2017年03月24日

日は、やむを得ず、休日モードとなりました。従って、ブログはタイトル通り生存証明だけです。別に、私に何か不具合が出た訳ではありません。まあ、言わば、留守番を頼まれたようなものであります。正確には留守番ではありませんが、まあ、似たようなものでありまして、お陰様で、一日中、テレビの前で過ごしました。

日のテレビは、他に話題が無かったのでしょうか、昨日の国会喚問の話題で持ち切りです。でも、世の中はゆっくり動いているのですねぇ・・・。総理夫人があれだけ言われて、自分のSNSで、"事実ではない!"という反論だけであります。私は昨日のブログで、裁判しかないであろうと書いたのですがねぇ・・・。まあ、確かに、根拠のない文言だけですから、"騒いでも仕方が無い"と思うのも理解できない訳ではありませんがねぇ・・・。

かに、"この土地が財産の時代に、あの土地評価は何だ!"と言いたくなるのは分かりますが、個々の事実だけをみますと、国会であれだけ騒ぐべき、大きな違法事項は、余りないのであります。証言拒否をした3種類の契約書問題を除いてはね。でもね、あれだけ特異な、前例のないことが続いた行政手続・処分を見ますと、やはり、"何か大きな裏の力が働いているのでは?"と、思いたくもなるのも良く解ります。

の状態を見てみますと、最後は、"あれは何だったのだろう!"と、考えさせられるような結果に終わるかもしれませんねぇ・・・。国会をこれだけ混乱させた、野党の責任だという事になりませんように・・・。

かし、昨日も申しましたが、籠池さんってすごい人ですねぇ・・・。私の希望ですが、籠池さんを中国・北朝鮮担当の外務大臣に任命したらよいのではと思うのですが、如何でしょう。中国・北朝鮮とは、話が進むと思いますよ。お互い、自分の言いたいことだけを言って、人のいう事は聞かない人たちですからねぇ・・・。但し、結果がどうなるかは、保証の限りでは無いですよ!

総理夫人も、これから、少し"脇が固くなる"のでしょうかねぇ・・・。
続きを読む

sfree261jp at 17:38コメント(0) 
横浜 

2017年03月23日

 日は、青空が見える、春らしい天気でありました。気温的には、寒くはないけど、暖かくもないと言う中途半端な一日でしたけどね。今日も、一応、平日モードを確保いたしましたし、午後には、久しぶりに、渋谷に行ってまいりました。

 日の渋谷は、"何時もの渋谷"と言うよりは、静かな渋谷だったと思います。とは言うものの、渋谷は渋谷です。大都会の真ん中で、人は多いし、活気
があふれております。やはり、改めて、街中を歩くだけでも楽しいと思いました。ある人から、"街に活気があるかどうかは、建築用のタワークレーンが見えるかどうかで解る"と言われたことがあります。その意味で、今の渋谷は、再開発がまだ進行中であることや、オリンピック前であること等で、色々な処に工事用のタワークレーンが目に付きました。久しぶりだったからかもしれませんがねぇ・・・。

 も、今日最大のトピックスは国会の証人喚問でしょうねぇ。私自身は、内容として、余り、面白くもないし、程度の低い騙し合いの中身ですから、興味は余りありませんでした。ですから、国会中継も見るつもりはなかったのですが、朝家を出るのを少し遅らせて、最初の本人陳述の一部と、渋谷から帰宅後に少しだけ見ました。

 部を見ずに、勝手な事をいうのはなんなのですが、印象だけを申します。総理夫人との関係では、横に、弁護士を置いての話で、あれだけはっきりと、総理夫人から100万円寄付を貰ったと言っておりますし、その他の事でも、相手が否定していることを、堂々と、事実として公言しておりました。籠池氏の言っていることは、どこまでが、本当のことなのか分かりませんが、籠池氏のあの態度は、立派でしたねぇ・・・。我が家の奥様の話では、つじつまの合わない事を指摘されても、"単なる間違いである"と過ごしてしまったそうです。普通の人で、あれだけの内容のことを、あれだけ堂々と振舞えるのは、凄いことだと思いますよ。
続きを読む

sfree261jp at 18:08コメント(0) 
横浜 

2017年03月22日


  しぶりの平日モードでありました。午後は渋谷に出ようと思っていましたら、菊名駅でパスモを忘れていることに気が付きました。パスモで行こうが、現金で行こうが同じこと(正確には、消費税の関係で同じでないこともある。)でありますが、何故か、行こうという気持ちが萎えてしまいました。結局、新横浜をウロウロして帰宅いたしました。

 日は、予報どおり、気温的には寒くないのに風が強く、体感的には、寒さを感じるくらいでありました。特に、午前中ですがね。という事は、服装としては、耐寒的に今まで通りの服装でおりますので、室内に入りますと、暑く感じてしまいます。そういう意味では、変な天気でありました。季節の変わり目ですからねぇ・・・。

日は、世の中的には、平和な一日では無かったのでしょうか・・・。確かに、日本国内は勿論、韓国などの諸外国でも懸案事項はあるのですが、"えっ、どうして? なんで!!"と言いたくなるような大事件も無かったような気がしております。WBC世界野球では、早速、アメリカに負けてしまったようですがねぇ・・・。僅差のゲームですし、惜しい負け方ではありましたが、負けは負けですからねぇ・・・。

も、他の国では、アメリカ大リーグの選手が沢山参加しているのに、日本は青木だけが参加の様でしたが、何故なのでしょうねぇ・・・。まぁ、"大リーグの選手が参加さえすれば強くなる"と言う理屈はありませんからねぇ・・・。一番大きかったのは、日ハムの大谷選手が参加できなかったことかもしれませんがねぇ・・・。

優勝は出来ませんでしたが、"よく頑張った!"、"よくやった!"という以外には、言葉がありません。ご苦労様でした。続きを読む

sfree261jp at 17:17コメント(0) 

2017年03月21日

日は、東京としてのソメイヨシノの開花が宣言されました。全国で最初の開花場所が東京と言うのも久しぶりですし、こんなに寒い日に開花と言うのも珍しいそうです。

にとって、桜は、勿論、春の代名詞のようなものですが、同時に、新学期の登下校時に、学校や家の塀越しに花を見上げながら歩いたことを、思い出させるものでもあります。ただ、最近は温暖化の影響でしょうか、開花時期が早くなったように思います。春休みが終わるころには、花弁は散ってしまっているように思われるのですが・・・。今年の開花日は、平年より5日早いそうです。この調子では、新学期が始まったる頃には、もう、散る花弁は残っていないと思うのですがねぇ・・・。

はともあれ、今年も花の季節を迎えました。後一週間もすれば、あちこちで、新年度の始まりと花見の話題で一杯になると思います。タイトル通り、"春が来た"と言えると思います。

日は、三連休も終わり、平日モードの日だったのですが、同時に月一回の図書館の休館日でもありました。"冬の寒い時期にうろうろするのはどうか?"と、近場以外の外出は控えておりましたので、今日は、外出の再開日にしようと思っておりました。でも、今朝から、予報通りの天気で、寒いし・雨が降っている天気でありまして、外出は諦めて、昨日同様の休日モードで過ごしました。決して、本意では無かったことは、認めて頂きたいと思っております。
続きを読む

sfree261jp at 17:56コメント(0) 
横浜 

2017年03月18日

  日も、取り敢えず、生きております。別に、ただ生きているだけではなく、歳相応には元気なのですが、本当に、何もしないまま今日一日が過ぎてしまいました。ですから、今日のブログは、タイトル通り、生存証明だけであります。

  に、誰かが私の生存を心配している訳ではありませんが、このブログで、生存証明だけはしておきたいと思いましてのアップであります。

 
それでは、皆様、おやすみなさい!!!

sfree261jp at 20:46コメント(0) 
横浜 

2017年03月17日


   "暑さ寒さも彼岸まで"と言う言葉は、言い古された言葉ではありますが、やはり、"本当だなぁ・・・。"と、実感と納得をせざるを得ません。数日前に寒波が来た後は、本当に春が近づいているという実感が致します。勿論、春が来た訳ではありません。

月に入り、"梅もピークを過ぎたなぁ!"という気になったものの、"桜はまだ先だよねぇ"と思い込んでおりました。でも、世の中は、どんどん進んでおります。既に、早咲きで有名な"カワズ桜"は、もう、ピークを過ぎているという認識は持っておりましたが、ソメイヨシノまでは桜の花は無いであろうと思っておりました。

の中、ソメイヨシノだけが桜でないことは、分かっているのです。でも、それより早く咲く桜は、そんなに目立たないことが多く、ついつい、桜はソメイヨシノしかないような気になってしまうのです。
我が家の周りにも、ソメイヨシノ以外の桜はあります。でも、本数もそんなに多くありませんし、目立つものではありませんので、ついつい、見過ごしてしまうのです。また、ソメイヨシノ以外の桜も、その年によって、咲く時期が違います。今日アップしている桜も、最初見つけた時は、ソメイヨシノと同じ時期に咲いておりましたので、ソメイヨシノだと思っておりました。"如何も違うらしい"と思いついたのは、最近のことでありました。

今年のソメイヨシノは、現時点では、東京で開花は25.6日頃です。ですから、満開はその一週間後だと思います。

一週間位で、ソメイヨシノの花が咲き始め、またその一週間後には、物狂おしい程の花に、心穏やかならざるようになるなんて、知識としては分かっているものの、感覚的には信じられないのです。これは、偽らざる気持ちなのですがねぇ・・・。嘘でも、大袈裟でもないのですが、信じてもらえないでしょうねぇ・・・。

やはり、仕事を離れ、移りゆく季節と、"もののあわれ"を実感できるようにならないと、この気持ちは分からないと思いますよ!

続きを読む

sfree261jp at 19:57コメント(0) 
横浜 

2017年03月16日

日から、一日たっただけですが、今日は、何となく、春めいた一日でした。勿論、昨日の今日ですから、本当に、春が来た訳ではありません。"青空が広がり、吹く風が春めいていた"と言うだけであります。今日も、何時もながらの、平和で平凡な一日でした。

た、ブログネタがありませんので、今日、図書館で読んだ本の内容をアップして、今日のブログと致します。読んだ本の内容をアップするのなら、仏教の話題で二日間繋ぎましたので、今日も、仏教ネタで繋ぎたかったのですが、旨く行きませんでした。と言うことで、全く別なお話になりました。

書館で、"日本史こぼれ話 古代・中世 (株式会社 山川出版 編者 笠原一男 児玉幸多)"を拾い読みをしていた時、"平清盛は、白河法皇の落胤である"という記述に目が止まりました。この話については、"古典と名作で歩く本物の京都(高野 澄著)"という本を読んだ時、その中に、同じような記述があったことを記憶しておりました。同じような事だからと、眼が離れかけた時、"書いてあることが違うみたい!"と気が付きました。

述の内容は、"平清盛は白河法皇が祇園女御に産ませた子だと言うことになっているが、女御は当時40歳を超えており、女御自身、生涯法王の傍に居たので、そのまま、真実と受け止めるには無理がある。"というものでした。これだけでも、"何々!?"ということになると思うのですが、記述はさらに続いておりました。

""ころが、滋賀県の胡宮神社という処から、1235年7月付の"仏舎利相承"と題する系図が発見された。これによると、祇園女御には同居している妹がいて、時の経過と共に、妹も法王の寵愛を受けるようになり懐妊した。この妹は、忠盛(清盛の父)の妻として下賜され、生まれてきたのが清盛である""とのことでありました。

所謂、"拝領妻"と云って良いのではないかと理解いたしました。
続きを読む

sfree261jp at 18:01コメント(0) 
横浜 

2017年03月15日

日は、天候を理由に手抜きの平日モードでした。昨日の天候が理由になるのなら、今日だって、十分、理由として成立する位の、寒い天気でした。だからと言って、今日も手抜きの平日モードにする訳にはまいりませんので、何とか、平日モードを確保いたしました。でも、今日も生活の中では、ブログネタになるようなことは有りませんでした。

暖を繰り返しながら、春を迎えるのは、当然のことでありますが、今回のこの寒波が、最後の寒波ではないでしょうかねぇ・・・。勿論、今後も寒波は来るのでしょうが、今日より強い寒波は来ないと思っているのですがねぇ。

の中は、相変わらず、休みなしに動いております。WBCの野球では、日本が劇的な勝利を続けております。森友学園の話は、"結局、何だったのか?"と言いたくなるような話ですし、一方、政治的には、何処まで広がるのか分からなくなりました。金正男の殺害事件も同じようなコースを進みそうです。そして、息子までが表に顔を出し始めました。"何処に行きつくの?"と言いたくなるような"混沌"の世界であります。ヨーロッパでは、歴史の胎動になるかもしれないと言う"国政レベルの選挙"が進んでおります。韓国だって、大統領が変わります。サウジの国王もお見えになり、東京は大騒ぎの様ですが、我々の生活レベルにどのような関係が出てくるのか解りません。今後の米国も、どうなるのでしょうねぇ。

の中、"どうなるのだろう?"という不安状態が続くだけでありますが、我々老人組は、ただ、心配顔で見ているしかないのであります。

言うことで、今日のブログも、昨日に引き続き、仏教における明王・天の皆様の、人間臭い処をご紹介して、体裁を整えることに致します。昨日は、阿修羅のお話を中心にお話いたしましたが、今日は、明王・天の皆さんの婚姻関係を中心に話を進めたいと思います。

"夫婦"の関係でまとめますと、次の通りであります。即ち、吉祥天(妻)と毘沙門天(夫)、黒耳天(妻)と閻魔王(夫)、弁財天(妻)と梵天(夫)、舎脂(妻)と帝釈天(夫)等であります。吉祥天は鬼子母神の娘さんでありますし、閻魔王の妻である黒耳天は、吉祥天の妹であり、貧乏神なのであります。舎脂は昨日申しました阿修羅の娘なのであります。そして、弁財天は、女神なのに武器を携えており、阿修羅を打ち負かした仏様であります。

続きを読む

sfree261jp at 18:51コメント(0) 
横浜 | 般若心経

2017年03月14日

 日は、冬を思い出させるような天気で、気温も低く、小雨がぱらつく天気でありました。昨夜から、予報を信じて、今日はタイムスケジュールは平日を守るとしても、図書館には行かないことに決めておりました。例の自宅蟄居であります。

 時も思うことなのですが、"図書館に行こうが行くまいが、やることが同じであれば良いではないか!"とも思うのですが、矢張り、外に出るのと自宅で過ごすのでは、違うのですよねぇ・・・。
 家の外に出ると言うことは、受ける刺激の量が違いますからね。まず、人目や気温から、服装に気を使いますし、道を歩けば車や人の通行が気になります。図書館でも、静粛を保つため、緊張いたします。読んだ本の頭に残り方も違うような気がしております。例え、図書館に行かなくても、外を歩くだけで、老化防止にとって良い刺激を得ると信じております。

 日は、ホワイトディですよねぇ・・・。上述の如く、自宅蟄居のつもりでしたが、ホワイトディの買物の為に、午後には横浜の市街地まで外出しました。矢張り、デパートのお菓子・ケーキ売り場は、何時もよりは人が多かったように思いました。バレンタイン ディ程ではありませんがねぇ・・・。まあ、大抵の男性は、仕事で、お買い物どころでは無いとは思いますがねぇ・・・。

 いう事で、今日もブログネタはありません。
この為、"猫だまし"ではありますが、いつも読んでいる般若心経から、"付け焼刃の知識"をアップして、体裁だけ整えます。

 教の世界においては、男女の性別は無い事になっております。世に観音様は女性のように言われておりますが、正確には、男性も女性も無いのであります。考えてみれば、人生における悩み・煩悩の多くは、"性"にその根源を持つものではないでしょうか? 全てとは申しませんがね! でも、本当に難しい話ですから、お釈迦様も"性"については、避けたのではないのでしょうか。
他の宗教は知りません。キリスト教も、余り、"性"についての話は無いように感じております。イスラム教は、女性の服装などに色々決まりがある様ですから、男と女の区別を明確にしているのですかねぇ・・・。

 れにしても、"仏教では男女の区別は無い"と言うことになっている筈ですが、仏像で言うと"明王・天"レベルになると、性別もありますし、人間世界に近い状況である事を知りました。これは、明王・天レベルの仏様は、古代インドの神話の神様、特に、"悪行の神様"が、お釈迦様の諭しで、仏教や信徒の守り役になったという仏様が多いからであります。ただ、明王・天レベルの仏様に、これほど人間世界に似た婚姻関係、敵対関係があったとは知りませんでした。

続きを読む

sfree261jp at 19:34コメント(0) 
横浜 | 般若心経

2017年03月13日

 期せぬ風邪から国内某所への旅行と、暫く、平日モードを離れておりました。本心を言えば、此の侭、ズルズルと休日モードに近い毎日を送りたいのでありますが、人間、楽をすることは直ぐできますが、キチンとするのは難しいのであります。特に、私のように高齢になりますと、一旦、緩めた生活は、まず、元に戻らないものと思っております。まあ、残り寿命が明らかになれば、サッサと、毎日が日曜日と致しますが、それまでは、これまでの平日モードを続けたいと思います。

 言うことで、平日モードの図書館を終了し、午後は、迷ったのですが、大倉山に行くことにしました。迷う位ですから、大倉山には何も目的はありません。まあ、運動量と"終わりかけの梅"を見るためと、いえば言えると思います。実を言いますと、あの大倉山で、一瞬ですが、自分がどこにいるか分からなくなりました。ぼんやりして歩いていたのも事実ですが、それにしても、自分の記憶と景色が合わずに、東急大倉山駅の付近をウロウロしていたのは事実です。完全に、徘徊老人でありました。二、三回同じ処をウロウロして、目の前の景色と頭の中の記憶とが一致しましたが、未だに、"あれは何だったのだろう"という不安が残ったままです。

 んな事で、早めに帰宅いたしましたが、帰宅後は、写真の整理をしておりました。先日の国内某所への旅の目的は、"懐かしい人に会う事"が目的ではあったのですが、自分的には、其処にあるラン園で、写真を撮りたいと言うことも目的としておりました。お蔭で、一眼レフ二台を担いでの旅でした。過去にもやったことは有るのですが、何故か今回は、二台のカメラがとても重く感じました。齢ですねぇ・・・。

 ン園では一時間ほどで、200枚位の写真を撮ったのですが、やはり、ダメですねぇ・・・。あれだけ撮っても、"満足!"と言える写真は、一枚も無いのですよねぇ・・・。シャッターを押している時は、"良い写真が撮れている筈"と思っていますし、チェックの時には撮れていると思っていたのですが、帰宅して、ゆっくり眺めてみますと、我ながら、"何のために行ったのだろう?"と言いたくなるものばかりです。これまでも、金と時間はかけた筈ですがねぇ・・・。

 
才能が無ければ、何時までも"下手"という事ですかねぇ・・・。
続きを読む

sfree261jp at 18:58コメント(0) 
横浜 
Archives
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
Categories
Recent TrackBacks