2006年06月14日

給食の話(3)

給食の時間って「休憩時間」って思っているでしょうけれど、実際には「仕事時間」なんたって「給食指導」って言葉があるぐらいですから。

その給食指導ですけれど、何を指導していると思われますか?
1.好き嫌いなく食べる。
2.バランス良く食べる。(特定の物だけを食べない)
3.美しく食べる。(マナーを守る)

私の場合は上の3つです。(もちろん、配膳などの指導もありますけれど、「食べる」ことに関しては上の3つです)

最近、一番気になるのは3です。
・ひじをついて食べる。
・食器を置いたまま、それにかぶりつく。
・横や後ろを向いて食べる。(歩いて食べる場合も見た)
・猫背の姿勢で食べる。
・食べ物を口一杯に入れたまま喋る。(口の中の食べ物が丸見えです)
などなど様々な食べ方に直面します。

そういった状態を見ながら、「おうちで何も言われないの?」と聞くと「うちでも注意される」と答える子が多い中、「誰も何も言わないよ」という声を聞くようになってきた。

確かに朝食は「時間との勝負」みたいな家庭も多いことだろう。夕食と言っても「塾があるから」と孤食(一人で食べる)になっている子もいるのだろう。父親の帰りが遅くて「子どもだけ」で食べている子も多くなっているのだろう。祖父母と同居している家庭も減っているし、なかなか「食べ方・マナー」を学ぶ場が減っているように思う。

外食も、回数が増えてきて、昔のように「よそいきの上等な服を着て食事に行く」という雰囲気でもないだろう。バイキング形式で「それぞれ好きな物を勝手に食べる」ということも増えてきているのだろう。

でも、『人と一緒に食事をすること』ってコミュニケーションを取る中で大きな役割を果たしているように思う。その時『相手に嫌な思いをさせない』為に最低限のマナーは身につけておいた方が良いと思っている。

祖父母が同居していれば、食事時に教えてくれたであろうマナーは、だんだんと学ぶ場が減少しているように思う。だったら、せめて学校での給食ぐらいマナーを多少なりとも身につけてあげたいと思っている。

「余計なお世話だ」「食事ぐらい自由に食べさせてください」と言われたこともあるけれど、やっぱり必要だと思うので、ついつい口を出してしまう。

↓投票お願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
↓よかったらこちらにも投票お願いします。
人気blogランキングへ

sevenstarslight at 05:00コメント(11)トラックバック(0) 
つれづれ日記 

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by くるみ   2006年06月14日 08:30
ごめんなさ〜いと思わず心の中で叫んでおります。中々「お行儀」をきちんとできずにおります。日々の積み重ねを大切に「みんなが気持ちよく食べる」ことを実践できるように心がけたいと思います。

そういえば、息子が2年の担任・・・初任でとても元気で素敵な先生でした。彼女は、「一人一人のことをもっと知りたい」と順番に先生と向かい合わせで給食を食べるという試みをなさっていました。一長一短の面があるのかもしれませんが、その心は、確実に子ども達、保護者に伝わり、今や若手のエースです。

2. Posted by ふ〜   2006年06月14日 09:12
うちの息子も食べ方が美しくないので
毎回うるさく言っているのですが、
直りません。
保護者としては、先生に「親の躾が・・」と思われるのがいやで、
「家でもうるさく言っているのですが」
と言い訳したくなってしまいます(笑)
3. Posted by 教員パパの妻   2006年06月14日 13:37
子どもを産む前は、食べるときのお行儀が悪い子を見ると「躾がなってないなあ」なんて勝手に思っていました。
でも、子どもを産んでみて、アタリマエだと思ってきたことをしつけるのは本当に大変だ〜と頭を悩ませています。
今朝も2才の娘が、立て膝どころか、テーブルの上に足をのっけていました。注意すると余計にやるお年頃なので、やめさせるのも一苦労・・・。

学校の先生方には、食べ方の指導までは求めるつもりはないのですが、七星先生のように、注意してもらえたら親としたらとてもありがたいのではないかと思います。(親の言うことはきかなくても、他人に言われるときいたりしますよね。)

我が家も 長い道のりになりそうですが、日々の積み重ねでがんばろうと思います〜。
4. Posted by 七星 来人   2006年06月14日 19:34
くるみさん>
言ってすぐに身に付くものではありませんから、気長に行きましょう。一人一人と向き合って食べるってのも良いことだと思いますけれど、私の場合それをやると給食の時間をオーバーしそうなのでやってません。(今でも毎日返却時間ぎりぎりに食器を返しているので)
良い点も多いでしょうけれど、私は全体に目を向けたいと思っています。(まぁ、一人一人と向き合っても全体を見ることはできるでしょうけれど)
5. Posted by 七星 来人   2006年06月14日 19:36
ふ〜さん>
家庭を責めるつもりはありませんよ。だって、昔とは様々な条件が違ってきていますからね。他人の協力を上手に使えば子育てもちょっとのんびりできると思うのです。そうすることで、見えなかったことが見えてくると良いなぁと思っています。(家庭も、学校もお互いに協力して「ちょっと」のんびりした時間を作りたいですからね)
6. Posted by 七星 来人   2006年06月14日 19:38
教員パパの妻さん>
学校で教えることか?と言われると多分違うのでしょうね。
私はどちらかというと「うるさいオヤジ」なので、つい言ってしまうだけです。
家庭と学校。目的は同じはずですから、重なるところも必要ですよね。それが子どもにとって良い刺激となって成長するキッカケになるのだと思っています。
7. Posted by くるみ   2006年06月14日 20:12
 妙に安心してはいけないんですが、コメントされたふ〜さん、教員パパの妻さんも、同じ想いをなさっているのですね。
 七星先生、『家庭と学校。目的は同じはず・・・』子ども達のために、ですね。あたたかい言葉かけ有難うございました。みんなで一歩一歩!という気もちで明るく取り組めそうです。
8. Posted by hirarin   2006年06月15日 03:29
「祖父母が同居していれば、食事時に教えてくれたであろうマナー」
確かにそれはありますね。
祖父母同居の家は、食事のマナーはいいと感じます。

我が家も私の両親に朝食と夕食を任せているので、かなり影響が大きいですね。

学校で教えるべきこと。
家庭に任せること。

このバランスで、悩まされることが多くなってきました。

9. Posted by 七星 来人   2006年06月15日 06:44
hirarinさん>
学校と家庭とのバランスというか、守備範囲は昔とは微妙に変わっていますね。力関係というか発言力も違いがあるような…そんな家庭もありますね。
10. Posted by よーせんせい   2006年06月15日 09:08
私もよく子どもに「君の親は何も言わないの?」と聞きます。
 だいたい返事は「言われます。」です。
 本当にいわれているのかあやしい生徒もいますが,やっぱり,子ども達は「親が悪い」と私に思われるのは嫌なのだと思いますし,何が良いのかも分かっていると思います。

 私自身のことを考えても高校くらいまで,毎日のように親に言われてましたから,学校と家庭とで気長に躾をしていくしかないと思います。

 一緒に躾けることで効果は上がると思います。
11. Posted by 七星 来人   2006年06月16日 00:13
よーせんせいさん>
躾は特効薬がありませんね。「なんでこんな事も教えてないんだ」なんて短絡的に家庭を避難する先生もいないことはありませんけれど、「習慣を変えるのには長い時間が必要」ってことが分かっていないのですよね。
先を見つめて、「今は何を教える段階なのか」を意識して取り組みたいですね。(教員はそういう段階を見つけるプロのはずですから)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ

読んで気に入ったらクリックしてください。



こめんと