2007年12月

2007年12月29日

御用納め  できませんでした

なんとか御用納めまでに間に合わせようとしたものの、パソコンの不調にあえなくダウン。仕切りなおしとなりました。
個人情報のかかわりで、学校外に持ち出せないのがこういうときには辛いです。

追伸…論文書いている間の気分転換にとプリント作成のマクロを組んでいたら、2本完成しちゃいました。どっちが気分転換だったのか怪しくなっています。

それでは、どなた様も良いお年をお迎えくださいませ。

sevenstarslight at 01:03コメント(2)トラックバック(0) 
つれづれ日記 

2007年12月24日

締め切りの迫る仕事

休みになり、少しのんびりしています。
でも、年内の仕事がいくつも残っています。(本当の締め切りは年明けですが、それでは管理職の点検の時間がありませんから)

無事に新しい年を迎えられるように仕上げなくてはいけませんね。3ケ所の病院の定期検診も行かなきゃ。
記事をアップするまて、もう少し、時間がかかりますがよろしくおねがいします。


sevenstarslight at 22:49コメント(3)トラックバック(0) 
つれづれ日記 

2007年12月22日

職業にしなくて良かった

学生時代、卒論はとある大学の大型コンピューターを使って数値シミュレーションをしていました。
早い話がコンピュータープログラムを作っていました。
やり始めるとバグが見つかり連日徹夜なんてこともしょっちゅうでした。
就職にあたり、コンピューター関係の仕事も考えましたが、こんな生活してたら身体を壊すと思って内定していたコンピューター関係の仕事は断りました。
最近エクセルでとあるプリントを自動で作成するプログラムを作っています。
連日睡眠は3時間程度。凝り性だからなかなか途中で切り上げられません。

今の仕事を選んで良かったと思いました。
少なくとも通常は朝が恐いからそんな無理はしませんから。

↓投票お願いします。

↓よかったらこちらにも投票お願いします。
人気blogランキングへ


sevenstarslight at 20:53コメント(4)トラックバック(0) 
つれづれ日記 

2007年12月08日

恋の季節?

4年生も中盤戦を過ぎた頃から、男子の様子が変化してきます。
ある男君。
後ろの女の子が気になって気になって仕方ありません。他の子が話しかけてもあまり反応しないのに、その女の子が「あっ」とか声をもらしたら
「どうしたの?何かあったの?」って振り向いています。

いる男君。
ある女の子の隣の席になってからいつもにこにこ。
楽しそうに学校に来ています。心なしか勉強にも熱が入っているような気がします。

うる男君。
前に座っている女の子が気になって仕方ありません。
授業中も時々定規で背中をつついたり、椅子を軽く蹴ってみたり…。
「やめてよね」とその女の子が振り向くたびにちょっとうれしそうな顔をしながら
「俺じゃねぇよ」

える男君。
少し離れた席の女の子が気になって仕方ありません。
何かと口実をつけては近くを通りかかり、
「邪魔だなぁ」
「なんでこんなところにいるんだ」
相手の女の子は「なんでいつも私にばかり嫌がらせするの!」

おる男君。
普段あまりしないおる男君。
最近、給食の時間に能弁になりました。もっともある女の子をからかってばかりいるのですけれど。その女の子は「もう、なんで男子はこんな嫌なことばかり言うの!」って怒っていますけれど。

そういう年頃なんですねぇ。
特にこの時期の男の子はストレートな表現ができないで、どこか屈折しています。本人もそれを自覚しながら戸惑っているようなところがあります。

こちらは見ていると面白いのですけれどね。
小学校4年生ってのはそんな時期なのですよ。

sevenstarslight at 05:00コメント(1)トラックバック(0) 
つれづれ日記 

2007年12月05日

人権週間

人権週間というものがあります。
うちの学校では、それに先駆けて地区の人権委員の人に来てもらってお話をしてもらいました。丁寧に説明されるのですが、どうも子どもには難しかったようです。

実際に、人権って何だ?人権を守るにはどうすればよい?ってことを考えていくと大人だって迷うことはありますからね。

そこで、子どもたちに「人権週間の意味」を話しました。
一番大切なのは「他人がそこにいることを意識して、その人が嫌がることをしないようにすることで、周りの人から大切にされたい」ということではないかと思っています。

人権=人間の権利ですから、「権利の主張」が目立ってしまうのですけれど、私は日本の土壌にはどうもなじまないように思っています。それよりも、「情けは人のためならず」の精神が日本にはなじむように思っています。

だから、「自分から他の人を傷つけない」ように自分を律することにより、「周りから大切に扱われたい」という思考順序が日本的だと思っています。

人権週間。
自分の人権も大切ですが、他人の人権をまず考えられるような人に私はなりたいです。

sevenstarslight at 05:00コメント(1)トラックバック(0) 
つれづれ日記 

2007年12月02日

給食が減っている!

このところ、「お腹がすいたよぉ」っていう子供が増えています。
給食前の話ではありません。5時間目が始まった頃に言うのです。

それというのも、最近の物価の上昇が原因!?って思うのです。
給食を良く食べることで有名な我がクラス。
メンバーは毎年変わるのになぜかいつも食欲旺盛になっちゃうんです。
口の悪い人は
「担任が良く食べるからでしょ!」
って言うけれど、子どもに比べてそんなに食べるわけじゃない。
(給食は基本的に成長期の子どもに合わせているので、私たちがたくさん食べたらすぐにメタボ予備軍からメタボ正規軍になってしまいますから…)

給食の量が減っているのです。大雑把に見て1割から2割程度。
いままで全員に配っても10人分ぐらいの残りがあったのに、最近はゼロ。
以前の調子で分けていたら足りなくなるなんてこともよくあります。

欠席者がいると「今日は少し多く食べられる!」なんて喜ぶ子もいたりします。
悲しい話ですが、朝食を十分に食べていない子が何人もいます。
家に帰っても、食事の用意がしてない子がいます。

そんな子にとって給食は大勢で楽しく、お腹いっぱい食べられる唯一の機会だったのに、それがスプーンでおかずの入っていた入れ物をあさるほどになるとは…。

「もうないの?」
「まだ足りないよぉ」
子どもの声を聞くたびに悲しい気持ちになります。
給食費は決まっているから、食料品が値上げされると、量を減らすしかなくなります。量が減ると食べたいのに食べられなくなります。

世界に目を向ければ、餓死する子どももいるのですから、それに比べたらどうってことないといわれるかもしれません。それでも、そんな子どもたちを目の前にすると、物価の上昇が恨めしくてなりません。

政治家の皆さん。子どもたちが、お腹いっぱい食べられるように、よろしくお願いします。

sevenstarslight at 05:00コメント(1)トラックバック(0) 
つれづれ日記 
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ

読んで気に入ったらクリックしてください。



こめんと