世田谷城跡保存会

名称 世田谷城跡保存会 発足 平成17年11月1日 会員 50名 活動 世田谷区のシンボルである世田谷城の保存と復元のため、世田谷御所通信の発行、調査研究、 歴史講座、歴史散歩、バス見学会などを行っている。 

ごあいさつ
                    
 私ども、世田谷城跡保存会は、平成17年11月に、地元世田谷区の有志を中心に発足しました。以来、世田谷区の代表的な歴史的遺産として世田谷城の保存について活動をしてきました。
 平成21年2月には、世田谷城の中心に位置する豪徳寺住宅の再建整備について、東京都住宅供給公社に対して、「世田谷を代表する城跡を歴史遺産として保存し、周辺の自然環境の保護も進め、広く世田谷区民をはじめ多くの東京都民に公開、利用する」ことを要請したところ、「保存に関する問題を認識し、十分に配慮して参りたい」との前向きな回答を得て、保存活動の大きな成果を上げることができたとともに大きな転換期を迎えました。
 平成28年4月、新たに河原英俊氏が会長に就任され、新体制の元事業の長期計画が示されました。主旨は講演会やイベントを中心とした現在の啓蒙活動を引き続き行うとともに、研究発表の場として機関誌仮称「世田谷城研究」の発行、そして復元を進めるために研究企画部会を発足して学習活動を推進することを挙げています。さらに河原会長は幅広く会員を募集することをあげています。ご関心のある方はお気軽にご入会、お問い合わせをしてください。
 皆様のご支援とご協力が必要です。よろしくお願い申し上げます。
                              
                 世田谷城跡保存会

世田谷城跡の土塁について4月5日付けで報じましたが、読者の中にはなぜ文化財である世田谷城の土塁に破壊の危機があるのか?と疑問に思われる方もいることと思います。この点について「カラクリ」を解説します。
①史跡から旧跡へ
世田谷城は大正8年(1919)東京府の史跡に指定され、その後、昭和15年(1940)に土地の一部を取得し世田谷区で初めてとなる歴史公園(「世田谷城̪̪阯公園」)としてオープンした。戦後、文化財保護法制定により昭和27年(1952)東京都文化財保護条例が施行されたが、この際に史跡指定を解除し旧跡に指定替えされた。

世田谷城1













②史跡と旧跡の相違
史跡指定とは城跡の範囲を確定して指定しその範囲を保護の対象とするものであるが、旧跡は範囲を確定せずにこの辺り(地点)にあったという指定で保護の範囲を確定しないものである。前者は城跡や寺院跡など大規模な埋蔵文化財を例として挙げられるが、後者は墓碑や伝承地などが多く範囲を確定することが困難な対象であることが多い。

現在、世田谷城跡は旧跡指定であり範囲が示されていないために実効性のある保護、例えば土塁の保存処置命令、買収が行えない状態にある。埋蔵文化財包含地として地域が指定され住宅などの開発に際しては発掘調査が義務付けられているものの記録による保存は可能であるが現状保存の処置、指導の権限余地はない。よって旧跡の場合は開発は可能で常に破壊の危機があるというこである。


DSCN0880




















③面から点になった理由
なぜ、昭和27年(1952)に旧跡指定になったかというと、戦後の住宅難が原因として挙げることができる。昭和20年、敗戦後、中国大陸や朝鮮半島、東南アジアさらにはシベリアなどからの引揚者が増え、それらの人々を受け入れるため各地に引揚者用の住宅が建設された。世田谷区内には下馬、池尻、祖師谷などの各所に都営住宅が建設された。東京都住宅供給公社は戦後まもなく豪徳寺門前の空き地を候補として買収し、旧跡指定替え後の昭和28年に「豪徳寺住宅」を建設したが、史跡であると建設ができなかったからである。この判断はどのようになされたかは不明であるが、世田谷の郷土史家として著名な名誉都議会議員鈴木堅一郎氏が深く関わっており、どこかで折り合いをつけざるを得なかったとみられる。最終的に東京都が史跡指定の解除、旧跡指定への組替えを行った誤断は多くの問題を後世に残すことになったことは事実であり、東京都の責任は重い。
④保存会の責務
我々世田谷城跡保存会はこの課題に取り組み、東京都に対して保存を確約させ、少なくとも史跡指定への組替えを望んでいる。世田谷城跡の範囲を確定し史跡に指定しなければ常に開発の危機を受けなければならないである。しかも現在において住宅建設を公共事業として推進する理由はなく、多くの都営住宅が廃止、併合が行われていることに鑑みれば「豪徳寺住宅」を廃止して土地を世田谷区へ譲渡すべきであると強く主張しているところである。世田谷城跡保存会は引き続き東京都が責務を果たすべく保存活動を行っていく

RIMG2704

 この記事については4月5日に報じたところです。会員及び一般の方から問い合わせが来ていますので記事を追加します。

 これまでの経緯と対応-

 3月末ごろからこの土地に建てられていた家屋の解体が始まる。
 4月3日、4日で小型ブルドーザーが入り更地の工事をすすめているのを采澤副会長さんが確認。
 現場工事人は外人で日本語が通じないため世田谷区教育委員会へ通報。
 4月5日 河原会長現場視察。現場は民有地であり不確かな点もあるが、近く住宅建設が行われる可能性があり、特に左手奥の土塁を削ればおよそ50平米ほど広がるため削られる恐れがあると判断。関係機関に呼びかけ保存処置をお願いし可能な限り監視を行うこととした。状況が切迫しているのでブログで公表した。皆さんの協力が必要です!

DSCN0880



















写真上左手民家から張り出した巨大な土塁
写真下隣接する民家駐車場からみた土塁

DSCN0877



















現場 世田谷区豪徳寺2丁目14番32号
 

世田谷城跡の範囲内にある住宅が取り壊されて更地になっています。東側へ張り出した土塁の一部が露出し道路側から見ることができます。一見の価値があります。
この土塁は東側へ張り出しており郭を形成していた痕跡を示す一部で重要な遺構であると保存会では考えています。今後、土塁が削られないように世田谷区へ通報するとともに、関係機関へ要請と監視を行ってゆきます。会員、地元の皆さんも破壊を見受けましたら世田谷区へ一報してください。03-5432-1111

DSCN0879





















所在地世田谷区豪徳寺2丁目14番
写真向かって中央から左手奥の林が土塁。
地図上赤の→で示した付近になります。写真も同方向から撮影。
IMG_0001 - コピー

このページのトップヘ