漢方サロンセッテカリーノのひとりごと

たつの市にある漢方サロンセッテカリーノ店長のひとりごとです。 サラリと読み過ごして頂けると幸いです。

「漢方サロンセッテカリーノ」

住所:たつの市龍野町富永713-6太陽ビル1F
営業日:木曜日 ※臨時休業有
電話番号:0791-61-9027


姉妹店「エステサロンセッテカリーノ」

公式ホームアドレス http://settecarino.jp/

秋の養生~処暑

二十四節気では、今は‘処暑’(しょしょ) になります




処暑には暑さがやむという意味があります。

萩の花が咲き、朝夕は心地よい涼風が吹くころですが、台風が到来する時期でもあります。


夏の疲れが出やすくなるのは、真夏よりもむしろこの時期です。

これまでの強い陽差しで肌も傷んでいます。

秋の乾燥した空気にさらされる前に身体の内から疲れを取り除いてあげましょう。




*夏ダメージを受けた肌へのおすすめ食材*               

「白キクラゲ」

キノコの一種で、乾燥させたものにはミネラルも多く含まれています。

白キクラゲは「銀耳(ぎんじ)」と呼ばれ、不老長寿の薬として珍重されてきました。

肌に潤いを与えて、老化を予防してくれる、女性の美肌づくりには欠かせない食材です。

sirokiku

              












** 白キクラゲの蜂蜜漬け **

材料(7~10食分)
白キクラゲ(乾燥)10g
蜂蜜…200cc
水…400cc


作り方
1.白キクラゲをぬるま湯に3分つけて、根部分を取り除き、
    千切りにする。
2.土鍋に水と白キクラゲを入れて弱火で30分前後、
  焦げないように煮詰める。 なるべく、水分をとばして濃縮させ、
  蜂蜜を入れて良く混ぜ、火を止める。
3.冷めたら密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存。

  
食べ方:白キクラゲをカップに適量とり、お湯を注いでシロップごと。冷蔵庫で10日間保存できます。
                      
                                   『これならできる漢方ごはん』より

秋の養生

暦での秋は、8月8日頃から10月23日頃までとなります。

秋の養生~ライフケアをまとめてみました。

日々の養生にお役立ていただけたら幸いです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

aki_youjyou








スタッフについて

こんにちは。
「漢方サロンセッテカリーノ」の sumiko です。

スタッフ紹介です*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

sumiko 

漢方サロンセッテカリーノ店長
エステティシャン
漢方臨床指導士
登録販売者

年齢40代半ばです。
美容業界に携わって29年ちょっとになります。
漢方にはまって9年目になります。

なぜ漢方にはまったかと申しますと...(長くなりますが少しお付き合いくださいませ(*´ -`)(´- `*))

某化粧品メーカーで働きはじめて10年ほどたった頃(27.8歳頃)に、急に肌のくすみを感じてきました。
(世間でいう肌曲がり角の頃でしょうか...)

くすみを解消しようと高級化粧品を塗りたくっても肌がどんどんくすんで、更に毛穴の開き
(世間でいうタルミの玄関口でしょうか...)も!! 塗っても塗ってもたいして改善しない肌悩みに、
化粧品って本当に美容効果あるの!?って疑うようになってきました。

そこへ医療美容(医療系コスメ)との出会いがありました。
医療美容との出会いで、某メーカーでつちかった10年の知識はほとんど白紙となっちゃいました...トホホ
でも、新たに皮膚科学の基礎を勉強させて頂いた事で、10品ほど使用していた基礎化粧品は
4品に減り肌くすみと毛穴の悩みは3ヶ月もすると解消しました。

5年ほどルンルンに医療系コスメを使用していましたが、またもやってきた肌くすみと、
次はタルミが来襲、ゴルゴじわ※1とエクボ※2が出現してきたんですから本格的来襲です。
体調にも変化が...疲れやすくなり、動悸がしたり、足の筋肉に痛みがでたり。曲がり角2度目。

※1 ゴルゴ13デューク東郷の目下にある線(シワらしきもの)。私のは東郷さまの1/3くらいでもっと浅かったです。
※2 肌タルミで出来た法令線が旨い具合にエクボっぽく。この現象は暫くの間だけで、すぐりっぱなシワに進化する。(個人差あり)


またまた悩みました。これが限界か..と。
悩んだ結果、そのあと3~4年ほどは、変にこだわりすぎて美容難民に...。
天然(オーガニック)にこだわりすぎて、庭で自家栽培して化粧品作ったり、宗教チックなサプリに
はまってみたり...胡散臭いコスメに足つっこんでみたり...

そんな中、出会ったのが「漢方学」です。
その頃、日本専門医認定機構により日本東洋医学会専門医が認定されたのもあり、
漢方薬がマニアックな存在から、一般的に認知されるようになってきた頃です。
行き詰ってた私は、最初は、興味本位で漢方スクールに入学しました。
漢方スクールでは、まず自分の体質にあわせて漢方薬を飲ませて頂きました。
2週間ほど漢方薬を飲んだ私は、自分の体調の変化にびっくりしました。
しんどくない!足の痛みが無い! そして1ヶ月たった頃には肌にハリと艶が♪
動悸も無くなりました。
そこで、はじめて本当の意味で「肌は内側から」の意味を理解できました。
それからは、漢方と一緒の9年間で今に至ります。
漢方の世界では私の知識はひよこ程度ですので、
これからもっともっと勉強がんばりたいです!((( ・Θ・) ♪☆♪

この度は、拝読頂きましてありがとうございます。
今後もsumikoをよろしくお願い致します<m(__)m>

現在の私のケアは...
内側は長い歴史に基づいた漢方をベースにし、外側(コスメなど)は皮膚科学をベースにした最新ケアで良い結果がでております。
今のところ、西洋だ東洋だオーガニッックだと片寄りすぎるケアはイマイチな結果です。






プロフィール

settecarino_b

月別アーカイブ
最新トラックバック
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ