埼玉県の北東部地域は2018年11月6日を最後にまとまった雨が降らず、2月28日まで乾きに乾いていました。

昨年の12月に移植した玉ねぎは、もう少しで1.7haすべて枯死するところでした。地表に出ていた葉はほぼ全て枯れていましたが、地際にかすかに緑色が残っていたので玉ねぎ自体は生きていたようです。

このところの暖かさに加えてようやく待望の雨が降ったことで急激に元気を取り戻してきました。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
P1020384










上の写真は「ケルたま」という品種で通常の品種よりもケルセチンを多く含んだタマネギです。
当社のコンセプトである美容と健康にぴったりの品種です。

下記URL参照
https://vege-b.com/beauty-health/quercetin/

P1020385
こちらは一般的に加工用として流通している「アトン」
1玉がとても大きくなります。
収量重視タイプです。
P1020387同じ畑のアトンですが、こちらはマルチをしてあります。全然生育度合いが違います。
今まではこのようにマルチ栽培をしていたのですが、剥がす手間とコストを考えて今年はマルチ無しに挑戦しています。
なので、植え付けの遅れプラス干ばつでマルチ無しの所は悲惨な状態でした。
(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

収穫は5月から6月にかけてです。
これからも随時成長の様子をアップしてゆきますので、乞うご期待!
ヾ(´ω`=´ω`)ノ