せりしゅんや的アマボク通信

中国が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。

カテゴリ:南アジアへの逆襲

(続・ネパールのカトマンズ。マンゴーラッシー)  スーツケースから、所持金の計10万円が盗まれていることを、それなりに大騒ぎしてみると、幸いにも動きがあった。  荷物を預かっていてくれたホストから、再び電話がかかってきて、息子が、妙なことを言っていると ...

 ない…。持ってきた日本円が、スーツケースから消えている。  スーツケースは、ルンビニやポカラへ行く間、埼玉の地元にいるネパール人の実家に預けてあった。彼は、地元に知人が多い上に、その家族も、親切すぎるほど親切だった。  そのため、自分が「錠を買いたい ...

「内緒で、いいことを教えてあげよう。サッカーやめたらその鼻水、すぐに止まるよ。本当だって。日本じゃ有名なんだ。そのあと、ボクシングを始めたら、今度は鼻血が出るけど」 (謎) ...

 基本的には雨だけど、ときどき晴れる本日――。  今日の予定は、盗まれたレンズの代わりを買いに行くところから始まる。日本で買うよりも、少し値段が張るが、ここでためらってしまったら、自分は、自分を騙したことになる。このために、空路移動をあきらめてき ...

(床が埋まるくらいはもう余裕) (ドライブインでは、謎の親子が博打ゲームを展開していた) (夜食)  たまたまなのか。それとも、ポカラ−カトマンズ間は需要が多いから、その分、質が高いのか。自分に耐久力がついたのか。流れる音楽が、癒し系のポップ ...

 バスターミナルの大通り向かいにある肉屋が、にぎやかなので行ってみた。行ってみたら、さらに人が集まってきて、今日は「泊まっていきなさい」とのこと。しかし、このロックな壁画を見たら、山下清画伯でも躊躇するだろう。 ※よい子です。 (「私がこの絵を ...

(「デビスの滝」は雨でいつもより迫力アップしている!…らしい。名前の由来はデビスさんが落ちたことから)  また舞台はサイクリング中のポカラ。日本人宿として有名な『ペンギンゲストハウス』(俗称ペンギンなので以下、ペンギン)へ寄った。今朝、ポカラに来て、 ...

(麻布店)  ネパール人が安らぎを求めてくる地だけあって、羽を伸ばしやすい。自分には半日しかないので、余裕はほとんどないけど…。 (1年使ってこの劣化?) ...

↑このページのトップヘ