こちら中小企業総務部

私は中小企業の機械メーカーの総務部に勤務しています。 2005年に始めたブログは10年になりました。

以前から、「忙しい」という言葉は、こころを亡くすという
意味なので使わないようにしていました。
「今は他にやることがあるので」、
「今日は〇〇と△△の予定があるので」などと言い換えています。

最近は、若い人がよく「大丈夫です」と言っているのが気になります。
当社の若手社員だけでなく、よく行くお店の若手店員なども使っています。
大丈夫を連呼されると、逆に心配になってきます。
だから、去年くらいから自分は「大丈夫」を使わないようにしています。

0173ac27bdc22288c6897e77ddc21749c1ba1d2d32

「超高速勉強法」(椋木修三著)より

ジョギングなどで走り続けていると、急に体が軽くなるような感覚が訪れる時があります。
いわゆる「ランニングハイ」の状態です。
勉強についても楽しいことは続けられるシステムを作っていくと、
「ランニングハイ」ならぬ「ラーニングハイ」が作れます。

1)わかる  勉強に慣れる、勉強グセをつける
2)できる  できるという経験が自信となる
3)できた  できたという達成感を積んでいく
4)おもしろい  1)2)3)を繰り返していくとおもしろくなる

自分もやってみます!



中谷彰宏さんの「片づけられる人は、うまくいく。」(学研)より

タダでもらったモノは、有料なら買わないモノがほとんどです。
有料なら買わないモノを家に置くのはおかしいです。

無料のモノも、家に入ってくると捨てられないモノになります。
もともとタダなのに、捨てるのがもったいないという変な意識になるのです。
家の中にタダでもらったモノがあると、テンションが下がります。
タダでもらったモノかどうかを、捨てる基準の1つにすればいいのです。

自分の部屋の中にタダでもらったモノが結構あるなぁ。
気がついたらどんどん捨てていきます。



↑このページのトップヘ