トップページ » 臨時国民政府緊急展開部隊、城久を制圧(ヴァレフォール暦22年10月秋季)

臨時国民政府緊急展開部隊、城久を制圧(ヴァレフォール暦22年10月秋季)

【緊急展開部隊、行動開始 首都圏を爆撃】
imf-29
 








 壬生指導部は、今や三洲連合共和国に於いて唯一正当な政府である臨時国民連合政府を「クーデター勢力」と指弾、辻芳親・国行委副委員長の搭乗機を無警告で撃墜すると言う示威行動に出ました。
 これを受け、臨時国民連合政府は抵抗の姿勢を崩そうとしない壬生指導部側の実力行使による排除を決定、航空総軍皇嘉基地から出撃したIMF-28多用途戦闘機の編隊は、国家行政委員会庁舎と官庁街などを中心に、城久市の中枢を爆撃しました。


(写真:IMF-28多用途戦闘機の編隊)


【地上軍は城久新市街地に突入、掌握】
2 







 
同市中枢の爆撃後、緊急展開部隊の機甲部隊は同市新市街地に突入し、城久放送本社や証券取引所、国政評議会などの重要施設を制圧、全権の掌握を確たるものとしました。尚、同市に本部を置くINIOCS各国政府代表や大使館員、壬生指導部側で同市の防衛任務に就いていた陸軍首都方面隊と海軍陸戦隊は、事前の合意に基づいて撤収を完了していた為、目立った混乱はありませんでした。

(写真:国道305号線で城久市新市街地に向かう緊急展開部隊のSSF-IFV1歩兵戦闘車


【民主化支持派の民衆ら蜂起 地方都市を制圧】
暴動 
 









 壬生指導部の
民主化計画に賛同する民衆らは、臨時国民連合政府の実力行使に抗議して一斉に蜂起した模様です。城久郊外の地方都市は既に民衆の制圧下にあり、鎮圧に国家保安省武装警衛隊が投入されましたが、城久から後退してきた陸軍首都方面隊と海軍陸戦隊が民衆側に加勢、武装警衛隊を肉薄しております。

(写真:暴動の鎮圧に投入された国家保安省武装警衛隊)


【壬生指導部側戦力建て直しか 臨時国民政府は成和台に臨時首都】
1 
 
 









 壬生指導部側は民主化支持派の民衆と協力しつつ、城久郊外の地方都市を根拠地として遅滞戦闘を展開、戦力の建て直しを図っているものと見られます。また、これまで温存していた海軍航空隊を投入し、海外駐留軍を本国に呼び戻す動きもあり、成和台で臨時首都を構築中
の臨時国民連合政府は、緊急展開部隊を増派して遅滞防御勢力の殲滅を急いでいます。

(写真:
SSF-IFV1歩兵戦闘に搭乗する緊急展開部隊兵士

【空港を閉鎖、航空便運用を停止へ 空港はパンク状態】
国際空港 
 











 臨時国民連合政府は、壬生指導部との軍事衝突に於いて民間航空機に被害が及ぶ可能性を排除する事が出来ないとして、24時間以内に国内全空港を閉鎖、航空便の運用を取り止めさせる事を決定しました。現在各地の空港は出国を求める者でパンク状態にあります。


(写真:城久国際空港) 





 




コメント
1. Posted by アレイスター   2008年06月21日 15:04
なんという破滅的な内戦。
2. Posted by 那覇 出会い   2011年05月19日 17:39
沖縄は那覇、太陽と海の恵みを浴びた健康的な美少女達は今、新しい出会いを求めている!!地域限定だからこそできた驚異の即出会い率であなたの運命の人がきっと見つかる!?旅先での出会いにも☆
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星