ここ最近の本場讃岐うどん巡りは行列が出来る有名店よりかは地元のお客さんがメインの隠れたうどん屋を探すのが楽しみになってきた私ですが、今回もあえて先の「南原」のような超穴場をメインに巡って行こうと思ったわけで、3件目もその例に漏れずまんのう町の有名な「小懸家」「長田うどん」等のトライアングル地帯から少し離れた所の国道438号線沿いにある「城山」へ。

「城山」外観

このうどん屋さんがオープンした4年前、うどん巡りでたまたま開店祝いの花が飾っている所を目撃して以来気にはしていたのですが、地元のうどんファンサイトやブログでも最近まで殆ど取り上げられる事も無く、また全店制覇本では最新版でも未掲載のため事前情報が少なく、益々どんなお店なのか気になるばかり。
これは一度食べに行って貴重な情報を私のブログに掲載せねばなるまいとばかり、いざ入店!!

「城山」店内

民家の軒先を道沿いに増築して縦長に構えている店内は、まだ4年目のせいか綺麗で初めての人でも気兼ねせず入りやすい雰囲気。しかし天ぷらやお寿司やおでん、ネギや天かすの入った鉢や食器の返却台など、基本的なセルフのうどん屋さんの設備が一通り揃っています。

「城山」メニュー

オートゾックスなかけ系うどんからぶっかけやしっぽくに至るまでかなり豊富なメニューでどれにしようか迷うところですが、メニューの右端にかけうどんの冷があったので迷わずに決定(^o^)!!
レジで会計してうどんを受け取りネギを入れた後、壁沿い細長く続いているカウンタ席に座っていざ試食。

「城山」ひやかけうどん

「かけうどん冷」220円
麺とネギをかき混ぜてしまいあやうく写真撮るのを忘れて食べるところでした・・・(^_^;)。
うどんは冷のおかげでコシはかなり強くて喉越しも良い感じ。麺の味は(先の『南原』の印象が強かった所為か)やや薄めかな?
かけ出汁はイリコ系でさほど味付けは濃くはないけど、みりんっぽいしょっぱさが微かに残るあっさりとした味。私が今まで食べた中では明石の『かぐら』のひやかけうどんに近い感じでした。
とりたて強烈な個性は無いものの、讃岐うどんらしいコシのある麺とイリコ出汁は私的には十分及第点デス。
ご馳走様でした\(´▽`)/


昼時だったせいもあり、私や友人が食べている間にも地元らしきお客さんが出たり入ったりしていて、観光客にはあまり知られていないけど、地元客メインで頑張っているうどん屋さんといった感じでなかなか良い雰囲気デス。
メニューもかなり多いから、またいずれは別のうどんを食べに来てみたいですねぇ。


「城山」 香川県まんのう町長尾 月曜日定休
お店の場所はこの周辺です。