2016年06月

2016年06月30日

 うとう、6月も最後の日となりました。もう、今年の半分が終わったのですよね。”月日の経つのは早いものだ”と思いますし、特に、今年は、この六か月の間、思いもよらない経験を致しましたからねぇ。

 月22日に退院をして自宅療養をしておりましたが、退院して直ぐの頃は、思っていたよりは回復が遅いので、少し、イラついておりました。そして、勝手に、6月の終わりまで療養を続ければ、7月には手術前の状態に近くなるのではと期待しておりました。

 して、今日、6月の最終日になったのであります。結果としては、期待通りの処もありましたが、”まだか!”と思うところもあり、評価の表現は難しいのです。特に、昨日までは、何だか、体がだるく、この2日間は、家から出ずに静養しておりました。今朝は、起きた時から体が軽く、”あぁ〜、あの怠さから、やっと、脱出できた”と思いました。

 後には、”試しに散歩に出てみよう。”と決めて、散歩を兼ねて近くのスーパーマーケットに行くことにしました。そして、家を出て数mを歩いた時は、本当に、手術前の状態で歩くことが出来ましたので、”治った!”と思ったほどであります。

 ぁ〜やれやれ”と思っていたのですが、ほんの20、30m程度歩いた時には、また、退院した時と同じような状態になりました。即ち、視力がおかしくなりましたし、”めまい”に近い状態になりました。だからと言って、歩けない訳では無いので、何とか、予定した行動を終えて帰宅いたしました。20分程度の”歩き”でしたが、帰宅して、我が家の奥さんから「どうだったの?」と云われて、「うぅ〜ん」と云って、暫く、次の言葉が出ませんでした。

 を出る時の感じと、帰宅した時の感じが、可なり違ったので、喜びと失望とが、ごちゃごちゃで説明しずらいのですが、少しの時間とは言え、”全快”を感じられたのは、”良い事”と自分を慰めることにしました。

 の様な一日でしたから、今日も、アップするものありません。テレビを見ていて、思ったのですが、世の中、参議院、東京都知事の選挙の話で、一杯であります。でも、都知事にしても立候補者選定では、えっ!と思うようなこともありましたし、やはり、世の中、色々あるのですねぇ・・・。

 やはり、生きてて良かった!と、言うべきなのですかねぇ・・・。



sfree261jp at 19:25コメント(0) 
横浜 

2016年06月28日

日も一日療養に勤めました。退院して直ぐは、嬉しさもあり、また、早く術前の状態に、早く、近づきたいと、勇んだ処もあり、意識的に外出をしました。それが悪かったのかもしれませんが、昨日一昨日と、体が重く、体を動かすになりませんでした。それで、この二日間は、家から一歩も出ずに、静養に努めました。お陰様で、今朝は、昨日とは違った感覚で目覚めましたし、一日、今までの中では一番体が軽い日でした。勿論、視力、ふらつきの問題等の個々の症状は残っておりますが、退院当時からすると、少しづつですか゛、快方に向かっている実感はあります。何度も言いますが、”日にち薬”と諦めて、静養を続けることに致します。考えてみれば、療養と称して”何もしないで一日を過ごす”と言うことは、人生のうちで、一番、楽な時間かもしれないと、考えるように致しました。

、言うことで、今日もブログネタはありませんので、また、イギリスのお話などして、お茶を濁すことに致します。先日のブログで、”同じ、民主主義でも、そのやり方で、イギリスと日本とこんなに違う”や、”国民投票の結果が、正しいかどうかは、分からない”と云う趣旨の事を、アップしました。

も、その意見は変わっておりませんし、報道では、今のイギリスでは、”離脱と投票した人でも、やり直したいと言っている。”と云われております。そう思っている人が、本当に、どれだけいるのかは分かりませんが、全く、別なことを想定して、離脱に投票した人は多いと思います。

の言いたいことは、現実の選挙結果がどうこう言うのではありません。今回のイギリスの選挙は、民主主義の弱点を露呈したものだと思うのであります。

主主義は、”問題の正解は、賛成する人が多いものにある。”という原則に基づいていると思うのですが、その国民の判断基準は、感情やその時のムードや風評に大きく左右されます。求めている利益も、人によってバラバラです。そのような状態で、”正しい答えは、賛成する人が多い方”と云うのは、難しい話ですねぇ・・・。一つ間違えば、たけしの”みんなで渡れば、怖くない”の世界ですよねぇ・・・。

も、これ以外に、良い方法が無いのも、現実であります。再投票の要求の話もあると言われておりますが、これで、再投票をすると、イギリスの民主主義は、空中分解してしまうのでしょうねぇ・・・。
続きを読む

sfree261jp at 17:10コメント(0) 
横浜 

2016年06月27日

 日は、梅雨の最中ですが、青空が見える天気でした。この為、当然ですが、暑い一日でした。まあ、暦通りの一日と言えると思います。今日も、一日、家に閉じこもったまま、勝手な推測をしております。

 ギリスのEU離脱から、最初のウィーディの月曜日です。”どうなるのだろう?”と云う、心配もありましたが、私としては、意外に静かな一日であったと思います。そして、円にしても株にしても、少し、戻した様です。やはり、金曜日は過剰な反応だったという事ですかねぇ・・・。これで、リーマンショックの時の様に、日を追うごとに状況の悪化というのはなさそうだと思いました。問題は、この状態から、何時どのような形で、脱出出来るのかであります。問題の原因が、経済のシステムの人為的かつ、急激な変化でありますので、新しいシステムでの経済活動がスムーズに動くようになるまでは、続くのだろうと思います。

 の勝手な予想ですが、これから暫くは、何時でもさらに悪化するという危険要素を持ちながら、今の様な状態が続くのであろうと思っております。即ち、円・ドルは100円/ドル前後、日経平均は15000〜15500円程度で推移すると思っています。私の、勝手な、且つ、何の裏付けも無い直観ですがねぇ・・・。

 また、我慢の毎日ですかねぇ・・・。

 退院をして、5日程経ちました。病院で退院が近づいてきた時、私の想像では、今日あたりから旅行に出ている筈でした。入院中は、”退院したら、何処に旅行に行こうか?”と悩んでおりました。まず”第一に、京都に行って、その後、何処か温泉地に・・・。”とまでは考えていたのですが、帰宅してから、それが無理であると言うことに、初めて、気が付きました。

 力的には、行けば行けるのでしょうが、体に、可なりの無理を強いることになりますし、気持ちとしては、無事に帰ってくる自信がありません。第一、”行こう!”という気持ちが、湧かないのであります。何処がどうというものでは無いのですが、目の状態と共に、体が重く、もう一つ体を動かすのが”しんどい”のです。

 れでも、体のふらつきなど、個々の症状で、少しづつ改善はしておりますので、暫くは、”静養すると言うのが一番の方法かな?”と納得しております。お金も使いませんからね・・・。そして、今週を静かに過ごせば、大分、回復の実感を得られるのではと、期待しております。


果報は寝て待て!ですかねぇ・・・。

sfree261jp at 17:01コメント(2) 
渋谷 

2016年06月25日

 日も、昨日に引き続き、外出しませんでしたので、天候の様子は良く解りません。確か、予報では”30゜C位になる”と云っていたと思うのですが、風が有ったためか、家の中に居る限り、余り、暑さは感じませんでした。

 調は、順調に回復しているとは思うのですが、昨日から、もう一つ体が重いのです。”何処がどう”と言う訳ではありませんが、風邪のひき始めの様な感じがしております。22日に帰宅してから、”少し、体を動かし過ぎたのかなぁ・・・。”という反省もあって、昨日から、自宅での静養に努めております。

 れでも、それで納得して、家に留まっていれるのは、矢張り、何か疲れのようなものが残っているのでしょうねぇ・・・。考えてみれば、まだ、手術をして16日しか、経っておりませんからねぇ・・・。やはり、如何に私が歳を取ったかということと、やはり、大きな手術だったということでしょう。頭蓋骨まで動かす手術ですからねぇ・・・。

 という事で、今日も休養の一日とさせて頂きます。


土曜日だったせいでしょうか、昨日のイギリスのEU離脱のニュースの割には、静かな一日だったと思っております。”知らぬが仏!”と云う事でしょうかねぇ・・・。

嵐の前の静けさですかねぇ・・・。


sfree261jp at 17:24コメント(0) 
横浜 | 

2016年06月24日

 日は一日、自宅で静養にしました。退院から二日目の今日ですが、何故か、体が重く、体を動かすのが気が進まなかったからであります。特に、”めまい”を激しく感じております。”めまい”は、昨日のブログでは書きませんでしたが、術後、ずっと私を悩ましているものなのです。これは、日ごとに程度、時間が異なるのですが、肉体的な痛みは無い分くない分、気分は本当に良くないです。

 の”めまい”を始め、その他の手術の影響を感じる度に、「大きな手術を受けたのだなあ。」と納得をしております。私自身も、6月一杯は、入院生活の延長と思うことにしております。退院する時、病院のリハビリ担当の先生から「一人で外出はしないでください。」と云われた時は、そんな大げさなと思っていましたが、実際に、やってみると、”むべなるかな”と、感じております。

 自身は、そんな状態ですが、今日はイギリスの国民投票結果が、明らかになりました。事前の予想とは、外れた結果となり、びっくりもしていますし、困ってもおります。また、リーマンショックの時の様な、円高株安の不景気状態になる可能性があるからです。だからと云って、私が何かを出来る訳ではありません。ただ、ただ、襲ってくるものに、耐えるだけなのであります。折角、少し、希望が持てそうになってきたのに、また、振りだしに戻れ!ですからねぇ・・・。

 もね、今回のイギリスの国民投票をみていますと、同じ民主主義でありながら、日本とイギリスの違いを感じたのであります。日本では、今回の様な手法は、絶対、ありえないと思います。

 かに、如何にも民主主義の手法で、スマートな感じがいたします。ただ、問題は、”国民の意思で決めた事でありますが、それが、ベストのものであるのかどうかは、保証の限りでは無い”と云う事です。勿論、政治が常に正しいと言うことでもありませんがね・・・。


 さてさて、何時から不況は始まるのでしょうねぇ・・・。 


sfree261jp at 18:45コメント(0) 
横浜 

2016年06月23日

一か月ぶりの投稿です。いかにも、仰々しいタイトルの様ですが、私自身は、そうは思っておりません。5月までは、認知症になったと思い、その関係のお医者さんを訪ねておりました。で、結果的には、我ながらとんでもない病気にかかっておりまして、6月の9日に手術をして、22日に退院帰宅いたしました。

の手術も、頭の手術でして、頭蓋骨の下で”脳”を包んでいる膜に出来た腫瘍を取り除くという手術だったそうです。言わゆる脳腫瘍だったそうです。本人から致しますと、5月の終わり部分から、手術の麻酔から完全に醒めるまでの間の記憶は殆ど無いので、何を言われても「あぁ、そうですかとしか」言いようが無いのでありました。

の様な手術ですから、生還したといっても過言ではないと思っております。そして、そのような手術の割に、手術の影響も少なく、可なり、手術前に近い状態で帰宅できたと思っています。とは言うものの、無傷と言う訳にはまいりません。当然、一か月弱の病院生活ですから、体力の低下は免れません。覚悟はしていたものの、予想以上の体力低下に驚いております。

の他に、やはり、頭の手術なのですねぇ・・・。若干、右半身の動きが鈍くなっているような気がしておりますし、記憶力、単語力は手術前の半分とは言いませんが、7割程度まで落ちております。そして、今、私を悩ましているのは、視力の低下であります。

が見えないのではなく、まともに見えないのであります。例えば、一個のものが二個に見えたり、平行線が、平行に見えないのであります。私も、唖然としたのは、階段の前に立つと、階段が平行線の積み重ねでは無く、*の様な線の山に見えます。現在は、手すりをしっかり持って、”感”で歩幅を想定して上り下りしておりますし、このブログも、片目で打っております。

だまだ、色々書きたいのですが、上記の様な状態ですから、これ以上、長い文は無理です。今日は、これで終わりにします。

*銀行などの暗証番号(パスワード)を忘れている場合があり、今日も、結構慌てる場面がありました(ぼんやりは覚えているようですがね)。やはり、頭の手術を受けたのですねぇ・・・。正に、生還できただけで、幸せ!と云わなければいけないのですねぇ・・・。

続きを読む

sfree261jp at 21:20コメント(0) 
横浜 | 
Archives
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
Categories
Recent TrackBacks