このブログの存在を忘れていた。

半年近く、色々なことがあったけどTwitterやFacebookに書き連ねてるからこのブログの存在意義がない。

思っていることでもTwitterに書いたところで本当に便所の落書きレベルでしかなかったり、
Facebookに書いたところで「お前どうしたの?」と言われるレベルでしかなかったり。

日記帳でも作ればいいのではないか。
それもいいかもしれない。
でも、やらない。


年齢が年齢だから、周りでも結婚する人が増えてそんな時期なんだな、と体感することが多い。
今年で27だから、自分も結婚適齢期になっているのだろう。
しかしながら今は彼女がいないので、自分の趣味や仕事に集中しきっている。

それでいいのか?
もっと自分を変えられるようなことをしなくてはいけないのではないだろうか?

と、自分自身に疑問を投げかけることも多い。

今まで付き合っていた人とのことを考える。

流れや環境は違っても、別れる理由というのはいつも似通っている。

一言で言えば、女々しい。
自分は人を好きになると、その人一直線になり周りが見えなくなってしまう。
そして気付かぬ内に相手にとって自分は、重い存在になり耐えきれなくなる。

今まで付き合った人は数人いるが、学習能力の無いおバカさんである(笑)

さて、ここまで来たら自分を変えるのが得か?
それともぴったりの相手を待つのが得か?
そう思えてきてしまう。

現在の所、その答えは保留にしている。
たぶん、明確な答えはない。

愛されたいのだろう。
その人に欲されたいのだろう。
でもその前に、自分もその人を愛さなければならない。
そして、自分もその人を欲さなければならない。

スタート位置の再確認が必要だ。