥を落とすほどに進化していった)  現時点での「キッズ育成の最高傑作」といわれる元・ロンドン五輪ライトフライ級出場候補、井上尚弥(大橋)が、本日、プロ転向4戦目で日本ライトフライ級王座へ挑む。 ...

 24日の25:43から、フジテレビ系列で放送される『グラジオラスの轍』に、自分も出ています。主役は明日、プロボクシングで試合をする村田諒太(三迫)、井上尚弥(大橋)、田口良一(ワタナベ)。……ん、1人足りない?  村田がロンドン五輪で金メダルを取った主軸は、フ ...

↑このページのトップヘ