2018年10月26日

「希望が死んだ夜に」「悪い夏」読みました。   (^-^)

天祢涼「希望が死んだ夜に」と染井為人「悪い夏」、2作ともあっという間に読了。
どちらも、いまの日本が抱える問題、貧困、生活保護を扱った小説。どちらも、かなり切ない。

天祢涼「希望が死んだ夜に」14歳のふたりの少女、ネガとのぞみ、が主人公。ネタバレで書いてしまうけれど、どちらの少女の家も片親で貧乏。多感な思春期の時代、それをクラスメイトに知られることがどれだけ苦痛か。生活保護を申請することが、父親ひとりの家庭であるのぞみの家では、プライドが邪魔をしてふんぎりがつかない。女親であるネガの家では、そんなことはどうでもよく、国からのお金が欲しくてたまらない。子供を働かせて、自分はのうのうと生きていたいというダメ親。そして、少女たちは居酒屋で深夜のアルバイトを始める。中学生なのに深夜まで働かないと学校に通えないという現実。つらいよね。
 さらに、彼女たちをコテンパンにうちのめす出来事。ネガにとっては希望の星だった近所のお姉さんにやっと再会するのだが、そのお姉さんは風俗で働いていて、まじめにやってもいいことなんかないと言われてしまう。のぞみとっては、生きる力だったフルートを生活保護申請のためにやめろと父親に無神経に言われる。そんなふたりは絶望感から自殺を考える。という流れ。物語としては、ふたりの同級生の母親で貧困ライターが絡んでくる最後のながれがちょっと不自然な気もするけれど、ラストに向かって物語はどんどん盛り上がる。もう一気に読ませる。ネガを取り調べ、事件を調べる女性警察官、仲田の柔らかい振る舞いだけが救い。 それにしても、中学生時代くらいのんびり過ごさせてあげたいと思うけれど、今の時代ではそれはむずかしいのな、、

「悪い夏」。生活保護をめぐる話。役所のケースワーカーである佐々木を中心に物語りは進められる。生活保護でもらうお金の方が普通に仕事をしてもらうお金より多い、という今の時代の矛盾。そして、その生活保護のお金をホームレスに受給させ、それの上前をはねようと画策するやくざ。まあ、こんなことあるだろうなあ。最後、物語はぐちゃぐちゃにこじれて、そうとうひどいことになる。読後感も最低。でもきっとこれもいまの時代の側面なんでしょうね。

貧困の話は悲しいね。


setagayasounds at 02:31|PermalinkComments(0)clip!

2018年09月04日

イチゴパフェのコンサート

8月23日、横浜港南区「ひまわりの郷」で
港南区民生委員主催のおやこコンサートをイチゴパフェでやりました。(^.^)

このコンサートももう10回目。
ありがたいことでございます。(^.^)


来ていただいた親子さん、
かかわっていただいたスタッフの方々に感謝します。

C3B81682-2155-4215-8835-11F0A68631AF

3F1F7DF2-F28C-485F-A729-53F228F3AEA5

2A9AAC6A-EAAE-4AE9-B1BF-E6BB0F0BC2CA

setagayasounds at 04:11|PermalinkComments(0)clip!

2018年09月03日

もう9月も3日ですと。

昨日は、小田原の早川にある庄太郎でアレッサと松本さんとでライブでした。

帰りは豪華にロマンスカーを使いました。

IMG_5801
IMG_5814



















また明日は台風が上陸するそうだ。まったく今年はいろいろきびしい気候続きであります。

setagayasounds at 23:30|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月11日

蜂蜜と遠雷、よみました。

恩田陸さんの「蜂蜜と遠雷」読みました。

 小説をよむ楽しみの一つに全然知らない世界をのぞき見ることができる、ということがあります。この恩田陸の「蜜蜂と遠雷」を読むと、クラシックのピアノ・コンクールってこうなってるんだ、ということがよくわかります。3人の若い天才と28歳の努力型の参加者がコンクールを経ることで、音楽的にも人間的にも成長をしていく物語。面白かった。なんでも構想12年、執筆7年だそうで、かなりの練り込まれた作品のようだ。しかも、直木賞と本屋大賞(まったく性格が違う賞だよね??)をダブル受賞している話だから、面白いのは保障付。よく音楽をこんなにも説得力のある文章にすることができたものだと感心。500ページを越える量で2段組み。それだけの文章量の半分以上が音楽の描写なのだから、作者の筆力に頭が下がります。
 つまり、それだけ作者の音楽に対する思い入れとか、知識がすごい、ということ。それに加えて、人間が持っている葛藤、傲慢さ、弱さを熟知していて、それを物語に収斂させていく技もすごいなあ。三人の若者の天才、言ってしまえば、いわゆる小説とかにありがちな天才なのかもしれないけれど、話の流れの中で、天才ってこういうものかもね、と自然に納得させられてしまうところなぞ、さすがです。そして、どの天才にとっても幸せなエンディングなのがよかった。凡人代表の明石さんも日本人作曲家演奏賞をとったし。恩田さんのやさしさね。

 この本の中で、一番の天才児、ジン君が音楽を外に連れ出す、ということを言うのだけれど、なるほどなあと感心。つまり、クラシック音楽を限られた愛好家だけの音楽にしないで、もっと世間にだしていってもいいはずだ、という恩田さんの願いだと思う。この話の中では、演奏者の意識の問題として語られているけれど、社会、あるいはみんなの意識の問題でもあるはず。クラシック音楽に限らず、どんな音楽も一部のマニアのものにしないで、みんなでもっと楽しもうと。まったく同意見。
また、音楽はすで空間に溢れている。演奏者はただそれをつかみとるだけだ。という趣旨のことを天才マサルが言うのだけれど、これと同じことが10年前のスウェーデン映画「歓びを歌にのせて」にでてきていたことをすぐに思いました。当時、私は、この考え方にびっくりして、とても印象に残っていたから。クラシック音楽の盛んなヨーロッパではよく言われている考え方なのかしら?たしかに、この考え方、面白いよね。私も音楽を演奏するからよくわかるのだけど、こう考えると、ものすごく自分の演奏する音楽に謙虚になる。そして、自然な演奏になると思う。それは、自分以上の存在を身近に感じからだろうか。俺が俺が、という演奏をしてはいけないのである。

 youtubeに 蜜蜂と遠雷、といれるとこの本にでてくる音楽を聴くことができます。私は本選に入るあたりでこのことに気がついたのだけど、びっくりだね。聴きながら読めば、もっとこの本を楽しめると思う。これから読む人は、ぜひお勧め。曲を知っていると知らないじゃ、この本の読み方が変わってくるしね。


11月3日に学生時代の仲間とやっているバンド、Tomapoのライブがありました。
当時のサークル仲間とのイベント、荻窪研修会も回を重ね、16回目。
これからもゆるゆるとみんな元気にやっていきたいと思います。(*゚▽゚)ノ

FullSizeRender-15

setagayasounds at 13:48|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月02日

はや11月、、

あっという間に今年も11月になってしまいました、、、(*゚▽゚)ノ

先月の29日に衆議院選挙があり、自民党の圧倒的な勝利、、
これで、大手をふって憲法改正から自衛隊を軍隊にして、原発を推進するかと思うと、
なんともやりきれない気持ち、、、

おとといには、座間で9人を殺害してバラバラにするという猟奇的な事件が起こる。
自殺サイトで自殺志望者を見つけてきて、ことをなすという、もう考えただけでも、
嫌な気分になる事件。

「みみずくは黄昏に飛び立つ」を読了。この本は、村上春樹に川上未映子がロング・インタビューをし、それを文字起しをしたもの。いやあ、面白かった。どちらも好きな作家だし、村上春樹の創作の秘密がいくつも知ることができた。川上さんもかなり熱心な村上ファンだということで、村上さんに対する食いつき方もハンパないし。

「僕にとっては、文章のリズムが一番大事。
そして文体。」
なるほど。
この文体を作るために、何度も執拗に書き直しをする、ということを言っていますね。
本当に4回から5回は書き直しをするみたいです。
だから、あれだけの練れた文章ができるのですね。

あと、影の問題と、地下二階問題。(*゚▽゚)ノ
この二つが村上作品の大きなポイント。
近代日本文学が自分自身の意識に密接したエゴを扱っているが、これは地下一階。
地下二階とは、古代からつながる集団的無意識みたいなもの(かな?)
ここにそれぞれが持つ悪の部分が住んでいるのか、いないのか。
小説家にとって大事なのは影であって、それを正確に分析しないで書きなさい、と言っています。
私も、何かを作る人にとって、影は大事なものだと思う。


この本、村上春樹のファンの方には絶対にお勧め。
(*゚▽゚)ノ


FullSizeRender-12

setagayasounds at 12:38|PermalinkComments(0)clip!

2017年09月01日

7月には、

7月22日にトップギャランの仕事で、米原の古民家を改修したパン屋さん、カシュカシュでライブをやりました。(*゚▽゚)ノ
このカシュカシュは、トップギャランとは馴染みの古い大森ダイシンの元社長が興した店で、その縁で行ってきたのであります。

FullSizeRender-2
IMG_2453
FullSizeRender
































で、翌日、私はひとりで、琵琶湖線に乗り、安土駅まできて(米原から20分ほどだったかな)、
そこか歩いて、桑実寺と観音正寺に行ってきました。というのも、白洲正子さんの本、「かくれ里」に憧れていて、そこに載っている所に一つでも行きたいと思っていたからです。(^▽^)/

暑い日に、充分つらい山歩きでした。(*゚▽゚)ノ
こんな所から桑実寺を目指して、60分。
IMG_2471












中にあったりっぱな仏像。
FullSizeRender-1











桑実寺からまた激しい山道を70分くらいだったか、観音正寺
IMG_2480
FullSizeRender-3























近江のあたりも、少し歩くとけっこう深い山に接しているんですね。
近江のお寺の楚々としたたたずまいを堪能できました。(*゚▽゚)ノ


setagayasounds at 01:34|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月31日

8月も今日で終わりです。

8月は6日、9日、15日と戦争にからむ特別な日があるので、毎年、鬱々とした気分で過ごすことになる、14日は私の誕生日であるのに。
今年は戦後72年だが、北朝鮮がミサイル発射で威嚇を続けているため、戦争の影がいささか濃くなっているような気分である。今の政府は、どうやら戦争に舵を取ろうとしている気配があるが、なんとしても戦争だけはやめてもらいたい。

毎年、イチゴパフェで横浜、港南区民生委員主催のコンサートをやらせてもらっていて、今年で9回目。
ありがたいことであります。(*゚▽゚)ノ
今年はいままでの港南公会堂が立て替えの改修工事のため使えないため、<ひまわりの郷>というホールに会場を移しておこないました。
今年も沢山の親子さんに集まっていただき、盛り上がってよかったわ。

IMG_2725IMG_2699FullSizeRender






























今日、2018年、サッカーワールドカップ、ロシア大会のアジア最終予選、日本対オーストラリア、日本が2対0で勝ち、ワールドカップの出場を決めた。(*゚▽゚)ノ  すばらしい。2点目を決めた井出口くん、って、私は知らなかったけど、明日から誰でも知っている選手になったね。

setagayasounds at 23:00|PermalinkComments(0)clip!
Profile

鍵盤弾き、作・編曲家。
原稿も少々。
獅子座のB型。
ネコが好きで犬まあまあ。
エリカ・バドゥが好きでディオンヌ・ワーウィックもっと好き。
イチゴパフェという童謡バンドもやっております


pig2









setagayasounds



Recent Comments
Archives