トップページ » 国家行政委員会・その他機関
国家行政委員会・その他機関

三洲連合共和国国防統制省:兵器パンフレット

【陸上装備】
突撃銃・北武Gシリーズ
 森林地帯や市街地など、三洲諸島での効果的な運用を前提に設計された北武重工業(北重)の突撃銃シリーズ。最新型は5.8mm口径の15式歩槍で、他軍の基地防衛部隊や海洋保安隊、郷土防衛隊などでも広く採用されている。

北武93式自走対空砲
 パータラスク暦93年に「93式自走対空砲」として制式化。乗員5名。レーダーとコンピュータを組み合わせた複合射撃統制装置と20亠ヾ慄4門を搭載 した自走対空砲。他の中〜高高度用の対空ミサイルシステムとあわせて運用し、機械師団の戦車部隊に随伴。進撃路および展開地区の要所で防空任務に就く、低 高度制圧用の防空車輌として設計された。陸上総軍のみならず、海上総軍・航空総軍・戦略砲兵総軍の基地防空部隊にも配備されており、我が国の防空車輌の主 力であると言える。

北武97式SSM(地対艦誘導弾)
 パータラスク暦97年に「97式地対艦誘導弾」として制式化。乗員5名。陸上総軍の野戦特科部隊と海上総軍の基地防衛部隊向けに開発された地対艦誘導 弾。三洲諸島内陸部の秘匿陣地に展開し、海岸線に展開した捜索レーダーからの情報を基に、我が国沿岸に上陸しようとする敵舟艇や、洋上の敵艦船を迎撃す る。93式自走対空砲の車体に地対艦誘導弾の発射装置を搭載し、海上に於いては低空飛行を行い、アクティブレーダーホーミングにより、目標に誘導される。 また、電波妨害源に対するホーミングも可能である。

■北武05式MBT(主力戦車)改 
05式MBT改05式主力戦車の発展改良型。西芝電子の新型FCS(射撃統制装置)を搭載した120亞蟾佶い鵬辰─高出力の北重V型12気筒液冷ディーゼルエンジンに換装。新世代の04 式爆発反応装甲を追加することによって、05式MBTで問題視されていた複合装甲の脆弱性を解消した。また、車輌間データリンクシステム、赤外線監視装置 などの新技術を追加した事でも知られる。

■西芝07式RCV(偵察警戒車)
07式RCV陸上総軍の威力偵察部隊と、海上総軍・航空総軍・戦略砲兵総軍の基地防衛部隊の主力車輌として開発された。本車の開発は、西京芝崎製作所が担当してお り、ヴァレフォール暦07年に「07式偵察警戒車」として制式化。3軸6輪形式の装輪装甲車で、乗員は4名。主武装として25亠ヾ慄い髻偵察装備として 熱線映像式暗視装置を搭載している。また、25亠ヾ慄い鯒僂掘通信装備を搭載した07式指揮通信車が派生車両として存在する。

■北武10式自走対空砲
10式自走対空砲ヴァレフォール暦10年に「10式自走対空砲」として制式化。乗員4名。93式自走対空砲の後継と位置付けられている。装軌式である05式MBTの車体 を流用。35亠ヾ慄2門に中〜高高度用レーダー誘導方式・04式地対空誘導弾8発を搭載したレーダー・レーザ照準機構付き全周旋回式砲塔を持つ大変野心 的な設計で、我が国初のハイブリット対空システムである。05式MBT改にも採用された、高出力で信頼性の高い北重V型12気筒液冷ディーゼルエンジンを 搭載し、対空自走砲としては世界でも屈指の性能を誇ると言われる。しかしながら、価格の高さ故に配備は進んでおらず、現在海外駐留統合軍にごく少数が配備 されている事が確認されている。

■西芝12式IFV(歩兵戦闘車)
12式IFVヴァレフォール暦12年に「12式歩兵戦闘車」として制式化。乗員3名。我が国初の本格的な歩兵戦闘車。対戦車誘導弾の発射機と20mm機関砲を装備す る2名用砲塔を備え、浮航性を有する。射撃統制装置は目標への自動追尾機能を実現し、複数の目標に対する連続攻撃が可能になっている。この他、部隊の指 揮・統制と地上航法用の新型ソフトウェア、操縦手用ヴィジョン・ブロックの導入等で、本車の運用・戦闘効率は、世界的に見ても高度な水準に達している。一 個分隊10名程度を収容可能。

【航空装備】
IAH-2A “Spizaetus nipalensis”
攻撃ヘリ我が国の主力攻撃ヘリコプター。主開発社は北武重工業。Spizaetus nipalensisは熊鷹の意である。機体には複合材料が採用され、12.7价督度の被弾に耐え得る装甲となっている。コックピットは縦列複座式で、 前席に射撃手、後席に操縦士と言う配置。武装としては、機種に30亠ヾ慄い装備されており、射撃手のヘルメットの動きに連動して砲身が向きを変える様に なっている。また、固定翼には撃ちっぱなし機能を有する02式対戦車誘導弾又は有線方式の光学誘導亜音速ミサイル(94式HOT)、無誘導ロケット弾発射 機を装備可能。光学式センサによって全天候作戦能力を有している。北武重工業が提案しているIAH-2Aの改良型、IAH-2Bでは、武装として新たに空 対空誘導弾を装備可能とし、アビオニクス類の全面的なアップグレードとグラスコックピット化を実施。複数の目標点へのロックオン、目標点の危険度評価機能 などの能力を有する新型レーダーに換装するとしているが、価格面での問題が有り、国防統制省は採用に踏み切っていない。

IMF‐28多用途戦闘機 “Barbatos”A/B
バルバトス無尾翼デルタ式にカナードを組み合わせた特徴的な翼を持つ、西京芝崎製作所製の軍用機である。対空から対地任務をもこなす多用途戦闘機(マルチロール 機)として設計され、フライ・バイ・ワイヤにより操縦が行われている。縦方向の制御には、カナードと内側のエレボンの双方を用いる。インテークは、カナー ド直前の下部にあり、固定式である。撃ちっぱなし能力を持つ新型誘導弾、03式空対空誘導弾を初めて標準装備した。ロスト・アルテミスでは、凡そ半数を喪 失。同機の機体からエンジン、電子機器類までを一括製造する西芝の生産ラインも著しい損害を受け、同機の新造体制を再構築する目途は未だ立っていない。

■IF‐23多用途戦闘機改 “Wolf”typeB
 ロスト・アルテミスによるIMF-28多用途戦闘機の激減を受けて、急遽投入されたIF-23多用途戦闘機のCCV(運動能力向上)機。北武重工社製の 軍用機である。モスボール状態で保存されていたものに改修を加える手法がとられた。機首に垂直1枚・水平2枚のカナード翼を取り付けている他、北武デジタ ル・フライ・バイ・ワイヤ・システムを使用して、動作をコンピューターで補助する機構を持たせている。首都防空用に配備されていたtypeAとの最大の 差異は、ベクタードノズルとステルス翼を採用していない点であり、価格抑制に成功している。また、IMF-28で標準装備された03式空対空誘導弾の搭載 にも対応し、この03式空対空誘導弾と、早期警戒管制機或いは地上レーダー施設からの適切な管制があれば、ディルタニア連邦の新鋭機Silev- 94A/Bにも対抗出来得ると言う。安保締結国であるエンスランド空軍への無償提供が決定された。



settu123settu123  at 17:03コメント(0) この記事をクリップ! 

【2月2日加筆訂正】備忘録&少しの雑記

 どうもこんにちは。箱国6製作委員会をはじめ、雲龍さんや安武さんのブログなどで、新国家の設定について色々と書かれていらっしゃるようなので、私も加わってみようかな、と思います。まだまだ構想の段階だけれども、雲龍日報に合わせる形で、隕石落下を軸に少し考えてみました。
 隕石落下→三洲諸島で壊滅的被害→混乱に乗じて地方で駐屯軍離反&共産勢力合流、新政府を組織→城久遷都の壬生政権と全土で内戦→壬生政権の最終的勝利→焼け野原からの三洲再興・・・と言う様な流れで辻褄は合う・・・でしょうかね??


ヴァレフォール暦十六年
ロストアルテミス発生。世界規模で甚大なる大惨害。国内ではマグニチュード八を超える巨大地震が西京、皇嘉、陣神などの主要都市に襲来、横河カルデラも再噴火。
・地方遊説中の壬生正宣 国家行政委員会最高委員長、全土に非常事態宣言布告。戦時動員令、城久遷都を決定。
ヴァレフォール暦十六年十月
成和台国立天文台「今後数ヶ月以内にフェイルディラシア地域に小惑星“天焔”落下の恐れ」と警告。
・観測衛星「菖蒲」三号、地球に向かう小惑星“天焔”を初確認。国家防衛総軍フェイルディラシア航空宇宙防衛司令部、小惑星“天焔”落下範囲を三洲諸島北部と推定。
・壬生委員長「我が国は建国以来、最大の危機に直面しており、あらゆる犠牲を払ってでも三洲諸島と国民を守護する必要がある」と異例のテレビ演説。国家防衛総軍の保有する弾道弾迎撃ミサイル基地、高射特科部隊、防空システム搭載巡洋艦の全てが臨戦態勢に突入。
・国家行政委員会、三洲諸島北部と他地域との交通路に規制措置。避難民過剰流入による混乱を危惧か。
ヴァレフォール暦十六年十一月
小惑星“天焔”、地球のロシュ限界の内側を通過。分裂し数百の破片となり、迎撃部隊が撃ち漏らした一部が成和台、陣神、泰北、燕江をはじめ三洲諸島北部の各都市に落下。落下から三週間目までに十五万名以上が死亡。負傷者百万名超。
ヴァレフォール暦十六年十二月
三洲諸島北部で反政府運動激化。市民による警察署襲撃、国民協和党員や公安、軍警(軍事警察)要員への暴行事件頻発。路上裁判による処刑も。
ヴァレフォール暦十七年(復興暦元年)一月
・国家防衛陸上総軍北方軍団司令部、城久の中央参謀本部から発せられた治安出動命令を黙殺。軍警将校らを殺害し、国家防衛総軍指揮下からの離脱を表明。革 新労働党、共産統一戦線等の地下組織化した共産主義勢力と合流し、三洲諸島北部を実質的支配下に置く三洲諸島解放軍・臨時救国人民政府を樹立。
・三洲諸島解放軍、国民協和党北部三洲地域連合会及び国家保安省成和台支部を襲撃、制圧。
・国家行政委員会緊急声明「救国政府なる組織とその配下にある武装勢力の暴戻は、大惨害からの復興を目指そうと奮励努力する全三洲国民に対する挑戦である。壬生正宣閣下は賊の断固撃砕、膺懲を指示された」
・以降、北部島嶼の救国政府と本島、中南部島嶼の三洲正統政府(城久政府)との間で内戦状態へ。
ヴァレフォール暦十七年二月
・城久政府、西京に国家防衛総軍征北特設司令部と前線基地を設置。
・三洲人民党(革新労働党、共統戦線が合流)第一回党大会。救国政府首班に香津淑子陸軍准将を推挙。
・救国政府首班に香津淑子陸軍准将が就任。南進政策の強力な推進を主唱。
・成和台島沖海戦。三洲諸島解放軍の地上、航空両部隊が成和台島沖を遊弋中の国家防衛海上総軍第二艦隊に対して飽和攻撃。強襲揚陸艦「遠鞍」、ミサイル駆逐艦「芦立」、「笙靖」大破。
・国家防衛総軍、先の海戦による海軍力の損亡を顧みず、成和台島上陸作戦敢行。水際で解放軍の猛攻があり、失敗。
・解放軍、旧正月攻勢。西京野戦滑走路(旧新西京国際空港)、征北特設司令部を一時占領するも、数週間後に鎮圧される。
ヴァレフォール暦十七年三月
・第一回休戦協定締結交渉開催される。救国政府、城久に特使派遣。五ヶ月間の休戦で基本合意。
ヴァレフォール暦十七年四月
・国民協和党中央審議会、国家行政委員会へ極秘の書簡。戦術核兵器の使用による戦局打開と三洲統一を提案。
ヴァレフォール暦十七年五月
・救国政府、実質的支配下に置く成和台、陣神両島沿岸部で防御陣地構築。成和台島では長大な兵站線(革命回廊)を整備し、持久戦体制整える。
・三洲人民党第二回党大会。「大三洲新秩序建設綱領」発表。
ヴァレフォール暦十七年六月〜七月
・特に目立った動向無し。
ヴァレフォール暦十七年八月
・第二回休戦協定締結交渉。救国政府側が三洲諸島北部の独立を要求した為、決裂。第一回休戦協定期限切れ。
・壬生委員長「救国政府が、従来の安定的な政治体制による“一つの三洲”を志向していた我々の声を踏みにじった事により、平和の道筋は完全に潰えた」
・国家防衛総軍、三洲諸島北部の軍事拠点に対して戦術核兵器投入。
ヴァレフォール暦十七年九月
・国家防衛総軍、成和台島と陣神島に同時上陸作戦。成和台島にある救国政府首都泰北を占領。
・救国政府中枢、成和台島山間部の逢牡にまで後退。
ヴァレフォール暦十七年十月
・解放軍、散発的なゲリラ戦と戦術核攻撃を逃れた軍事拠点や地方都市で篭城戦を展開。国家防衛総軍の進軍滞る。
ヴァレフォール暦十七年十一月
・二度目の戦術核兵器投入。対象が解放軍篭城都市にまで拡大される。(地震や小惑星落下による水没を含め、この時点でそう少なくない面積の三洲領土が失われている)
・国家防衛総軍征北司令官、前線の将兵に向けラジオ放送。「私は今年中に三洲諸島に於ける戦闘行為を全て終結させる、と言う大いなる確信を持っている。将兵諸君は全国民から賊討伐の勲功を称えられ、正月を各自の家庭で過ごす事が出来るだろう」
・逢牡市街戦。解放軍統一親衛隊が国家防衛総軍進攻部隊を相手に善戦。
・逢牡陥落。香津淑子政府首班、地下司令部で夫と拳銃自殺。
・解放軍兵士に投降勧告。
ヴァレフォール暦十七年十二月
・解放軍前線司令部の降伏、将兵の投降及び武装解除進む。組織的抵抗ほぼ終わる。
・壬生委員長が戦闘終結宣言。
ヴァレフォール十八年(復興暦二年)〜荒野からの三洲再興

 ここまで書いて思いましたが、数ヶ月前に日本橋にて割安で購入してしまった、現代大戦略2004〜日中国境紛争勃発〜のマップエディタを使ってこの内戦の模様を再現すると言うのも面白いかも知れませんねぇ。確かシオンさんが同様の試みをやっておられたかと思います。ところでPCゲームと言いますと、今、Simutrans(シムトランス)と言うフリーのSLGにハマっています。鉄道やバス、トラックなどを使った貨物・旅客輸送で安定した経営を目指す、と言うシムシティやA列車で行こうに似たゲームですが、フリーでここまでやり込めるボリュームにはちょっと感動。


settu123settu123  at 22:34コメント(0) この記事をクリップ! 

新春のご挨拶

 新春の候、箱庭国際社会の首脳の皆様方におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。立春を目前にしていますとは言え、まだまだ寒さ厳しき折り柄、お風邪など召されませぬよう、お気をつけください。皆様のご健康と一層のご発展を祈念致しまして、新春のご挨拶とさせて頂きます。
                        国家行政委員会最高委員長 壬生正宣            

 さて、昨年は残念なことに、箱庭国際社会が一時休止となってしまいまして、愛すべき箱国民は散り散りになってしまいましたが、皆さん如何お過ごしでしょうか。個人的には、年末年始の多忙によりネットの閲覧が制限され、参加させて頂いておりました箱庭星団諸国の国家運営を怠ると言う事態になってしまいまして、関係の皆様方には多大なるご迷惑をおかけしてしまいました。ここに深謝致します。
 昨日から学校が始業となり、徐々に普段通りの生活を取り戻しつつありますが、今年は私、いよいよ受験生の身となってしまいます。ですので昨年同様、ネットに注力する訳にはいきませんが、箱国6(仮)には出来れば夏期休暇辺りまで参加できたらなぁ、なんて考えておりますので、今年もどうぞ宜しくお願い致します。

 それでは、皆さんお元気で。桜咲く春の箱国6(仮)でまたお会い出来たら良いですね。
 


settu123settu123  at 17:40コメント(0) この記事をクリップ! 

外交事務の一時休止に関するお知らせ

外交事務の一時休止に関するお知らせ

 我が国の外交事務及び大使館業務等を、特別の場合を除いて、西暦2007年9月18日〜西暦2007年10月1日の期間中、休止させて頂きます。あらかじめご了承下さい。

外務省総務局広報



settu123settu123  at 11:50コメント(0) この記事をクリップ!