2011年01月02日

2010年下半期ニコマス20選

もう恒例行事になってきましたね、これ。
自分自身は下半期3本しか出してないのですね。
しかも8月以降全く出してないし(現在製作停滞中w)

というわけで今回も20選やっちまいますよー
レギュレーションはいつもの通りで以下の通り
--------------------------------------------------------------------------
  • 2010年7月1日~2010年12月31日の間に投稿されたニコマス新作

  • 1人のPにつき1本ずつ

  • 20本以内をブログやマイリストで公開して参加エントリー

※分かる範囲でP名を表記していただけると助かります
詳しくは主催者ぎょPのブログにて。
--------------------------------------------------------------------------

オヤジオナ氏

下半期に4ヵ月休業した氏の、休業直前の作品。
TVサイズとどっちにしようかと思ったけどあえてこっちで。
つーか勝手に比較版作ったのは私ですw
毎度おなじみ「オヤジオナフェイス」も健在なうえに、そこでMMDまで導入させちゃ…
この人に技術持たせたおかげで大変素晴らしいことになってる作品。

72oP

これはもっと伸びていいんじゃないの?
と思って見てたらいつの間にか再生数5ケタには乗ってたのですね。
元のゲームは全く触ってない私ですが、プレイしてたらもっと楽しめるのだろうなあと思う作品。

NamcaP

発想の勝利すぎるwしかも技術の無駄遣いww
今年のネタ系の中で、見た当初から「絶対20選逝き」と決めてた作品。
てか「いぬ美ファンの聖地」てww


ベホイミP

こっちは「うさちゃんファンの聖地」w
PVの再現系っていうのは、原作を見るとより楽しめる場合が多いのですが、
これの場合は逆に原作のほうがより一層楽しめる感じになっちゃいました。
それだけのインパクトあり。

ぎょP

主催者…ごめん、釣られたwだって世代だもんよ。
基本、シンクロとカット割りで見せる作品なのですが、
その細かいカット割りがことごとく秀逸。魅せます。

さぼてんP

PV系の制作者があこがれること、それは本家PVの再現。
MMDっていうのはその為には非常に有用なツールなのですね。
とにかく、本家と比べてみること推奨。

怒首領蜂P

いけPかと思った」というコメントが多すぎて、蜂Pがとうとう
「いけP」という言葉に思いっきりフィルターをかけた問題作w
画面切り替えと雪歩の表情にやられまくります。

けまり部P

「KISSして」もう一本。
下半期、アイマスファン激震の「あの日」にUPされたライブ風作品。
まさにかわいいは正義。でもほっとする。

HBP

その問題の日のちょっと前。PVが公開された直後から勃発した竜宮小町祭り。
その中でも特に秀逸かつ笑えた作品。なぜこれと合わせようと思ったww

G様P

Nicom@sRockFesオープニングアクトの高画質版。
いや、ほら、確かにG様Pに依頼したのは私ですが…こんなにすごいことになるなんてねえw
まさにホイホイされました。狂おしいほどの布袋アクションw

こんP

そのNRFではいつもおなじみこんPの作品。今回はフェスの後だったんですけどね。
つーか、お面の前後左右への傾きが完璧なんですよ。奥行きが感じられます。おそるべし

戦前P

けっこう氾濫しているアイドル紹介シリーズの、下半期MVPと思う作品。
もはや人でもなければ生物でもないしww
その発想はなかった ○10点

ほうそうP

えーっと、俺的にはネタ枠。いやあ、知人の車内でやたら聞いたもんでw
もうね、謎の感動。あとチーターじゃないw

すまーとくっきーP

手描き枠その1。
作風に賛否両論あるらしいこのPですが、そんなしがらみは抜きにして楽しめる作品。
笑いあり涙ありですね

タケミツP

手描き枠その2。コメディタッチだけど、思わずにやりとする名作。

つぶうにP

手描き枠その3。こっちは泣ける名作。
偶然か必然か、作品を出したタイミングやら選曲やら全部ひっくるめて
一つの「作品」として成立している感じです。

とばトP

手描き枠ラスト。小鳥さん誕生日記念作品。
本人の言うとおりベタな展開なんですけど、なんかほっこりするっすね。
マタアイマショウもそうだけど、時々「曲補正」なんて揶揄する人がいますが
私は補正ではなく、曲と作風の相乗効果で一つの「作品」が仕上がってると思います。

お茶P

めいろっくP・versusP主催で行われた年末の音楽フェス「VerRockFestival2010」は
音楽とPV動画が好きな私にとって衝撃でございました。
その中から一つ。曲としては2002年なのね。エウレカの印象強いけど。
スケールの広い映像表現方法をするなあとしみじみ。

エコノミーP

VRFからもうひとつ。
先程相乗効果がどうとか書きましたが、この人の場合は「雪歩が好き」ってのと
「GOING UNDER GROUNDが好き」ってことの相乗効果だと思います。
毎回毎回、つい見いってしまうPの一人。

セプタムP

ラストもVRFから。
2のPV素材を切り貼りしてるだけなのに疾走感が出てますね。
2011年→2の発売という近未来に向かってぶっ飛ばしていきましょう、って感じで。

-----------------------------------------------------------------------------
  • サムネ1選

八位P

いや、もはや何も言うまいw
-----------------------------------------------------------------------------

さてさて、2011年がニコマス界にとって面白い年になりますように。

serizawa_p at 23:57コメント(0)トラックバック(0)ニコマスレビュー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ