FF14プレイ日記『煮(に)』


150306150306-2






















































こりずにプレイ日記。
もはやギャグ漫画(ギャグ漫画とは言ってない)。
前日ねーさんに「高いところから飛び降りるとダメージ受けるよ、高さによってはHP1になる。敵と戦ってダメージ受けてたら最悪死ぬ」
ってフラグをいただいていたので無事回収しました。よかった。

ちなみに谷にまっさかさまに転落しました。

まじで

あっ

 ( ゚ω゚ )

って感じだった

FF14プレイ日記『威恥(いち)』

150305

150305-2




















































とりあえず取り急ぎ描いてみました
慣れたり時間があったりすればもうちょっと丁寧に描けるかも

ぎゃーぎゃー騒ぎながらプレイしてます。ねーさんすまん。

ドリフターズより、那須与一

150210与一かわいいよ与一
ヒラコーの描くショタは、なんか別に画風的にはいわゆる萌えと直接結びつくものではないはずなのですが、なんかすごい色気がある。
えろい。

19歳にショタっていうのもなんですが。

あぁ~与一の薄い本欲しいんじゃ^~


FF14プレイ日記ですが、その後は大変な迷子になることを除けば割と順調なんじゃないでしょうか。

順調という事は面白味があんまないということでもある。

酒場の注文をとれ!ってクエストが1人探しても見つからなくてクリアできない……

なんか面白いネタが仕入れられたらねーさんみたいに少し漫画調にして描くかも。
描かないかも。

ニンジャスレイヤーより、ヤマト・コキ

ニンジャスレイヤーより、ヤマト・コキ。
ずっと「ヤマト・ユキ」だと思ってたけど実際違うらしい

オリガミの設定と、150213
桜の能力発動はいかしてる!











角川の漫画版しか読んでないけどあれがすげーよいよ!
真顔であほなことできる漫画は貴重(オサレ漫画とはまた違う)

ねーさんとトミにぃにいじられたネタをどうせなので貼っておきます

douiukotonano






ギルマスでもないのに唐突な個人煽りやめーやw

モン○タードラゴンというブラゲーの廃プレイヤーだったのです

魔球魔球()という野球ゲームでも煽られたけど
(なぜか毎回擁護が入るので余計煽られた)
2chって・・・・

東方より、比那名居天子

150302東方より天子。
もっとかわいく描きたかった・・・
その点しばさんはやべえよ(萌え力的な意味で)


FF14やってみた。

瀬田は呪術師を選択。
まレまぅってなんかかっこいいやん(*‘ω‘ *)?

初戦闘だ!てれれれー

・・・・・・

攻撃の仕方がわからん^q^

仕方ないので殴る→殴られるのまさかの近接戦闘。
レベル1のコラッタみたいなのと互角の戦いを繰り広げる瀬田。
「どちらが先に倒れるか……命をかけた戦いがここにある……!!」

ねーさんにたまらず泣きつく・・・・・

「L2とR2でなにがどうこうするはず」





おお・・・呪文が撃てる喜び(^q^)
しばらくファイア→ブリザド→退避を繰り返して雑魚敵を倒す瀬田。
ビビビ(´・ω・)=○ (・ω・`)イタイヨ?
ビビビ(´・ω・)=○ (・ω・`)オォン?
(・ω・`)=3    (・ω・`)アッ?
ビビビ(´・ω・)=○ (´。ω。`)アウアウ



その後調子のってたら、
なんかあさっての方向からの突然の攻撃で2回死ぬ瀬田。

なにこれ!

ねーさん
「たまに足元が赤く光ったら数秒後にとんでもない攻撃来るから」

先に言ってええーっ!!??

つづかない。現在レベル3です。

東方より、永江衣玖

150301
いくさんイクーっ!

当初白黒の予定でしたが一応色つきにしてみた。
サイトに上げたとき見栄えがいいから・・・多分・・・

ついでに言うと最初レ○プ目だった。
あんまりにあんまりなので直しました
ちゃんと構図とか考える時間もとらななー


日曜はひたすら寝てました
寝すぎてキャラ登録も出来ず、もがき抜いた末に寝た。

そして寝ます。(^o^)ノ < おやすみー

東方より、八雲藍

東方より八雲藍。
150228
FF14やるお^q^

といってもまだキャラ作成しただけで、
ワールドに登録出来てません
鯖制限かかってるとかどんだけ盛り上がってるんやw
僕がはまってたゲームは3月で終わるというのに!w

とりあえずねーさんとスカイプしようとしたらトミにぃと驚きの再会!
そしてもうひとかためっさ面白い方とも喋れて、久々に大笑いしました。

だから更新できなかった!というのもなんなので頑張った。ささっと。
立ち絵が描きたかったけど・・・

まー無理せず継続していきたいと思います。

東方より、アリス・マーガトロイド

東方よりアリス。
恋する乙女はせつなくて魔理沙を想うとすぐメンヘラしちゃうの

心なしか思い出してきました気がします、絵の描き方を・・・
そして液タブにも少し慣れてきた気がする今日この頃。
150227
どこからか聞こえる「今年もがっかりだな」の声
無言で帰り始める選手達の中、絵描きである瀬田は独りベンチで泣いていた
コミケで手にするはずの栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できる仲間たち・・・
それを今の画力で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃいいんだ・・・」瀬田は悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、瀬田ははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、帰ってデッサンをしなくちゃな」瀬田は苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、瀬田はふと気付いた

「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
ベンチから飛び出した瀬田が目にしたのは、最後尾まで埋めつくさんばかりの客だった
千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように応援が響いていた
どういうことか分からずに呆然とする瀬田の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「瀬田、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った瀬田は目を疑った
「す・・・鈴木さん?」  「なんだ瀬田、居眠りでもしてたのか?」
「こ・・・駒田コーチ?」  「なんだ瀬田、かってに駒田さんを引退させやがって」
「石井さん・・・」  瀬田は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
1番:石井琢 2番:波留 3番:鈴木尚 4番:ローズ 5番:駒田 6番:内川 7番:進藤 8番:谷繁 9番:斎藤隆
暫時、唖然としていた瀬田だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
「描ける・・・描けるんだ!」
中根からペンを受け取り、自室へ全力疾走する瀬田、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、ベンチで冷たくなっている瀬田が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

東方より小野塚小町

150226mini    _  ∩
  ( ゚∀゚)彡 おっぱい!
  (  ⊂彡  おっぱい!
   |   | 
   し ⌒J

なんやかんやで毎日更新しつつあります

明日止まるかもしれないし一旦止まったら癖になるかもしれない

とまあ、そんなこと考えながら絵が描けてるんだからそれはそれでいいのかもしれない

凝った絵が描けませんが毎日すっぱり仕上げちゃうのも一つ、モチベーションにもなってそれはそれでいいのかもしれない

そんなある日の酔っ払い

東方より、十六夜咲夜

150225mini
<ぴきーん>
(この匂い・・・お嬢様のぱんつ’89)
さっきゅんは香りマイスターやからまじで ( ゚ω゚ )

ワインに漬けたぱんつの香りから何年に漬けたかすら分かるからまじ瀟洒だよね








なにやってだ