世田谷城跡保存会

名称 世田谷城跡保存会 発足 平成17年11月1日 会員 50名 活動 世田谷区のシンボルである世田谷城の保存と復元のため、世田谷御所通信の発行、調査研究、 歴史講座、歴史散歩、バス見学会などを行っている。 

ごあいさつ
                    
 私ども、世田谷城跡保存会は、平成17年11月に、地元世田谷区の有志を中心に発足しました。以来、世田谷区の代表的な歴史的遺産として世田谷城の保存について活動をしてきました。
 平成21年2月には、世田谷城の中心に位置する豪徳寺住宅の再建整備について、東京都住宅供給公社に対して、「世田谷を代表する城跡を歴史遺産として保存し、周辺の自然環境の保護も進め、広く世田谷区民をはじめ多くの東京都民に公開、利用する」ことを要請したところ、「保存に関する問題を認識し、十分に配慮して参りたい」との前向きな回答を得て、保存活動の大きな成果を上げることができたとともに大きな転換期を迎えました。
 平成28年4月、新たに河原英俊氏が会長に就任され、新体制の元事業の長期計画が示されました。主旨は講演会やイベントを中心とした現在の啓蒙活動を引き続き行うとともに、研究発表の場として機関誌仮称「世田谷城研究」の発行、そして復元を進めるために研究企画部会を発足して学習活動を推進することを挙げています。さらに河原会長は幅広く会員を募集することをあげています。ご関心のある方はお気軽にご入会、お問い合わせをしてください。
 皆様のご支援とご協力が必要です。よろしくお願い申し上げます。
                              
                 世田谷城跡保存会

 平成26年1月21日付け「世田谷城物語8」で滝坂道を案内した際に、代田3丁目11番4号の滝坂道、路傍の石仏について、最近なくなってしまったことを記事にした。ところが、6月になって、YUKI NAGAEさんから「滝坂道の保存活動をされている方が道沿いに出している掲示板に、不動産業者の手により江東区の寺院へ移設された」と書かれていましたと連絡をいただきました。ランドマークとして現地に残してほしいと思いますが、廃棄されずに寺院へ移されたという知らせにひとまず安堵いたしましたが寺院名が不明でありしっくりしていませんでした。ところが最近情報提供があり江東区深川にある富岡八幡宮で引き取られ供養されたそうです。現地はみておりませんが確かな情報のようです。
 この石仏は、馬頭観音菩薩を字刻した長方形の石碑で、銘文により、明治31年(1898)7月、池田初五郎が建立したことがわかっていました。馬頭観音は、運搬用として使われた馬の供養や無病息災を祈って、交通の難所や村はずれの追分などに祀られることが多く、代田の石碑もそのような目的で馬持中が建てたものと思われます。
 代田3丁目と豪徳寺1丁目の馬頭観音の鍵の手にある馬頭観音の石碑(明治42年1月4日、長嶋庄七建立)は、滝坂道の往来を物語る貴重な生き証人です。特に明治30年ころから世田谷区内に多くの軍事施設が移転してきましたが、兵士たちへ供給する野菜、排出される下肥の運搬が頻繁に行われていた痕跡を示す貴重な遺物です。
鎌倉道若林小南角2
 


若林小学校付近にある石仏の祠
 

 いつのまにか、消えてなくなる石仏や文化財。こうした事例はかなりあるように思います。なんらかの根本対策を検討しなければ同じようなことが繰り返されると思います。世田谷城跡保存会では、城跡の保存を始め、区内の文化財の保存やその記録を残してゆきます。

 フィールドワークジャパンでは、地域の歴史を発信する歴史情報誌「砂上楼閣」を出版しています。創刊号では縁あって「世田谷城」を特集として取り上げました。その後も世田谷に関する歴史や文化、社寺などの祭事を掲載しています。今後は世田谷に限らず新たな視点で地域の歴史を発掘し、斬新な切り口で編集し情報を発信してゆく予定です。
 特集以外の連載記事としては「全国城郭探訪記」(五木田栄一氏)「観光ボランティアガイド」「相撲遺跡巡礼」「日本楽市の旅」「女神の島の魅力」(藤郷寛也氏)などがあります。いろいろ工夫を凝らしながら、また執筆をお願いしながら編集して参ります。
 この度、世田谷城跡保存会の当ブログで各号のご案内をさせていただくとこになりまいた。お求めいただく場合は当ブログからコメントでお申し込みください。また不定期ですがヤフーオークションで出品していますのでご検索してみてください。
 どうぞよろしくお願い致します。
      フィールドワークジャパン 本陣山主人 塩屋文蔵
最新号からご紹介させていただきます。各号1,500円。なお、世田谷城跡保存会の会員の方は送料無料とさせていただきます。
第5号 特集井伊家の歴史
   譜代大名井伊家の歴史    塩屋文蔵
   与板藩井伊家の系譜と歴史  河原英俊
   戊辰戦争と与板藩      祝扶持真盛
   豪徳寺寺務マニュアルから見た
        井伊家の交流関係1河原英俊
   井伊家の城探訪記      五木田栄一
  連載
   女神の島の魅力ー江の島についての小文にして散文ー
                 藤郷寛也
   相撲遺跡巡礼 大門の高辻相撲
  平成30年10月発行 76頁
DSCN3411























第4号 特集豪徳寺
   ガイドブックにない豪徳寺  采澤正臣
   豪徳寺歴代住職の事績と寺宝
   豪徳寺古写真
  連載
   全国城郭探訪記 四国編   五木田栄一
  平成30年7月発行 60頁オールカラー版
4

























第3号 特集らくいち
   世田谷楽市への道ー政策功者太平勢九郎の活躍ー
   なぜ世田谷で楽市が開かれたのか 河原英俊
   現代のボロ市
   世田谷楽市年表 
  連載
   相撲遺跡巡礼
   日本楽市の旅ーボロ市ー
   観光ボランティア訪問記ー三内丸山遺跡応援隊ー
   全国城郭探訪記 東北の城後編 五木田栄一
  平成30年4月発行 84頁
3























第2号 特集がちんこ
   相撲の歴史と土俵から見た民俗文化 河原英俊
   相撲遺跡巡礼
   天下無類雷電為右衛門生誕250年 祝扶持真盛
   女相撲と女傑若緑大関生誕100年
   春秋園事件と昨今の相撲界    塩屋文蔵
   国技館の変遷
   日本楽市の旅ー深大寺だるま市ー
   観光ボランティア訪問記ー坂城町ー
   全国城郭探訪記 東北の城前編  五木田栄一
  平成30年1月発行 80頁 在庫僅少
2


























創刊号 特集世田谷城
   世田谷城の歴史と保存活動  宇田川幸三
   世田谷城の縄張りについて  河原英俊
   世田谷城の土塁と堀の記憶  采澤正臣
   世田谷城築城の痕跡     河原英俊
   世田谷の中世城塞の検証
   観光ボランティア訪問記ー八戸ー
   滝坂道沿道に古寺と石仏を訪ねて 角田芳正
   全国城郭探訪記 北海道の城 五木田栄一
  平成29年10月発行 72頁 在庫僅少
1

今回の歴史散歩は彦根藩井伊家屋敷跡等を巡ります。皆さんお誘いあわせの上ご参加ください。
・日時 11月16日(金)雨天決行
・集合時間・場所 午後2時 桜田門前
・アクセス 地下鉄有楽町線桜田門 千代田線丸ノ内線霞が関駅より徒歩 
・コース 外桜田門→彦根藩上屋敷跡→永田町→諏訪坂→彦根藩中屋敷→食違見付→迎賓館
参加費 1,500円(「井伊家の歴史」(砂上楼閣5号と資料を配布)迎賓館入館料は各自負担
 距離3㎞ 徒歩時間3時間程度
※コースを変更する場合があります。

このページのトップヘ