2009年10月05日

日本人は変わった

先日運動会がありました。
紅白で得点を競う昔ながらの行事です。
応援合戦にも熱が入り、みんな声をからして声援を送りました。
そんな時、ちょっと気になったことが起こりました。

それは、紅白リレーの結果発表をしたときです。
1位白組 

白組の児童は拍手と歓声。ここまでは普通でした。
ところが、赤組の児童は親指だけを立てた状態の握りこぶしを下に向け一斉に「ブー!」といい始めたのです。

2位赤組

今度は逆のことが、さも普通のことのように起こりました。

これを見ながら、日本人は変わったのだなぁと思いました。


勝負に負けた時に、勝者を称えるということができない。
このことに大きなショックを受けました。
たかが、そんなことと思われるかもしれませんが、何だか根本的な所で自分とは相容れない別の人間がそこにいるような気になりました。

敵は憎むだけの存在ではない。共に全力を尽くして競い・争うけれど、判定が出れば、その結果を受け入れ勝者は敗者を思いやり、敗者は勝者を称えるということが理解できないようなのです。

それはおかしいよ。それはちがうよ。と今まで誰にも教わらなかったのでしょう。それが一番悲しいところです。

ラストサムライという映画がありましたが、そのうちに「ラストジャパニーズ(最後の日本人)」なんて映画が上映されるかもしれません。



sevenstarslight at 08:42コメント(2)トラックバック(0) 
つれづれ日記 

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by 笑顔   2009年10月07日 04:12
人の心は心臓ではなくて脳にあるのでしょうが、その場の状況を想像すると胸が締め付けられます。クラスの中の一人ではなく、学校全体がそういう雰囲気になってしまっているのでしょうか_(._.)_信じがたいことです。
サッカーの国際試合などで日本は激しいブーイングを受けることがあります。選手の行為ではなくて、日本という国に対して。そんなときも正々堂々と一生懸命競技をする選手の方々や、他国に対してそういった行為をしない日本のサポーターの姿に私は誇りを感じていました。若いときは、日本より外国に憧れていた私ですが、そんなサムライ日本の心をもつ日本人に自信をもち、沢山の日本の良さを感じてきていたのに、それが失われつつあるのかと思うと残念でなりません。その子どもたちを見た周りの大人の反応はどうだったのですか?都会では全体がそんな雰囲気になってしまっているのでしょうか・・・。
2. Posted by CHINA   2010年06月26日 20:37
PIG

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ

読んで気に入ったらクリックしてください。



こめんと