2015年06月

2015年06月30日

 日は、平日モードを潰しての病院(休日)モードでありました。結果は、前立腺癌の疑いでありました。まあ、確かに、ショックな話ではありましたが、亡き父の事もありまして、”何とかなるのでは!”という気持ちでありました。

 が、今朝、これとは全く関係のない話で、全く、”力が抜ける”ような事に出合いまして、今日から、また、平日モードで頑張ろうと思っていた気持ちを、底から崩すようなことになりました。具体的内容は、恥ずかしので申しませんが、朝食を食べている時から、我が家の奥様には「御免、今日は駄目!こんなことがあったから・・・。」と謝ってしまいました。

 様も、其処は心得たというか、所用の為、外出しなければならない日でありましたので、「そうなの・・・。じゃぁ、今日は一日、お休みね!私は、用事で出ますからね。お大事にね!」との話でありました。

 、言うことで、折角の、且つ、久しぶりの平日モードも、急遽、病人モードで過ごしてしました。唯一、頑張ったのは、晩酌でありました。これだけは、しっかり、実行いたしました。まだ、ちゃんと、お酒の味が分かりましたので、今日一日の、”締め”ができました。 

 日は、7月1日です。ずっと前から、この日は、”何かをしなければいけない”と思っていたのですが、一週間くらい前から、”何かが、何だったのか”分からなくなりました。今晩も、寝ながら考えますが、どうですかねぇ・・・。

全く、自信がありません!

明日も、

病人モードにするか!!!!



sfree261jp at 20:25コメント(0) 
横浜 

2015年06月29日

 日は、先日の予告どおり、平日モードを無視しての医院行きです。我が家が通っている医院は、近くにあること、そこそこ、見立てが正しそうなことを理由に、我が家の奥様が、選んだ医院であります。でも、私、何故か、此処の医院の先生とは、何かにつけて、そりが合いません。一度は、「私の言うことが聞けないなら他の医院に行ってくれ!」と云われたことがあります。一瞬、そうしようかとも思ったのですが、”医院を変えて、一から、また、説明しなければならないのか”と思うと、それも大変だからと、仕方なく、従ったということもありました。

 は、今日も結果的には、似たような結果になりましてた。私の申し立てに対しては、「この薬より副作用のない薬は無いので、そんなに嫌なら、薬は、止めにします。血液検査の結果では、前立腺がんの疑いがあります。もう少し、検査をしなければなりません。どうします?」との話であります。 ”薬なしで良いの?”と云う事もありますが、癌の話しの方が、優先です。取り敢えず、追加の検査をして貰うことにしました。血圧の方も、議論の上、変えてもらって、医院は出ました。

 りに、薬局で話をしたら、「そうなのですよねぇ、あの系統の薬は、どうしても、副作用があるのですよねぇ。でも、二週間頑張るとそういう副作用が無くなる人が、殆どですけどねぇ・・・。 少し、落ち着いたら、もう一度、チャレンジしてみたらどうですか?」と云われました。まあ、確かに、前立腺癌であれば、そんな、呑み薬の問題では無いのも事実ですが、もう少し、そこら辺の説明があっても良いような気がしたのですがねぇ・・・。

 査数値については、”前立腺癌の可能性がある”という以外、何も説明しくれないので、帰宅して、インターネットで調べました。それによると、確かに、正常の範囲は逸脱しているのですが、確定できる数値では無いようですし、仮に、癌であっても、可なり、初期の筈であります。最近の、医学であれば、手術さえすれば、何とか、命は長らえるのではと思っております。

 は、亡くなった父も、前立腺癌になりました。父の場合は、”前立腺肥大での手術を始めたら、癌であることが分かった”のであります。父は、その後、大腸癌の手術(87or88歳ころ)までしたのですが、結果的には、93歳まで生き、最終的には、腎臓の機能不全で亡くなりました。十年くらい前から、健康面では、父の後をトレースしているような処がありましたのて、何れは、私も”前立腺癌になるのでは・・・。”と、覚悟はしていたつもりであります。

 れは、”父も前立腺癌にはなったけど、生命には関係なかった”ということを、頼りにしているのは、事実なのですがねぇ・・・。

 
やはり、歳は、

 取りたくないですよねぇ・・・。

 私、この後、どうなるのでしょうねぇ・・・。


sfree261jp at 19:48コメント(0) 
横浜 | 

2015年06月27日

 こ暫く、体調が思わしくありません。”月曜日から変えた薬の所為だろう”と思ってはいましたが、やはり、そうでした。月曜日に、病院で聞いた話には、”何故だろう”と思っていた処があったのですが、今日、納得致しました。

 院では、今まで高血圧の話とは別に、前立腺肥大の話をしました。お医者さんが言うには、前立腺肥大は、最近は薬が発達し、基本的には、薬で治すものだそうです。それが、薬ではどうしても改善しない時とか、薬を呑みつづけるのは嫌だとか、めんどくさいと云う人は、手術をするそうです。ですから、現在は、前立腺肥大の手術をする人は、3割程度だそうです。この話を聞いた時、”薬を呑みつづけるのは嫌だから、手術をするということがあるのかなぁ”と思っておりました。

 れが、今日で一週間、前立腺肥大の薬を飲んで解りました。最近の体調の変調が、矢張り、前立腺肥大の薬の副作用だとはっきりした時には、”なる程!”と思いました。これまで、主に、血圧の薬が多かったのですが、色々な副作用が予想されている薬も、沢山飲みました。確かに、それらしいことを感じたこともありますが、今回ほど、はっきり、かつ、強烈に感じた事は、生まれて初めてであります。

 の注意事項として、”めまいや立ちくらみの症状が出ることがある”とのことでしたが、これは、今まで飲んだ薬の中にも書いてあったことであります。”可能性として書いてあるだけだろう”と思っておりましたが、今週の月曜日からの、自分の体の状態を見ていますと、結構、大変なことが分かりました。

 日は、当然、休日モードの日です。処が、今日に限って、我が家の奥様が、外出しなければいけない日でありました。特に、今日の行先は、車でないと、とても、便利が悪い所でありました。昨日までは、”私が、我が家の車で送ってあげる”と約束をしていたのですが、今日になって、体が動きません。結局、奥様に「自分で運転して行って!」と、お願いしての今日一日でありました。

 日、晩御飯を食べながら、「車の運転の拒否をしたのは、今日が初めてだよ!それ位、今日はしんどかったのよ。」と云いました。我が家の奥様は、「じゃぁ、軽井沢に行く時はどうするの!早く、そんな薬は、変えてもらったら!」とのご意見でありました。確かにそうであります。でもねぇ・・・。前立腺の薬は、全部、そんな副作用があるものかもしれませんがねぇ・・・。この薬は、中くらいの強さだと思います。それで、こうですから、生活に支障がある程度でしたら、”手術のほうが良いと思うのも、解る!!”と、納得致しました。

 まあ、月曜日に、

 医院に行ってきます!


sfree261jp at 20:26コメント(0) 
横浜 

2015年06月26日

日の横浜、午前中は布団でも干したいような天気でしたが、午後からは雨が降りだし、”やはり、梅雨だ!”と実感する天気でありました。この処、”何処が?”という訳ではないのですが、体調は思わしくありません。月曜日から変えた薬の所為だとは思いますが、もう一つ、万全ではありません。これが、”老化”と云うものだろうかとも、思ってみたりもしておりますが、もう一つ、納得がいきません。来週には、もう一度、病院に行こうと思っております。

日は、取り敢えず、平日モードを過ごしました。平日モードをこなして、”どこがどう”と言うことはないのですが、何となく、体が重いのであります。午前中は、図書館で過ごしましたし、午後は、横浜に買い物に行きました。午後3時過ぎには、別用があったせいもあるのですが、横浜も、買い物を済ませたら、そそくさと、帰宅いたしました。

取り敢えず、

平日モードを、こなしました!

と言うのが、今日一日を表す言葉であります。

日、横浜への買い物の目的は、”珈琲を買うため”でした。最近の、我が家の珈琲の消費量は、格段の上昇をしております。その最大の原因は、ほぼ、毎日の朝食を、パン食にしたからであります(我が家の奥様の意向です)。処が、現在は、ブルーマウンティンがありません。この為、何時も、悩みながらの珈琲買いなのであります。

々、我が家の珈琲は、我が家の奥様のお友達の旦那さんのブレンドでありました。この方は、既に、お亡くなりになっているそうですが、生前は、無類のコーヒーマニアだったそうです。そのブレンドも、その人が、色々、試行錯誤した挙句に、辿り着いたブレンドだそうです。

めて、それを呑んだ時、もの凄く感激いたしました。結局、そのお店にお願いして、同じものを売ってもらうようにしたものでありす。そして、一時は、自分で配合までしておりました。私は、この時、初めて、”マンデリン”という言葉を知りました。ただ、この配合は、大雑把にいえば、5割がブルーマウンティンで、残りがコロンビア、モカマタリ、マンデリンでありました。これだけ分量に差がありますと、自分で配合するにしても、大変なのです。珈琲も最低販売量と云うのがありますので、結構、無駄が多いのです。それで、自分で調整するのは、止めることに致しました。

ういう経緯をたどりながら、現在に、至っております。一時は、珈琲が主食、タバコがおかずと、言っていた時代もありましたがねぇ・・・・。続きを読む

sfree261jp at 20:55コメント(0) 
横浜 | コーヒーのお話

2015年06月25日

 浜は、今日も、雨無しの一日です。空には青空も見え、昨日よりも、夏っぽい一日でした。当然、今日も平日モードで過ごすべきだったのですが、予期せぬことで、休日モードになってしまいました。元々の原因は、昨日というか、昨夜は、私、中々寝付けませんでした。午前3時頃まで、布団の中で、あっちを向いたり、こっちを向いたりしておりました。

 時頃に寝入ったのかは、記憶にありませんが、今朝、”はっと、気が付いた時には、陽は、高々と天頂近くに輝いておりました。私も、”この時間まで朝寝をしたのは、何年振りだろう?”と思うほどの朝寝でありました。ですから、恥ずかしかったのは事実ですが、”此処まで、寝てしまったのは、寧ろ、すっきりした”と、自らも、明るく笑いながら、我が家の奥様に”おはよう”の挨拶を致しました。

 が家の奥様も、此処まで朝寝をすれば、”何をか云わんや”でありまして、ニヤニヤ笑いながら、「目覚ましは、何のためにあるのか分からないよねぇ」と云っておりました。

 後から、図書館に廻るということも考えましたけれども、今日の午後は、歯医者や、生活維持上の雑用が、色々予定がありまして、無理な事でありました。

 局、午前中は休日モードで過ごしましたし、午後は、雑用をこなすだけで、時は過ぎててしまいました。まあ、別に、対外的な仕事をしている訳ではありません。平日モードを、休日モードに変えたからと云っても、誰にも、迷惑を掛けていないと思います。精々、我が家の奥様には、少し、迷惑をかけたかも?と思っております。

誠に、締まらない話ですし、締まらない一日となりました。

結果として、ブログも、締まらないブログとなりました。

まぁ いいか!


sfree261jp at 17:56コメント(0) 
横浜 

2015年06月24日

 日の横浜、昨日に引き続き、雨の無い日であります。"雨が無い"と云うより、"夏か?"と云いたくなるような一日であります。まあ、元々、最近の天気は、"梅雨及び梅雨前線で形成されたものでは無いと聞いた"と記憶しているのですがねぇ・・・。

 が変わって"様子見"と云うのもあるのですが、何となく、体が重い感じが致します。今日は、遅れながらも、"平日モード"で過ごしました。午後は、昼食を兼ねて、大倉山まで行って、帰るだけの行動でした。14時過ぎに帰宅したのですが、そのまま、自宅に留まっておりました。

 って、今日のブログは、生存証明以外には、アップするものがありません。従って、今日は、私の生存証明のみで、ブログは終わりです。

 私、取り敢えず、

 今日までは、

  生きておりました。!!!

 (下)今日の青空!

156241



sfree261jp at 15:23コメント(2) 
横浜 

2015年06月23日

 日は、火曜日ですが、昨日を"病院の日"と致しましたので、久しぶりの平日モードの日となりました。天気も、梅雨にしては珍しくも、昨日に引き続いての雨の無い日となりました。そして、昨日よりも、青空の比率が多く、陽光が元気でありました。昨日は、確か、夏至でしたよねぇ・・・。"何故、陽光が、一番、多い時に、一番暑くならないのか"ということに、長い間、答えを持ち合わせていませんでした。

 る時、"なる程!"と納得できる答えを思いつきました。でも、最近では、確かに、それが"一因であることには間違いない"とは思うけど、もう少し、複雑なのではと思っております。内容については、間違っていたら恥ずかしいので、此処では、申さないことに致します。

 日は、久しぶりの平日モードでしたから、抵抗感はありました。特に、昨日、医院に行って、今日から薬も変わりましたので、その影響もあり、抵抗感も普段とは違ったものとなりました。 そのような中で、何とか、平日モードで過ごしたと思います。図書館は、普通通りでしたが、午後の散歩は、買い物を含めて、横浜に行っただけでした。それでも、結構、疲労感を感じての帰宅となりました。帰宅して、一時間弱、うたた寝をしてしまいましたがね・・・。やはり、今の薬に慣れるには、少し、時間がかかるかもしれません。

 り敢えず、何とか、今までと同じような生活が送れそうです。別に、仕事をしている訳ではりませんので、曲がりなりにも、自分で決めた平日モードが守れれば、特に、不満を持つ必要もありません。

 まあ、ボチボチ

 行きましょう!!!

 

 
  続きを読む

sfree261jp at 18:10コメント(0) 
横浜 

2015年06月22日

 日は、父の日でありました。これまでも、子供たちが、父の日のお祝いはしてくれました。今年は、娘が結婚して初めての、父の日でありました。既に、他家に嫁いだ娘ですから、"お祝いを貰うのはどうかなぁ"とも思いましたし、一方、"嫁いだ、嫁がないのと、親子関係には変わりないよね!"とも思っておりました。

 、昨日は、娘夫婦からのプレゼントを頂きました。現実的には、娘は、赤ちゃんの世話で身動きとれませんので、旦那さんがメインでプレゼントを、用意してくれたようです。私も、生まれて初めての経験でありまたので、本心を言うと、"どういう対応をすればよいのか解らなかった"というのが、実情でした。取り敢えず、お礼の電話はしたのですが、内心、戸惑っておりましたから、お礼の気持ちも、余り、伝わらなかったと思います。

 が婿殿は、これまでのお付き合いから思いますのは、とても、気配りが行き届いた方だと思っております。これからも、色々な、接触がある筈です。これらを重ねながら、私の心の中にある、"ぎこちなさ"が、解消されていくのですかねぇ・・・。

 、今日は月曜日で、平日モードの日であります。でも、(菊名の医院で)年に一度の検診日であります。この医院では、高血圧の関係の治療をしており、一年に一回、心電図などの諸検査を受けないといけないのであります。

 れまで、何回も検査は受けております。昨年は、心電図で、要注意の項目がありましたので、今回は、"少し"というか、"かなり"、心配をしておりました。また、相談をしたいこともありましたので、どんな結果が出るか、何を言われるか、心配をしておりました。

 そういうことで、平日モードを無視しての、医院通いであったのであります。

 果は、心配していた心電図や、血圧関係には、特に、問題はありませんでした。勿論、血圧の治療というか、投薬は、引き続き必要ですがねぇ・・・。問題は、相談した前立腺肥大であります。私は、「10年も前から言われていたりですが、最近まで、特に、支障なく過ごしておりました。それが、今年のはじめ位から、症状が自覚できる様になったから相談に来た。」と言って、検査を致しました。検査の結果は、かなり、病状は進んでいたそうです。お蔭で、前立腺肥大についても、血圧と合わせて、本格的、治療が必要となりました。

 私、順調に、

 老化が進んでおります!


 ログネタの為に始めた訳では無かったのですが、般若心経も、そろそろ、ネタぎれとなりました。 これからも、何かあれば、折に触れて、アップしたいと思いますが、取り敢えず、"中締め"としたいと思います。これまで、何回も言っておりますが、私は、信者ではありません。両親の死去で、今までよりは、多少、お寺に出はいりはしておりますが、信者ではありません。

 若心経とは、我が家の奥さんが、四国讃岐の出身ですし、私も、四国で勤務したことがありましたので、お遍路さんのお経として、見聞きしたことと、前にも書きましたが、京都・苔寺を参拝するために始めたのであります。我が家は、浄土真宗でありますので、余り、縁が無かったのも事実であります(般若心経は、曹洞宗、臨済宗の禅宗と、天台宗、真言宗の密教で詠まれているそうです。)。
続きを読む

sfree261jp at 14:48コメント(2) 
横浜 | 般若心経

2015年06月20日

 日の横浜、久しぶり感の休日です。この処、歳を取ったからか、赤ちゃんが居て、土日も無かったからか、良くは分かりませんが、土日の、所謂、休日モードまでの時間が、遠く感じております。今週は、お酒を抑えたとはいえ都内での飲み会や、娘親子の検診、(娘孫の)自宅への帰還などありましたので、平日モードを守れない日が多かったのですが、逆に、それが疲労の基になったような気がしております。

 ういう意味で、今日は、久しぶりの休養モードを楽しんでおりますし、天気も、雲と湿気は多いながら、久しぶりで、雨の気配が無い天気であります。でも、予報では、また、夕方には雨と云っていたような気がしておりますがねぇ・・・・。

 まあ、取り敢えず、タイトル通り、休日モードを楽しみたいと思っております。

 ログも、簡単に済ませようと思っております。今日は、昨日に引き続き、般若心経というか、仏教の続きを致します。

 若心経の経文そのものにはありませんが、その内容の説明では、どうしても、使われる言葉で、"八正道"があります。私も、過去に、聞いたことがあるような、ないような言葉であります。今回は、少し、真面目に説明を読んでみたのですが、未だに、分かったような、分からないような感じから抜け出れません。此処では、取り敢えず、八正道について、自分で理解している範囲で、説明してみたいと思います。

 正道は、悟りに至る八つの道だそうです。ここまでは、何となく解っている積りですが、この道は"般若"と同じで意味で、"真実の悟りの知恵となるものである。"という説明あたりから、何となく、世界が違うのかなぁと思っております。

 に角、"悟りの境地に辿りく為に必要なことである。"という、大雑把な掴みで先に行きます。で
具体的な内容としては、次の通りであります。

・正見(しょうけん)=縁起・無常・無我などの正しい道理を見る。 ・正思(しょうし)=正しく思考する。 ・正語(しょうご)=正しい言葉を使う。 ・正業(しょうぎょう)=正しい行為をする。 ・正命(しょうみょう)=正しい生活をする。 ・正精進(しょうしょうじん)=正しく努力する。 ・正念(しょうねん)=正しく念じる。 ・正定(しょうじょう)=正しく心を統一する。

 云う事であります。で、何れも、正しいと云う言葉が前提になっております。これは、三法印(場合によっては、四法印)と云われる、"この世の真実の捉え方"を理解・実践することだそうです。
続きを読む

sfree261jp at 13:16コメント(0) 
横浜 | 般若心経

2015年06月19日

 日振りに、何とか、平常復帰できました。今日も、出発時間は、若干、遅れましたが、中身的には、やるべきことはやったと思います。午後は、娘が、自分の子供を連れて、元の住居に戻りました。今日で、ほぼ、一か月が過ぎました。赤ちゃん的に言いますと、生後一か月と云う事になります。生後一か月を過ぎますと、普通の浴槽での入浴など、大分いろいろなことができます(そうは言っても、手と目と授乳は離せませんがねぇ・・・)。

 孫が生まれたのですから、ハッピー・ハッピーの世界です。他人に言わせると、「シジ・ババは、責任が無いので、自分が親の時より楽しいのだ!」とのことです。確かに、その通りではありますが、我が家には、少々、事情がございまして、簡単に、"楽しいだけ"という訳には、いかなかったのであります。でも、この一か月で、大分、それらの問題もなくなりまして、漸く、"楽しいだけだ!"と云えるような状態に近づきました。

 も、矢張り、結構、緊張していたのですねぇ・・・。娘親子が、我が家を出て、自分の家に帰る時は、"寂しい"と思う反面、"ホッ"とした気分も否めませんでした。前にも書きましたように、"これで、自分の人生で、出会うべき事柄には、全て出会った。"という気持ちは、今も、変わりなく持っておりますよ・・・。

 ソコンの不具合も、何とか、機能だけは平常に戻りました(書類の交換など、事務手続きが若干残っておりますがね!)。娘と孫も、自分の家に戻りました。取り敢えず、昔の状態に戻りました。今日のタイトルの、"平常復帰"は、本当の意味での、"意義深い平常復帰"なのかもしれません。

  また、静かな老後の世界の中で、生き甲斐を探しながらの、生活が始まるのでしょう!
続きを読む

sfree261jp at 21:01コメント(0) 
横浜 | 般若心経

2015年06月18日

 日の一日は、色々、動いたとは思うのですが、何かを片付けたとか、何かをなしたとかいう達成感が何もない一日でした。今、振り返ってみますと、色々あると言えば有ったのですがねぇ・・・・。確かに、内容的には、生活上の必要性には、余り、直結した物ではなかったのは事実ですがねぇ・・・。  

 あ、予定が狂った原因は、「午後は、雨が降るから、家の外の用事は、午前中に片付けた方が良いわよ!」と云う、我が家の奥様の一言でありました。昨日から、一つはパソコンとディスクを持ってパソコン屋へ行くことと、あと一つは、母となった長女が、明日、実家である我が家から、結婚生活をしていた家に戻るために、事前に、"荷物を、運び込んでおこう。"と云う事になっておりました。

 も、昨日は、娘と孫の検診に一日付き合いましたので、平日モードが守れませんでした。ですから、今日は、午前中の平日モードだけは確保して、午後から、前述の事を行おうと思ってやりました。でも、今朝になって、我が家の奥様から、前述の通りの発言です。「えぇ〜、ホントなの?」と、パソコンで調べてみますと、確かに、1mm/h程度の雨ですが、15時以降は雨の予報でした。

 いうことで、今朝になって、まず、朝にパソコン屋に行き、その後、娘の荷物の運び込みを行い、最後に、図書館に行こうと、スケジュールを全面変更いたしました。まず、パソコンです。本体とデスクを持ち込み、何を言われるのだろうと思っていましたら、答えは、「異常なし!」でありました。

 "えっ〜〜!"でありました。  色々話を聞いてみますと、機種によっては、デスクにスイッチを持っているものがありますが、そのスイッチが、offになっていただけだったようです。いつも通りに使用していたものが、何故、スイッチがoffになったのかについては、お店の人も解りません。でも、スイッチがoff になっており、これを onにすると、問題なく作動するのも"事実"でありました。

 、此処までで、家を出てから1時間半が、経過しました。その後、メンテナンス契約の更改の話をされました。要は、""セキュリティの程度を格上げし、このお店が、パソコンに関しての全ての窓口になる。価格は、大きな変化はない。""と云う話でありました。
続きを読む

sfree261jp at 20:45コメント(0) 
横浜 

2015年06月17日

  日の横浜、予定していたことや、予定していなかったこと等、色々な事が起こりました。まあ、正確に言えば、元々、多忙だったのに、予定していなかったことまで起きたということでしょうねぇ・・・。

 日は、ブログアップができない位に、多忙でありましたし、今日も、予定されていたとはいえ、結構多忙でした。まず、昨日は、高校同級の(私を含めて)4人の、久しぶりの四人会が予定された日でありました。だだ、飲み会があっただけなら、夕方から、其処に行くだけですから、何ということも無い筈であります。

 
が、昨日は、予定外の事が起きました。"その一"として、よんどころない所からの請求書が届き、銀行まで金策に行かなければなりませんでした。それに加えて、パソコンが繋いであるディスクの読み取りをしなくなりました(その二)。 

 "遂に、ディスクも壊れたか"とがっくりしましたが、これは、私が撮った写真の全てが、残してあります。コピーはとってあるのですが、それにしても、此の侭にしておくわけには行きません。取り敢えず、ディスクを持って、パソコン屋さんに行きました。

 は、飲み会の時は、約一時間前には到着するようにしております。この一時間で、付近をぶらぶらして、久しぶりの東京の空気を吸うようにしております。特に、昨日は、ディスクが本当にダメなら、秋葉原でディスクを買って帰ろうと思っておりました。

 のようなことがありましたので、昨日の午後は、本当に多忙でありました。前述したことは、全て、こなしたのですが、ディスクのチェック結果が、予想もしない事でありました。結果、秋葉原へは行く必要が無くなりましたが、それにしても、会場に30分前に到着するのが、精一杯でありました。

 場は、東京駅八重洲側のお店でした。ここは、私が現役の時、7、8年通勤した処であります。久しぶりに訪れましたが、懐かしさ半分・寂しさ半分ということでしょうかねぇ・・・。基本的な街並みは変わっておりませんが、東京駅も改装されまして、雰囲気を一新いたしましたし、お店も、建物は同じでも、お店の名前が変わっているところもありまして、浦島太郎の気持ちが、少し、解る気が致しました。昨日の会場に至っては、私が通勤していた時代からあった筈なのに、全く、知らなかったという、本当に、情けない結果でありました。

 しぶりの四人会は、矢張り、楽しかったです。年寄りの集まりですから、本人・家族の健康の事、日常生活の事など、話すことは決まっておりますが、我々は、高校時代の同級生という特性があります。高校時代の事、郷里の福岡の事などを加えますと、話は尽きません。"呑みかつ喰い"で、二時間があっという間に過ぎてしまいました。

 日は、私が、今日、車の運転をするからと、"9時終了"を宣言しておりましたし、メンバーの一人が、今日が健康診断と云う事で、8時以降の飲食を禁じられておりました。如何にも、老人らしい飲み会でありましたが、やはり、心置きなく、自由に、言いたいことが言える飲み会は、楽しいし、やってよかったという気持ちで、満足しての帰宅でありました。

 夜は、初めから、酒は3合と決めておりまして、きちんと守りました。帰宅していた時は、結構酔っていましたが、朝起きた時は、酒の気は、殆ど、消えておりました。

 目出度し、目出度しでありました。
続きを読む

sfree261jp at 19:56コメント(0) 
横浜 | 東京

2015年06月15日

  日の横浜、予報通りと云えば予報通り、結構、晴れ間も見える梅雨の中日でありました。勿論、気温は高く、ムシムシした日でありました。

  日は、月曜日であります。当然、平日モードで過ごすべきなのであります。処が、今日は図書館の休館日でありました。図書館が"お休み"ということであれば、仕方がありません。自宅で、形ばかりに図書館でやっていることをやり、お昼前から渋谷に行こうと、昨日から思っておりました。

 昨日の土曜日は、ブログアップも面倒くさい程の疲労感を覚えておりました。その時は、日曜日はどうだろう?と、心配しておりましたが、昨日は、結構、朝寝をしたこともありまして、可なり、平常に戻ったと感じておりました。でも、お昼過ぎには、テレビを観乍ら、うたた寝をしましたし、余り、呑みたくなかったのに晩酌をして、また、テレビの前で、うたた寝をしてしまいました。

 蔭で、今朝は、睡眠不足は免れず、ぼんやりとしておりました。我が家の家族は、「そんな状態で、今日みたいな暑い日に、外出しないでも良いじゃない!」と反対されました。自分自身も、体がその気になりませんで、結局、一日中、自宅蟄居で過ごしてしまいました。図書館でやることは、一応、形だけやることができましたけどねぇ・・・。

 でもねぇ、最近は、年齢を感じますよねぇ・・・。

 までも、何度か、同じ事を言ったことがあります。でも、その時は、自分の経験内の事象が、今までより、多少、早くとか、きつく感じるようになったというものでありました。例えば、"今まで、一万歩、歩いてもそんなにきついと思っていなかったのに・・。"とか、"今までは、5合飲んでも、翌日、仕事に行ったのに・・。"とか云うものでした。でも、最近は、基本的に、感覚が違うのであります。最近は、睡眠の質も今までとは異なりますし、朝起きた時の感覚自体が、今までとは異なる感覚を感じでおります。やはり、"歳を感じる"としか、言いようがありませんよねぇ・・・・。
続きを読む

sfree261jp at 19:20コメント(0) 
般若心経 

2015年06月13日

  っと、休日モードに辿り着きました。結構、朝寝をして休養を十分とったつもりでありましたが、何故か、もう一つ、疲れが取れません。"今日は、休日モードだし、何もする事は無い"とは思っているものの、何故か、もう一つ、体が休まりません。

 食時も、もう一つ、元気が出ないままに、意地で晩酌を致しました。取り敢えず、普通の八割くらいまでは呑みましたが、やはり、量も味も、もう一つでありました。

 来であれば、ブログは、今日の一日の過ごし方と共に、般若心経のお話をアップするつもりだったのです。でも、そこまでは、体力が続きませんでした。今日は、取り敢えず、"ブログアップはいたしました。まだ、生きております!"ということを、ご報告をするだけにして、今日のブログと致します。

 し、明日、元気を取り戻せたら、般若心経の分だけを、アップいたします。
(仏の教え)心経によれば、明日は、命が無くても、今は分からないのだそうです。

 林先生ではありませんが、

 今でしょう!

 であります。


sfree261jp at 20:06コメント(0) 
横浜 

2015年06月12日

 日の横浜、梅雨らしい天気が続いております。気温は、蒸し暑さを、一番、体に感じますが、気温が平年と比べてどうなのかは、解りませんし、調べる気もありません。今日は、昨日、しっかりした睡眠がとれませんでしたので、自宅で蟄居していようと思っておりました。処が、我が家の奥様の友達が、午前中から、自宅に来るという話を聞いて、仕方なく、図書館への避難を行い、結果的に、平日モードで過ごすことになりました。

 書館へ着いた時間が10分程度遅れましたが、中身的には、しっかり、平日モードをこなしたと思っております。せめて、自分で決めたスケジュール位は、ちゃんとしろ!!!という、天の声なのかもしれません。午後の散歩は、久しぶりに、大倉山に行きました。午後の散歩の歩数としては、少し、手抜きになったかもしれません。

 方、雨は降っていないものの、何時降りだしても可笑しくない天気でした。図書館を出た時には、一寸、地面がぬれておりましたので、"やっぱり、降りだしたか!"と思いましたが、地面がうっすら濡れた程度で、そのまま、夕方まで、雨は降らずに終わりました。今日は、手を抜こうと思っておりましたが、タイトル通り、

 "仕方なく、いつも通り"の一日でありました。

 若心経も、色即是空から、歴史的な話、全体の意味などを、著作権侵害の恐れまでして、ブログアップいたしました。般若心経については、これで十分で、後は、写経するなり、読経するなり、忘れるなり好きなようにすればよいのですが、それにしても、これで終わるには、少し、寂しすぎると思いまして、もう少し、受け売りといいますか、ご本の紹介をさせて頂きます。

 若心経の"心"は、何を意味するのだろうという話であります。何を意味していても、中身が分かっておれば、それで良いのですが、まあ、どんな、意味があるかを知ること自体は、悪い事は無かろうという話であります。

 "知ったかぶり"とか、"受け売りだけ"とか、"ひけらかしだけ"と云われると、当たっているだけにつらいのですが、中身のない人間のブログです。ご容赦の程を・・・。

続きを読む

sfree261jp at 16:01コメント(0) 
横浜 | 般若心経

2015年06月11日

 日の横浜、予報どおりと云えば、予報通りですが、もう少し、明るくてもよかってのでは?と思っております。曇りも、本当に、雨を思わせるような、曇りでありました。結局、日中は、雨は降りませんでしたがねぇ・・・。

 日も、平日モードを、辛うじて、守ったと思っております。朝、図書館行く前に、生活維持の為の雑用に関しての、来訪者がありまして、図書館到着が、少し、遅れました。午後も、その関連の来訪がありますので、余り"遠出"はできないと、新横浜を往復して、帰宅いたしました。帰宅しながら、ふと、思ったのですが、また、例の"閉塞感"というか、"息苦しさが始まったなぁ・・・。"と感じました。

 が家には、現時点では、初孫がいます。取り敢えず、母子ともに順調ですから、何の不足も無い筈なのであります。とは言うものの、現実的には、結構、気を使っております。日中は、殆ど寝ておりますから、余り、大きな音を立てるようなことはできません。また、頻度はそうないのですが、やはり、泣き出すと、"何故・・・。"、"どうして・・・。"と云うことになります。私自身は、本当に、何もしていませんが、やはり、多少の気は使っているのです。

 日は、偶々、軽井沢に逃げ込みました。お蔭で、気分一新となったのですが、そろそろ、その効果も"期限切れ"になってきたようです。体調の問題もあるのですが、"何だか、息苦しいなぁ・・・。"と、感じる今日、この頃であります。

 日も、昨日の続きで、般若心経のお話を致します。昨日は、歴史めいたものを書きましたので、今日は、その内容と云う事になります。しかし、元々、サンスクリット語を漢文に翻訳したものです。しかも、その内容は、崇高かつ微妙な宗教であります。そして、600巻に及ぶものを、266字にまとめたものであります。

 "れが、般若心経の内容ですと云える文章など出来る訳がありません。私は、何度か挑戦を致しましたが、自分で、納得と自信をもった文は、未だにできません。従って、私が読んだ本の中にあった文章を、転記して内容の紹介と致します。出典を明記していますので、著作権の侵害にはならないと思いますがねぇ・・・。
続きを読む

sfree261jp at 17:45コメント(0) 
横浜 | 般若心経

2015年06月10日

日の横浜、朝方は、結構、良い天気だったと思いますが、午後には、雲が多く・厚くなったと思います。気温は、陽が出ていない分、暑くは無かったのですが、梅雨のこの時期です。やはり、蒸し暑い一日でありました。確かに、暦通りの一日だったと言えるかもしれません。

日も、平凡な平日モードで過ごすつもりでしたが、我が家の奥様のお使いを頼まれて、仕方なくというか、止むを得ず、横浜まで買い物に出ました。

浜は、いつも通りの横浜で、特筆すべきことは何もないのですが、帰りの電車では、日吉駅で人身事故が起きたとのことでした。横浜駅で、館内放送を聞いていると、横浜中華街駅と菊名駅での往復運転をするとのことでした。ラッキーと思って、そのまま、ホームまで行ったのですが、ななかなか、電車が来ませんでした。

内放送をしていた時は、これから、その体制での運転の準備をすると云っているだけで、実際の運転開始までは、少し、時間が掛かる時であったようです。暫く、ホームで待っておりましたら、電車が来ましたので、帰宅いたしました。 読んでいる般若心経の本で、"何時何が起こるかわからないのだから、今を大切にしなければならない。即ち、今でしょう!"という話を、思い出しました。

、話題にしている般若心経は、なかなか、謎の多いものであります。紀元前1世紀頃から始まった、大乗仏教の思想は、"修行から悟りの世界へ"という小乗仏教の教えに、他への功徳(衆生救済)という考えを加えたものだそうです。この大乗仏教の発展に併せて、経典が作られました。

の中で、初期にできたのが、般若経だそうです。これは600巻にも及ぶ大教典ですが、このコアだけを取りまとめたのが、般若心経だそうです。そして、この般若心経を、誰が、何時、作ったのか等の、詳し事は分からないそうです。この心経の"心の文字"が何を意味するかも、諸説あるとのことであります。そして、本文は、266文字で出来ております。確かに、600巻の経典を266文字に集約するということは、信じられないほどの集約力なのですが、逆に、600巻の大部分は、どうでも良い事が書いてあるのですかねぇ・・・。

時も思っていた疑問の一つに、"お経の意味も解らずに、読経をしても功徳はあるのか?"ということがありました。今回、般若心経の本を読んで解ったことがあります。それは、元々のお経は、発祥の地インドの、サンスクリット語で書かれているのですが、それを、中国に仏教が伝わった時、漢文に訳したのであります。そして、現代では、サンスクリットで書かれた経典は、無くなっているものも多いのだそうです。

文に訳した人は、複数いるのですが、最大の功労者は、西遊記でおなじみの、僧・ゲンジョウ三蔵であります。般若心経も、ゲンジョウ三蔵が翻訳(7世紀)したものが、一番、知られているのだそうです。そして、我々は、漢訳されたものを、そのまま、日本語読みをしているのであります。漢訳されたと云っても、訳することができないもの(例えば、精神的な物など)や、固有名詞等は、漢字の中国語読みで表しているとのことであります。丁度、我々が、タカカナで表すように・・・。

続きを読む

sfree261jp at 16:24コメント(0) 
横浜 | 般若心経

2015年06月09日

  か、昨日、関東地方も梅雨入りしたと思うのですが、テレビでも、余り、その辺のことをはっきり言いませんでした。テレビの天気予報は、よく見ているのですがねぇ・・・。昨日の予報では、"今日の午前中は、可なりの雨"だったと思います。で、"そんなに強い雨ならば、これを理由に、図書館行きを止めよう・・・。"と思って就寝したのですが、今朝、起きてびっくりでありました。殆ど、雨が降っていなかったのであります。先に起きた家族からは、「朝方は、結構、降っていたのだけどねぇ。」と云われましたけどねぇ・・・・。

 方が無いので、少し、遅れ気味ではありましたが、図書館に向かいました。今日は、13時過ぎから、生活維持上の雑用のため、自宅に、訪問者があることになっていました。我が家の奥様からは、「13時頃には、帰宅しておいてね。」と云われておりましたので、図書館も、多少、短めに終わらすことに致しました。

 んなこんなで、今日も、ブログアップするものはありませんので、昨日の般若心経の文に、多少のいい訳(お詫び)をしたいと思っております。

 日の文では、如何にも、"般若心経の教えは、現代生活に合っていない"と云うような文になったのでないかと、思っております。

 に、そのように解釈をしての文ではあったのですが、私が引用した、"過去を追うな、未来を願うな・・・。"という文の、正しい解釈は、"色即是空"を修するのは、"今、此処で・・・。"という、時間と空間を言っているのだそうです。テレビで、人気者になってしまった林先生の言葉である、「今でしょう!」という言葉に近いのかもしれません。そして、"色即是空が真実であることを悟りなさい"と言っているのです。

 結局、考えている世界が、全く違っているのに、悟りもしないで、文字面だけを追っかけると、昨日のような文章になるのであります。

 みに、この"色即是空"と云う言葉の意味なのですが、巷間、如何にも、色は色恋で、是空は空しいという意味に、解釈している時が多いようです。勿論、これは、間違いであることを承知の上での用法なのですが、そのことを、全く、知らない人は、如何にもこれが、正しい解釈である様に思ってしまいます。私自身は、その解釈は、嘘・間違いであることは、感じておりましたが、だからと云って、正しい解釈は、今回、この本を読んで初めて知った次第です。

 ず、色とは、形あるもの全て物の総称だそうです。所謂、色恋とは、全く、違います。次に、空です。私には、空と云う言葉の、納得のいく解釈は、未だに、分かっていないのです。でも、おぼろげながら思っているのは、何もないという意味に、"固定したものは"とか、"不変なものは"と云う言葉を、つけないといけないようです。即ち、"皆がこの世に存在すると思っている物の全ては、心の持ちようで、どうにでもなるものであるし、また、それ自身も固定した物でもないし、世の中に不変なものは無い。"と云うことなのだと思っております。

 して、この色即是空こそが、世の大真理であり、これを悟れば、あらゆる苦しみから解放されると云うものだそうです。"般若 波羅蜜多の世界と知恵"にだどりつくということで、即ち、"悟り"の境地に至るということの様です。

 あの〜、これを書いている自分自身が、

 何を書いているのか、分からなくなることがあります。

 お釈迦様に言わせると、"迷い"と云うのが、全ての苦の始まりだとか・・・。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏・・・。御親族の方から、ご焼香を・・・。


sfree261jp at 16:04コメント(0) 
横浜 | 般若心経

2015年06月08日

 日の横浜、暦らしいと言えば、暦通りの一日だったと思います。朝から、如何にも雨が降りそうな天気でした。午後からは、雨の予報も出ていたと思いますが、どうなるのでしょうかねぇ。気温も、少し、蒸し暑いような気もしておりますが、6月も中旬近くですからねぇ・・・。"文句は言えないかなぁ・・・"。と思っております。

 日は、月曜日ですから、二日振りの平日モードです。"歳を取ったから"というだけでは無いと思いますが、やはり、休日明けの月曜日は、予定の行動にも、言いようのない抵抗感があるのは、否めない事実であります。でも、これを乗り越えなければ、今後の生活が、ぐじゅぐしゅになるのは、目に見えておりますから、何とか、ここは、頑張るしかありません。

 いうことで、今日も、一応、平日モードを守りましたし、午後は、新横浜をウロウロして、帰宅いたしました。本当に、何もない一日でした。 



 
回、申し上げておりますが、私の平日モードの午前中は、"区の図書館に行って、最低2時間は過ごす"ことになっております。この二時間以上を、"どう過ごすか?"ということで、賢人と凡人の差が出てくるのだとは、分かっております。でも、私も、完全な、凡人でありまして、未だに、確たる方針も無ければ、実績もありません。

 そういう中で、二、三か月くらい前から、般若心経の本を読んでおります。

 々、読書嫌いで、信者でもない私が、"何故、般若心経を読み始めたか?"と云いますと、京都の西芳寺(苔寺)を訪れたいと思っているからであります。このお寺は、昔は、一般公開をしておりました。でも、最近は、予約制で、行くと、まず、般若心経の写経をして、その後に、庭を見て回ることが許されるとの話を聞いたからであります。

 に角、字が下手な私にとって、"毛筆で写経"等と言われますと、"この歳で、フルマラソンを走れ!"と云われるのと、同じ事であります。我が家の奥様は、「簡単なことじゃない!」と言いますが、矢張り、私には、全く、自信が持てないのであります。

 れで、数ある般若心経の本から、写経を目的とした本(佐藤颯融 高木雛著 書き込み式 般若心経練習帳 主婦の友社)を買ってきました。でも、中々、毛筆の練習には届きません。これまで、一、二度、半紙を重ねての写経を致しました。本当の写経は、"横に置いて、見乍ら書くものだ"と云う事を知り、これにも、一度は挑戦いたしました。結果は、自分でも、吹き出してしまうほどの、出来でありました。亡くなった母が、「アンタの字は、ミミズが這ったような字だ。」と、良く言って居りまして、久しぶりに、母の顔と声を思い出しました。

 あ、苔寺の写経は、半紙を重ねての写経の筈ですし、まだ、時間はあります。ゆっくりやろうとは思っております。でも、同じ書くにしても、"意味も解らずに書くのも如何なものか?"と、思い始めまして、図書館で、解説も読み始めたと云うのが、これまでの、経緯です。

 日、その本を一通り読み終えました。その結果、般若心経の読経を練習したい、もう少し、解説を読みたいということで、もう一冊、CD付きの本(武田鏡村著 おもしろいほどよくわかる 般若心経 日本文芸社)を、買い足してしまいました。現在、その本を読んでおりますが、先日、"なる程・・・。解る!  でもねぇ・・・。"という処がありましたので、ご紹介いたします。

続きを読む

sfree261jp at 15:10コメント(0) 
横浜 | 般若心経

2015年06月06日

  日の横浜、予報通り、朝には雨は止んでおりました。明るい陽光がさして、その割には、気温は、結構、低めでありました。このままいけば、気温的には、午後はどうなるか予想がつきませんが、恐らく、また、"夏が来た!"と云いたくなるような、気温になるのだろうと思っております。

 日、来年のサミットの会場が決まりました。先日、軽井沢に行った時、街の中で、"軽井沢でサミットを!"というポスターを、結構、目にしました。 "何処に決まるか?"というのは、マスコミでも、いろいろ、云われておりましたし、誘致競争も華やかだったと聞いております。ですから、軽井沢でポスターを見た時は、"やっぱりねー・・・。"とおもいました。

 だ、私が同時に思ったことは、"町民的にはどうなんだろう?"と云う事であります。町民と云っても、色々な立場、考えの人がいる筈です。当然、軽井沢の活性化・経済的発展を願っている人は、軽井沢開催を、本心、願っていると思います。一方、商業・観光関係以外の人も、沢山、いるでしょうし、別荘族を始め観光客、特に、私の様に、軽井沢が好きで、度々、訪れている人たちは、どう思っているだろうということであります。

 は、私は、あのポスターを見た時、"気持ちは分かるけど、でもねぇ・・・。"ということを感じたのであります。"でもねぇ・・・。"の先は、"自分が良く行く処で、サミットというのは、誇らしい"と云う気持ちの反面、"その期間は、軽井沢全体が騒然としているのだろうなぁ・・・。その期間には、軽井沢に行けないのでは?"とも思ってしまいました。軽井沢の発展を願う人からすれば、"町の敵"と云われても、仕方が無い考え方でありますがね。

 は、今年の春、伊勢に行った時も、同じようなポスターを見ていたのであります。でも、軽井沢で見た時のような感覚は、感じませんでした。"そう言えば、伊勢も候補に挙がっていたよねぇ・・・。"程度でありました。"この差は何なのだろう"と思いました。結論としては、それは、やはり、"思い入れの差"であろうと言うことでありました。

 の10年以上、毎年、3、40泊している軽井沢と、憧れはあったとしても、初めて行った伊勢との差であったのだろうと思っております。まあ、私が思っていたことは、軽井沢の町民の皆様にとっては、容認できないものであることも、十分、分かっているつもりでありますがねぇ・・・。私だって、夏の暑い時に、日本に呼ばれた外国の賓客が、一番、過ごしやすい所であっただろうとは、良く解っておりますがねぇ・・・。


sfree261jp at 11:39コメント(0) 
横浜 

2015年06月05日

 日の横浜、午前中も雲の多い天気でしたが、午後16時頃からは雨になりました。まだ、気温は高めですが、一時から比べると、暦に近くなったと思います。今週は、娘と孫の検診がありましたので、一日だけは、平日モードが守れませんでしたが、その他は、何とか、平日モードを守りましたので、自分でも、納得の一週間であったと思います。

 日も、一応、午前中は図書館で過ごしました。午後は、横浜に生活維持上の用事をこなすため、JR横浜駅周辺に行ってきました。今日の横浜は、あまり、街中をウロウロできませんでしたが、正に、普通の横浜であったと思います。人出が、多いでも無く、少ないでもなく、特に、何かイベントがあるでもなく・・・。正に、普通の横浜であったのではないかと、勝手に、思っております。

 レビでは、今日の雨を以て、関東の梅雨入りを宣言するそうです。一時は、梅雨入りは、6月15日以降と云うような話も、あったかと思いますが、意外と、早くなったようですねぇ・・・。

 異常気象と云われながらも、何とか、梅雨入りになったようです。でも、今年は、本当に、変な天気の連続でありましたねぇ・・・。

 と、ブログアップは致しましたが、今晩の梅雨入り宣言は、見送りになったそうです。


sfree261jp at 17:31コメント(0) 
横浜 

2015年06月04日

 日の横浜、取り敢えず、晴れです。その割には、気温がそんなに高くなく、先日の様に、"夏到来!"等と云いたくなる程ではありませんでした。昨日は、思いもよらない"雨漏り"騒ぎでありました。久しぶりに、雨漏り現象を目の当たりに致しました。我が家の奥様も言っていましたが、矢張り、我が家で、雨漏りを"目の当たり"にするのは、本当に、侘しいものでありますねぇ・・・。昨日は、近い所で、二か所も雨漏りでしたから、余計、感じたのかもしれません。(テレビでは、気温は高かったが、湿度が低かったので、余り、暑さを感じなかったと云っております。)

 も止みましたし、工事も終了致しました。取り敢えず、昨日、夜八時近くに雨漏りも止まりました。でも、その後は、雨が降っておりませんので、本当に、雨漏りが止まったのかどうかは、不明なのであります。取り敢えず、それらしい穴は、ふさいだのですがねぇ・・・。今度、雨が降るのが、楽しみのような、怖いような・・・。

 日は、本来ならば、平日モードで、淡々と過ごす筈の日でありましたが、我が家の娘が出産をしてから、2週間が経ち、検診の日でありました。孫の世話に関しては、普段、殆ど関係の無い私ですが、今日は、普段より30分も早く起こされ、病院の往復に付き合わされました。帰宅したのは、14時近くになっていたと思います。特に、何をしたというのではないのですが、片道1時間弱の運転と、病院で半日近くウロウロしただけで、帰宅すると、我が家の奥様も含めて、"何だか疲れたなぁ"と、言い合っておりました。

  矢張り、歳なのですねぇ・・・。

 鎌倉散歩(50)

 回のお寺は、江の島周辺のお寺と云う事で、地図で探したものであります。結局、モノーレールの江ノ島駅を取り囲むように、5つのお寺を見つけました。 今日は、5寺の内の最後の2寺で、霊鷲寺と法源寺であります。鎌倉のお寺は禅宗か日蓮宗のお寺が殆どで、小規模なお寺が多いのです。今回の5寺の内、既に、アップした3寺は、全部、日蓮宗でありましたし、龍ノ口寺以外は、小規模なお寺でした。ただ、今回は、聞いたことも無い宗派のお寺が一つと、また、日蓮とぼたもちの話を聞かされました。

 いたことも無い宗派とは、佛眼宗 霊鷲寺であります。地図を頼りに、うろうろして見つけたお寺であります。で、見つけてびっくりでした。普通の民家に、看板だけ佛眼宗 霊鷲寺とありました。それ以外は、まさに、普通の民家です。

 "書いてあるのだから、間違いないだろう"と思い、写真だけ撮って帰りました。帰宅して、インターネットで調べてみますと、あるのですねぇ・・・。我が家の宗派、浄土真宗も西本願寺派から分かれた宗派でした。正確には、新興宗教の類の様です。

 
も、信者ではありませんので、新興宗教だから、"どうこう"とは思っておりません。でも、宗教心が薄い分、興味も無ければ、知りたいとも思わないのであります。そういうことですから、インターネットで、存在を確認した後も、"へえっ・・・"という気持ち以外には、何もありませんでした。

 後は、法源寺です。この寺は、地図では、"ぼたもち寺"とかいてありました。その時は、" きっと、正式な名前は別にあるのだろう"と思っておりました。地図を頼りに歩いておりますと、何か石碑の様なものがあり、その説明版には法源寺と書いてありました。これが、ぼたもち寺の正式名称とは、帰りにもう一度見直したときに、"そうだったのだ"と納得した次第です。
 

 蓮とぼたもちの話は、このブログで鎌倉散歩の18回目の妙長寺で、同じ話を聞いた記憶がありました。ブログを見直したのですが、ぼたもちの話は、アップしていませんでした。でも、妙長寺で、ぼたもちと日蓮の話は、看板で見たと思うのですがねぇ・・・。

 
続きを読む

sfree261jp at 17:30コメント(0) 
横浜 | 鎌倉散歩

2015年06月03日

  今日も、何時もの平日モードて゛、"何事も無く終わるもの"と思っておりました。

 かに、予報でも、雨模様と云う事は言っておりましたので、天気については、今までの様には、行かない事は知っていました。朝も、傘をさしての図書館行きでありました。

 「何も、こんな日に図書館に行かなくでも良いじゃない。」という、家族の言葉を、振り切っての図書館行きでありました。それでも、お昼頃、図書館を終わって帰宅する時には、傘をささなくても、支障はないという状態にまで、なっておりました。

 宅すると、我が家の奥様が「あのねぇ・・・。さっきから、雨漏りがしているのよ・・・。建築会社に連絡したら、専門業者の人が、もうすぐ、来てくれるのだって・・・。」と、言ってきました。「何処なの?」と私が聞きますと、指をさして教えてくれました。確かに、家の中なのに、"ぼたぼた"と水か落ちております。上も見ても、原因が分かりません。私は、「兎に角、専門業者の人が来るまでは、どうしようもないよね!」と、云って、仏頂面をするしか方法がありませんでした。

 、雨水がぼたぼた落ちているのを見ていますと、別の処からも、水が落ちておりました。私のパソコンのすく傍であります。その為、私のパソコンは、雨水の(直撃ではありませんが)飛び跳ねで、水浸しでありました。よく見ると、その傍に置いていたカメラボックスも、"ずぶ濡れ"なのであります。幸い、蓋は締めておりましたので、カメラ本体には、影響は無かった筈ですがねぇ・・・。

 が家の奥様に、それを言うと、「えっ、そこも、雨漏りしているの? 知らなかった。」との仰せであります。暫くは、拭き掃除で、バタバタしてしておりましたが、掃除をして、雨水受けを置きますと、後は、待つしかありません。やっと、苛々しながら待っていた業者さんが、来てくれました(午後2時頃です)。

 も、予想はしていたのですが、雨漏り箇所の上は、二階のベランダ、兼、洗濯物干場なのです。そこの、水密が壊れて、水滴が、一階の天井にしみこみ、雨漏りを始めたようです。専門業者さんの見立てもその様でして、入念に水密状態を調べ始めました。

 時間くらいして、「これでしょうね・・。」と教えてくれました。何でも、水密膜のジョイントの処で、3箇所も穴が開いていたそうです。原因は、正確には分かりませんが、地震等の振動などで、水蜜膜のジョイントが開いたのでしょうと云う事でありました。我が家も、築15年になりましたし、その間、東日本大震災を始め、幾つもの地震を経験いたしました。まあ、水密膜のジョイントが、ずれてしまっても、文句は言えないのでしょう・・・。

 日、四時ごろには、水密の為の工事は終わりましたが、雨漏りは、一階の天井裏に残っている雨水が無くなるまで終わりません。結局、8時近くまでかかってしまいました。私も、それまで、パソコンの操作ができませんで、今日のこのブログをアップするだけで、精一杯でありました。

 当は、今日で、鎌倉散歩の中締めにしようと思っていたのですが、こう、気勢はそがれるは、取り掛かりは遅れるわでは、鎌倉散歩までは届きません。できれば、明日には、"鎌倉散歩の中締"めとしたいと思います。

人間 明日は

何が起きるか

解りませんですねぇ!


sfree261jp at 21:13コメント(0) 
横浜 

2015年06月02日

 日の横浜、全天曇り空です。午後には、"今日は、雨の予報が出ていたっけ?"と、思うほどの天気でした。気温は、相変わらずの暑さでありましたけどね。

 日、頑張って、久しぶりの平日モードで過ごしました。お蔭で、今日は、余り、抵抗感もなく平日モードを過ごしました。逆に言えば、特に、ブログアップすることもないような、平凡な一日でもありました。我が孫も、順調に毎日を過ごしております。

 "寝る子は育つ"という言葉ありますが、本当に、良く寝る赤ちゃんであります。娘に言わせますと、夜は、起きて「ふぎゃ ふぎゃ(泣いてはいないそうです)。」と、言っている時が、結構、あるそうです。それにしても、昼間、こんなに良く寝る子は、初めてだと思っていました。でも、良く考えてみると、我が子の場合は、生まれて直ぐは、妻の実家に居ましたので、我が子のというか、生まれたての赤ちゃんがどのようなものかを、全く知らなかったのであります。ですから、良く寝るも、寝ないも、普通の状況を、知らなかったのであります。ただ、自分で予想していたより、良く寝る子であったというだけのことであります。

 まあ、こういう、平凡な日も、良いものであります。

鎌倉散歩(49)

 
 回は、龍口寺です。江ノ島では最大の(と思っている)お寺であります。行って知ったのですが、ここは、昔から刑場だったそうです。そして、日蓮が立正安国論を書き、これを読んだ、時の政府は、日蓮を罪人と判断して、此処で処刑することにしたそうです。でも、いざ、処刑の段になった時、稲妻がはしり、処刑人が処刑できなくなったそうです。それが基で、日蓮の処刑は中止され、釈放になったそうです。

 の様な出来事が基で、ここにお寺が出来て龍口寺となったそうです。因みに、龍口というのは、元々、此処には5つの頭を持つ龍が住んでいて、その内の一つの頭の口が、此処にあったからだということを、何処かに書いてありました。記憶違いかもしれませんがねぇ・・・。

 の龍口寺の、直ぐ横と云うか、前と云うか隣接した処に、龍口明神社と云うものがあります。鳥居はちゃんとあるのですが、鳥居をくぐってしまうと、中が、どうなっているのか良く解らない神社なのです。結局、何が何だか分からないまま、神社本体には、行かずじまいになったなのですが、何だったのでしょうねぇ・・・。神社があるとすれば、何処から入るのでしょうねぇ・・・。
続きを読む

sfree261jp at 16:27コメント(0) 
鎌倉散歩 | 横浜

2015年06月01日

  夏ですねぇ・・・!

 日、午前中、図書館に行く時にそう感じました。何だか、梅雨明け直後のような感じがしました。例えば、7月の終わり頃だとか・・・。まだ、六月の一日で、梅雨も始まっていないのにねぇ・・・。世の中どうなっているのでしょう・・。やはり、地球が壊れているのかもしれませんねぇ・・・。この処、地震も多いですし、火山も噴火しておりますからねぇ・・・。

 しぶりに、平日モードを過ごしました。先週、水曜日には、長女の退院の為に、色々、ありましたし、その次の日からは、軽井沢に行きましたので、中、五日ぶりの平日モードでした。いつもそうなのですが、少し、間を開けての平日モードは、何か、心身に、抵抗感を感じます。

 うはいうものの、スタート時間は遅れましたが、平日モードでやるべきことは、こなした積りであります。そして、午後は、ストックが無くなった珈琲の補充のため、横浜のデパートに行きました。

 週、軽井沢に行きましたので、"少し、心の緊張がほぐれたかなぁ・・・。"と思っております。我が娘と孫は、取り敢えず、順調な日々を送っております。娘も、オール母乳で育てており、孫の方も順調の様ですから、我々夫婦の負担は、思ったより、軽かったのでないかと思っております。

 う云いますと、我が家の奥様からは、「貴方は、何もしていないじゃないの! 何もないで負担は無いでしょう!」と、云われそうであります。 まあ、事実でありますがねぇ・・・。

お産に関しては、男は、

"何の役にも たたない"

のが、世の常であります。

  鎌倉散歩(48)

  蓮寺の次に行ったのが、常立寺であります。本蓮寺を案内してくれた、件の女生徒さんから、「常立寺には行かないのですか?あそこは、本蓮寺よりは、大きなお寺ですし、訪れる人も多いと思いますよ。」と、云われたお寺です。私の地図の中にも、訪れる寺としてマークが付いておりましたので、私への信用も、少しは、上がったと思います。

  蓮寺より大きいとは言え、やはり、鎌倉のお寺です。確かに、本蓮寺よりは大きかったのですが、そんなに大きなお寺ではありません。また、同じ、日蓮宗でありますし、説明版も、塔についてのみあるだけです。

 あ、前にも申し上げましたが、お寺は信者の為にあるのですから、説明版が無くても、仕方が無いのです。でも、大乗仏教の趣旨でもある"修行者だけでなく、衆生も救う"という観点からは、寺の由来や歴史位、あっても良いと思いますがねぇ・・・。勿論、お寺にも、元々、ある人が修行の為に築いた"庵"みたいなものがお寺になっている場合もありますからねぇ・・・。

   の寺廻の中で、未だに、解けない謎になっております、「何のために、寺廻をしているのか?」を改めて考えさせれらるお寺でもありました。でも、決して、後悔している訳ではありません。満足をしているのです。

念のため!続きを読む

sfree261jp at 17:07コメント(0) 
横浜 | 鎌倉散歩
Archives
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
Categories
Recent TrackBacks