2006年06月17日

小学生用のホスト?

梅雨だというのに暑い日が時々あります。蒸し暑くて高温多湿ってこういう状態だぁって身にしみるぐらいの時もあります。

そんな時でもなぜか子どもはくっついてきます。ただでさえ暑いのにというだけでなく、他の人が見たらヤバイなぁって思っているので「暑いからくっつくな!」って大声で言い続けています。

なんたって肩やら背中やらに乗っかっているのはほとんど女の子だから。
腕にぶら下がっていたりするのも、足にまとわりついているのも女の子だから。
なんか、今年はメンバーが多い。(女子が多いクラスなので)

給食当番を連れて行くとき、短い休み時間(教室で宿題見ているとき)、長い休み時間(校庭で子どもが遊んでいる姿を見ているとき)など、それぞれ住み分けじゃないけれど、メンバーが違う。
まぁ、それぞれにクダラナイ話とかして相手するんですけれどね。

あれ?何だか売れっこホストみたいじゃありませんか?

同伴出勤はしないものの、仕事に行く前に不登校の子の家(この子もなぜか女の子)に家庭訪問し「来店?」してくれるように挨拶してから出勤。
それぞれの休み時間に違うテーブルに行って挨拶したり、相手をしたり…。
調子が悪くて早退した子のところには「閉店後」の挨拶回りとか…。
そうか、私「小学生用のホスト」なんです。

その代わり、授業中は男の子が活躍してくれますね。なんたって「ウルサイ男の子」が授業の中心ですから…。とんでもない話題を振ってくるのは大抵男子。今までいろんな担任ともめた経歴を持つ男子が多く集まっているので、個性派揃いというと聞こえは良いけれど…。

まぁ、男子・女子と住み分けしてくれるので私のクラスは成り立っているのかなぁ?

追伸…前の学校の校長は「子どもに触るな!頭をなぜるのも場合によってはセクハラです!あんたはよく、おしくら饅頭とか追いかけっことかして、子どもの体に触っているけど、そんなのはいつ保護者に訴えられたり、たまたま近くを通りかかって、学校を見ていた人から訴えられても仕方ないんだ!あんたなんて教員に向いてないから辞めちまえ!」
って言われましたけれど、別に私から触ることは無いのでまぁ、良いじゃない?って思ってます。

あれ?? でも、「小学生用のホストです」なんて書いたことがばれたらまた叱られるかなぁ?

↓投票お願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
↓よかったらこちらにも投票お願いします。
人気blogランキングへ

sevenstarslight at 05:00コメント(19)トラックバック(0) 
つれづれ日記 

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by くるみ   2006年06月17日 22:07
「小学生用のホスト」うなりました。言い得て妙!だなあと・・・。そして、笑えました。同伴以外は、行動パターンが「ホストそのもの」なんですもの。
 ・・・toshi先生がブログで「子どもを甘やかすのと気遣うのは違う」という趣旨をおっしゃったのを想い出します 。
 七星先生の日々の厳しく優しい「気遣い」によって、女の子にとっては甘えられる、一方男の子にとっては思ったこと、考えたことをぶつけられるという確固たる信頼関係が結ばれていると感じます。
 特に、4年生は、自立という大海原へ漕ぎ出す大切な時期ですよね。思いっきり安心して自分をさらけ、ぶつけ、それをしっかり受け止めてくれる大人との出会いが、これからの航海の基礎体力となると理解しています。
 七星先生のクラスの子ども達の基礎体力作り、着々と進んでいるんだなあと羨ましく思いました。
2. Posted by ふ〜   2006年06月17日 23:33
スキンシップは大切です。
大人だって子供だってスキンシップで
癒されるし温かい気持ちになりますよね!
スキンシップ不足は心が荒れる原因の
ひとつのような気がします。
七星来人先生周りの目が大変ですけど
がんばってください!
3. Posted by 七星 来人   2006年06月17日 23:56
くるみさん>
今日はコメントが少ないので「変な話題だったかなぁ」ってちょっと心配していました。(コメントが入ると携帯にお知らせが入るんですけれど、今日は午前中ゼロ件だったもので)
私は基本的に甘くはないと思っています。「言葉遣いにも礼儀にも口うるさいです」
「授業中もぼんやりしているとビシバシあてます」宿題がやってないと休み時間だって取り上げちゃいます。
だから近寄らなきゃ良いのにと思うんですけれどねぇ。
まぁ、一線を越えなきゃあんまりうるさくないかも…。その一線が見えてきたのかな?
でも、それって大切だと思うのですよ。
4. Posted by 七星 来人   2006年06月17日 23:59
ふ〜さん>
スキンシップは大切だとは思いますけれど、「女同士」「女教師と男の子」は問題にならないようなのですが、「男性教師と女の子」はもちろん「男性教師と男の子」のスキンシップも「セクハラ」と言われることが最近増えてきました。(私の周りだけ?)
危うい立場にいます。でも、大切なことだと思うのです。特に低学年にとっては、そして、何らかの原因で今まで満足にスキンシップが得られなかった子どもにとっては。
5. Posted by くるみ   2006年06月18日 01:06
 「一線」がわかりやすいのかもしれませんね。だから子ども達は安心する。まだ2ヶ月ちょっとでそれを子ども達が理解してるってすごいです〜。
 子ども達は先生に「厳しさ」と「包容力」を求めますよね。七星先生の厳しさが子ども達の向上心をくすぐって・・・「きちんとやりたい、がんばりたい」って思ってますものね。
 子ども達が寄ってきてセクハラって言われたら立場ないですよね。周囲の方に「なんでそうなるか、考えてよ〜」と言いたいなあ・・・。
6. Posted by ぶにゅちゃん   2006年06月18日 17:03
あはは、私も昨日は書けなかったんですよね〜
変な話題だなんて(笑)
いや、めっちゃピッタリな表現でおかしすぎですっ。

やっぱり、七星さんのメリハリあるところがいいんじゃないかなぁと感じますねぇ。。。

しかしまぁ、何でもかんでもセクハラって…ホントに困ってしまいますね。
父が最後に校長だった時の教頭先生も、落ち込まれてた同僚を慰めただけでセクハラ扱いされ、それで出世が遅れてしまったんだそうです。
とても気遣いされる先生だそうで、気の毒だなぁと思いました。
7. Posted by 七星 来人   2006年06月19日 00:39
くるみさん>
一線ってのは学級のルールみたいなものです。それがブレたらどうして良いかわからなくなりますから、それなりに気を付けています。
まぁ、それが持ち上がりをすると「前からの子」「今年度からの子」の差ができますから、新しい子はどうしても「叱られる」ことが多くなります。
だから持ち上がりは基本的にはしません。(もっとも、他の学年がパンクすればそこに行きますから持ち上がっても良いって言われることは少ないですけれどね)
8. Posted by 七星 来人   2006年06月19日 00:43
ぶにゅちゃんさん>
セクハラは親告罪です。本人が訴えれば罪に問えるというものです。まぁ、基本的にはその人との距離が問題になると思います。でも、周りの人が見ている場合はその人の「主観」が大きく関係しています。
そして、教師の場合相手が子どもということで、見た人の「主観」が重視される傾向があります。(子どもの言うことよりも大人の意見に重きをおくということでしょう)
私も、一部の管理職・教育委員会の人からは「セクハラ教師」としてマークされているようなので出世はできないでしょうね。もっとも、私は学閥にも入っていませんので、最初から望みはありませんけれどね。
9. Posted by namiママ   2006年06月19日 07:27
なんだか楽しそうですね〜
「ご指名ありがとうございます」って
いってやってください。
生徒との信頼関係があるならば
どんなにくっついてもセクハラにはならないし
信頼関係がなければ 頭をなでただけでも
セクハラになる可能性がある。
そう思います。

何もかも行動を一律化して無難に対処しようとする教育体制にかなりの問題がある気がします。

とかいう私もやっぱり出世しないでしょうねえ(笑)
10. Posted by ぶにゅちゃん   2006年06月19日 11:43
そうですよね。
セクハラなんてしたつもりじゃないのに、相手はそう思う…
したと言われた側は、とても親身に思って接していただけなのに、相手はそうでもなかったって感じなんでしょうか…。
寂しい気がしてしまいますねぇ。

そうそう、持ち上がりについてのコメントを読ませていただいて、なるほど〜と思いました。
今、娘の学校でも持ち上がりはないですね〜。
というか、過去にいじめが問題になったので、毎年クラス替えなんですけどね(汗)
11. Posted by くるみ   2006年06月19日 17:16
 ぶにゅちゃんさん同様、なるほど!持ち上がりをしない訳がとてもよくわかりました。そして、
 実は、息子は、この「一線」がブレまくる日々を過ごす事、3年目(初任、2年目、初任)。
昨年は「学級崩壊」(もちろん、先生とは別の家庭の問題もああります。ここでは触れません)。今年もまた・・・?(まだ様子見てます)。→続く
 
12. Posted by くるみ   2006年06月19日 17:21
→続き
 でも、お陰様で、七星先生の記事、コメントに対するお答え、寄せられるコメントのやりとりで、今までの事、今の事、ずいぶんすっきりしてきました。
 七星先生のような子どもの本当の育ちのためにご尽力される先生がきちんと評価されない現状は、おかしい!なんとかならないかなあ・・・。悔しいです。
 
13. Posted by 七星 来人   2006年06月20日 00:04
namiママさん>
是非出世してください!
そして教育行政を変えてください!応援しています。(力にはなれないけれど…)
「ご指名ありがとうございます」って多分やっても子どもは分からないと思いますよ。
分かったら恐いです!(母親にそれを言って変な噂になるのも嫌ですけれど)
14. Posted by 七星 来人   2006年06月20日 00:08
ぶにゅちゃんさん>
セクハラって言葉が一人歩きして、「本人がそう思えば罪」(証明する必要はない)みたいなところが危ないですね。
恩に感じるってことが少ないのか、恩を忘れるのか「それとこれは別」ってのがどんどん増えているのかな?って思います。
基本的には人と人の一般的な距離が広がっているので、親密な関係=「セクハラ」に見えてしまう人も増えているように思います。
保護者との会話も結構気を遣いますよ。保護者との親密な関係=「不倫」ってのも多いようですから。(namiママのブログを参考に?読んでください?)
15. Posted by 七星 来人   2006年06月20日 00:12
くるみさん>
私と他の教員との差はあまりないと思いますよ。というのも、私の場合は「パソコンを通じて」だけですし、実像とパソコンを通して見た「虚像」とは一致しないことも多いですから。
私が地元で評価されないのは多分私に何か不足しているのでしょうね。
追伸…今週末夏に全国大会(とある研究集会)を開催します。その事前打ち合わせに東京へ行きます。(地元では呼ばれないけれど、よそからは呼ばれるんですねぇ。不思議です)
そのため、今週末はエントリーは通常通りですけれど、コメントは遅れます。
16. Posted by くるみ   2006年06月20日 08:43
 ご謙遜ですよ。
 実際、プロジェクターやパソコン使って授業やる先生にあたったことないですもの。そういうものを使うから、素晴らしいというのではなく、先生の工夫する姿勢が子ども達には伝わりやすいと思うのです。 
 私、昨年、調べ学習でパソコン操作のボランティアで授業に入りましたが、完全にうちの学校、「鎖国」状態であることを知っているので、余計にそう思うのかもしれませんね。→続く
 
17. Posted by くるみ   2006年06月20日 08:43
→続き
 IT機器を使える、使えないという問題でなく、「子ども達がわくわくする授業」を実現する一つのツールとして、先生という立場できちんと可能性を検討し、実践しようという姿勢があるか、ないか、という視点で、七星先生の取り組みに感激したのです。
 前年度踏襲主義、形式主義が戦後60年以上染み付いてしまった教育現場がまだまだ多く存在する反面、逆境の中、挑戦し続ける七星先生に光を見出すこのごろです。
 東京ですか!差し支えなければ東京の土産話?も是非に。いつも有難うございます。
18. Posted by くるみ   2006年06月20日 08:52
↑何度もすみません!
「小学生用のホスト?」のコメントから方向性ずれましたね。とっちらかってますね。申し訳ありません。落ち着かないといけません。
 プロジェクターを使って授業をやることも、子ども達への気遣いも、結果、子ども達の心・・・学ぶ意欲、心の安心という形にならない、目にみえくい、数字なりくにい部分を大切にしてくださっている事への尊敬の念をお伝えしたかったのです。国語力ないの、丸出しでお恥ずかしいですが〜!お許しを下さい^^;
19. Posted by 七星 来人   2006年06月20日 20:42
くるみさん>
「教育はあまり急激に変わらなくても良い」という話を聞いたことがあります。
流行にのって(のせられて?)目新しさを追ってはいけないという意味だと思っています。
『不易と流行』でいえば、教育は『不易』の部分を大切にしたいという言葉だとも思っています。機械の進歩は日進月歩(もっと早い?)でも、人間の進歩は一歩一歩に時間がかかりますから。
その教育が良かったのか悪かったのか?その「真の評価」がなされるのは、随分後になるのではないかと思います。
教師は、「後世に責任を問われる」仕事だけに、その時その時に「自分が考えるベスト」を尽くしたいと思うのでしょう。
私もモアベターな方法を模索しているところです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ

読んで気に入ったらクリックしてください。



こめんと