2006年03月26日

バレエ・メカニック

エウレカも来週で終わりかと思うと本当寂しいです。今週はちゃんと当日中に感想を書きますよ!何たってアネモネさんが!アネモネさんが!!良かったよー!!!死ななくて良かったよー!ちゃんとドミニクが間に合って良かった、本当良かったです!ありがとうスタッフ……!もうちょっと時間割いてくれれば尚良かったけどね!



ニルギリスのsakura借りました。ガールズサイドもあって不思議なかんじ。とにかく壮大。OPはやっぱり好きです。今回のイラストはレントン&エウレカとドミニク&アネモネ。同じ構図で見せてくれるなーと感心です。毎週毎週楽しみが増えて、そんなちょっとしたサービスが素敵です。今回はあれです、お姉さん指ーとか印象的でしたね。

アネモネ。
今回はアネモネの語りがとても印象的。普通の女の子としての幸せが欲しかった彼女の気持ちが初めて吐露されました。鏡を買って笑顔の練習をしてみたい、と言った彼女の台詞に、ひとつ前のEDを思い出しました。ずっとずっと自分を必要としたデューイを見てきた彼女が、初めて心で触れてきてくれたドミニクを必要として、泣いていて、アネモネの語り口調は淡々としていましたがそれが却って心にきました。とても切ない。
ホント、あーあ。
彼女にもっともっと普通の幸せを。それにはちょっとドミニク、頼りないような気もしますが、これはもうアネモネに引っ張られ掻き回されていく関係で良いか。攻撃成功するとか本当思ってなかったので、これ本当に大丈夫なのか、と思い、303を出せ!と言ったホランドにも相当緊張。今回も無事に生きていて本当ほっとしました。

ドミニク。
ガリバーとのやりとりが今回何とも!ですよ!彼も成長しましたねーペットにすごく嫉妬してた彼がね(泣)んでもあんなに重いガリバーに肩に乗られて大丈夫?!と思ってしまったのは秘密です。そんでも頬擦りされてるドミニク見て吹っ飛びましたよ、あんた可愛いね!とか。ガリバーの声優さん素敵(笑)私情を挟んで何が悪い!と言ったドミニクと、それに納得したホランドも、成長したなー、本当良かったです。

地球へ。
ああ、でもアネモネはどうして攻撃をやめられなかったんだろう。彼女はやはりエウレカとは違った作られた存在だから、デューイの言葉を信じていたのだろうか。ドミニクとはもう会えなくて、デューイの命令には逆らえなくて、地球に来ればもう再会などできなくて、一縷の希望さえ消え失せてしまったのだろうか。ニルヴァーシュがすごく成長してる……勝手に動く彼らは凄いよ……戦闘シーンはやはり目まぐるしくてよく描くなぁって思います。やっぱりCGになってしまうと何となく違和感があって、手書きで貫き通してくれたスタッフさんは偉いです。個人的にCGって嫌いなので……。すっかり固い絆で結ばれた二人、司令クラスター(え、こういう名前なの?かな?)を破壊しようとまた不思議な武器を展開してくるジ・エンド。必死にお姉ちゃんたちを守ろうとするレントンと、その声に耳を傾けようというエウレカ。そうして聞こえてきた彼女の悲しそうな声に、3人の子どもたちにもその苦しみは分かるようです。そう、こんな小さな子どもにだって、相手の苦しみは分かるのです。どうして分かり合えない世の中なのでしょうね……。
信じてきた相手を失い、想おうとした相手もいない自分には、もう生きている理由もないのだと、生きていてはいけないのだと言う彼女に、二人は誰もそんなことは言っていないと強く訴えます。そうしてまっすぐアネモネを見つめる瞳の強さ。一緒にいられること。それでも自分の隣りには彼がいない。そうして放とうとしたバスクードクライシス。そこに、とうとう待ち侘びた声が。
アネモネ!
アネモネ同様私たちもこの声をずっと待っていましたよ!ドミニクー!!ただ会いたかった彼がそこにいる。今度こそ普通の女の子として共に生きようとした相手が。暗く沈んでいた心に、纏った絶望にようやくアネモネの心にも希望が生まれ、そうしてジ・エンドが生まれ変わり、かつてのエウレカのように、行こう!と言ったアネモネ。離れ離れになったエウレカとレントンが再会したその時のように、二人、空中でしっかりと手をつなぎ抱き合って。ああ、本当にほっとしました。ガリバーが最後の一押しをしたシーンなんて、もうスタッフ最高!と思いましたよ。あの演出は一体誰が考えたのだろうか。手と手が繋がって、初めて笑顔を向けられて、それでも強気ぶるアネモネとドミニクが、エウレカたちより先にキスしてしまいましたねまた(笑)でも今度はきちんと心が繋がっていて、良かったです。きちんとアネモネが救われて良かったですよ。

デューイー!
おにいちゃん最悪!!
最後の最後でまさかこう来るとは……一体これでスカブはどうなってしまったのでしょうか……まだエウレカたちがいるとは言え、既に攻撃はなされてしまいました……ジ・エンドが身を呈して守ったところはちょっと感動でした。でもせっかく心が通じ合えたばかりなのに、と悲しい気持ちのほうが大きかったです。使う人の心によって、変わってしまう。やはり白い紙なのだなぁと思いました。

次回最終回!
寂しいです本当。一年間ずっとずっと毎週7時に起きてきて見守り続けたエウレカセブンが、終わってしまうなんて……!一時間、余計見逃せないです。でも見たくないような……終わってしまうことがとても寂しい。確かにゲームやマンガは続いていますけれど。
そこでまたホランドがやらかしてますが……よもやここまで生き延びておいてほっと胸を撫で下ろさせておいて最終回でいなくなったりはせんよなホランド……行方不明になってホランドは生きているかも……で終わったりせんよな……あそこでギリギリエウレカたちが助けに来てくれていることを祈ります。
あ。そうだ。ドギー兄さんが心強く成長してましたね!ぺろりって舌出したりしちゃって。
あー……デューイもどうなってしまうのか。どうしようもないおにいちゃんなのですが、うーん。何か自爆しそうな気もしないでもない……。どう決着が着くのかそこも気になるところです。それでもってエウレカとレントンのキスの行方はいかに(笑)泣いても笑っても次回で最後……しっかりと見極めたいと思います。願わくば、幸せと笑顔と、希望がそこにありますように。できればレントンの隣りには、エウレカがいますように。
ああ、でも、最終回がエイプリルフールじゃなくて良かったです(笑)

sf12 at 21:37│Comments(1)TrackBack(2)エウレカ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 交響詩篇エウレカセブン (Episode.48 バレエ・メカニック)  [ ハリネズミのちょびっとMemo ]   2006年03月26日 21:41
フィナーレに向けてこれまでのエウレカやレントンたち、みんなの想いの変遷とそこから紡がれてきたストーリーを思い出しつつ、エウレカ×レントンの対比となるアネモネ×ドミニクのストーリーの行方と二人が果たす役割りを冷静に見つめて............って、そんなことできる...
2. 交響詩篇エウレカセブン 第48話「バレエ・メカニック」感想  [ ちいさな創造 ]   2006年03月27日 02:43
いよいよ最終回までラスト2回。 今回はアネモネとドミニクがついに!の回でした。 私の中で今までで一番心を揺るがされた話かも。 あとドギー兄さんがカッコよかったw一瞬だけど・ダog/1.20 

この記事へのコメント

1. Posted by kazy   2006年03月26日 22:06
こんばんは。 先ほどはありがとうございました。(^^)

自分のブログでも書いたのですが、ホントに嬉しかったです。
エウレカセブンはホントにスタッフの皆さんの優しさとか真っ直ぐな感じが
詰め込まれているみたいで、それが色んな所から伝わってきて、大切に
作られている様子が感じられて、何だかホントに温かい感じが嬉しいです。

カップル達は落ち着くべきところにちゃんと落ち着いてくれましたけど、
まだまだ心配は尽きないですよね。 やっぱり生き残ってくれないと。
ホランドにはもちろん生き残って、OPのようにみんな笑顔でエウレカや
レントンたちを囲む、そんなシーンを見せてもらわないと。
ホランドもいっぱい苦労してきましたから。

最終回までハラハラしながらも信じて見守りましょう!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔