2007年10月09日

教育勅語の復権を

教育勅語を読んだことのある人はどれぐらいあるのだろう?
すでに失効されて(昭和23年6月19日)約60年も経っているのだから、大半の人は読んだことがないと思う。教員に聞いたところでも読んだことのある人は遠く半数にも及ばなかったから、一般の人で読んでいるのは非常に稀な例だと思う。

しかし、教育勅語に対するイメージは非常に悪い。(と私は思う)
とある教員の集まりで講演者が会場に質問したときに良いイメージを持っているのは約3割で、残りの約7割は否定的なイメージを持っていた。

ほとんどが読んだことがないのにも関わらず、イメージがこれだけ偏っているのは、何らかの先入観を与える情報があったのだと思わずにはいられない。
でも、言葉の端々(例えば「臣民」という言葉)をとらえれば、現代そのままの文として使うには抵抗のある部分もある。原文参照

しかし、その主張しているところは主として「道徳の大切さ」であり、「道義国家日本の伝統」であり、「日本国民としての誇りを継承しよう」という呼びかけを記したものであると思う。

ちなみに教育勅語で示されている12の徳目は以下の通りである。

孝行(こうこう)
友愛(ゆうあい)
夫婦(ふうふ)ノ(の)和(わ)
朋友(ほうゆう)ノ(の)信(しん)
謙遜(けんそん)
博愛(はくあい)
修学(しゅうがく)習業(しゅうぎょう)
智能(ちのう)啓発(けいはつ)
徳器(とくき)成就(じょうじゅ)
公益(こうえき)世務(せいむ)
遵法(じゅんぽう)
義勇(ぎゆう)

どれをとってもみな大切な徳目だと私は思う。現代では忘れられがちな徳目もいくつか入っている。(孝行・謙遜・修学習業・公益世務・遵法・義勇)それぞれの徳目について分からないときには明治神宮のHPを見ていただきたい。

戦後学校が抱えた問題の多く(例えば学級崩壊・学力低下・校内暴力・いじめなど)はこの徳目が身についていれば全く起こらないと言っても過言ではないような気がする。もちろん、教育勅語が制定されていた時期には、「学校では全く問題がなかったか」というとそんなはずはないのであるが、理想とする姿(望ましい姿)としては、なんら間違いではないし、それ自体軍国主義を誘発したり、助長するものではないと思う。

ここで、「教育勅語の復活を」なんて書けば、「それは軍国主義の復活だ」とか「右翼化している」と批判されかねないが、教育勅語の主張する12の徳目については、現代でもその価値は普遍であるし、教育の目的としては適切なのではないかと思う。

昨年、教育基本法が改定されたのだけれども、「これからは道徳教育をさらに重視せよ」という声が上がるのであれば、その時にはぜひとも教育勅語の12の徳目も考慮に入れて欲しいと思っている。

この12の徳目が重視され、教育に生かされるようになることが私の考える「教育勅語の復権」です。
もちろん、語句(先に出した「臣民」など)については現代に合わせるよう改定される必要はあると思いますが、国民が身につけるべき徳目としては、教育勅語の徳目を考慮して欲しいと思っています。

教育勅語を一度も読んだことが無い人は、先に示した明治神宮のHPなどで、口語訳や12の徳目だけでも、一度見ていただけると嬉しいです。

sevenstarslight at 05:00コメント(3)トラックバック(2) 
日本が失ったもの 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 教師と親の「共育」で防ぐいじめ・学級崩壊  [ 子育て・育児の相談駆け込み寺 ]   2007年11月02日 01:34
幼年期の育児はとても難しいものですが少年期の育児はもっと複雑です。それは親とのコミュニケーションだけでな
2. 「教育勅語」を考える  [ 平成更級日記 ]   2007年11月13日 08:44
近年、私が教育関係でネットを巡回していると、「教育勅語」という言葉が頻繁に聞かれるようになり、私が参加しているmixiでも「教育勅語」のコミュニティがあるくらいです。 この「教育勅語」が最近若い世代を中心に 

コメント一欄

1. Posted by hirarin   2007年10月11日 04:55
読ませていただきました。
12の徳目。どれも子どもたちに語れるものばかりです。
勉強になりました。

これが軍国主義を助長するとは大きく間違っていると思います。
明らかに今の国策の方が戦争への道を進んでいるような気がしてなりません。
2. Posted by 七星 来人   2007年10月14日 01:11
hirarinさん>
扱いの難しい記事にコメントありがとうございます。
先入観で「戦前は悪」「戦前は軍国主義」ってインプットされているような気がします。
教育勅語も、先入観無しで読んでみると、そこから学ぶことはたくさんあると思います。
先人の知恵を学ぼうという姿勢は大切だと思います。近年それが意図的に壊されているような気がします。
それが文化の破壊行為であるにも関わらず。
3. Posted by かついち   2007年11月13日 08:46
初めまして
TBありがとうございました。教育勅語は世界に誇れる日本の宝だと思います。教育現場に一日も早い復権を希望したいところですね。
先入観無しに素直に読めば決して間違いではないということが分かるはずなので、これからの子供達には素直に入ってくるはずだと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ

読んで気に入ったらクリックしてください。



こめんと