2009年07月

2009年07月18日

1円野菜

あるスーパーへ行くと、

『キャベツ1玉1円』
『レタス1玉1円』
『キュウリ1本1円』
 という文字が目に入った。

これを見ながら、生産者の人はこのことをどう思っているのかなぁと気になった。
自分が丹精込めて作った野菜が、こんな値段で取引されているのを、どんな気持ちで見ているのだろうか?

『あなたの作った野菜は1円の価値しかありませんよ』
『あなたの労働には、この程度の価値しかありませんよ』
と言われているように感じないのだろうか?

農家が「今までよりも高い値段で売りたい」と思っても、「販売価格」1円であれば、それほど強硬に値上げも要求できないだろう。おそらく、スーパーと農家の関係で言えば、スーパーが主導権を握っているだろうし…。

もちろん、こんな値段で販売していたら店だって利益なんか上がるわけが無い。他のもので利益を上げたところで、純益はさして増えないだろう。
そうなれば、経営者としては『人件費削減』しかないだろう。社員の数を減らし、派遣社員を雇い、さらに派遣社員でも給与が少なくすむところに依頼するようになるだろう。経営者としての利益を守るには、払う人件費を削るしか手が無いのだから。

給与を安くしても、仕事が無くて生活ができない人達ならば働かざるをえないだろう。そうして、その人達は生活を守るために『1円野菜』を買うのだろう。
それが、自分の首を絞めることまでは考えもせずに(考える余裕すら失われていると思う)『安く売ってくれる庶民の味方』とばかりにとびつくのだろう。

少し、考えて欲しい。労働には対価があるということを。人の労働を安く見積もることは、ひいては自分の労働も安くしてしまうことを。

すでに100円ショップで、緩やかに富裕層と貧困層が分かれはじめているように感じていた。
けれども、1円野菜を見ながら、これから日本が富裕層と貧困層に大きく深い断絶ができていくのではないかと思えた。

みなさんは、1円野菜を買いますか?

sevenstarslight at 17:47コメント(1)トラックバック(0) 
つれづれ日記 

2009年07月12日

教育予算増加?

最近、教育に予算がついている。

一つは、デジタル放送に伴うテレビ買い替えのための予算。
通称ICT予算と呼ばれている。
二つ目は、理科教育・特に実験器具を買い揃えるための予算。

教育にお金が回ってくるのは嬉しいことだ。
この予算のお陰で教室に

1 パソコン
2 プロジェクター
3 実物投影機

           が、各クラスとはいかないが、ある程度配備されそうな様子である。
(私のところはケーブルテレビなので、デジタルチューナー内臓のテレビに買い換えなくても見られるために、テレビを買わずにパソコンやプロジェクターに回せたらしい)

理科室も過去の遺産みたいな実験器具(壊れると部品が取り寄せできなくて廃棄しか方法がないような年代物の器具)から新しいものに買い換えることができる。
それも、通常なら何年もかかって買い揃える備品が一度にそろうのだから嬉しいものである。

ところで、これって選挙対策で思いつきでは無いですよね?
国の礎は教育である。不況だからこそ先行投資で教育に予算を振っているのですよね?

追伸(本文には関係の無い無駄話ですけれど)
   私は「派遣」を禁止にしてほしいと思っています。
  正社員の数を増やしていかなければ、景気回復しても
  格差は広がるばかりで、全体としての未来は明るくなら
  ないと思えるのです。

sevenstarslight at 23:50コメント(5)トラックバック(0) 
つれづれ日記 
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ

読んで気に入ったらクリックしてください。



こめんと