2005年04月09日

水槽が一気に五本に……。

 小さな水槽ばかりなのですが、あれよあれよという間に、熱帯魚の種類が増えて、繁殖の時にMIXにならないように、せっかくの色をごちゃ混ぜにして、闇鍋水槽にならないようにと思ったら、五本にもなってしまいました。
 ベタの瓶も入れると八本です。
 親に『どうかしている』と言われるのも仕方がありません。
 犬に癒されるというのは分かってくれるのですが、水槽は、以前十二本も設置していたことがあったので、またそれを繰り返すのではないかと、恐れているようです。
 然もありなむ。

 そんなわけで、一年後を目処に、どこかのアパートへ引っ越そうと思います。
 そうすれば、ドールも熱帯魚も誰憚ることなく楽しむことが出来まする。
 むふふ。

 いまハマっている熱帯魚はグッピーです。
 繁殖してくれる種が好きなので、やっぱりメダカ類に走っちゃいます。
 あとは、アピストとか飼いたいのですけれど、近頃あまり売っていませんね。
 季節にもよるんだろうなあ。
 アピストグラマ・トリファスキアータという小さめで、青がきれいな種を飼っていたとき、産卵してくれて、卵も孵ったのですが、雄を水槽に入れたままにしていたせいか、ある日稚魚が全て消えてしまいました。
 あまり雌を刺激しない方がいいだろうと考えたのが、裏目に出たようです。

 同じシクリッドでしたら、エジプシャン・マウスブリーダーも繁殖させてみたいと思っています。
 けれども、水をアルカリ性にしなくちゃいけないのと、他と混泳させると卵を生んでくれないので、これはガマン。

 ところで、ここまで書いておいて今さらですが、観賞魚の用語って、地球語に聞こえないですよね。
 アウロノカラヤコブフレイベルギーとか、ラピドクロミスカエルレウスとか、まるで呪文のような名前の魚が結構いますし。
 しかし、アクア・ショップ廻りをするだけでも、魚(は虫類、両生類)好きは、幸せという名の翼に乗って、雲の上まで飛んで行けるのでした。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
はじめまして。
水槽の本数が増えるのは、しかたないですよ。
ただし、僕の場合は熱帯魚好きと面倒くさがりが
共存してますので、今の所三本なんだけど。
Posted by いやっほ at 2005年04月13日 14:36
わあい。
コメント有難うございます。(>▽<)
熱帯魚は深いですものね。
メダカ類とシクリッドだけでも、欲しいものを揃えたら、
水槽が50本くらいになりそう……。
私も不精ですが、まだ水質が安定していないので
適当に頑張っています。
紙が多い部屋に水を零してばかり……。(-_-;
Posted by ちゃお×ちゃお at 2005年04月14日 17:39