せりしゅんや的アマボク通信

中国が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。

April 2014

 IOC(国際五輪委員会)のジョン・コーツ副会長は29日、2年後の五輪の準備が遅れていることについて「最悪の状況だ」と開催地のリオデジャネイロ市に強く批判した。  複数の会場で工事が始まっていないことについて、コーツ氏はブラジル国内での連携が取れていないことを ...

 ヘッドギアを使用した試合を行うルール違反があったとして、AIBAはノルウェー・ボクシング連盟を一時的に隔離することを発表した。この影響でノルウェーは、オスロで開催する予定だった北欧選手権を中止せざるを得なくなった。AIBAは昨年から男子のエリート(19歳以上)の ...

 写真は香港の女人街にて。カンフー映画にどっぷり浸かっていた中学時代、自分にとって香港こそが世界で一番行ってみたい街だった。その憧れが純心過ぎて、高校時代、実際に行ってみたら、まんまと「カモ」な日本人観光客となり「海外の洗礼」を浴びせられることになった。 ...

(鈴木・保坂・村田が南京ユース五輪へ)  ブルガリアのソフィアで4月14日から24日まで行われた第4回世界ユース五輪の結果は下記の通りとなった。19歳以下が「ジュニア」と呼ばれていた時代の第1回世界ジュニア選手権横浜大会をのぞけば、日本のメダル獲得は1つでも史上初 ...

 AIBAのウー・チンクオ会長は、世界ユース選手権で訪問先のソフィアで、ブルガリア国立スポーツアカデミーから名誉博士号を授与された。同氏が国際オリンピック委員会(IOC)の役員としてユース世代の教育にも貢献したことを讃えたものだという。   同アカデミーは1942年 ...

(載せる写真もなかったので、去年のソフィアで撮った情報ノート…。ブルガリアはイメージ通り、ヨーグルトに困らないことはもちろん、市内には中華料理屋が点在しているのでアジアの料理も恋しくならなかった)  世界ユース選手権で日本史上初の決勝進出をねらった60kg ...

 発売中のゴング格闘技・6月号では『井上尚弥の駆け抜ける「怪物」と「凡人」の狭間』と『マカオは夢か幻か、「半信半疑の楽園」を追う』を書いています。前者は世界王座奪取を機に、井上がどんな存在かを改めて考察。後者は大まかに言うと……日本のボクシング報道と中国の ...

 世界ユース選手権の49kg級・準々決勝でShalkar Aykynbay(カザフスタン)に惜敗した村田昴(貴志川高)が、22日の敗者復活戦に勝利。準決勝を控えている60kg級の保坂剛(東福岡高)、64kg級の鈴木稔弘(駿台学園高)と共に、今夏のユース五輪への出場を決めた。  敗者復 ...

 ソフィアで開催中の第4回世界ユース選手権では、21日に準々決勝が行われ、60kg級の保坂剛(東福岡高)と64kg級の鈴木稔弘(駿台学園高)が歴史的勝利。表彰台入りと今夏の第2回ユース五輪への出場を確定させた。  男子7選手・女子2選手を派遣した日本チームで、ここま ...

↑このページのトップヘ