2015年04月

2015年04月30日

 日は、四月三十日です。お約束通り、四月中の帰宅であります。「誰も、何も、そんな禁足令を掛けた覚えはない」とも云われているようですが、まあまあ、この歳になれば分かることであります。

 った、一週間の軽井沢滞在でありました。でも、軽井沢でも季節の移り変わりを、目の当りに致しましたし、横浜に帰宅しても、目に入る景色は、大きく変わっておりました。一番、目に着いたのは、やはり、道路沿いのツツジの花の数でしょうか? 特に、道路の中央分離帯や、歩道と車道の境には、赤や白の鮮やかなツツジの花が目に付きました。

 浜を出る時は、咲いていなかった訳ではありませんが、こんなには咲いていませんでした。今日、圏央道から東名道を通って帰って来たのですが、横浜インター附近からの景色は、チョットした、驚きて゛もありました。"えっ、こんなに咲いているの・・・。"であります。

 年の五月は、今まで、経験したことが無いような五月になる筈ではあります。さてさて、どんな、五月になるのでしょうねぇ・・・・。

 今日は、帰宅したばかりです。 ここまでをアップするだけで、精一杯です。

  アップできたことに対して、

  乾杯!!!

 今回の軽井沢は、色々な意味がありました。そのうちの一つが、大枚のお金を投じて買ったカメラ(一眼レフ)の試写であります。今回、試写して分かったことは、やはり、写真はカメラでは無く、腕であることです。

 そんなことは、初めから分かっております。

 分かって、買ったのであります!

 でも、矢張り、新しいものは良いです!

 選んだ写真は、植物園に行った時(25日)の写真です。今年は、4月も二十日過ぎなのに、ミズバショウが沢山咲いておりました。

154301

 



sfree261jp at 20:12コメント(2) 
横浜 | 軽井沢

2015年04月28日

軽井沢に来てから、5日が経ちます。一昨日からは、快晴の毎日を過ごしています。然し、これも、遂に、今日の午後で終わりになると、予報では言っております。

軽井沢に着いた時は、ブログでも書きましたように、桜とコブシだけが、まるで、夕暮れの家明かりのように、白くポッカリ浮かび上がつているようでした。

他の木々は、まだ、茶色く正気の無い色をしていました。私も、春まだ浅き軽井沢と書いたことを、覚えて居ります。

今朝、何気無く、定宿の側のニシキギに目をやりますと、ビックリする程の緑色に驚かされました。

確かに、来た当初は、こんな緑は有りませんでしたし、その後は、毎日、見ておりましたが、そんな色濃い緑色は、今朝になって気が付いたきがします。まるで、昨晩、誰かが色付けをしたかのようです。

今、我が家の奥様が、横に来て、ニシキギの芽が、大分、出てきたわよ。まるで、一晩で吹いたみたいと、宣っております。私と、全く、同じことでありました。

時は、確実に、過ぎております。そして、世の中も、確実に、動いております。こればかりは、個人の、いや、人間の意思が通じない世界なのであります。

北国の春という歌の歌詞に、コブシ咲く あの北国の〜という歌詞と、季節が都会では分からないだろうと〜という歌詞が有ったと思います。
何度も言いますが、蓋し、名言なのです。

コブシが咲いて、季節の移ろいが目に見えると言うのも、軽井沢の魅力だど思っております。

軽井沢 万歳‼️

sfree261jp at 10:13コメント(0) 
軽井沢 

2015年04月27日

昨日来、軽井沢は、雲一つ無い晴天に恵まれて居ます。そうは言うものの、今日は、午後から白い雲が目に付く様になりまたけどねぇ。気温も、最高で20度前後で、快適以外に、表現する言葉が見当たりません。

今回は、五月以降、何時、軽井沢に来れるか分からないからと言うことで、参りましたし、通常でも、この時期の軽井沢は、休養ときめておりますので、何の計画も、トピックも有りません。

さぞかし退屈であろうと、ご心配の向きもあるかもしれませんが、これがまた、心地よいのであります。

朝食後からは、定宿のデッキで、木々をながめたり、小鳥たちの鳴き声や羽音聴いたりしていますと、正に、この世の極楽なのであります。

時には、小鳥たちと、まともに向き合ってしまい、どういう顔をすれば良いのか困って仕舞うこともありますし、また、困った自分が可笑しくて、勝手に、吹き出してしまうこともあるくらいです。

お若い皆様方には、こんな事を書いても、そんな馬鹿な!と、お思いの方もいらっしゃるかも知れませんがねぇ。


有るのですよこんな楽しみが!

私位の歳になりますと、言っている意味がわかるようになります。

皆様!それまで、長生きして下さい!



sfree261jp at 14:04コメント(0) 
軽井沢 

2015年04月25日

かっては、携帯からこのブログに、投稿出来るようになっていました。その後、思う所がありまして、パスワードを変更致しました。

この変更で、携帯からの投稿が、出来なくなってしまいました。先週の旅行で携帯から投稿できなかったたのは、この為であります。

今回、改めて、パスワードを確認後、この投稿をしています。(実は、この投稿にも、かなりの、やり直しがあったのです。)

軽井沢は、いま、東京の3月の下旬位のきこうです。桜とコブシとレンギョウの花は、美しく咲き誇っています。でも、その他の花や木々は、新芽もでておません。

軽井沢の魅力は、いろいろ、有りますが、一年の間で、季節を、二度楽しめると言うのも、軽井沢の魅力だと思います。

コブシの花の意味も、軽井沢で学びました。歌の歌詞にあります、コブシ咲く、あの北国の、北国の春という歌詞の意味が、初めて、わかりました。

携帯で撮った写真のブログアップは、システム上、無理の様ですが、取り敢えず、文字のみの投稿は、確保しましたのでこれを、続けて行きたいと、おもっています。

軽井沢は、さわやかです!綺麗です!楽しいです。

sfree261jp at 20:01コメント(2) 
軽井沢 

2015年04月24日

 然ですが、今日から軽井沢に行きます。そして、帰宅は、正確には決まっておりません。何時でも、帰宅できる体制で行きます。

 は、我が家は、"自宅から遠くに離れてはいけない!"という、禁足令が出ているのです。そうはいっても、四月からこれをやられますと、にっちもさっちも行きませんので、5月までは、緩やかな禁足にお願いしております。で、その規制が緩いうちに、行っておこうと云う事であります。従って、どうしても、4月30日までには、必ず、帰宅しなければなりません。

 従って、今年の五月の連休は、近年には珍しく、横浜に居ることになります。

 年の四月は、天候もそうでしたが、我が家のスケジュールも例年にないものでありました。そして、最後の締めで、軽井沢と云う事になったのであります。

 回の軽井沢は、3月の終わりでしたが、この間、色々な事がありましたので、何だか、随分、間が空いているような気がしております。また、心も、軽井沢から離れておりましたので、いま、軽井沢が、どういう雰囲気なのか、予想だにつきません。普段ならば、軽井沢在住の人のブログを読んで、"あぁ、軽井沢は、今、こうなのだなぁ"等とイメージが湧いていたのですが、最近は、色々な事に紛れて、あまり読んでいないのであります。

 あ、何がどうなっているのか良く解りませんが、心からほれ込んだ街です。やはり、行って良かったと思う事は、確信しております。

 
行くぞ! ! !

  ヒッチャカメッチャカの旅(京都最終)

  が家のグルメは、今回も、行きつけの雲月さんだけで、十分なのです。でも、ブログを書くものからすると、やはり、"何かもう一つ"と思うものなのであります。"止めとけば良いのに・・・。"と、分かってはいるのですがねぇ・・・。

 、最初の話題は、お茶の伊右衛門のレストラン(喫茶?)に行けたことです。前から、テレビの番組で、あることは知っていましたので、何時か行きたいと思っていたのです。今回、偶然にも、宿泊したホテルの隣が、そうだったのです。ホテルのフロントからも、色々、お話を聞きまして、14日の朝食に行きました。

 って正解でした。普段なら、朝から行列だそうですが、その日は雨が降っていたので、並んだ人も少なかったと思います。朝八時の開店だそうで、7時50分頃に行ったのですが、2、3組(4,5人)位しかいませんでした。普段だと、こうはいかないそうです。電話で予約ができるので、予約をしておいたほうが良いそうです。


 右衛門さんですから、食事は、当然和食です。でも、久しぶりに、正しい(和)朝食を食べることが出来ました。我が家の奥様からは、「今回のホテルは、あなたが決めたものだから、当てにならないと思っていたのに、ホテルも快適だし、伊右衛門の朝食が食べられたので、とても良い京都になったわ」とほめられました。目出たし! 目出たし!でありました。

 は、JR京都駅前の地下にあります"喫茶 リプトン"であります。数年前、特に意識なしに、入ったことがあります。その時は、大変混雑していて、肩をすぼめて椅子に座る程てありました。店を出て、暫くして、「あのお店、美味しかったと思わない?」と云い出しました。

 ちらが云い出したか覚えていませんが、夫婦共に、すんなり、同意いたしました。それから、機会があれば行くようにしております。先日テレビを観ておりましたら、此処の経営者の相続問題で、裁判沙汰になっていることが、報じられておりました。そして、このお店は、日本で、唯一、イギリスからリプトンの名前を使ってよいと言う許可をもらったお店で、お店も有名なら、経営者も大セレブだと云う事を知りました。

 今回は、そう云う事も承知の上で、じっくり、味見をさせていただきました。

 はやり、何気に、美味しいのです。

 
続きを読む

sfree261jp at 09:30コメント(0) 
軽井沢 | 京都

2015年04月23日

 日の東京・横浜は、当然と言えば当然ですが、好天の温かいと言うより、"暑さ"を感じる一日でした。この処、変な天気ばかり続いておりますので、何が普通で、何が異常なのか分からなくなりましたが、今日は、取り敢えず、暦通りの日と云っても良かったのではないでしょうか(暑すぎと云う意見も聞こえますがねぇ・・・)。

 日も、平日モードで過ごしたのですが、実は、形ばかりでありまして、図書館などは、普段の半分くらいの滞在時間でありました。その後は、区役所に行って住民票・印鑑登録を貰ったりしましたし、その後は、秋葉原まで行って、"長期間の悩み?"に決着をつけに行きました。

 年、2月頃から、一眼レフを買い足そうと言う気になりまして、何を買おうかと悩んでおりました。2、3週間前には、"これを買おう"と心に決めて、銀行からお金をおろしたのですが、"本当にいいのかなぁ?"と思い始めまして、結局、今日まで、お金をタンスに仕舞ったままとなっておりました。

 応、一眼レフは2個持って入るのですが、"撮影意欲が減退したのは、カメラがぼろいからだ"と云う結論に至りまして、買い足しを決心した次第です。"二台も持って、更に、どれを買い足そうかで悩んでいる"なんて、悩みの内に入らないのですが、さりとて、候補の内で、どちらを買うかで5万円も違えば、多少とも悩まないのは嘘だと思います。
 
 昨日から昨夜にかけて、胸に手を当てて、自分の本当の気持ちを確かめたところ、"悩んでいても仕方が無い、買うのならこちらだ!"と、決心するに至りました。どちらを買ったかは、内緒ですが、"これにて、一眼レフを買うのは打ち止めとする"ことを付帯条件にしたのは事実です。

  人生 これが最後ということが増えております。

 最後に、何もすることが無くなったら、あの世に行くのでしょうねぇ・・・。無くなるまでは、生きていたいと思っているのですがねぇ・・・。荻原流行ではありませんが、人生、何時終了かは、

神のみぞ知る!

 ですからねぇ・・・。

 ヒッチャカメッチャカの旅(京都4)

 泊二日の間ですし、雨に降りこめられた旅でしたから、今日の"京都のグルメ"で終わりです。幾ら、"京都のグルメ"と威張りましても、我が家のグルメです。毎度、"同じ処を、何時もの様に美味しい"と自画自賛している、つまらないものであります。

 「偶には、新しい所を紹介しろよ!」と、云われるのは分かっておりますが、そんなにお金もありませんし、美味しかった処(お店)に、また、行くと言うのは、今や、我が家の"家訓"となっておりますので、ご容赦の程を・・・。

 が家の京都グルメは、現在の処、御所近辺の"雲月"と決まっております。以前は、別のお店だったのですが、2、3年前からここに変わりました。ですから、"いつも同じ"というのも、必ずしも正しくはありません。

 月さんは、"これぞ京料理"という感じがするお店であり、料理です。そして、我が家全員で意見が一致していることは、"お酒(日本酒)が美味しい"であります。伏見の酒で、正に、端麗辛口のお酒なのです。正しくは、このお酒にぴったりの、"美味しい料理だ"と云う事なのだと思います。

 回は、横に一人で来たお客さんが居まして、出てくる料理を一眼レフでとっている人がいました。その人が帰った後で、お店の人と話していますと、「お店といたしましては、御断りをしているのですがねぇ・・・。」とのお返事でした。私も、ブログの事もあり、よく撮っています。我が家の奥様は、これを嫌がっております。私も、多少の罪悪感は感じないわけではありませんが、撮ってはならないという理由も、余り、見つかりません。つい、ずるずると撮影を続けております。

 
私に、写真も必要が無い位の文才があれば、何も、写真を撮る必要はないのですがねぇ・・・。

 京都グルメは、一回でまとめようと思ったのですが、矢張り、二回に亘りました。これも、偏に、"才能の無さ"が原因なのであります。
続きを読む

sfree261jp at 20:42コメント(0) 
東京 | 京都

2015年04月22日

 日の横浜、"やっと、普通の春が来た"という事を実感いたしました。予報通り、朝から好天の一日でした。今年の春と云うか"四月"は、本当に変な天気の月でありました。お蔭で旅行中は、予定の変更を余儀なくされ、ヒッチャカメッチャカの旅となりました。横浜に帰宅した後も、多少、その影響を引きずっていたと思いますが、昨日あたりから、平年に近い春になったと思います。(と、思っていましたら、夕方4時過ぎに帰宅した我が家の奥様から、「結構な雨だよ」と云われてびっくりでした。)

 日の午後の散歩は、"渋谷に行こう"と思っておりました。で、午前中の図書館が終わって、いざ、渋谷へという段階になって、"明日も都内に行く予定があるのに、渋谷か?"と思い返しました。で、またまた、昨日に引き続いて横浜に出ることに致しました。

   谷でやろうと思っていたことが、横浜でも可能であるということで、次善の策としての横浜でありました。目的の大部分は、デパート歩きだったのですが、横浜のデパートで、我が家の長女に会いました。長女は、現在、我が家の近くに住んでおりますが、菊名で会わずに、横浜のデパートで会うとは、奇遇ではあります。二、三分の立ち話の後、お互い、上下方向に別れました。

 は、自分の目的を済ませた後、帰宅しようと歩いておりましたら、日常生活用の口座を置いている銀行が目に付きました。その時、"明日、しようと思っていたことを、今日、済ませてしまおう!"と思いつき、予定していなかった銀行に入りました。用事を終わって銀行を出かかった時に、また、我が家の長女と会ってしまいました。

 初に会った時、「お茶でもしない?」と云われたのを断っていたのですが、「二度もあったのだから、諦めなさいよ!」と云われ、お茶を付き合いました。そして、珍しくも、我が娘におごってもらうことになりました。

 名で、お互い近くに住んでおりますから、顔を会わせること自体は珍しくも無いのですが、横浜で、かつ、二度も、会うと言うのは、珍しいと言えば珍しい事であります。

 世の中、不思議なことは有るのですねぇ・・・。

 ヒッチャカメッチャカの旅(京都3)

 日は、京都の三回目で、京都国立博物館です。2月頃でしょうか、テレビで、この博物館のことを放映しておりました。今年、改築工事が終了して、再び、展示が始まることを記念してのテレビ番組でした。この番組を見て、"是非、一度、行って見たい"と思いまして、今回、行くことにしたのであります。私も、我が家の奥様も、中に入るのは初めてでありました。

 初は、14日の午後に行く予定でしたが、天候の都合で14日の午前中、朝一で行くことになりました。開館時間も確認せずに、9時30分頃に到着しました。着いて聞いてみると、開館は9時30分だそうで、正に"ラッキー!!!"でありました。そして、"まさか、こんな朝早くから入館者はいないだろう"と思っていましたが、何と、既に、100人近い人が、行列を作っておりました。さすが京都!であります。

 場は、特別展示と通常展示とがありまして、行った時は、歴代の狩野派の絵師による絵画を展示しておりました。通常展示では、土器・陶器、絵、仏像等々が時代ごとに整理されて展示してあります。

 すが、国立博物館です。展示物は、全て、立派でありました。我が家の奥様の感想の、最初の言葉は、「一度では、見きれないわねぇ!」でありました。確かに、規模と云い、展示品と云い、国立でありました。と、同時に、私は勘違いをしていたことに気が付きました。

 々、この博物館へと思ったのは、テレビで、この博物館に風神・雷神図と、鳥獣戯画が保管されているという事を知ったからであります。でも、今回行った時には、それらを見ることはできませんでした。"残念"とは思ったのですが、後から考えると、当然のことでありました。

 の二つの絵は、各々の寺の所有物でありまして、博物館は預かっているだけの物であります。それを、勝手には展示できないのは、考えてみれば当たり前のことであります。私の勝手な思い込みは、実現しませんでしたが、やはり、国立博物館ですねぇ・・・。我が家の奥様ではありませんが、"もう一度、行きたい"気持ちであります。
続きを読む

sfree261jp at 20:32コメント(2) 
横浜 | 京都

2015年04月21日

 日の横浜、午前中は、前日の天候を引きずっていました。雨は"降っている"と言う程ではありませんが、微かに、小雨が降った時もあったと思います。お昼過ぎからは、予報通り、晴れに近い曇り空でありました。

 はり、昨日の頑張りが意味を成したようです。今朝は、平日モードでの行動に、全く、抵抗感を感じませんでした。歳を取るとこうなるのですかねぇ・・・。前の日と異なる生活をすると、結構、抵抗感があるのです。前日より楽な内容だと何の抵抗感も無いのですが、頭脳を使う"難しい事"や、早起き等"きつい事"がありますと、結構、抵抗感を感じるのであります。個人的な話かもしれませんがねぇ・・・。

 書館を終わって、新横浜へ歩いている時に、ふと、思ったことがあります。4月も20日を過ぎますと、桜も終わります。まだ、サツキやツツジには少し早いし、新緑も芽が出たばかりであります。街は、冬よりは明るいものの、妙に、落ち着いた表情を見せていると感じました。"所謂、端境期だなぁ"と思いました。そして、"これを、何かに例えると、どんな例えになるのだろう?"と考えたのであります。

 々、良い答えが得られなかったのですが、無理につけた結論は、次の通りです。即ち、"呑み会で、一次会が終わり、二次会をどうしようと話している頃"だと云う事にしました。即ち、桜と云う一次会が終わり、ツツジ・サツキという二次会に向かっていると思いました。桜と云う一次会は、盛り上がりますので、この間と云うのは、その余韻を楽しみながら、妙に、真面目に二次会を考えている時と、よく似ていると、自分自身に納得させながら、歩いておりました。

 我ながら、"本当に、どうでも良いことを、考えるものですねぇ・・・。"

(下)今日の横浜菊名・新横浜、街の表情。

156211154212








 ヒッチャカメッチャカの旅(京都2)

 日は、京都について、最初に行った渉成園についてであります。今回の京都行で、予定決定前に候補に挙がっていたものは、昨日述べたような予定の他は、祇園での都踊りの鑑賞と、渉成園でありました。で、当初の予定が、第一目的の西本願寺を含めて、全部チャラになったのでありますので、これを再構築するのは、中々、難しいのであります。

 論、西本願寺は、必ず、行かなければなりませんが、本堂で読経してもらうのには、時間的な制限があります。読経は、原則、午前と午後に一度ずつでが、正確には、前日の夕方に翌日の予定が決まるのだそうです。

 気予報とお寺の条件を考えた結果に出た答えが、"最初に、渉成園に行って、その後、午後の西本願寺の読経に間に合わせよう"と云うものでありました。

 成園は、我が家の奥様が、「前から気になっている処で、一度行って見たい。」と云っていた処であります。私は、存在すら、知らなかったのですが、話を聞いてみると、興味が湧いた処であります。

 って見て、初めて知ったのですが、もともと、東本願寺の一部であったものを、飛び地であったので、日本式庭園にしたもののようです。勿論、東本願寺の近くですが、当然、京都駅からも歩いて行けます。都心に、こんな、本格的な、日本式庭園があるのは、やはり、"京都"ですよねぇ・・・。

 
続きを読む

sfree261jp at 17:01コメント(0) 
横浜 | 京都

2015年04月20日

  日から、平日モード復帰です。頭と心では納得していても、体がついてきません。この歳で、2週間も遊びまわっていれば仕方が無いことかもしれません。だからと云って、このままズルズル行きますと、私の生活規律は無くなってしまいます。何とか、平日モードを確保しなければなりません。

 日は、朝一で、歯医者さんへ予約を入れておりますし、我が家の奥様は、早朝から外出をしております。寝過ごしてしまいまいますと、全てが、飛んでしまいます。結構、緊張して朝を迎えました。前述の通り、頭と心はその気でも、体が何となく抵抗をしております。歯医者の後は、平日モードの図書館行きを、意を決して頑張りました。

 うはいうものの、若干の期待もありました。確か、今日は休館日の筈です。だからと云って、ここで、家にいたままで過ごしますと、また、ズルズルとなります。予想されても、"確認するまでは、止めるわけにはいかない!"とか、"ファィティグ ポーズが大事なのだ!"とか、心の中で唱えながら図書館まで行きました。

 局、図書館は休刊日だったのですが、やはり、体を動かしますと、目が覚めるようです。帰宅して、図書館と同じことをしたのですが、中身の充実は図書館と同じ様に確保できました。ただ、自宅にいると電話がかかったり、宅急便が来たりで、中断されることが、図書館とは違いますよねぇ・・・。

 後は、迷ったのですが、雨も降っているので、横浜に出ました。我が家の珈琲も切れかかっておりますので、珈琲を買いがてら、横浜をぶらつくことに致しました。

 今日の横浜は、お昼前から、雨が降り始めました。晴れの日ばかりではないのは、よく、解りますが、今年の四月は、天候は不順ですねぇ・・・。これも、温暖化の影響でしょうか?

(下・左) 図書館は休館でありました。(下・右) 今日・午後の横浜駅中央コンコース。

15420t115420t2






 
シッチャカメッチャカの旅(京都1)

  回の旅は、シッチャカメッチャカの旅と題しております。確かに、天候には恵まれませんでしたが、当初予定したものは、ほぼ、達したと思います。ただ、京都については、目的としたものが、西本願寺とともに、花見でありましたので、花見については、予定は、正に、ヒッチャカメッチャカとなってしまいました。

 回の京都は、一に西本願寺、二に原谷苑と仁和寺の桜を見ることと、三に京都国立博物館でありました。京都国立博物館は、月曜日が休みということで、態々、西本願寺を火曜日に回して、京都に着いた日は、午後から、原谷苑と仁和寺に行くようにしておりました。

 局、着いた日も、その翌日も雨の予報でありましたので、13日、京都に到着した日の昼食を食べ終わるまで、"どうしよう?"と、行動が決まりませんでした。

 終的には、我が家の奥様の提案で、昼食後、渉成園に行き、その後、翌日で考えていた西本願寺に行くことに致しました。翌日も、雨でありましたので、午前中に京都国立博物館に行き、昼食後には、伊勢に向かって出発いたしました。

 本日は、第一の目的でありました西本願寺の写真を中心にアップいたします。

 西本願寺は、春の例大祭の最中の様で、正面の門付近には、大きな旗がはためき、本堂・御影堂は幔幕で装飾がされておりました。そして、本堂からは、読経の様な・合唱の様な声が、入道雲が湧き上がるように聞こえてきました。

矢張り、

独特の雰囲気

がありますねぇ!
続きを読む

sfree261jp at 17:55コメント(0) 
横浜 | 京都

2015年04月19日

 18日のブログが、少々、分量過多になりましたので、通常、ブログアップはしない日曜日にもアップすることに致しました。でも、中身は相変わらずの、面白くも可笑しくも無いものであります。

 今回は、取り敢えず、福岡の締めとして、福岡のグルメであります。

 はいうものの、我が家のグルメは、同じ所で同じような料理を食べて、"何時もの物が、何時もの様に美味しいことが幸せ"と云って、自己満足をしております。でも、これも、お客様が入るとなると、話は異なります。

 はり、そこそこ、"ブランド"も必要ですし、"いつも同じ処ではどうか?"ということもあります。今回も、お客様がいる時は、今まで、行った事が無い所にも行きました。

 そういう意味では、今回は、初めてというお店が多い福岡であったと思います。

 まず最初は、何時もの様に、我が家の行きつけから始めます。

 と、云う事で、最初は"わらじや"です。ここは、お値段と云い、味と云い福岡での我が家最大の"行きつけ"のお店です。最大の欠点は、幾ら良いとは言え、幾ら美味しいとは言え、居酒屋ですから、かしこまった席にはなりません。従って、お客さんをお呼びする時には、注意が必要です。美味しいのですがねぇ・・・。

(下)お馴染み、わらじやです。今回、私は二度、我が家の奥様は一度だけ行きました。やはり、何時ものお店で、いつも通り、美味しいのは、"し あ わ せ!"なのであります。

15419g115419g2







(下) "庵離(いおり)"というお店です。中学時代の同級生が、セットしてくれたお店で、博多座の地下にあります。メンバーの中には、お酒が呑めない人もいますので、料理とお酒両方に美味しいお店を選んだそうです。

15419g515419g8







(下) 上の続きです。お酒を飲めない人に別れを告げて、福岡の東部の箱崎にあるお店に引っ張り込まれました。"酒が弱くなったなぁ"と思いつつ、しっかり飲んでおりました。

15419x15419g9















続きを読む

sfree261jp at 11:05コメント(0) 
我が故郷、福岡 | グルメ

2015年04月18日

 日の横浜、昨日に引き続き、晴れの、陽が燦々と降り注ぐ一日であります。少し、風がありましたがね・・・。"先週、8日からの福岡・京都・伊勢の"旅行中の天気"は、何だったのだろう"と、云いたくなるような天気です。

 日からの天候が、平年の今頃の天気だと思うのですが、その前の気候が酷かったので、今が、平常なのか異常なのか良く解らなくなってしまいました。まあ、晴れで温かいのですから、"善!"としなければならないとは思っておりますがね・・・。

 日は、近所の人から、我が家で、咲いている三角ミモザを、"2〜3枝分けてくれ"と頼まれました。何でも、人(生徒さん?)に、三角ミモザの解説をしようと思って花屋さんに行ったら、入荷してなかったとのことでした。今年の四月は、色々な事があり、桜もまともに見ていません。ボタンも咲いているのは、旅行から帰った時に分かったのですが、開花して時間が経っていたようですし、私達も、バタバタして、ゆっくり鑑賞することが出来ませんでした。

 の花も、開花して、大分、時が経ってしまいましたが、取り敢えず、写真をトライすることとしました。最近、"花を撮るのが下手になった"という気がしているのですが、それを承知で、トライいたしましたので、ご容赦ください。

 年の春は、天気もそうですし、私共を取り巻く環境も、例年と色々と異なっております。その為、今頃になって、

 "春が来たなぁ・・・。"

 と、実感しております。遅すぎですがねぇ・・・。


 夜は、渋谷の会社で、かっては同僚であった人(現在は、共に、obです。)との飲み会です。現役の人も一名参加してもらっての呑み会でした。場所は、定例の元住吉にあります居酒屋です。

 互い、同じ釜の飯を食った仲ですし、仕事の内容が、ほぼ同じような人の集まりですから、話題は、仕事に関すする事が多いのです。今と昔のことが、混ざり合って、飛び交っておりました。話をしながら、"あぁ〜、俺は仕事を辞めたのだなぁ"と、改めて、体に刻み込みました。

 んなことをしながら、段々、老化をしていくのでしょうが、でも、やはり、昔の仲間が、「呑みましょうよ!」と云ってくれるのは、お金で買えない事だと思っております。確かに、話の中身は、帰らぬ昔を懐かしんだり、年金の話、孫の話、病気の話と決まっておりますし、建設的な話は何もありませんし、できません。でも、それはそれで、これから先、生きていく為の活力になることは間違いないと思っております。暫くの間だですがね・・・。

 幾ら歳を取っても、男は、

 亭主、元気で留守が良い

 のでしょうねぇ・・・。
続きを読む

sfree261jp at 14:16コメント(0) 
横浜 

2015年04月17日

 日は青空が広がる"暦通りの一日"の様です。昨日、心変わりをして、平日モードを崩してしまいました。今日は、何の罪悪感も無く、平日モードを忘れることが出来ました。

 昨日、旅行から帰宅いたしましたが、昨夜は呑み会に出席いたしました。現役の時からのグループで、特に、花見をすることを目的に発会したものでありました。昨年、引退の時、脱会の意思表示はしたのですが、「まぁ、まぁ・・・。」の三回も言われまして、「それでは・・・。」と、厚かましくも出席をした次第です。

 年は、日程の都合で、初めからソメイヨシノを諦め、八重桜をターゲットに致しましたようです。でも、本当に八重桜が見られるかどうかは、余り、"当て"にはしていなかったそうです。私も、今年は旅行がありましたし、残りのメンバーは、多忙な現職の連中です。そうそう、桜の事だけで日程が決められないのです。また、会自体も、"呑むこと"と"桜を見ること"とでは、どちらが重いかとなると、"桜は、見えれば良い"という感じであります。

 あ、御託はこれくらいにして、昨日は、八重桜も本当に綺麗でしたし、楽しくお酒を飲み、かつ、お話を致しました。何だか、現役の頃を思い出してしまいました。辞めてしまった後まで、この様に、呑み会に誘っていただけると云う事は、本当に、幸せなことだと思います。私だって、"仕事でなければ絶対呑まない!"と、心に決めた奴も、沢山、いますからねぇ・・・。

 日の場所は、紀尾井町通にありますレストランでありました。傍には、ホテルオオタニがありまして、如何にも都会(東京)らしいお店ですし、東京らしい花見でありました。

改めて、かっての部下の皆さんに

感謝感謝!!

であります。


(以前、同僚と紹介しておりましたら、「あれだけこき使っていながら、今になって、同僚みたいな言い方をされるのは心外!」と、抗議を受けましたので、今回は、失礼ながら"かっての部下"と申しておきます。)
 
   ヒッチャカメッチャカの旅(福岡2)

 岡滞在中は、雨風と天気は悪かったのですが、だからと云って、全部雨風ではありませんでした。晴れ間もありましたし、予定の崩壊で、逆に、とんでもない暇な時間も現れました。お陰様で、久しぶりに、我が故郷・福岡をゆっくり、ぶらつくことが出来ました。

 は言っても、ぶらつくところは、誰でも行く天神や、中州がほとんどてありました。歩きながら思ったのですが、"昔から変わってしまった街並みを見るのは、寂しかったのですが、ここ最近は、それも良いかなぁ・・。"と、思うようになりました。"何故なのだろう?"と考えたのですが、結論は、"それなりに新しい福岡が分かってきたのだろう"でありました。

 かに、最近は、天神・西新等にしても、必要なお店は何処に何があるか、ある程度分かるようになりました。大分、慣れたのですかねぇ・・・。

 日のブログは、櫛田神社を中心にまとめました。櫛田神社は、全国的に有名な、博多のお祭りである"山笠の神社"です。私自身は、あまり、なじみが無かったのですが、最近、何だか親近感を覚えるようになったところです。歳をとったのですかねぇ・・・。

 郷と云うものは、"学生時代に住んでいただけでは、本当の事は分からない"というのが、私の持論です。私の様に、学校を卒業したら、直ぐに、就職の為に故郷を離れてしまいますと、故郷の外側だけを、懐かしい記憶として個人の中にしまい込んでしまいます。ですから、本当の故郷の姿は分からないままなのです。

 やはり、

  故郷は美しく

  あって欲しいですからねぇ・・・。
続きを読む

sfree261jp at 12:11コメント(2) 
横浜 | 我が故郷、福岡

2015年04月16日

  夜、寝る時には、"明日(今日の事)から、平日モード復帰"と、思っておりました。散々、遊びまわったので、金策活動もしなければならないのてですが、"午後でも出来る"と思っておりました。

 ざ、今朝の目覚めを迎えますと、"矢張り、しんどいなぁ・・・。"と思ってしまいました。午後に予約していた金策相手との約束を、「午前中にならないか?」と電話してみますと、可能との返事をもらいました。"それでは仕方が無い"と云う事で、平日モードは、あっさり、撤回いたしまして、生活維持上の雑用をこなすことに致しましたし、今週は明日迄ですから、明日までは、生活維持上の雑用をこなすことに致しました。昨夜の決意は、タイトル通り、"脆くも崩壊!"なのであります。

 にも、申し上げましたが、今晩と明日の夜は、飲み会であります。何れも、現役の時に呑んでいたグループの続きであります。何時もの通り、頑張らなければならないのですが、確かに、少々、疲れが残っております。まあ、今更、頑張っていも仕方が無いのですが、そこはそこであります。呑み始めると、"つい・つい・・・。"と云う事にならないようにとは、心に念じてはいるのですがねぇ・・・。

まあ、程々に

頑張ります!

 ヒッチャカ・メッチャカの旅(福岡1)

 度も申し上げましたように、今回の旅は当初の予定は、無茶苦茶になってしまいました。また、天候も、寒さや雨に悩まされました。でも、不思議なもので、当初予定したものが、実現しなかったのは、京都での原谷苑と仁和寺の桜見物だけでありました。

 岡での目的は、母の七回忌をすること、福岡でお世話になっている方々への、ご挨拶とご接待でありました。我が家の奥様の、来福が遅れた分、相手にも都合がつかずキャンセルしたものが一つと、私だけでやったものとで、何とか、帳尻を合わせました。10日の夜には、我が家の奥様も入福出来ましたので、一座席だけは、夫婦二人で開催いたしました。(前述の通り、我が家の奥様は、別料理でやりましたがねぇ・・・。)

 岡は、前から言っております通り、中学二年の三学期から、(一年間の浪人生活を含めて)大学を卒業するまで住んでおりました。福岡でも、何回か、住居は変わったのですが、そのほとんどが、福岡市の東部にあります箱崎でありました。

 かし、我が父親は、仕事をリタイヤーした後は、福岡市の西の方の街、西新に家を建てました。この為、現在は、福岡に行った時は、西新の近くに宿泊することにしております。でも、やはり、西新の街は、私自身は生活をしておりませんので、もう一つ、街への親密度は盛り上がりません。

 年くらい前からは、"ああ、自分の故郷は、西新以外には無いのだよなぁ!"と思うようになりました(思うようにしたと言うのが、正しいのかもしれません)。今日のブログは、滞在中垣間見た、福岡市の風景をアップすることに致します。

続きを読む

sfree261jp at 16:50コメント(0) 
短歌 | 我が故郷、福岡

2015年04月15日

 り敢えず、今日、思ったよりも早く帰宅することが出来ました。
でも、今回ほど、当初立てていた予定が、ことごとく、壊れたのは、この歳になって初めての事でありました。

 ず、最初のつまずきは、我が家の奥様のノロウイルスでありました。未だに、本当にノロウィルスであったのかどうかは分かりません。お医者様がそういったのですから、間違いないと思いますが、云われているような症状は、意外と、少なかったのであります。

 気には、程度がありますので、同じ病名でも症状は色々だと思います。ですから、何も、お医者さんが言っているのが間違いだとは言いませんが(確かに、そのような、症状がありましたから)、ノロウィルスとしては、とても軽い罹患だったのだろうと思います。

 云う事で、一緒に、行く予定であったものをキャンセル料まで払って、私が先に(8日)行き、我が家の奥様は、遅れて、10日に福岡入りを致しました。当日は、福岡でお世話になっている人へのご接待の日でありまして、お客様を前に、我が家の奥様だけ、頼んでいた料理と異なる簡単な料理を食べておりました。

 が家の奥様は、この"ご接待"をこなして、翌日からは母の7回忌の準備にとりかかりました。墓参をし、来て頂く方々へのお土産の用意、当日のお供え・お花の用意等々であります。

 12日は、七回忌の当日でありまして、朝、宿舎を出て15時近くで宿舎に戻りました。その後は、荷造り(横浜からの礼服等)をして、横浜に発送致しました。13日からは、京都の西本願寺での七回忌の読経をお願いしに行きましたし、京都に一泊後は、伊勢神宮の参拝に行きました。

 勢は、我が家の奥様は、既に、何度も行っておりますが、私にとっては初めての処であります。亡くなった母の言葉に、「五十鈴川の水の清らかさは、未だに、忘れられない。」という言葉を、未だに覚えております。また、今まで、何度も、"一度は行っておきたい"と思っておりました。

 はいうものの、中々、実現しませんで、今日まで至ってしまいました。今年は、私にとっても、仕事を止めて、自由になった最初の年でもありますし、年齢も節目の年でもありました。

で、"行くなら今回しかない!"と思っての、今回の、伊勢参りでありました。

お伊勢様に、申し上げることはただ一つ、

私も、この歳になりました、

日本国民として、やるべきことは

やったと思います。

勿論、完全でもありませんし、

十分でもありません。でも、

やれるだけは やったと思います。

後は、余生を、楽しまさせてください!

でありました。

でも、今回の旅行は、我が家の奥様が病気になり、出発の日は東京は雪でした。福岡、京都、伊勢は、ずっと雨でしたし、寒かったです。お蔭で、京都の日程は、"ひっちゃかめっちゃか"でありました。この歳になって、こんな激しい旅行は、今回で終わりにしてほしいです。


sfree261jp at 20:15コメント(0) 
横浜 

2015年04月08日

  うなってしまいましたで、有体に申し上げます。本日は、夫婦して福岡に行く予定ではありました。ところが、現実は、昨日来申し上げているように、我が家の奥様は、体調を崩してしまいました。昨日、午後にお医者さんに行ったところ、「ノロウィルスに感染しているから、二日間位薬を飲んで、絶食をしないといけない。」と云われました。

 は、自分自身や身内がノロウィルスに感染したのは、生まれて初めてでありますし、本人も、生まれて初めての感染だと思います。報道では、よく耳にはしていましたが、まさか、今頃わが身に降りかかろうとは、予想もしていませんでした。

 "どうしよう?"と云う事になったのですが、本人は、「もうだめよ!」と動きません。既に、福岡では色々な約束をしておりますし、私も、一緒に居ても何の手助けも出来ません。何せ、絶食なのですから・・・。一緒に居れば、手助けどころか、私が感染するかもしれないのであります。お医者さんからは、「既に、感染している可能性はありますよ。」と云われております。

 、出した結論は、"もし、私が感染していなければ、明日(今日のことです)、予定通りに福岡に行く。我が家の奥様は、自宅で静養をして、治った段階で福岡に行く。"と云う事でありました。で、飛行機のキャンセルに取り掛かったのですが、予約を夫婦で一括してやってしまったため、私の分までキャンセルをしなければならなくなってしまいました。この為、結果として、余分なキャンセル料まで支払って、尚且つ、予約なしで空港に行くことになりました。


 昨日は、ここまで結論をだし、手続きをすべて行いました。

 で、今朝を迎えたのであります。 お医者さんや、我が家の奥様から、脅されておりましたが、お陰様で、何とか感染は免れたようであります。

 云う事で、昨日出した結論通り、病気の我が家の奥様を残して、私は、一人、旅に出ます。奥様の食料は、医者から云われた通り、"ウィダー IN  ゼリー"を冷蔵庫の中に山ほど残してであります。

  予約なしに飛行場に行くことになりますが、

  何とかなるでしょう!!!

 我が家の奥様も、一般的に云われているような症状は、それ程激しくはありません。症状も、昨日のお昼頃でピークは越えたようです。

 人間、生きていると、色々な事がありますねぇ・・・・。今日も、本心は、身も心も重いのですがねぇ・・・。



sfree261jp at 09:17コメント(1) 
横浜 

2015年04月07日

日の横浜、予報通りの雨模様であります。そんなに強い雨ではありませんが、家の中に居ても、雨が降っているのが分かります。気温は、思ったほど寒くは感じませんが、今後も温度は上がらないそうです。

日も、申しましたように、明日からは横浜を離れます。取り敢えず、最後の平日モードをこなしていこうと思っていたのですが、やはり、人間、何が起こるのか分かりません。昨夜から、我が家の奥様の体調がおかしくなりまして、朝から、食事もとらずに寝込んでおります。平日モードでは、図書館に行くことになっておりますが、寝込んでいる我が家の奥様を置いたままの外出は、如何なものかと、自宅にとどまったままでありました。

張り、自宅で主婦の役目をしていますと、宅配が来たりしますし、奥様への電話の応対などで、平日モードを確保するのは難しいのであります。結局、平日モードの確保は諦めました。

身の人間です。こんなこともあり得るのですが、問題は、明日以降であります。福岡へ行く予定でありますし、飛行機の切符も取っております。今晩中に回復しませんと、明日は、本当に、

どうしよう!

と云う事になります。

早春の軽井沢(4)

井沢に関しましても、今日で終わらないと、明日からは、旅行の為続けられません。ですから、軽井沢の最後は、恒例の軽井沢グルメであります。前にも申しました通り、今年初めての軽井沢ですから、一応、今までお世話になっていた処に、ご挨拶かたがた、訪れることに致しました。

論、一年間の内に数回の訪問です。特別のお客でもありませんから、こちらの思い入れと、お店の意識とは異なります。でも、やはり、「お久しぶり!」と云われると、嬉しいもので、つい、「今年も宜しく!」と、言ってしまうのであります

時もながらの、マンネリの軽井沢グルメですが、少しだけ、コメントいたします。まず第一に、今回は、イタリアンのアダージォさんに、昼食ですけど、二回行きました。一回の訪軽に二度の訪問は、10年間の軽井沢通いですが初めてです。

と一つは、お蕎麦の東間さんです。
通常なら、東間さんは軽井沢に入った時と、帰る時に昼食に寄ります。今回も、そのつもりでおりまして、ちゃんと、二度、行きました。最初に行った時、カメラが、荷物の中に入り込んでいましたので、"帰りに撮ればいいや"と思って撮りませんでした。

りに寄った時には、何故か、臨時休業でありました。一応、お店は撮影はしたのですが、何も、臨時休業の写真をアップしても、"迷惑をかけるばかりで、意味が無い"とアップは止めました。ですから、写真はありませんが、東間さんのお蕎麦は、やはり、美味しいです。我が家の奥様は、「美味し過ぎるから、食べるのがもったいない。」と云っております

お陰様で

軽井沢グルメも

味わいました!
全部ではありませんですがぇ・・・。

(下) イタリアンのアダージオとランチです。有名人も訪れるお店です。軽井沢には、有名人が訪れるお店は沢山あります。東間さんは、何回も、テレビに出て、その度に、お客さんが多くなっております。一番下の右は、二度目の私の昼食の一部です。初めてのアダージオのピザでしたから・・・。

1547415475







1547615477







15478154711
続きを読む

sfree261jp at 18:18コメント(0) 
軽井沢 | 横浜

2015年04月06日

はり、一週間も平日モードから離れていますと、急に、平日モードと云われましても、なかなか、対応が出来ないものですねぇ・・・。歳だからでもあるのでしょうが、それが全てでも無いように思ってはおります。体力的な問題であれば、歳だからと理由付しても良いと思うのですが、実施する内容で、もう一つ、気が乗らないと言うのは、必ずしも、"年齢のせい"ばかりではないような気がしているからであります。

々、理由は付けましたが、一応、手抜きながら、平日モードをこなした積りであります。

日のタイトルは、そういう、今日一日のことでは無く、今日以降のことについてであります。予定では、8日から福岡に行ってまいります。その後、京都・伊勢に寄り、帰宅する予定であります。全くの、物見遊山ではありませんで、母の七回忌をするために福岡に行き、その後、京都の西本願寺を参拝して、序に、死ぬ前に、一度は、行っておこうと思っていた、伊勢に寄って帰ることに致しました。

宅した後も、軽井沢を始め、色々、予定があります。特に、今年の五月以降は、近年にない多忙な年になりそうなのであります。このブログ後半で、軽井沢では「今年は、余り、来られないと思うが・・・。」という挨拶をしたと申しましたが、実は、今年の五月以降は、未だに、予定が立てづらい状態になっているからであります。

云うことで、今日は、12日の不在者投票も行ってまいりました。

日の横浜、久しぶり感がある青空が広がり、まだ、花を付けた桜の木もありましたので、本当に春らしい天気でありました。でも、気温だけで言うと、春どころか、初夏でありましたけどねぇ・・・。
(下・左)今日の菊名。(下・右)不在者投票。正式には期日前投票なのですねぇ。

1546a21546a1







 早春の軽井沢(3)

  曜日のブログでも紹介いたしましたが、今年の3月終わりから4月初めの軽井沢は、未だに冬の"眠りの中"との感じを受けました。山の木々や残雪の状況もそうですが、人通りも、或は、旧軽銀座のお店の状況もそう感じました。旧軽銀座のお店も、半分以上、閉店していました。 "例年そうだったのかなぁ?"と、考えながらの旧軽銀座散策でありました。

の記憶も、本当にいい加減なのです。毎年その時々の状況は、分かっているようで、正確には覚えておりません。脳が老化しいてるのも事実ですが、年によって状況が異なるのも、原因の一つになっていると思います。昨年などは、5月の連休までも雪が残っていましたからねぇ・・・。軽井沢在住の人に聞いてみますと、「やはり、昨年に比べれば、雪も少ないし、気温もそんなに低くなかった。」とのことでした。来訪者だって、その年の経済状況とか、社会の状況で大きく違いますからねぇ・・・。

々、言い訳をしてしまいましたが、"軽井沢は、まだ、眠りの中"と云う感覚は、滞在期間中ずっと感じ続けておりました。

回の訪問の目的は、勿論、軽井沢を楽しむことが目的ではありましたが、その他に、4ケ月間の無人状態の定宿を、また、何時行っても良い様に、眠りを醒ますことでもありました。

"何だ、そんなことか!"とお思いの方も多いでしょうが、これって、結構、大変なのです。家一軒丸ごと掃除から始まり、雪対策の為に敷き詰めたビニールシートの取り外し、屋根の保護材の補修、庭木の手入れ等々であります。暮れの大掃除以上の労力ですから、年間の軽井沢訪問でも、この、最初の軽井沢訪問が、一番きついのであります。年々、自分の体力が落ちているのが、良く解ります。

回も、例年通り、いつもお世話になっているところに、ご挨拶をして回りました。「今年も、宜しくお願いします。ただ、今年は、何時もの様には、軽井沢を訪れることが出来無いと思いますがねぇ・・・。」と云うのが、今年の挨拶でありました。

蔭様で、常連の様に訪れていた処は、殆ど行くことが出来ましたが、矢張り、全部は回れませんでした。ケーキのラ・テイエさんは、4月4日からの開店だそうで、電話で話しただけでお店までは、行けませんでした。他にも、一二軒残ってしまいました。

回の訪軽で、今年も、軽井沢の定宿は、何時、行っても宿泊が出来るようには致しました。

歳を実感しながら

ではありますがねぇ・・・。
続きを読む

sfree261jp at 15:50コメント(0) 
横浜 | 軽井沢

2015年04月04日

  日の横浜、昨晩、我が家の奥様が、「明日は、かなり寒くなるとテレビで言っていた」とのたまいまして、今まで止めていた床暖を、また、昨晩からセットをしておりました。我が家の奥様が起き出した頃は、どうだったか解りませんが、日中は、結構、暖かかったと思います。一日中、総曇りの中でのこの暖かさですから、やはり、春ですねぇ・・・。

 日、軽井沢から帰宅いたしましたので、やはり、疲れは残っておりました。朝起きて、我が家の奥様の第一声は、「疲れとれたぁ?」でありました。私の返事は、「うぅうぅ〜ん」でありました。 確かに、昨夜は熟睡いたしましたので、気分は良かったのです。でも、"疲れがとれたか?"と云われますと、やはり、答えは"うぅうぅ〜ん!"なのです。

 なり疲れはとれたとは思うのですが、"取れたか?"と云われると、よく解らないのであります。この歳ですから、軽井沢の疲れなのか、歳による、元々の、体調なのか良く解らないのであります。"全く疲れが無い"と云う訳では無いという事だけは述べておきます。

  と云う事で、今日は、休養に専念致しました。でも、余り、"寝たきりでも・・・"と思い、夕方、近所の桜の撮影に行きました。昨日、帰宅した時、行く時は諦めていた桜が、結構、残っていたからであります。今日、廻ってみて思ったことは、やはり、予想していたよりは、残っていたと思いました。これから先は、個人の問題でありますので、何とも、表現できません。

 は、例えば、男の立場から云えば、年増が好きか、キャピキャピの若いのが好きかの差であります。私は、両方、好きなのですがねぇ・・・。


 早春の軽井沢(2)

  述の通り、今日は、休養の一日であります。このブログもアップするだけで精いっぱいです。従って、今日の"早春の軽井沢"も手抜きであります。で、如何に手を抜くかを考えまして、タイトルは、"先日、軽井沢から見た浅間山"ということに致します。 単に、軽井沢滞在期間中に撮った浅間山を、集めてアップしただけなのですがねぇ・・・。

これで、ご勘弁の程、

 お願いいたします!!!

(下)今日の横浜菊名の桜です。

154415442




1544715448
続きを読む

sfree261jp at 20:45コメント(0) 
横浜 | 軽井沢

2015年04月03日

 日夕方、帰宅いたしました。月曜日から今日の金曜日まで、4泊5日の軽井沢でありました。帰宅して夕食を食べながら、「いっも乍ら、あっという間の軽井沢だったねぇ・・・。」と云いましたら、我が家の奥様は、「軽井沢へ行った時に、未だかって、もう十分だとか、飽きたよねと行った事は、一度も無いよねぇ・・・。何回も、何日も行っているのだけとねぇ・・・。」と、あっさり答えられました。

 かにそうなのです。でも、我が家の奥様も、同じ思いなのです。本当に、何度行っても、何日滞在しても"あっ"という間なのですねぇ・・・。軽井沢は・・・。"

 4月ぶりの軽井沢でした。地元の人に確認しての、今回の、軽井沢ですから"何とかなる"とは思ってましたが、やはり、軽井沢は軽井沢です。"何があるかはからない"とは思っておりました。確かに、行った時と帰る時は、雪の状態や気温はかなりの違いを、体で感じました。それでも、やはり、"軽井沢は、まだ、眠りの中!"であったと思います。道端には雪か固まっており、木々は、寒々とした木肌を晒していました。

 歌の文句ではありませんが、"街はいま〜、眠りの中〜・・・"であります。

 回の軽井沢、確かに、"遊び"ではありますが、その本心は、定宿の宿開きでありました。要は、また今年一年、楽しむための準備をしに行ったのであります。昨年、ちゃんとお掃除をして帰りましたし、そのままでの4月ぶりの軽井沢ですから、今まで通りの利用が出来る筈です。でも、着いた途端に、留守中の管理をしている人から、「一寸、中で確認をしてください!」と云われました。中に入ってみると、お風呂のカランが壊れておりまして、水は出来ますが、"温度が上がらない状態"となっておりました。

 蔭で、日曜大工のお店に行って、カランを買い求め、帰宅してから、2〜3時間を費やして、カランの取り換え工事を致しました。本当に、人間、何処に不幸が転がっているのか分かりませんからねぇ・・・。ほぼ、一日を費やしてしまいした。

 回の軽井沢は、滞在場所の機能確保・回復とともに、軽井沢のお馴染みの皆さんに「ことしも、宜しく!」と、ご挨拶をするための日でもありました。お陰様で、行く前に、思っていた処には、大体、回ったと思っております。(本当は、後、一二軒、行けなかった処があるのですけどねぇ・・・。)

(下・左)浅間山です。冬の間だけ、落葉した木々の間から見える浅間山です。富士山程、"秀麗"ではありませんが、浅間山は浅間山です。やはり、軽井沢には、無くてはならないものなのです。(下・右)旧軽銀座です。私の予想よりは、少ない人出でした。お店も、思ったほど開いておりませんでした。通り過ぎる人の言葉中に、時々、中国語らしい言葉が、耳に着きました。

1543115432







  
でも、軽井沢

  万歳!!!!!


sfree261jp at 20:25コメント(0) 
横浜 | 軽井沢
Archives
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
Categories
Recent TrackBacks