2009年07月12日

教育予算増加?

最近、教育に予算がついている。

一つは、デジタル放送に伴うテレビ買い替えのための予算。
通称ICT予算と呼ばれている。
二つ目は、理科教育・特に実験器具を買い揃えるための予算。

教育にお金が回ってくるのは嬉しいことだ。
この予算のお陰で教室に

1 パソコン
2 プロジェクター
3 実物投影機

           が、各クラスとはいかないが、ある程度配備されそうな様子である。
(私のところはケーブルテレビなので、デジタルチューナー内臓のテレビに買い換えなくても見られるために、テレビを買わずにパソコンやプロジェクターに回せたらしい)

理科室も過去の遺産みたいな実験器具(壊れると部品が取り寄せできなくて廃棄しか方法がないような年代物の器具)から新しいものに買い換えることができる。
それも、通常なら何年もかかって買い揃える備品が一度にそろうのだから嬉しいものである。

ところで、これって選挙対策で思いつきでは無いですよね?
国の礎は教育である。不況だからこそ先行投資で教育に予算を振っているのですよね?

追伸(本文には関係の無い無駄話ですけれど)
   私は「派遣」を禁止にしてほしいと思っています。
  正社員の数を増やしていかなければ、景気回復しても
  格差は広がるばかりで、全体としての未来は明るくなら
  ないと思えるのです。

sevenstarslight at 23:50コメント(5)トラックバック(0) 
つれづれ日記 

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by hirarin   2009年07月13日 03:47
ICT予算というのがあるんですね。各教室にPC、プロジェクター、実物投影機とは。
使いこなせる先生方が、それだけいるというのが驚きです。
我が校は予算はないですねえ。
プロジェクターは2台しかありませんし、実物投影機も1台しかありません。それでも何とか頑張っていますよ・・・
選挙対策でもいいので、こちらも予算が欲しいですね。
2. Posted by ひらせん   2009年07月14日 05:59
5 このあかげで,今年の教材費で注文した
ICT関係は保留になりました。
あとは,希望の教材を,
この予算で購入してくれるかです。
半額は国が出すというのですが,
あとの半額を地方が負担ということで,
行政は手が出せないようです。
国は,あとの半分も予算措置していると
いうのですが。
3. Posted by 七星 来人   2009年07月14日 06:39
ひらせんさん>
理科に関しては、初め地方が半額を立て替えますが、半年後に国から残りの半額が下ります。(文科省の確認済み)
半年持ちこたえられない(立替できない)地方なのか、よく読んでいない地方なのかは分かりませんが、うちの地区は各校130万を限度に申請できました。

hirarinさん>
うちは学年1台+8台のプロジェクター
実物投影機2台   あります。
個人でプロジェクターと実物投影機とスマートボードを持っている人もいます。
最近の話ではこれにBe黒板みたいなの(プロジェクターで映した画像をクリックするとパソコンの操作ができるタイプのもの)が入りそうです。
各学年5クラス以上の大規模校なのですが、設備的には恵まれていると思います。
理科の予算で実物投影機を2台追加注文しました。これで教室に常設してある実物投影機も気兼ねなく使えるようになりそうです。
 
4. Posted by Moose   2009年07月18日 00:55
ウチの県は理科の予算を辞退したらしいです。

学校まではおりてきませんでした。

ICTも辞退しなければ良いのですが。
全員にパソコンがいきわたるようにして欲しいです。
5. Posted by 七星 来人   2009年07月18日 17:53
Mooseさん>

> ウチの県は理科の予算を辞退したらしいです。

悲しいですね。文科省からの通知をよく読まなかったのか、財政危機で半年の立替ができなかったのか分かりませんが、教育は未来への投資(決して投機ではありません)なのですから、万難を排して予算確保して欲しかったですね。

> ICTも辞退しなければ良いのですが。
> 全員にパソコンがいきわたるようにして欲しいです。

これは、辞退するも何もデジタルテレビに買い換えるための予算ですから道路や他のことに使われなければ、学校に来るはずです。
50インチ規模の大型テレビを購入する予定の自治体もあるようです。
総額400億円とも聞きましたので、概算で各校200万程度はあると思いますが…。これすら他に化けてしまうのでしょうか?
暗い気持ちになりますね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ

読んで気に入ったらクリックしてください。



こめんと