後ろ歩きダイエットと言う、
ちょっと聞き慣れないかもしれないダイエット方法があります。

これは非常に簡単なダイエットで、必要な道具も器具もありません。

ただ後ろ向きに歩くだけなのです。

後ろ向きに歩くことは、日常生活ではほとんど行わない行動です。

日頃使わない、臀部太ももの内側の筋肉に刺激を与え、
ダイエット効果が上がることになります。

後ろ歩きダイエット10分間行うと、
普通に前を向いて歩くウォーキングの20分間分のカロリーを消費
することになります。

ただし、後ろ歩きは転倒の危険もありますし、
まっすぐ歩くことも困難な為、ある程度広い場所が必要です。

筋肉への負荷や身体への負担などを考えると、後ろ歩きダイエット
最適な場所プールだと言えるでしょう。

プールのような水中だと水圧がかかりますので、
同じ時間と距離を歩いても、
陸上よりもエネルギー消費ははるかに大きくなるのです。

注意することは後ろ歩きの場合は、どうしても歩幅が狭くなりがちで、
足が上がりにくいと言うことがありますので、できるだけ歩幅を広く
一定のスピードで、さらに足を高く上げることを心がけるように
しなければなりません。

短時間で大きなカロリーを消費できる痩身方法である、と言えるでしょう。