投資家の皆様へ

(株)瀬戸内ファンドに出資されていた投資家向けサイトです

十九回目の返金、分配終わっております。

返金の郵送についてです
こちらは返金を開始してから初めての要望ということだけでなく、私自身、一度も考えたことがありませんでした。
投資家サイドの事情も考慮すべきなのかもしれませんが、前提としまして、きちんと金融機関を通して跡に残すということが大事だと思いますので、これらの要望は将来的にも検討することはございません。
これは明確にしておきたいと思います。

確かに当時弊社が配当金の一部を郵便局を通じて現金書留にて行っていた経緯があります。
他にもご家庭の事情や金銭の流れを投資家の事情に合わせてそれなりに対応して参りました。
柔軟に対応していたからこそ投資していたという見方もあるのでしょうが、現在はさすがに状況が状況でございますので金融機関での返金のみにしておりますことをご理解くださいませ。

質問や要望で、個人のことだけでなく全体に関わることについては、こちらで返答という形を取ることにしております。
また、過去の記事に記載していることもあるかもしれませんので、初めてこのサイトを見る方は一度全体に目を通していただければと思います。

十八回目の返金、分配終わっております。

先月、連絡の取れておりませんでした当時の投資家の方からメールをいただきました。
繋げていただきました投資家の方のお名前はお伺いしておりませんが、この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございます。

一部投資家の方でございますが、20日過ぎに入金が行われております。
以前にも記載致しましたが、これは私の都合の問題だけですので、特に何か意図しているものではございません。
また、このように早まることはあっても月末をまたぐということは決してありませんので、そこは明確にしておきます。
投資家間で返金日時が若干違うということは現状今後もありえますが、ご理解いただけますようお願い申し上げます。


十七回目の返金、分配終わっております。

先月、先々月と東京と大阪でお会いした投資家の方々とお話しさせていただいた連絡先についてです。
現在私との連絡については返金を対象とした投資家全員が行っているわけではございませんが、中には手紙でやり取りをしている方もいらっしゃいますし、定期的に連絡を取る必要のある方はメールにて行っております。
しかし、電話につきましては一部の支援者や弁護士、行政機関や裁判所以外は控えさせていただいております。

1~2年前に比べると電話対応のご要望はかなり減りましたが、今も仮にこちらを全員一律に承諾しますと、毎月の返金を捻出している現状に影響を与えかねません。
本来であれば私の仕事の都合や昼夜関係なくそういったご要望にはお応えすべきものなのですが、現実的に難しいのが正直なところでございます。
リアルタイムでの受け答えにはなりませんが、手紙やメールでも悪意のあるもの以外はきちんと対応はしていきますので、それらでのやり取りにてご了承いただきたく存じます。

何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

十六回目の返金、分配終わっております。

こちらの更新、先週に投稿したつもりがきちんと反映されておりませんでした。
ご指摘いただいた方々、ありがとうございました。ご心配おかけしました。

明確にする必要は無いかとは思いますが、一応一定の目安を記載しておきます。
昨年より続けておりますこちらのサイトについては、月初を毎月更新の予定日としております。
今繋がっている投資家の皆様に向けてということだけではなく、当然返金すべきにもかかわらずまだ繋がりを持てていない投資家の方に向けての意味合いも持ち合わせております。
したがいまして、よほどの事情が無い限りは途絶えることなく更新をしていく考えです。

また、重要なお知らせすべき事項ができた場合は可能な限り速やかに更新をしてまいりますので、お手数とは思いますが、上記の更新予定日を参考の上、定期的に御覧いただけますと幸いです。

十五回目の返金、分配終わっております。

ファンド運用時に関わりのあった証券会社の方から連絡があったということで、私に書類等を送ってこられた投資家の方がおられます。
毎月一部ずつの返金をしている旨は財務局に報告、裁判でも公にはなっていますが、そこから個別の投資家にそのことが行き渡るわけではありません。
現状は投資家間の繋がりで返金を周知していただいております。

返金を始めて早や1年以上が過ぎましたが、現在でもその事実を知らない投資家の方もいらっしゃると思います。

去年の記事には何度か記載致しましたが、返金対象の投資家が増えましても、一人一人の返金額が減ることはありません。
毎月私が用意した額を投資金額の比率で分配しますので、投資総額が決まっている以上、そういったことにはなりません。

当初それらを不安視した投資家からは他投資家への声がけが不利益に繋がるとの指摘もありましたが、一切そのようなことはありませんので、お知り合いの投資家がおられましたらお声がけの程宜しくお願い申し上げます。

↑このページのトップヘ