2010年07月02日

2010年上半期ニコマス20選

毎度おなじみ卓球P主催のこの企画

今回もさっくり選んでみました!
公式のレギュレーションはこちら↓

基本レギュレーション
・対象は2010年上半期(1月1日〜6月30日)に公開されたニコマス作品
・自身のセレクトを20作品以内でブログ及びマイリストにて公開
・1Pにつき1作品


それではさっそく、順不同でいってみよう!
俺、これを書きあげたらNRF2010ニコマス九州オフの作業に移るんだ…

itachiP

カクテルDS単品。
これって、普通に良動画ですよ?つーか普通にかわいい動画。
なんだけど…後半のドン引き雪歩の存在が実に面白い。
雪歩がなければ映像的には普通にかわいいポップな動画だったのに、
たった一つのエッセンスで一瞬にして現実に引き戻されてしまうこの感覚w
実に心地いいのです。

いっつP

再現度が半端ないっす。よく作るなーという印象。
比較版をみるとなおさら楽しめます。
なんかこういう雰囲気に春香さんって合うんだなー。
ていうか、ふかわりょうって音楽的には面白いんだってば!



リズモアP

再現系でもう一つ。…って当ブログでは一度紹介してますね。
純粋な再現というわけではなく、再現部分とオリジナルな部分がうまく配置されてていい感じです。
動画を見ると南国打ちたくなるし、南国打ってるとこの動画見たくなります。
サントラ、発売されましたね!うれしい限りです。

オンナスキーP

動画の素晴らしさもさることながら、これは…もはや動画解説の域を超えていますw
見てると、ひょっとして頑張れば俺にも出来るんじゃね?という気になってしまう罠。
いや、その・・・それだけやる気が何故か出てくるってことで。

卓球P

遅刻したおかげで上半期に入りましたぜ卓球さんw
卓球Pの動画はいつも体が動き出すほどのウキウキ感がありますな。
相変わらず体調悪い時に見ると酔いそうですけどw

ドリP

冴えわたるドリPの力技!そしておっホイっぷリ!!
無理がありすぎるのだが、それが売りなのでむしろプラスにしか作用してませんw

テンプルパP

おっホイつながりでもうひとつ。(ていうか俺の選出はおっホイ中心ですけど)
演出とか背景もなかなかに「古さ」にこだわってるような印象。
曲のいいテンポに合ってますなあ。

眼が根っこP

おっホイもう一つ。1992年なのかこの曲。なつい。
この曲の世界観に合わせようと思えばやっぱりリっちゃんだろうし、
そうなるとやっぱり手書きでストーリー仕立てが似合うわけで。
実にイメージ通りになった良作。

G様P

ああああ氏

MMD杯からは6桁再生の名作2本。有名作なのでこれ以上語ることは無いでしょう。
個人的には甲乙つけがたかったのでどちらも選内へ。

HBP

作者不詳

プロレス枠w
どちらもどういう発想でここに至ったのか聞いてみたいもんです。
特にDDTとかマニアックすぎるわw
(って、男色GROOVEとかって動画作った俺がいうことではない)
飯伏の衣装カラーが千早にしか見えないw

つくねP

ぴんぼけP

ピチカート枠…ていうか確かに私の趣味ですが、たまたま2本入ったんです。
ていうかね、もちろんピチカートに限ったことじゃないんだけど、やっぱ作者自身が曲やアーティストを好きだからこそ、こういうおしゃれな「分かってる」動画が作れるんだろうなあといつも感心するのであります。

オヤジオナ氏

オヤジオナさんは本当にオヤジだなあ(褒め言葉)
だんだん力技とも思えなくなってきたグラ改編はもう圧巻。あと歌詞ひどいw
あ、これも本家と比べてみると楽しいですよ

ぐりもP

最近の作品からはこれ。しかもこれがデビュー作なんだとか。
元PVの「雰囲気再現」作品。
(映像的に再現してるわけじゃないけど、雰囲気がそんな感じ、って意味)
しかしまあこういう忙しくてすれ違いな恋の話ってりっちゃんが何故かよく似合いますな。Pの皆様もよく分かっていらっしゃる。

おかしなみなP

上半期の「この発想はなさすぎ賞」。
DSXに合わせてテーマ60個分の動画を作る大バカ企画。
しかも超本気ルサンチマン企画「KAKURE-tailPARTY」において再生数・マイリス数最高だったという実に興味深い状態だったとか。
みなPの無駄すぎて熱すぎる情熱に完敗。

ベホイミP

イベント恒例反省部屋。今回は訴訟部屋とかw
つーか、回を追うごとに豪華になっていってるし、
しまいにゃ自分で歌ってるし(しかもいい声)
次回もこの路線でますますはじけちゃってくださいませw

やっつけP

必殺お仕置人シリーズでおなじみやっつけPの異色?作。
配役の妙、せりふ回しの妙にこっちがついつい吹いてしまう作品。
はやくも年末が待ち遠しいですねw

むらたんP

普段、長時間の動画はあまり見ないのですが…これは見てしまいました。
私自身が必殺シリーズ大好きで、ってのが根底にはあるのですが…
さっきピチカートの項でも書いたのですが、これこそ「分かって」ないと作れない作品。ただのパロディと言うなかれ、必殺好きじゃないとこんなに細部にまでこだわれないですよ。ええ。
いわゆる「必殺ヲタ」と言われる人達の中には、こういうパロディにされるの嫌う人が多いとも聞きます。しかも今回に関しては、亡くなった人をネタにしているわけですから批判とかも覚悟の上だったでしょう。
でも、私はすごく楽しめました。ただのパロディだったら、見てて泣きそうにまでなるでしょうか?私にとっては、そんな作品でした。

最後に湿っぽい話もどうかなーとは思ったのですが、
私としては上半期はこれが最高傑作だったと思うので…すんません。

*******************************************************
サムネ1選は…これでw

R(略)P


serizawa_p at 00:22コメント(0)トラックバック(0)ニコマスレビュー  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Recent Comments
訪問者数

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ