1ab65007.jpg試合は45分・30分・30分の変則3本戦で行われました。感想は簡単に書くと椋原が攻撃面で大分よくなっている、梶山のおしゃれパスは健在・・・しない方が梶山の価値が高いと思うけど、失点のオウンゴールは明らかにお互いに声を掛け合っていない失点で特に権田は声が残念ながらまだまだ出ていない、赤嶺の得点は調子が上向いてると思いたい、塩田の声出しと支持は素晴らしい、大竹は去年に比べて動きが・・・不調なのかな、ラファエルはスピードも動きも正直微妙でした、刈谷の選手は13人しかいなくて交代がほぼなくて3本目は明らかに疲れていた事、池上がいたのは嬉しいサプライズだったりと色々ありました。全体的には相変わらず攻撃陣は好調で守備陣には不安がまだまだありそうでしたよー。以上レポートっぽい事を書いてみました。