2006年05月08日

ご飯の幸せ。

 十数年来付き合ってきた持病が治らず、昨年新しい薬を処方してもらったところ、世界が一変してしまいました。
 躁状態に近いハイテンション! そのすごさといったら、ある結婚紹介状のチラシを見て、いても立ってもいられずに結婚紹介所へ電話をかけ、挙句に母の携帯に電話をして「私! 結婚出来るかも!」
 ……。
 はい。未だ独身です。
 まあ、それはさておき、世界が輝きだし、何より変わったのは、食事の味がするようになったことでした。
 それまでは、食べることに喜びを見出せず、自分の部屋に閉じこもっていましたから、日に摂る食事は1回かよくて2回。
 それも栄養のバランスなど考えず、ただ生きるために食べていたので、体重がどんどん減っていき、164センチ少しある身長に対し、体重が45キロになってしまいました。
 ところが、食べ物の味が感じられるようになった途端、それまで無駄にした分の食事を取り戻すように食べに食べまくり、どんどん上がっていくヘルスメーターの針を見て「あとで後悔するだろうな」と思いつつも、味覚の世界が開けた喜びから、食事を制限することはしませんでした。
 そして増えた体重はなんと一ヶ月に15キロ。
 つまり60キロにもなってしまったのです。
 それまではいていたジーンズは26号〜28号。
 28号でゆるかったというのに、それに下半身を押し込めないと気付いたときにはさすがに焦りました。
 しかし、朝昼の食事は抜くか適当に済ませて、夜の食事をお腹が空いた真夜中に食べるなどということをしていたので、自己流のダイエット(?)は失敗に終わり、これぞと思ったダイエット食品を購入してのダイエットも失敗に終わってしまったのです。
 そんな折、南の島へ行くことが決定。
 しかもネット上で知り合った男性と付き合うことになったので、ことはますます深刻になってしまいました。
 それではじめたのが、ダイエットの出来るSOHOです。
 ビジネスを始めた月の副収入が30万以上!?
 人脈や特別なスキルがなくとも(ごく普通の人たちが)、頑張りに見合っただけの収入を得ている。
 私が気に入ったのは、ダイエットが出来るという事実もさることながら、「寝ている間にお金が入ってくるマネーゲームではない。100万の収入を得ている人は、3万の収入を得る人よりも、当然多大な努力をしている」ビジネスだというところでした。
 始めはダイエタリーフードを買うお金を捻出するのにも苦労していた私でしたが、努力の甲斐あって、ニートの身から、月20〜30万の収入を得る一応の社会人になれたのです。
 体重が元通りになった事に関しては、健康というおまけまでついてきました。

 くれぐれも言いますが、これは一念発起すれば誰にでも出来る「おいしい」話ではありますが、本業の合間の時間を使って、収入を増やすための努力をしなければなりません。
 それなのにお勧めするのは、何の取り柄もないこの私が変わることが出来たからです。
 まずは左下のリンク「痩せるお小遣い」を読んでやってください。
 明日は、ダイエットの経過等、もっと詳しく書いていこうと思います。
 ……と思ったら、明日はジャンプの発売日。
 ジャンプの感想を書きまくるです。

この記事へのトラックバックURL