世田谷城跡保存会

名称 世田谷城跡保存会 発足 平成17年11月1日 会員 50名 活動 世田谷区のシンボルである世田谷城の保存と復元のため、世田谷御所通信の発行、調査研究、 歴史講座、歴史散歩、バス見学会などを行っている。 

ごあいさつ
                    
 私ども、世田谷城跡保存会は、平成17年11月に、地元世田谷区の有志を中心に発足しました。以来、世田谷区の代表的な歴史的遺産として世田谷城の保存について活動をしてきました。
 平成21年2月には、世田谷城の中心に位置する豪徳寺住宅の再建整備について、東京都住宅供給公社に対して、「世田谷を代表する城跡を歴史遺産として保存し、周辺の自然環境の保護も進め、広く世田谷区民をはじめ多くの東京都民に公開、利用する」ことを要請したところ、「保存に関する問題を認識し、十分に配慮して参りたい」との前向きな回答を得て、保存活動の大きな成果を上げることができたとともに大きな転換期を迎えました。
 平成28年4月、新たに河原英俊氏が会長に就任され、新体制の元事業の長期計画が示されました。主旨は講演会やイベントを中心とした現在の啓蒙活動を引き続き行うとともに、研究発表の場として機関誌仮称「世田谷城研究」の発行、そして復元を進めるために研究企画部会を発足して学習活動を推進することを挙げています。さらに河原会長は幅広く会員を募集することをあげています。ご関心のある方はお気軽にご入会、お問い合わせをしてください。
 皆様のご支援とご協力が必要です。よろしくお願い申し上げます。
                              
                 世田谷城跡保存会

来る10月13日実施予定のバス見学会については多数のお申し込みをいただきありがとうございました。

お問い合わせも多数いただいておりますが募集は締め切らせていただいております。あしからずご容赦ください。

 平成29年度第2回講演会の開催お知らせ
 「全国中世城郭探訪記 東北編」
 中世城郭研究家五木田栄一氏による城郭探訪記の講演です。第2回は東北地方の城郭を映像と資料でお話されます。
1、テーマ
  「全国中世城郭探訪記東北編」      講師 中世城郭研究家五木田栄一(世田谷城跡保存会理事)
2、日時
平成29年9月9日(土)午前10時から
3、会場
ひだまり友遊館(世田谷区若林4-37)
4、申込
当日受け付けます。一般お方も受講できます。ただし資料代500円をいただきます。
RIMG2781

6月8日付けの記事でお知らせしましたが、小田原北条氏の前線基地として築城された茨城県坂東市の逆井城址と桜井市真壁町にある国登録文化財の酒蔵などをバスで見学いたします。現地ガイドによる説明があります。個人旅行で行くには交通が不便ですしガイドも付きません。ぜひこの機会にご友人等と誘い合わせの上お申し込みください。
締切が近づいておりますのでお忘れなく申込をしてください。
shiro















復元された逆井城

◎日時  平成29年10月13日(金) 午前7時30分集合出発、午後5時30分頃帰着予定
      小田急線豪徳寺駅及び東急世田谷線山下駅下車すぐ(駅改札に案内が立ちます)
      「ゆりの木公園」入り口付近に午前7時30分までに集合
◎コース 
 逆井城址(10時から11時)
 逆井城は今から400年以上前の戦国時代末期(1577年)に後北条氏の北関東進出拠点として築城されました。1590年(天正18年)、豊臣秀吉が小田原城の後北条氏を滅ぼしたため、逆井城も廃城になりましたが、現在もその外堀と土塁が残っています。調査によって、櫓(やぐら)門、橋、塀、主殿、二層櫓などが復元されています。
 昼食は割烹「荒為」(12時から1時)
aratame_01








 荒為の蔵弁当↑
 村井醸造(2時から3時)
1_13_2
















見学先ではガイドによる説明がある予定です。
(コースや到着時間は交通事情等により変更となる場合があります)
◎参加費 8,000円
       会員の方へは別途ご案内いたします。
       会員でない方で参加を希望される場合は当ブログのコメントか下記までおはがきでお申し  
       込みください。
       〒154-0022世田谷区梅ヶ丘2-23-11宇田川宅内 世田谷城跡保存会宛
       (住所氏名、参加人数、連絡先を必ずお知らせください)7月末必着
※ご注意 先着25名で締め切ります。
写真↓ 平成26年度実施の昼食の様子


世田谷・バス見学会 162

このページのトップヘ