せりしゅんや的アマボク通信

中国が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。

January 2015

(写真:ポーランド興行のラウンドガール)  23日から24日にかけて、世界各地でWSB(ワールド・シリーズ・オブ・ボクシング)の第2週が行われた。  プエルトリコで新たに発足されたハリケーンズはアルゼンチナ・コンドルスに競り勝ち、2戦2勝を守った。カザフスタンの ...

(写真:オヌル・シパル)  APB(AIBAプロボクシング)では、アデム・キリッチ(トルコ)が75kg級(ミドル級)のトーナメントを制した翌日の24日、オヌル・シパル(トルコ)が69kg級(ウェルター級)を制し、トルコは2人の王者を抱えることになった。  69kg級の決勝は ...

 発売中の『ファイト&ライフ』2月号では特集で「カンフーは今でもファンタスティック!」を書いています。UFC、ボクシングなど、西洋主流で進化する現代格闘技。そのなかで日本の教育方針とも合致していない中国武術が、この国でいかにして我々の生活を豊かにするのか。対 ...

 リオ五輪組織委員会は29日、聖火リレーがブラジル国内の250都市を回る予定であると発表した。  詳細までは明らかにされていないが、聖火はギリシャからブラジルに入り、90日から100日間で約2万kmを1万人のリレーでつなぐ。最終的には8月5日に、開会式会場のマラカナン競 ...

(写真:五輪イヤーが近づいている)  「村田諒太の金、清水聡の銅」で日本も大いに沸いたロンドン五輪から今夏で早3年。来年の夏にはリオデジャネイロ五輪が待っていることもあって、今年はいっそうワールドワイドな戦いの多い年になる。  AIBAが今年最初に主催するイ ...

(写真:キリッチは村田戦より進化した?)  王者からランキングまでの土壌づくりが続くAIBAプロボクシング(APB)では、2012年ロンドン五輪で村田諒太(東洋大・職)が金メダルを獲得した75kg級(ミドル級)でも、23日、プレランク決定トーナメントに決着がついた。   ...

(写真:ファイファーが王者に)  アゼルバイジャンのバクーでは23日、APB(AIBAプロボクシング)のプレランキングを決めるトーナメントの91kg超級(スーパーヘビー級)決勝戦が行われた。  ここまで勝ち上がったのは、過去に世界選手権で2度銅メダルを獲得しているエ ...

(写真:カザフスタンの進化は続く)  セルビアのスボティツァでは、12日から16日にかけて第4回ネーションズ女子杯が行われ、ジュニア(15、16歳)、ユース(17、18歳)、エリート(19歳以上)でそれぞれ9階級が実施された。  9階級を制してトップに立ったのはカザフ ...

(写真:リングインしたプエルトリコチーム)  プロボクシング式のルールでボクシングリーグ戦を行うWSB(ワールド・シリーズ・オブ・ボクシング)のシーズン5が開幕。15日から17日にかけて、各地で1週目が行われた。前回は、キューバ・ドマドレスが初参戦でシーズン4を制 ...

↑このページのトップヘ