2009年11月

2009年11月30日

 日の渋谷、朝、テレビで見た予報からは、回復が「かなり遅れた」という感じがしました。お昼には、雨はすっかりやんでいましたが、全天雲に覆われ、「晴れ」と言うより、「降っていない」と、言う方が適切な感じがしました。気温も、低く感じ、街を歩いていても、「コートがあっても良い」と感じるほどでした。

 日は、24日にブログアップした「自らが予言」に従い、外苑のイチョウを見に行くことにしました。先週末、テレビで外苑のイチョウが、放映それていましたので、「ひょっとすると、もう、ピークすぎかもしれない(テレビはピークを外さないので・・・。)」と、思いつつの外苑でしたが、やはり、しっかりピークを外したようでした。特に、昨夜来の雨が、更に拍車をかけたようでした。(下)外苑案内図。

91130abc 

 

 

 

 

 

 

 

 (下・左)青山通りから見た、外苑イチョウ並木入り口。(案内図?)。これを見た時までは、「私の予想は、当たった」と、思っていました。(下・右)幾つかあるレストランの一つ。手前にさりげなくイチョウの絨毯を配して、瀟洒なレストランを撮るという芸術性を理解して下さい。(自分で言ってしまっては、ぶち壊しですかね・・・。)

911301911302 

 

 

 

 (下)イチョウ並木、道路側。上の案内図で2方向から4方向を見る。

911304 

 

 

 

 

 

 

 

 (下)同じく、イチョウ並木道路側。案内図で4から2を見る。

911305

 

 

 

 

 

 

 

 

(下)イチョウ並木は、4列あります。道路側と歩道側では、こんなに色が違います。道路側は、ピークを外したと思えるくらい、黄葉・落葉が進んでいますが、歩道側は、まだ、青々とした、イチョウもあります。

91130aaa 

 

 

 

 

 

 

 

(下)?地点のイベント会場。昨年も同じような出店が出ていました。

91130811309 

 

 

 

(下)両側の歩道のイチョウ並木。アーケードの様になっていますが、やはり、場所に寄り、列により、黄葉の進み具合は異なります。それがまた良いのかも!?

911306911307

 

 

 

 

(下)今日の芸術的一枚!あっ、2枚か・・・・。

9113011 

 

 

 

 

 

 

 

9113012 

 

 

 

 

 

 

 

 ークを、外したとはいえ、今年も、外苑のイチョウを見ることが出来ました。これを見ると、今年も、いよいよ、年の瀬・師走の観が強くなりますねぇ・・・・。今日は、11月の末日の30日です。暦の上でも、明日から師走です。

 

 木枯らしに

 揺れ 舞い落ちる

 イチョウの葉

 いざ言問わん

 悔いやありなし (独楽)

 帰りの電車の中で、考えたのはこれとは、若干違っていたのですが、ブログアップする時には、忘れてしまっていました。

 



sfree261jp at 18:24コメント(2)トラックバック(0) 
渋谷 | 短歌

2009年11月29日

 日は、ブログアップしようと思い、自宅の廻りのお花を撮っていたのですが、夕食が終わって、一休みをしていると、強烈な、睡魔が襲われました。

 の用事も残っていたので、なんとか、「起きよう」と努力をしたのですが、どうしても頭が上がらず、遂に、何もせずに寝てしまいました。このため、昨日撮った写真もそのままになってしまい、ブログもお休みしてしまいました。

 それで、今日のブログで、これをアップします。タイトル「今時のお花」です。今日の横浜、昨日は雲が多いながら晴れの天気で、暖かい一日でしたが、今日は、曇の多い冬らしい一日です。そんなに寒くはないですがね。

 時が、秋なのか、冬なのかはよく解りませんが、何れにしても、お花的には少ない時期であることには間違いないと思います。妻に、「ブログアップ用のお花ない?」と、言いますと、「う〜ん、今時ねぇ・・・。この前、リコリスが咲いたのだけど、採ってしまったのよ!お向かいのお家に咲いているから、それを撮ったら?」とのご意見。(下)そのリコリス。お向かいの家のものです。ピンクの彼岸花と言った感じです。

9112281

 

 

 

 

 

 

 

(下・左)ヒメツルソバ。妻の好みは、小さいものが多いのです。このお花も、地上5cm程度で、お花も1cm程度のものです。地面に這い蹲っての撮影でした。(下・右)ベコニア。

911282911283 

 

 

 

 (下・左)未だに咲いている、アメリカアサガオ。ほんと、何時まで咲いているのでしょうねぇ?アサガオですから、時期というものもあると思うのですがねぇ。「咲けば良い」というものではないと思うのですが・・・。(下・右)ヤマホロシ。これも何時までも咲いている感じがしていますが、あまり目立たない花ですよねぇ・・。

911284911285 

 

 

 

(下)フクシア。やはり、下向きの花は、レンゲシヨウマにしても、アブチロンにしても、難しいですねぇ。

911286 

 

 

 

 

 

 

 (下)我が家の、「金のなる木」。軽井沢在住の花蓮さんのブログで紹介されて、我が家にもあることが分かったというもの。不思議に名前の花ですよね。花蓮さんの所では、久しぶりに咲いたそうです。我が家では、「何年か前に、一度咲いたきり」だそうです。

 ということは、花蓮さんの所に、お金が廻るのですがねぇ?我が家でも何年か前に咲いたそうですが、そんなにお金が廻ってきた記憶は、無いのですがねぇ・・・。この花が咲いたら、本当にお金が廻ってくるとなると、世の中面白いかもしれませんねぇ・・・。

911287 

 

 

 

 

 

 

 まあ、

 金もない、花もない、

 今日、この頃です。

 



sfree261jp at 11:32コメント(0)トラックバック(0) 
横浜 

2009年11月27日

 日の渋谷も、昨日と同じというより、「昨日より暖かいかもしれない!」と、思われる天気でした。冬の背広だけで十分といった感じです。今日は、午後に、「お昼休みから出ないと、間に合わない」訪問がありまして、昼食場所から、渋谷駅までの最短ルートを、少し、変えただけで撮影できるものだけをアップすることになってしまいました。

 24日に、外苑のイチョウ、そして、昨日、結果的ではありますが「欅の紅葉」をアップしました。そして、今日は、過去、何度もアップしました、NHKのまわりのイチョウがどうなっているか、見てみることにしました。

 ートは、ファイヤー通りから、NHK前、公園通りから駅へというルートです。この間のイチョウは、ファイヤー通りのが一番遅く、岸記念館前が一番早く、黄葉します。(下)ファイヤー通りから、明治神宮を望む。手前側は、未だに、緑色が濃いです。911271                               

 

 

 

 

 

 

 

(下)明治神宮近くの、国立競技場傍のイチョウは、黄色が濃くなっています。(右は山手線)

911272 

 

 

 

 

 

 

 

(下・左)同じ場所でも、黄葉の程度はこんなに差があります。(下・右)岸記念体育館前のイチョウは、もう、ほとんど落葉としているものもあります。

911273911274 

 

 

 

 (下・左)NHKと区役所の間の、とおりのイチョウ。全体的に黄葉が進んでいますが、やはり、進み方は様々です。(下・右)NHK前の代々木公園の欅。今年は欅の紅葉が奇麗です。

911276911275

 

 

 

 

(下)定番、今日の渋谷109。

911277

 

 

 

 

 

 

 

 

 は、12月は冬だと思っていましたが、まだ青い葉があるイチョウを見ると、12月も初旬であれば、「秋なのかなぁ」と、思ってしまいます。今は、冬なのでしょうか、まだ秋なのでしょうか?

 と紅葉と並び称されていますが、桜の花は、一斉に咲くのに対して、紅葉は同じモミジやイチョウにしても、色が変わるのに結構、バラツキが目立つと思いません?妻の理論によれば、「ソメイヨシノは、遺伝子の種類が1つだそうです。そして、恐らく、モミジは、同じ「いろはもみじ」にしても、(人間に個性があるように)複数の遺伝子構成をしているのだろう。」とのことです。

 信じます?

 人生いろいろ

 イチョウもいろいろ

 でした!



sfree261jp at 21:07コメント(0)トラックバック(0) 
渋谷 

2009年11月26日

 日の渋谷は、小春日和と言ってといいほどの温かい、穏やかな一日です。やはり、晩秋(初冬?)ですので、外を歩くと、少し風を感じますが、まあ、「穏やかな」という、表現で良いと思います。

 前中、ごちゃごちゃ、細かい話が続いたので、全く、今日の計画を立てずに昼食も終わってしまいました。「さて、今日はどうしよう?」と、考えたのですが、良い案が思いつかず、結局、表参道にしてしまいました。(やはり、好きなんですね。こまった時の「表参道」ですね。)

 、今日は、明治通りから行くことにしました。(結果的には、「明治通りを表参道まで往復した」形となりました。)(下)宮下公園の欅。今年は、欅が去年より奇麗に、黄変したと思います。

911261 

 

 

 

 

 

 

 

 (下)明治通り。宮下公園近く(左)。神宮前交差点(右)。

911262911263 

 

 

 

 (下)表参道の欅。

911264 

 

 

 

 

 

 

 

911265 

 

 

 

 

 

 

 

 (下)ブラブラ歩いていましたら、地下鉄副都心線の明治神宮駅の7番出口の

道路挟んで、向かい側にある路地の上に有った看板です。

おんでん商店街と言うのだそうです。

911267 

 

 

 

 

 

 

 

 なんだか、「欅の紅葉巡り」の

 様になってしまった、

 「今日の渋谷」でした。



sfree261jp at 18:13コメント(0)トラックバック(0) 
渋谷 

2009年11月25日

 0日夜から、23日に掛けて、軽井沢に居た訳なのですが、その間一度も、プラチナバーゲンには、行きませんでした。リンゴの収穫もあったのですが、もう、あの人ゴミをかき分けて、買い物をするという体力と気力が無くなっております。

 って、21日はリンゴの収穫に専念したものの、22日は、プラチナバーゲン以外の所をのんびり、ブラブラとして参りました。お陰さまで、天気は3日間とも良かったのですが、21日の夜から22日にかけては、冷え込みがきつかったようです。

 は、9日に手術した肩を20日に抜糸をしてすぐに、軽井沢入りをしていましたので、寒さがこたえたそうです。とくに22日は辛かったと言っておりました。

 んな11月の軽井沢の風景を点描して、今日のブログとします。まずは、軽井沢の食です。(下)何時も行くお蕎麦屋さん、「しなの」。11月でも待ち行列です。食事が終わって、出る時は、この倍以上の行列でした。

911251 

 

 

 

 

 

 

(下)スーパー「つるや」さん。やはり、夏ほどの人出ではないようでした。それでも、駐車場はほぼ一杯です。

911252911253 

 

 

 

 (下)これも定番、銀亭。銀亭の横には、喫茶があります。一度は、行ってみようとは、思っているのですがまだ行ってません。前で、記念撮影をしていたので、失礼して、一枚。

911254 

 

 

 

 

 

 

(下・左)初登場。中軽井沢のアクセサリ、婦人服のお店「bonbon」。長女が見つけてきて、我が家の女性のお気に入りの店となっています。(下・右)そのお店の前の休憩所。色が白でない分、まだ救われるのですが、それでも、この時期、戸外でこれを見ると、かえって、寒々しい。

911255911256 

 

 

 

(下)旧軽銀座。そこそこの人出だとは思います。クリスマスツリーも、飾ってありました。(チャーチストリート)

911257911258 

 

 

 

 以上、プラチナバーゲン以外の軽井沢でした。

 この時期、プラチナバーゲンに

 行かないなんて

 しんじられな〜ぃ

 と、言われそう・・。

 

  日の渋谷、朝方はまだ雨が残っていましたが、お昼近くから晴れ間が見えてきて、お昼には、結構な天気となりました。気温もむしろ暖かく感じるくらいでして、コートなしで当然と言った感じでした。昼食を摂りに街を歩いている時、ふと葉を落とした街路樹に気がつきました。「何時の間に!」と、思ったのですが、自分の頭を思い出し、「時が経つということは、こういうことだ。」と、自分に言い聞かせながら歩きました。私でも、若い時は、散髪屋さんが文句を言うほどの髪の量だったのですが、何時の間にかこんなになってしまったのです。(下・左)今日の渋谷109。(下・右)葉が落ちた、街路樹。木によって違うところが、また、人間と似ていますなぁ・・・。

91125b91125a

  

 

 

 

 時は 確実に

 経過をしています。



sfree261jp at 18:12コメント(0)トラックバック(0) 
軽井沢 

2009年11月24日

 角、小諸まで行って、大感激のリンゴの収穫をしてきたので、当然、もう一日位は、リンゴネタで行けるだろうと、思っていましたが、落ち着いて考えてみますと、更にアップ出来る写真も無く、「何をアップするの?」という、疑問に突き当たりました。
 

 れでは、リンゴネタは止めようかとも思いましたが、まだ、軽井沢の他の写真の整理がついていませんので、テーマ変更もままなりませんでした。


 、いうことで、今日のブログ、リンゴネタで、くだくだ、文章をアップして、軽井沢ネタの延伸を目指します。


 日も、書きましたが、リンゴには、幼いころの夢や思い出がある果物です。そして、私は、南国育ちですので、未知なるものでもありました。したがって、軽井沢に通い始めたころから、リンゴには期待していたのですが、軽井沢は、寒すぎて、リンゴは育たないと聞いて、がっかりした記憶があります。


 からば、リンゴ狩りでもと思ったのですが、なかなか家族の賛同が得られませんでした。それで、今回のオーナー制度となった訳であります。(私が勝手に応募したのであります。)


 ーナー制度は、全国に色々な物が沢山あります。私も、後から知ったのですが、インターネットで出ているだけでも「こんなに?」とびっくりします。今回、リンゴのオーナー制度に、初めて応募したのですが、全て順風満帆と言う訳でもありませんでした。今となっては、「心配する方がおかしい」といった、初めてだからこその物が多いのですが、やはり、登録してから、収穫が終わるまで、「どうなっているのだろう」、「どうなるのだろう」という不安はありました。


 して、今回、一番悩んだのは、「どれくらいの収穫があって、それをどう処理するか」ということについて、事前に計画が立てづらいということであります。自然の農作物ですので、農園の人も、なかなか、「具体的には予想しずらい」のと、量の表現で、こちらの方が、「それを理解できない」ところがあります。


 回も、未だに、何個のリンゴを収穫したのか解らないのでして、多分、300個程度はあったかと思いますが、良く分かりません。したがって、今から考えると、「配分計画が間違ったかな?」と言う所もない訳ではありませんが、だからといって、どうすればよかったかは、未だに不明です。

 当は、「オーナー制度における経済学」と称して、同量をお店で買った場合の比較をしてみたかったのですが、それではあまりにも夢の無い話ですし、何個収穫したか、未だに解らないようでは、比較が出来ないと言うことが分かりました。また、「収穫の個数」以外の楽しみがある訳で、これを金額換算するというのは意味が無い話かもしれません。オーナー制度でコストを計算するようでは、オーナー制度に「応募する資格が無い」ということなのでしょう。


 回の経験で、リンゴの収穫の楽しさを、初めて、味わったとともに、農家の、収穫が終わった後、出荷までの労力の大変さが良く分かりました(収穫までの労力は予想がついていたのですがねぇ)。スーパーなどで一個いくらで山積みされているリンゴですが、商品としてここまで持ってくるのに大変な労力をかけているのですねぇ・・・。日本の場合、少し、手間をかけすぎているのではないでしょうか? 

 私が 勝手に応募してしまったので、仕方なく附いてきた家族でしたが、


 来年も、


 間違いなく、


 応募してね!だって。


 日の渋谷、雨こそ降りませんが、薄暗い雲に全天覆われています。気温は見た目ほどひくくはありませんが(先週末の方が寒かったとのこと。)、11月らしい天気です。今日は、渋谷を少し離れて、神宮外苑のイチョウの偵察に行ってきました。予想通り、少し、早かったのですが、今週末か来週前半が見ごろではないでしょうか?(責任は負いませんがね。)(下)今日の外苑前のイチョウ。

911241911242



sfree261jp at 19:55コメント(0)トラックバック(0) 
軽井沢 

2009年11月23日

 11月20日から23日にかけて、軽井沢に行って参りました。今日帰宅しまして、荷物を片づけ、一段落して、ブログアップしています。今回の最大のイベントは、リンゴの収穫でした。前にも、ちょっと紹介したことがあるのですが、今年、連休明けに、小諸のリンゴ園で、オーナー制度をやっていることを知り、色々問い合わせをしながら、オーナーの登録をさせて頂きました。そして、待ちに待ったリンゴの収穫が、21日から始まりまして、その最初の日に行って参りました。

 ンゴは、我々日本人にとっては、子供の頃から慣れ親しんだ果物です。果物といえは、「りんご」と「ミカン」は最初に出てくる言葉であろうと思います。そして、物語や生活の中に、色々な場面で出てきます。私の最古のリンゴの記憶は、子供の頃に見た、映画シンデレラの魔女が作る毒リンゴでした。今でも、あの「毒々しい赤」は、鮮明に覚えております。しかし、リンゴはミカンと違い、北国の果物です。私のような、西日本で、「人生のほとんどを過ごした人間」にとっては、リンゴは、やはり、とこか遠くで出来る果物でした。

 ころが、軽井沢に行くようになって、リンゴが身近な果物となり、「ちょっと、その気になれば、なっているものを見ることも、さほど難しいものではない。」と言うことに気がつき、果然、リンゴに興味が湧きました。

 初は、リンゴ狩りに行こうと思っていたのですが、妻があまり乗り気になりませんので、オーナー制度に登録することにしました。これは私の感じなのですが、オーナー制度は、ある意味「木単位の先買い」なんですが、別の意味で、農作業の苦労を知らない、都会の人間が「金で一番美味しい所だけを、持って帰る」ような気がして、なにか農家の皆様に申し訳ないような気がいたします。

 ういう、後ろめたさを感じながらの、初めての、オーナーリンゴの採り入れでした。いろいろな感情の交錯する中、案内されて、リンゴを見たとたん、「かわいい!」一言で、今までの感情はみんな吹っ飛んでしまいました。余り、乗り気でなかった妻も、「リンゴがあんなに可愛く実るとは知らなかった。」、「楽しかった。」の連発でした。(下)感激の対面でした。

911231 

 

 

 

 

 

 

(下・左)自分の名前を見ますと、何か気恥ずかしい気分になるものですね。(下・右)幸い、お天気に恵まれました。青い空に、鈴なりの赤いリンゴは、印象的でした。

911232911233

 

 

 

 

(下)上と同じ木です。大人4人(一人の老人と女性3人)の約一時間の労働の後は、この通りです。妻の意見で、一寸傷ついたリンゴ二個を木に残して、収穫終了です。気分的には、あっという間でした。

911234 

 

 

 

 

 

 

(下)とりあえず、木からのもぎ取り作業は、一時間程度で、終了しましたが、木の下は、リンゴだらけです。「これをどうするのよ!」は、行った人間の偽らざる気持ちだったと思います。これでも全収穫量の半分くらいです。

911235 

 

 

 

 

 

 

 お店の人に助けられ、とりあえず、予定通り、収穫をして、送る所には送って、「車に乗るのかなぁ?」と、心配しながらの帰途でした。何がどうなるか分からないので、元いた会社の女性二人に、「拝み倒しての応援」を頼み、なんとか予定通りの収穫を終えました。

 無理矢理、応援をさせられた、

 女性お二人、誠に、

 ありがとうございました。

 お陰さまで、家族全員

 初めての経験を

 無事に成し遂げられました。

 ありがとうごさいました。



sfree261jp at 19:16コメント(0)トラックバック(0) 
軽井沢 

2009年11月20日

 ログをアップしていると、今回の様に、特別な、行事や行動があると、「今度こそ、良い写真で、見ている人が感心するようなものをアップしよう。」と、意気込むのですが、現実はなかなかそうはいかないものです。

 回も、「これが、今回の一枚」として、みんなが納得する一枚を、アップして終わるつもりでいたのですが、270枚余も撮って、一枚も「これ」といのは、ありませんでした。現実ですから仕方が゛無いのですが、まあ、「形だけでも、イメージどおりで終わりたい」と思いまして、駄作の中から、2枚を選んでアップします。

(下)既にアップした、西本願寺の中の、飛雲閣に付随する「鐘つき堂」です(国宝)。絵葉書的な写真ですが、私は、こんな写真が好きなのは事実です。今から見ると、「カメラを、もう少し、左に振って、右の常緑樹の比率を減らして、左のイチョウの量を増やした方が、季節感がもう少しでたのかなぁ」と、思っております。 

91120b 

 

 

 

 

 

 

(下)二尊院で撮った一枚。数ある紅葉の写真の中から、選んだのが「これか?」と言いたくなるような写真です。私も、紅葉の写真は、画面一面「真っ赤っか」か、「真っ黄き」であるべきだと思っておりますが、なかなか、奇麗で、迫力があるものが撮れません。また、京都の紅葉となると、そればかりでもないような気がしています。京都の紅葉となると、やはり、「構造物と、松などの紅葉しない植物と、紅葉の絶妙なるバランスが問われるのでは?」と、勝手に解釈しております。この写真、バランスと言う点では、紅葉がもう少しとは、思うのですが、如何にも京都らしいということで、これに決めました。

91120a 

 

 

 

 

 

 

 写真って、

 難しいのですね!!!

 ほ・ん・と!

  日の渋谷、雲一つないとはいきませんが、晴れの良い天気です。この所、晴れと、雨が一日交代で、続いています。(ということは、明日は雨?)気温は、かなり低いです。今日は、コートを着ている人も、昨日よりは少し増えたみたいです。私も、昨日、着てしまいましたので、つい、習慣で何の違和感もなく、今日も着てしまいました。(下)今朝の渋谷駅東口側。

91120a

 

 

 

 

 

 

 

 

 日、夜から、軽井沢に参ります。何が目的かは、次の、ブログをお楽しみに!プラチナパーゲンではありませんよ〜。

      た・の・し・み!!!

 

 

 

 

 



sfree261jp at 09:05コメント(0)トラックバック(0) 
その他 

2009年11月19日

 都の続き、紅葉の後半です。昨日も書きましたように、14日、亀岡の鍬山神社から、トロッコ列車で嵐山に出て、嵐山・嵯峨で、常寂光寺、二尊寺、壇林寺、祇王寺とまわり、竜安寺の「おまけまで」付けての、京都モミジ旅でした。(写真は、壇林寺までアップしました。)

 15日は、本来の目的である、父の三回忌のため、朝から13時まで西本願寺で過ごしました。 そして、13時以降は、またモミジの旅が始まりまりました。当初は、最初に東山の永観堂に行って、後、清水寺あたりを散策して終わろうと思っていました。

 西本願寺が終われば、直ぐ行くつもりだったのですが、西本願寺で出たお菓子がおいしかったので、妻が、是非買って帰りたいと言い出し、4条のお店を訪ねて行きました。教えて貰ったお店は、仕出し屋さんで、「お菓子は別の店から購入して、西本願寺に納めている」とのことで、目的は達しなかったのですが、永観堂に行く道を聞いた時、「今日、バスやタクシーで、東山に行くのは、何時着くか解りませんよ!うちの店員が、朝、出て未だに何処に居るのか連絡がつかない状態ですから」と、言われました。考えてみたら、京都で、紅葉の季節の日曜日の午後ですからねぇ。

 「うしよう」と、いうことになりましたが、妻の発案で、「これから京都駅に戻って、その後、東福寺に行こう。そして、東福寺から東山に入れば、全部電車で行けるから、渋滞に関係ない」との案を言いだしました。東福寺は、時期的に少し早いとは思いましたが、「他に妙案も浮かばす」でして、妻の案に従うことに、なりました。

 から思いますと、これは、最高の案でして、これ以外に方法は無かったと思います。今日のブログ、写真は、祇王寺から永観堂までをアップします。

(下)祇王寺。びっくりするくらい紅葉は進んでいませんでした。タクシーの運転手さんの意見では、やはり、「小倉山の関係で日当たりが悪いのでは・・・」とのことです。

911192911191 

 

 

 

(下)竜安寺。何回か行ったことはあるのですが、こんなに紅葉があったとは知りませんでしたし、こんな池があったとは知りませんでした。竜安寺=石庭とばかり思っていましたので・・・。「石庭は、15個の石が置いてあるのですが、15個全体が見える場所は無い。」というのは、有名な話です。(「世の中には、完全なものは無い」という教えとか・・・。)

911193911194 

 

 

 

911195911196

 

  

 

 

(下)東福寺。とにかく大きなお寺です。妻に言わせると、「紅葉も奇麗だか、むしろ、それ以外の人出が少ない時の方が、良さが分かる。」のだそうです。私は初めての所でした。

9919791198 

 

 

 

(下)永観堂は、南禅寺の近くです。地下鉄で行くと、傍を通ります。歩きながら撮っただけで、通り過ぎました。妻曰く「まあ、冷たいわねぇ」。山門の傍に、奇麗なモミジがあるのに気がつき、帰りに陽が落ちて暗い中、ISOを800にあげての一枚。さすがニコンD300。(下・右)

9111999111910 

 

 

 

 (下)今日の一枚は、これです。特に、どうと言う写真ではありませんが、実は、これは、竜安寺の入り口の駐車場で撮った、桜の紅葉の写真です。「桜も紅葉すると、奇麗だ」ということは聞いていたのですが、なかなか紅葉した桜を、見れませんでした。大抵は、紅葉する前に落葉してしまいます。初めて、意識して「桜の紅葉」を観た、「感激の一枚」です。タイトル「これが桜の紅葉か!!!」

91119a 

 

 

 

 

 

 

 いや〜、

 紅葉はたっぷり見ました。

 満足です。

 お父上、あなたの三回忌を理由に、京都で、さんざんの「紅葉見物」を致しまして、申しわけありませんでした。

 

 日の渋谷、朝は降っていませんでしたが、お昼近くになり、一昨日の冷たい雨に逆戻りです。朝のテレビで、お天気おねえさんが、「寒い!」を連発するので、妻がどうしても、コートを着ていけと言って聞きません。三つ揃いの背広の上にコートは、少し、早すぎるとは思ったのですが、妻には、逆らえませんでした。

(下・左)今日の渋谷109。(下・右)「雨に濡れるハチ公」の写真を、撮る人を、撮る私。

91119a91119b 

 

 

 

 やっぱ ハチ公は

 人気があるのだ!



sfree261jp at 18:20コメント(0)トラックバック(0) 
その他 

2009年11月18日

 の三回忌で行った京都でしたが、「折角、この時期に行くのだから」と、京都の紅葉を楽しんでまいりました。それも、「ついでにちょっと見る」と、いうものではなく、「本当の目的は何だったの?」と、問われかねない、顰蹙物の京都旅行でした。

 売り切符のお陰で、14日の朝9時には、京都駅についておりました。(新幹線の中では、爆睡しておりました。)とりあえづ、荷物をホテルに預けて、9時半頃には、再び、京都駅へもどってきまして、これから、怒涛の、京都・紅葉見物が始まりました。

 、JRで亀岡まで行き、亀岡の「鍬山神社」、それから、トロッコ列車で、嵐山まで、保津川を下りました。嵐山では、常寂光寺、二尊寺、壇林寺、祇王寺と廻り、おまけとして、竜安寺まで行ってきました。

 壇林寺、祇王寺、竜安寺は当初は、予定していませんでした。祇王寺は、妻の「ここまできて、寄らないは無いでしょう!」の一言で決まった所ですし、壇林寺は、その祇王寺の傍に有り、なにやら、趣がありそうな感じがして、つい、フラフラと入ってしまったところです。

 安寺は、帰りのタクシーで、運転手さんから、「もう、宿に戻るの?だから、京都の本当の価値を知らない人は、困るのよね。紅葉だけを見て、やれ素晴らしかった、奇麗だったと言ってさっさと帰ってしまう。京都には、良い神社仏閣と、歴史があるのだから、折角京都に来て、それを見ずに帰るかね?たとえば、この近くだったら、竜安寺とかがあるじゃないですか!」と、説教をされました。

 も、妻も「そこまで言われるならば、仕方がない。竜安寺も久しぶりだから行ってみるか!」と、挑発に乗ってしまいました。

 しぶりと言うか、この時期では初めての竜安寺は、「えっ、竜安寺ってこうだったの?」と言いたくなるような、今までの記憶と言うか印象を、根底から覆すような経験をしました。また、丁度、屋根の改装中でして、石庭は見れたのですが、観る場所が変えられていました。僅か、2m程、前に移っただけですが、石庭は、狭く感じましたし、石の配置もバラバラの感じがしました。やはり、この石庭は、広さ、石の配置、観る場所全てが、微妙な、繊細な設計の下に作られているのでしょう。

 庭自体は、何の感激も無かったのですが、逆に、本来の石庭の微妙さ、繊細さを感じた次第です。「物事の極み」とはこういうものなのでしょうね。凡人は、その物が無くなって初めて、良さが分かるのでしょうねぇ。まあ、親も同じかもしれませんねぇ・・・。

 日のブログは、鍬山神社から壇林寺までをアップします。常寂光寺で、切符販売所の女性と地元の人が話していました。「20日は、●●放送のカメラが入るの。また、大混雑だわ!」。京都市内の紅葉は、今週末がピークのようです。

 みなさん!まだ間に合いますよ!

(下)鍬山神社。

911181911182 

 

 

 

 (下)トロッコ列車と車窓からの紅葉。

911183911184

 

 

 

 

 (下)常寂光寺。

911185911186

 

 

 

 

 (下)二尊寺。

911187911188

 

 

 

 

 (下)壇林寺。

9111899111810

 

 

 

 

 (下)今日の一枚。満足できる写真ではないのですが、それでも、紅葉に陽があたり、「透明感のある赤が、少しは、表現できているのかなぁ」と、思ってのアップです。

9111811

 

 

 

 

 

 

 

 

 バカ息子め、

 おれの三回忌を

 何と心得てるのだ!

 と言う、父の声が聞こえてきそうです。

  日の渋谷、昨日と一転しての、青空の好天です。気温も、晩秋?初冬?どちらが正しいのか良く分かりませんが、11月らしい肌寒い気温です。今年は、欅の紅葉が、昨年よりは奇麗な感じがしています。(下・左)定番109。(下・右)宮下公園の欅。

91118a91118b

 

 

 

 

  街には、

 クリスマスソングが

 流れ始めました!



sfree261jp at 18:18コメント(0)トラックバック(0) 
その他 

2009年11月17日

 んざん、遊びまわった京都ですが、最大の目的は父の3回忌でありました。ですから、まず第一に西本願寺をアップしなければならないと思います。もともと、西本願寺に行くことを思いついたのは、昨年の一周忌の時からであります。

 の院号(俗に言う戒名)を頂く時、私は、父の故郷のお寺さんにお願いをいたしました。そうしたら、そのお寺から、「戒名は、本山である西本願寺にお願いしなければならない。自分は、それを取り次ぐだけです。」と言われました。実を言うと、そこまで大袈裟なことを考えていた訳ではないのですが、「戒名は、西本願寺からしか出せない」と言われると、「なんでもいいから、早くお願いします。葬式の日も決まっているのですから。」としか、言えませんでした。

 式も終わって、暫くしたころ、西本願寺から、「命日に供養の読経をするから、参拝して下さい」という、一周忌の案内がきました。一周忌は、親戚の関係もあり、福岡で行うことにしていましたので、それを変える訳にはいきませんが、「福岡で、一周忌を行い、帰りに西本願寺に寄ってみよう」と言うことになり、昨年、行って色々お話を聞いてきました。

 西本願寺では、参拝者がある無しにかかわらず、「戒名を与えたもの対して、決められた行事の時は、命日に供養を行っている。参拝をするのであれば、供養の日にちは、相談に応じる。」とのことで、それならば、「三回忌は、西本願寺に参拝して、供養してもらおう。」と、勝手に決めたのであります。(下)昨日もアップした、西本願寺。手前、御影堂、右奥本堂。

911171

 

 

 

 

 

 

 

(下)門と、前庭。ひろびろとした前庭と塀の傍に大きなイチョウがあります。何故かすべてイチョウです。

911172 

 

 

 

 

 

 

(下・左)本堂前のイチョウ。(下・右)御影堂前のイチョウ。今年は、色づきが昨年よりは早いようです。

911173911174 

 

 

 

(下・左)本堂の中。(下・右)御影堂の中。

911176911175 

 

 

 

 事前にお願いすると、「おとき」として、昼食を頂けます。その場所が、なんと、国宝の飛雲閣です。秀吉が、聚楽第の中に作った物を、ここに移築したそうです。国宝の中での食事は、少し、緊張しました。

911178 

 

 

 

 

 

 

911177 

 

 

 

 

 

 

 歴史の重さを、ひしひしと感じて

 雄大で、荘厳な

 西本願寺でした。

 私としては、良い三回忌を行ったと思っているのですが、身勝手でしょうか?

 

  日の渋谷、朝から冷たい雨が降っています。私も、この冬?初めて、チョッキを着ての出勤です。コートを着ている人も増えました。(下・左)今日の渋谷109。(下・右)渋谷駅東口側。

91117119111712

 

 

 

 

  日、書きましたように、昨夜は日本酒同好会「絶滅危惧種の会」でした。「渋谷以外でやりたい!」という、幹事の意向で、新橋で開催することになりました。お陰で、久しぶりに夜の新橋の空気を吸ってきました。(下)新橋駅前。

91117a91117b

 

 

 

 

 店は、「庫裏」というところでした。(下・左)店内。フラッシュをたかないでのブレブレの写真。(下・右)トライした、辛口セット。左から口説き上手、奥旬?、初孫?、出羽の里。口説き上手が一番合っていたなぁ・・・。

91117c91117d

 

 

 

 

  一回目は、「張り切りすぎて、飲みすぎた」という、反省のためか、今回は皆さん、スローペースで、量も少なかったと思います。終わった後に、二人程、梯子酒に出て行きましたので・・・。  

 同好の士と飲む酒は、

 味もまた、格別ですなぁ!



sfree261jp at 19:53コメント(0)トラックバック(0) 
その他 

2009年11月16日

 の3回忌を、「京都・西本願寺で」と思い立ち、14日早朝から、体が不自由な妻を連れて、京都に行き、15日夜遅く、帰宅しました。

 事だけであれば、何も、そんなに「朝早くから行って、夜遅く帰る」ようなことは、しなくて良かったのですが、この際、「京都を楽しみたい」という、親不孝な下心があったのと、出来るだけ安く行きたいとの願望で、探した結果、やはり、安いのは、早朝だとか、夜遅くの列車しか無いのであります。結果、14日朝6時前に起床し、9時には、京都に着いていましたし、15日は、11時過ぎに帰宅するというスケジュールとなりました。

 く前は、時間をどうして消化しようと、心配していましたが、無事、父の三回忌を行うことが出来ました。(「秋の京都を、遊びまわっていた。」というのが、本当なんですがね。)

 宅して、さっそく写真の整理を始めたのですが、271枚もの写真を撮っており、(一遍に、多量の写真を取り込んだためでしょうか)途中、パソコンのトラブルもあり、午前2時の時点でも、パソコンに取り込んだだけで、整理するには至りませんでした。

 日は、写真未整理のため、とりあえず、ブログアップ用に選んだ数枚をアップして、証拠写真といたします。(下)西本願寺。手前が改装なった、御影堂、奥隣が本堂。本堂の方が小さかったのは何故?とにかく広い!

911161 

 

 

 

 

 

 

(下)御影堂の中。

911162

   

 

 

 

 

 

 

 (下)お坊さんに、怒られながら、撮影した本堂祭壇。法事の始まる前に、撮影したもので、ここで、お経をあげてもらい、焼香をした。(ひょっとすると、撮影禁止だったのかも・・・。)

911163 

 

 

 

 

 

 

 日の経つのは、早いもので、父が亡くなって2年が経ちます。この間、今年6月には、母も亡くなりました。未だに、父が母に「何をもたもたしているのだ!」と、迎えに来たような気がしてなりません。それくらい突然の、母の死でしたから・・・。結果、(私は、一人っ子ですので)一遍に、身寄りのない人間になってしまいました。(現実には、妻や子は居ますがねぇ・・・。)

 経を聞いていましても、葬式、一周忌の時とは、精神状態は違っていたのでしょうか、なんだか聞こえ方が違っていました。在りし日の父を思い出して、つい、目頭が熱くなってしまい、暫く、天井を見つめていました(いままで、こんなことは無かったのですが・・・。)。正に、「亡くなって解る親の恩」でして、しみじみ、わが身の愚かさを感じた次第でありました。

  バカ息子で

  ごめんなさい!

 

 日の渋谷、朝から、今にも降りそうな厚い雲に覆われていました。気温も、それほど寒いという訳ではありませんが、やはり、「11月も半ばだなあ」と感じる程でした。朝の通勤電車でも「ちらほら」ではありますが、コート姿を見ると、「冬近し!」の感がいたします。(下)今日の渋谷109。

91116a1 

 

 

 

 

 

 

 

 谷のイチョウの色を見に、NHKの周りを廻ってきました。差があるものですねぇ!京都の紅葉もそうでしたが、東京や関西の紅葉は、全部一緒に赤とか黄色にはならないのですねぇ。個体差と、日当たりなどの環境の差なんでしょうが。軽井沢等は、差はあるものの、少ないような気がしています。(下・左)国立競技場と山手線の間。正面は明治神宮。ここも遅かったが、大分色づいてきた。(下・右)NHKと岸記念体育館の間のイチョウ。ここが一番早く色づく。今は、もう散り始めている。

91116a291116a3 

 

 

 

(下・左)上・右と同じ道の、区役所より。木によって、こんなに差があります。個体差なんでしょうか。(下・右)NHK井の頭通り沿いのイチョウ並木。道路の左右でこれだけ差がある。これは環境差によるものなのでしょうねぇ。

91116a491116a5

 

 

 

 

 都でも、真っ赤になっているモミジの傍で、真緑のモミジがあるのを何回も見ました。渋谷のイチョウも、色づきは本当に千差万別です。妻は、「これがソメイヨシノの開花との違いだ(ソメイヨシノのDNAは一種類しかなく、みんな同じDNAだからだそうです。)」といいますが、みなさん、納得されますか?

 ふしぎ? 

 今晩は、絶滅危惧種の会二回目で、新橋で開催だそうです。発案者ですので、出席しなければなりません。

 今から、行ってきます!



sfree261jp at 17:57コメント(0)トラックバック(0) 
その他 

2009年11月13日

 日は、先日10日、イチョウの色づきに大きな差があったので、他のイチョウはどうなのか、見に行こうと思っていました。全く、「能天気な話」と言えば、そうなのですが・・・。

 で、お昼休みに社外へ出た途端、パラパラっと来てしまいました。会社を出る前、外を確認していなかったのですが、まさか、雨とは思っていませんでしたので、傘も持っていませんでした。幸い、雨は直ぐ止んでしまいましたが、何時、降り出すか解らない状態は、変わりません。

 「チョウ見物どころではない」と、予定変更して、食事も近場ですまして、早めに帰社しようと思っていました。(下)今日の渋谷駅、東口方面。空は割合明るかったのですがねぇ。

911131 

 

 

 

 

 

 

 

 事終了後、早めに帰社するつもりでしたが、空は「少しは、もちそう」でしたので、昨日の酉の市のことを思い出し、神社の所まで行ってみることにしました。(下)宮益坂、御嶽神社前。

911132 

 

 

 

 

 

 

 

 社の前は意外と、閑散としていましたし、夜店の露天商もいませんでした。「やはり、酉の市は、昨日だったのだ」と確信しました。ポスターでは、昨日と、もう一度あると書いてありました。(下・左)酉の市の張り紙。(下・右)神社への階段参道。がらんとしていました。正に祭りの後!でした。

911134911133 

 

 

 

 日の宮益坂は、何時も通りの宮益坂でして、ここの欅は、葉がまだ青々としています。(大分明るい色になりましたがね・・・。)(下)今日の宮益坂下。

911135

 

 

 

 

 

 

 

 

(下)宮益坂上から坂下方向。

911136 

 

 

 

 

 

 

 

 ックカメラの店内をぶらついた後、帰社しようと外に出ましたら、また雨がぱらついていました。プレブレの写真でごめんなさい。

911137

 

 

 

 

 

 

 

 

 結構、空が明るかったので、雨は予想していませんでした。

 11月17日は、父の命日で、今年は3回忌に当たります。一周忌に京都西本願寺にお参りに行って、「ここで、静かに、お経をあげてもらうのも良いかもしれない」と、思いたち、親戚にも「3回忌は、我が家だけで京都でやります」と、一方的に宣言しました。それで、15日にやることで、大分前から全てをセットしていました。

 こへ、妻の脱臼騒ぎです。妻も、お医者さんには、15日は、「京都で、父の3回忌をしなければいけないのですが・・・」と言ったのですが、先生からの、「手術が終われば、手を固定してさえいれば、何処に行っても構いませんよ。」との言葉に、意を決して、9日に手術をして、昨日退院してきました。3回忌をセットした時は、折角だからと、前日から行って京都を満喫しょうと、スケジュールをセットしましたので、明日から一泊二日の京都に行かなくてはなりません。

 あ、固定さえしていれば、特に痛いところもないようですので、何とかなるとは思いますが、「さてさてどうなりますことやら・・・」

 さきが、楽しみのようやら、

 思いやられるようやら、

 どうなるのでしょうねぇ・・・。

 「体の不自由な、妻の手を引いて、父の三回忌に行く。」

 これって、ちょっとした美談では?

 お父さん、ごめんなさい!



sfree261jp at 17:46コメント(0)トラックバック(0) 
渋谷 

2009年11月12日

 は、本日、午前中に退院いたしました。退院と言いましても、右手は、腕は体に固定して、三角巾で吊っておりますので、一人で退院できません。午前中、会社を休んで、迎えに行って参りました。

 手に、「11時くらいまでには、出社出来るだろう」と、思っていましたら、退院手続きが、予想外に時間がかかり、渋谷に着いたのが、12時でした。今日のブログは、渋谷から会社に行く途中で、歩きながらの写真をアップして済まそうと思ってましたら、なんと、カメラが動きません。「はて!」と、考えてみますと、「そうだ!電池充電のため、バッテリーを抜いたままだった。」と気がつき、諦めていたのですが、駅舎を出た途端、街路に提灯が掲げてありました。

 「う、歳末の売り出しかなぁ」と、思って良く見てみますと、提灯には「酉の市」の文字がありました。「そうか!酉の市か!」と、気がつきました。「折角だから」と、このまえチャレンジした、携帯での撮影に、再度挑戦と相成りました。さて、さてどうなりますやら・・・。(下)今日の渋谷、東口側。

911122 

 

 

 

 

 

 

 

 (下)酉の市の露店が並ぶ、宮益坂。

911121 

 

 

 

 

 

 

 

 (下)一番駅に近い所の露店。

BlogPaint 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 11月に入ったものの、3日前後を除き、比較的暖かい日が続きましたし、妻の入院・手術と、バタバタしておりましたが、月日は確実に経過しているのですね。今日も、天気は悪いのですが、気温は比較的暖かなので、「年の瀬」という感じは、しなかったのですが、「酉の市」と、言われると、なんだか急に「年の瀬」の感じがするから、不思議なものです。

 今年は、酉の市は

 何回あるのでした?



sfree261jp at 17:52コメント(0)トラックバック(0) 
渋谷 

2009年11月10日

 の手術も、無事終わりましたので、また、渋谷に復帰です。今日の渋谷、天気は良く、青空が見えてるようですが、良く見ると、「もや」とも見まがう、白い薄い雲がかかり、空だけは「春霞がかかった」ような天気でした。気温は、結構、高く、ちょっと歩くと汗ばんでしまうような感じでした。

 日は、先週、表参道に行ったので、「方向としては同じ方向で」と、NHK前から、代々木公園と、渋谷の中では、{最も季節を感じる所}を、歩くことにしました。題して「渋谷の秋は何処まで来たか」です。出発は、先週と同じ、ファイヤー通りから、岸記念体育館、NHK前、代々木公園折り返しというルートです。(下)出発地点ファイヤー通り。一見、青い空ですが・・・。

911101 

 

 

 

 

 

 

 

 (下)岸記念体育館前のイチョウ。結構、黄変しているのですが、全てが黄色になっている訳ではありません。タイトル「国立競技場とイチョウ」。

911102 

 

 

 

 

 

 

 

(下)周辺のイチョウ。全てが、黄色になっている訳ではありません。個体差なのか、日当たりなのか良く分かりませんが、この差は大きすぎるような気がします。特に(下・左)は、道路を挟んでのイチョウですが、色は全く異なります。

911104911103 

 

 

 

(下)NHK前の欅並木。ここも、代々木公園の一部です。

911105911106 

 

 

 

 (下)同じ場所ですが、私が最も気に入っている撮影ポイント。並木の最も、代々木公園寄りの所から、渋谷駅方向を望む。

911107 

 

 

 

 

 

 

 

 (下)代々木公園。まだ、モミジは赤くなっていませんでしたが、全体として明るくなり、秋の気配は、感じられました。

911108911109 

 

 

 

 々木公園の中で、秋を探すつもりでしたが、入り口のいつもの所に、バラが、結構咲いていまして、つい、また悪い癖が出てしまいました。また、下手なくせに薔薇への挑戦をやってしまいました。結構な枚数撮ったのですが、やはり、自信を持ってお見せできるものは、一枚もありませんでした。「バラがありました」という、証拠写真として、アップします。決して、「バラの写真」ではありません。

91110e391110e2 

 

 

 

91110e191110e4 

 

 

 

バラの撮影に夢中になり、秋が来ていたがどうか確認しないままで帰ってきました。

 え〜、渋谷にも

 秋は、そこまで

 来ているはずです

 まちがいない!



sfree261jp at 18:06コメント(0)トラックバック(0) 
渋谷の四季 

2009年11月09日

 日、妻にとっては、今年2度目の手術を受けました。私も、午後から会社を早退し、病院に行きました。命に関わる手術ではないのですが、全身麻酔の手術といわれますと、放って置くわけにも参りませんし、術後が長くかかるようなので、病院に行きました。

 察・検査から、短期間の内の手術ですので、何か予定外の事態(キャンセルなど)があっての手術であろう事は解っていましたが、昨日の段階でも、手術開始時間が、正確には決定しないままの、今日の手術でした。しかし、結果的には、当初言われていた通りの時間に、手術室に入りました。

 術前に看護士さんに、どれくらいかかるか聞いたところ、「手術術室からは、2時間と聞いております。この場合、30分程度は動きますから、ご理解下さい。」とのことでした。

 術を待つのは、父と母で慣れておりますが、本当にやることがないまま、じっと時の経過を、待つしかないのであります。それで、言われた通り、病棟階のエレベーターの前で、長女と二人待っておりました。(写真下で2時間以上待っていました。)

91191 

 

 

 

 

 

 

 

 女とも、だんだん話すことも無くなり、最後には、勝手に雑誌を読んだり、音楽MDを聞いたりしていましたが、2時間超え、さすがに、いたたまれなくなり、ダメだと解っていても、「まだでしょうか?」と、交代でナーススティションに聞きに行きました。

 度も経験があるのですが、人間、予定時間を過ぎると、急に不安が募るのであります。「延びでも、2時間30分程度」と言われていたのが、「それを過ぎても何の動きもないと言うことは、どういう事なのだろう」と、心配になってくるのであります。(特に、今回は、待つ所が手術室と離れている所ですので、余計、疑心暗鬼になるのです。)

 々、悪い人ばかりを考えていましたら、2時間45分を、少し、過ぎた頃に、「手術が終了しましたので、手術室前に来てください。先生が、説明します。」と、看護士さんが報せに来ました。

 っと、胸をなでおろしながら、エレベーターに乗ると、担当の看護士さんと一緒になったので、「長くかかりましたね!」と、恨みを込めて言いますと、「そうですか?」との返事でした。

 「大体2時間と聞いていましたので」と答えると、「2時間に麻酔の処置を加えると大体こんなものですよ」と、言われました。

 「えっ、あれは麻酔抜きの話かよ!」

 る所ですが、無事すんだ事の方がありがたく、「あ〜、そうなんですか」といったままでした。

 後の先生の話では、「予想以上に軟骨と骨の損傷が大きく、骨のかけらか幾つか、関節の隙間に詰まったような状態であったものを、一つ一つ取り出し、元の所に戻したそうです。これがこのまま定着すれば、通常の動きで、脱臼することは無いであろう」とのことでありました。

 後の妻は、意識もはっきりしていましたが、さすがに疲れたようですし、「まだ、少し、ぼーっとしている」と、言っていましたので、ものの2、3分の会話の後に、病室を後にしました。

 回やっても、手術をじっと待つというのは、つらいものですね。今回のように、命に関わるものではないと、解っていても、

 やはり、辛いものです。

 



sfree261jp at 22:19コメント(2)トラックバック(0) 
横浜 

2009年11月08日

 「日の横浜」は、今年、二度目の入院、手術のことであります。と言っても、私ではなく、妻のことです。妻は今年、6月の終わりに、目の手術をして、一週間程度の入院をしました。そして、今回、今年二度目の入院、手術と相成ったわけです。

 んな話をすると、「えっ、また、目が悪くなったのですか?」と、言われるのですが、そうではなく、今度は、肩の脱臼の手術です。

 年、4月、妻は、軽井沢で転んで、肩を脱臼しました。その後、ご丁寧に8月にも同じ所で、別の肩を脱臼しました。二度も、同じ場所で左右の肩を脱臼をするというのも、因縁めいているのですが、10月19日に、3度目の脱臼を、また、軽井沢でやりました。しかも、何の原因めいたこともなく、「ちょっと腕を動かしただけ」で、脱臼をしたそうです。病院に行って見て貰ったところ、「脱臼癖が着いてしまったのでしょう」と、言うことでしたが、10月29日に、4度目の脱臼を、今度は横浜の家で「ぞうきんがけ」をしている時にやりました(右肩だけで3度脱臼しました。)。さすがに、「このままでは日常生活もままならない」と言うことで、再び、医者に相談したところ、横浜の市民病院を紹介され、先週行って、診て貰いました。

 の結果、「最初に転んで脱臼した時に、靱帯を損傷して、穴が空いていることと、これを直すには、手術しかない」と言われました。幸い、「全体が伸びきっている」ような、状態でないので、内視鏡による手術が可能で、入院も手術前一泊を含めて、4日間程度で良いとのことでした。

 術も9日ならば、たまたま、空いている(それを外すと1ケ月位出来ない)とのことで、「どうせ、手術が必要ならば、早くやってしまった方がよいのでは」と、今日からの入院、明日、手術と相成ったわけであります。(下)入院した横浜市民病院。

91181 

 

 

 

 

 

 

 

 (下・左)今日は日曜日ですので、正面玄関は閉まっています。入院手続きは、通用門から入って行きます。(下・右)病室は、とこも似たようなものです。

9118291183 

 

 

 

 (下)病室は7階ですので、窓の外の景色は良いです。

91184 

 

 

 

 

 

 

 

 ら、景色が良くても、設備が整っていても、病院には、余りお世話にはなりたく無いのですがねぇ・・・。まあ、しかし、人間年を取れば仕方がないことでしょうねぇ。今年、亡くなった私の母は、何年か前に、くしゃみをして、骨折をしましたからねぇ・・・。

 が家の奥さんも、そんなに年寄りになってしまって居たのですかねぇ・・・。しかし、内視鏡手術とはいえ、全身麻酔の手術です。1年の内に、2度も入院・手術とはねぇ・・・。

  ひょっとすると、

  だい さっかい?

 術後3週間は、腕を固定しておかなければならないそうで、この間を、どうすればよいのでしょうねぇ。右手ですからねぇ。左利きの練習でもしますかねぇ・・・。 

 

 



sfree261jp at 15:12コメント(2)トラックバック(0) 
横浜 

2009年11月06日

 日は、予定通りの表参道です。タイトル通りの久しぶりの表参道ですが(前回は10月9日でした)、お天気も、「これだけの青空は久しぶり」のような、気がします。ビルの谷間の青空ですが、本当に、雲一つ見えませんでした。

 れだけの青空で、お気に入りの表参道です。楽しくない筈がありません。心弾む表参道でした。(しめの言葉を先に言ってしまいました。)

 食後、ファイヤー通りから、国立競技場と山手線の間の道を、明治神宮に向かって歩き、原宿駅の方から表参道に入り、キャットストリートを通って帰りました。キャットストリートでは、「南海キャンディーズ(だっけ、あのでかい女性が居るお笑いコンビ)」の、男の方(山ちゃん?)に会いました。

 を取るということは悲しいですね。通り過ぎた後で、「んっ?何処かで見たような?」、「あの丸顔とあのメガネは、そうだ、お笑いのあれだ」と、慌てて振り向く始末でした。彼、結構、縦横大きく見えたのですが、相方の女性(しずちゃん?)は、相当大きいのですね。(下)競技場と山手線の間にあるイチョウ並木。思ったより、黄変が進んできすねぇ。今年は東京も紅葉は少し早いのでしょうか?空は青かった! 左国立競技場、右山手線。

91161

 

 

 

 

 

 

 

 

(下・左)明治神宮入り口。ここの欅は、早い時期から赤くなります。(下・右)表参道、明治神宮前。ここの欅は、それほどでもありませんが、でも、大分変色をしています。

9116291163  

 

 

 

 (下)今日の表参道。明治通り、神宮前交差点。91164           

 

 

 

 

 

 

 

 (下・左)神宮前交差点近くの歩道、六本木ヒルズ側。(下・右)同じく、ブルガリ、シャネル側(左の写真の道挟んで反対側)。

9116591166 

 

 

 

 (下)毎度おなじみ、歩道橋から。空の青(写真では白ですが)と、欅並木。こうしてみると、大分、黄葉が進んでいます。

91169 

 

 

 

 

 

 

 

 晴の空の下、お気に入りの表参道と言えば、気分はルンルンです。これに金と自由をちょっとだけ追加してくれると、なんの不満もありません。

 空の青 欅の並木

 舞う落ち葉

 そぞろ歩くか  表参道 (独楽)

 ちょっと違うんだけどなぁ・・・。へた!

 



sfree261jp at 18:05コメント(0)トラックバック(0) 
渋谷 | 短歌

2009年11月05日

 日は、昨日のブログに拠れば、表参道と言うことになっていましたが、銀行に用事で来たこと、天気がもう一つ良くなく、「場合によっては・・・・」と、思わせぶりな天気でしたので、あっさり、表参道をあきらめました。 「あきらめた」というより、銀行に行っていましたので、こういうことしか出来なかったという方が、正しい表現です。

 、今日は、仕方なく、銀行で手続き待ちの時間を利用して、渋谷駅の周りを撮影して、「今日の渋谷」といたします。そうです、今日も、手抜きブログなのです。

   ご・め・ん・な・さぁ〜い!

 日の渋谷、気温は(予報通り?)昨日よりは暖かく感じましたが、予報程は上がっていないとも思いました。なにぶん黒く、厚い雲が全天を覆っていまして、「何時降り出しても可笑しくない」と、言う感じでした。(下)JR渋谷駅。大部分は、東急東横デパートなんですがね。

91151 

 

 

 

 

 

 

 

(下)渋谷と言えば、これ!今までも何回も登場のベテラン。ハチ公よ!何が見える!と、聞きたくなりますねぇ。

91152 

 

 

 

 

 

 

 

(下・左)ハチ公の斜め横にある、銅像というか記念碑。あまり目立ちませんが。平岩弓枝さんのサインがあります(下・右)。

9115391154 

 

 

 

 (下・左)JR渋谷駅のハチ公口改札口。前の広場は、実に多くの人が行き帰をして、色々なことが行われています。(下・右)マスコミのインタビュー等は、日常茶飯事です。ごのクルーは、とにかく、若者を追いかけておりました。何を聞いているのですかねぇ・・・。

9115691155

 

 

 

 

(下)前にも、アップしたことがあります。新宿寄りのガード下。「ガード下」と、馬鹿にしてはいけません。洒落たお店が沢山あります。飲食関係ですがね。

91159911510 

 

 

 

(下・左)駅ビルの新宿寄り、東側。何時も人が屯しています。何故かと言いますと、ここが、数少ない喫煙エリアなのです。喫煙エリアは、ハチ公の傍にもあります。私も、かっては、「タバコをオカズに、コーヒーを主食にして生きています。」といって、ハイライトを一日に2箱吸っていた時代もありました。懐かしいです。また値上げだそうですね・・・。頑張って税金払ってください。(下・右)渋谷駅南口。正面はJRの改札口、左手は東横線の改札口。

7911791158 

 

 

 

 予定外の用事が出来、

 予定外のブログとなった、

 予定外の一日でした。



sfree261jp at 18:12コメント(0)トラックバック(0) 
渋谷 

2009年11月04日

 日ほど、出勤する時、何を着て行こうかと迷った日は、ありませんでした。それほど、テレビでは「寒い!」、「12月初旬の気候!」と、騒ぎたてますし、自宅の窓から出勤する人を見ていると、確かに、コートを着ている人がいました。「えっ、コートかよ!」と、びっくりした次第です。こちらは11月になったのだから、「合い」でも、厚めの物にするかと用意をしたばかりだったのです。結局、この背広にウールのチョッキを着て、出勤しました。
 
 車の中や、街中に来てもそう違和感はなかったと思いますが、あのコートを着ていた人は、どうだったのでしょうねぇ?
 お天気は、予報通り日中にかけて、普通の秋の服装で、寒さを感じない程度まで上がりましたし、空も「雲一つない」と言うと、嘘になりますが、青空が多い、良い天気になりました。

 先週から、徳島に行ったり、お休みがあったりで、久しぶりの渋谷となりましたので、今日は、毎度おなじみの渋谷をアップします。11月に入って最初の渋谷と言うだけで、何も変わっていません。何時もの渋谷です。(下)定番109。
91146 















(下)今日の渋谷センター街。
9114591144

(下)公園通り2番街区。GAP前の通り。
91141 















(下・左)東急ハンズの斜め前に建設中のビル。なんでもホテルが出来るとか。工事の看板に場所「オルガン坂」と書いてありました。ここら辺、本当に「オルガン坂」と言うのですねぇ。(下・右)そのハンズの中は、もう、クリスマスセールが始まっていました。一部でしたがねぇ・・・。
9114291143

 (下)今日の宮益坂下。
91147















 久しぶり、久しぶりと、同じような写真をアップして、今日のブログにしてしまいました。同じように見えても、かなり空気は、変わっているのですかねぇ。解りますかねぇ。わっからないだろうなぁ・・・。

 明日は、表参道あたりに行ってみようかなあ・・・。

 久しぶりだから・・・



sfree261jp at 18:02コメント(0)トラックバック(0) 
渋谷 

2009年11月03日

 昨日から、全国的に冬になったようです。北の方は、初雪が報じられ、我が愛する軽井沢も「初雪が降り、2cmも積もった」との話もあります。横浜も、昨日から急に冷え込み、我が家も、昨夜から、(軽くですが)暖房を入れてしまいました。

 日は、天気が悪くその分余計に、寒々しく感じたのですが、今日は天気も良く日差しも明るかったので、体感的には、昨日よりは暖かく感じました。実際の気温はどうだったのでしょう?

 日に神社に行ってきた妻が、神社で、「菊の展示をやっていたわよ」と行っていたのを思い出し、行ってみることにしました。(下・左)篠原神社。(下・右)菊の展示場。

9113191132 

 

 

 

(菊の花)

91133 

 

 

 

 

 

 

9113491155 

 

 

 

(下)早めの七五三がちらほら見えました。季節ですね。

91166 

 

 

 

 

 

 

 のブログは、「下手な写真が多すぎる」との、ご意見があります。自分でもよく解っているつもりなんですが、やはり、ろくな写真がないので、数で補足してしまうのです。今日も、これで止めようと思っていたのですが、やはり、これもアップすると多少とも、「雰囲気を伝えられるのでは?」と思い、帰りに撮ったものをアップしてしまいました。季節を感じて頂けるとありがたいと思っています。

(下・左)たわわに実った柿です。季節と今日の青空を感じて頂ければ・・・。(下・右)「かりん」だと思うのですが・・・。

9113891137 

 

 

 

(下・左)永遠のテーマ。深紅の薔薇一輪。やはり、永遠のテーマでした。(下・右)我が家の朝顔。「何時まで咲いて居るンだょ〜!」、「アメリカ種だからといっても、咲けばいいと言う物でも無いんだよ!」と、言いたくなるような、ノー天気な我が家のアサガオです。

91139911310 

 

 

 

 日のブログは「良いタイトル」と、思っていましたが、写真を撮りに行った、2時頃は、意外と温かったです。やはり、日中は、冬ではなく 普通の 文化の日でした。

 明日はまた暖かくなるそうですが、

 今年の冬は

 どうなんでしょう?



sfree261jp at 15:49コメント(0)トラックバック(0) 
横浜 

2009年11月01日

 日から11月ですね。今年も、残り二ヶ月と言うことになります。もう、二週間もすると、忘年会の日程取りの話が出てきますよねぇ。そして、街は、クリスマスムードとなりますよね。そうなると、一気に年末ムードです。今の街は、そんなことおくびも出ていませんがねぇ。

 日は、天気は良かったのですが、気温は暑いくらいでした。(ある意味、予報通りでした。)今日は、一寸した用事で、横浜駅まで行って来ました。(下・左)JR横浜駅改札口前。(下・右)横浜駅舎前。何時も、沢山の人通りです。今日も沢山の人出でした。

9111191112 

 

 

 

(下)横浜駅前、ヒルトンホテル。

91113 

 

 

 

 

 

 

 

(下)横浜駅。

91114 

 

 

 

 

 

 

 

 もうすぐ、歳末の喧噪に巻き込まれる、横浜駅は、静かでした。

 静かな休日の

 11月1日でした。



sfree261jp at 16:26コメント(0)トラックバック(0) 
横浜 
Archives
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
Categories
Recent TrackBacks