2017年12月11日

今日の横浜、過日の福岡(3)

 もう、12月ですから、午前中に図書館に行く"平日モード"で過ごそうとは思っていませんが、福岡滞在中の非日常の生活を、横浜でも行う訳にはまいりません。図書館に行く平日モードではありませんが、やはり、現実生活に基づく行動をしなければなりません。
今日は、脳腫瘍の術後経過を確認するための検査・診察の日でもありました。検査自体は、これまでも、何回か行っておりますので、心配はしておりませんでした。結果は、術後に関しても問題はありませんでしたし、血管系等の手術とは関係ない部分についても異常はありませんでした。一応、予想通りでありましたので、取り敢えず、ホッとすると同時に、今日を今までの非日常の生活からの復帰の日にしようと思っています。

 非日常からの復帰と申しましても、要は、精神的なものでありまして、生活の行動自体に大きな変化がある訳ではありません。でもねぇ、"気持ちを切り替える"って、結構、難しいのですよ。特に、外的条件が変わらないのに、自分の気持ちだけ"より規律ある生活"に切り替えるって、結構、大変なのですよねぇ。さてさて、明日からの生活は、元に戻りますかねぇ・・・。

我が故郷の街、福岡・博多(滞在中の行動)

 実は、福岡に行く前には、明確な行動予定を立てておりませんでした。ただ、漠然と、"長期間の滞在"をしようという事と、久しぶりに"カメラ撮影をしよう"でありました。
また、これとは別に、"郷里と思っている福岡の事を、もう少し知ろう"という事と、"子供の頃に見た風景を、改めて見てみよう"という事でありました。

 そんなに強く思っていたのではありませんが、インターネットで調べた、昔住んでいた場所の地図や、福岡の観光案内等の資料は持って行きました。結果的には、半分も行けなかった(行かなかった)のですが、それでも何か所かは達成いたしました。それはそれで、意義はあったと思います。

 他人にこの話を致しますと、「多くの年寄りは同じ事を考えるよ。」と、実例を挙げて言われました。一番ショックだったのは、在福の従妹から、「90歳を越した叔父が、最近、あんたと同じ事を云い出したのよねぇ。」と言われたことであります。



 今日のお話は、カメラ撮影での失敗のお話です。
 私がカメラを撮ろうと思った時は、本気度が最大でありますと、レンズ装着した一眼レフ二台と、300mmの望遠レンズを持って行きます。今回は、それ程までの本気度ではありませんでしたので、レンズ装着の一眼レフ二台のみでありました。それでも、重さは5kg近くはあると思います。また、撮影対象も、今回は、"今まで挑戦してない物にも挑戦してみよう"とも思っておりました。

 前
にも申し上げましたが、今回の福岡では、色々なイベントがありました。その内、マラソンについては、若いころには、実際に見たこともありますし、何とか、撮影できるだろうと思い、撮影に挑戦することにしました。

 福岡の国際マラソンは、お昼頃に平和台競技場をスタートして、国道3号を経由して雁ノ巣折り返しと記憶しておりました。買い物の用事もあるので、お昼過ぎに天神に出て、少し、海方向に歩けば撮影できる筈と思っておりました。

 天神で買い物を済ませて、"いざマラソンに!"と周辺を歩き廻ったのですが、それらしい雰囲気は何もありませんでした。思いつく処を行き尽くした後で、携帯のインターネットで確認をしたところ、開いてびっくりでした。スタート場所も、コースも時間も全く別物でして、私が天神にいる頃には、マラソンは、既に、終わっている事になっておりました。その時は、そう見えたのですが、今見直すと、コースは大きく変わっていたものの、時間的にはそんなに変わっていなかったようです。その時は、"何を見ていたのだろう?"と、未だに不思議なのです。

 何れにしても、コースは大きく変わっておりました。天神に向かう時、藤崎駅の周りで、道路にマラソンコースによくある朝日新聞の三角旗が釣っておるのを見て、"んっ"とは思ったのですが、まさか、コースがこんなに変わっているとは思いもよりませんでした。考えてみれば、私の記憶は、半世紀近く昔のことですからねぇ・

 世の中は、変わっているのです。故郷のマラソンも、半世紀近くも昔のままではありません。カメラバックの重さと、時の経過を実感した時でありました。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



sfree261jp at 14:05コメント(0) 
横浜 | 我が故郷、福岡

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
Categories
Recent TrackBacks