せりしゅんや的アマボク通信

中国が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。

December 2013

 発売中の『週刊現代 1月4日・11日合併号』では『普通の人になった元オリンピック選手たちに会いに行く』というソチ五輪スペシャル企画で、アトランタ五輪へ出場した仁多見史隆氏を担当しています。引退後は、江戸時代からの農家を継いだ仁多見氏は、五輪出場以外にも関東大 ...

 今年の大学王座決定戦は、稀に見る接戦だった。結果は6-5で拓大が勝利。最終的には関東リーグの優勝校が22年連続で関西リーグの優勝校に勝利したが、関大にも拓大の応援席から大きな拍手が送られた。  関大5勝のうち、2つは相手の右目尻カットによる負傷TKO勝ちだった。 ...

(会場の加茂市市民体育館前) (手前が杉田大祐、奥に座っているのが星大二郎) (リングイン直前の杉田) (リングイン直後の星) (※23日に閉幕した全日本社会人選手権のライト級戦を、若干のディレイでお届けしております) ...

(「全然ダメ」とセコンドにぼやくインターバル中の星) ※23日に閉幕した全日本社会人選手権のライト級戦を、若干のディレイでお届けしております。 「あかん、またや」  準決勝でも水谷直人(横浜銀行)に最大5点差を付けた星大二郎(ジャパンビバレッジ)だが、リ ...

 10月2日のキエフ郊外では、世界選手権への最終調整をしていたウクライナ代表の公開練習が行われ、合宿に合流していたモルドバ代表たちとの対抗スパーが行われた。その81kg級(ライトヘビー級)戦で登場したのが、このイエフゲン・ヒトロフ(ウクライナ)。2011年の第16回 ...

国体終了の時点で高校生の李健太(リ・ゴンテ=大阪朝鮮高校)が62連勝の新記録を達成。これは古口哲(作新学院→日大中退)の記録を塗り替えた形となる。最も多くの高校王者を輩出してきた作新学院の前・顧問、川島八郎氏が、同校の最高傑作と評した現・古口ボクシングジム会長 ...

(代表選考会のときの成松)  10月14日から26日まで、カザフスタンのアルマトイでは第17回世界選手権がバルアンショラク・スポーツパレスで行われ、世界各地から最終的に457選手が出場。日本からは柏崎刀翔(49kg=自体校)、青木貞頼(52kg=東農大)、藤田健児(56kg=拓 ...

[ライトフライ級] ×佐伯霞(大阪学芸高) - 和田まどか(芦屋大)○ [フライ級] ×新本亜也(IBA) - 釘宮智子(平成国際大)○ ※釘宮は4階級制覇の新記録(名称上は3階級) [バンタム級] ○河野沙捺(浜松工業高) - 伊藤沙月(拓殖大)× [フェ ...

 今年、年齢制限が34歳から40歳へ緩和されたことで、選手活動の再開を認められた選手が、全日本女子選手権(第12回)にも。北海道では「女安川」として認知された岩崎友基子(パナソニックデバイス帯広)だ。36歳の岩崎は、相手(倉持美咲)のケガで1回戦に不戦勝。2回戦で ...

↑このページのトップヘ