2017年12月18日

今日の横浜、過日の福岡(8)

 日一日、無難に過ぎたと言える日ではありました。
 出来事と言えば、東急線及びJRの菊名駅の工事の内、階段とエレベーターの工事概成して、昨日から利用できるようになりました。工事自体はまだまだなのですがね。
 普段であれば、何ということも無い話なのですが、実は、この度、第二子を出産した我が娘が、一番、喜んでいるのであります。

 言うのは、これまで、菊名駅は線路を挟んでエレベーターが無かったのであります。乳母車の娘は、他の皆さんと同じように、乳母車で東急ストアーの荷物兼用のエレベーターに乗せててもらって、我が家まで子ずれで歩いて来ておりました。お店の人も、快く載せてはくれるのですが、やはり、お仕事の手を止めてのエレベーターです。私も、同乗したこともありますが、やはり、申し訳ない気持ちは禁じえなかったのであります。

 間、人の気持ちはなかなか伝わらないのですねぇ。私も、ベビーカーの人の苦労は分かりませんでした。言葉があるのだから、伝わる筈ですが、頭で解っても、実感として納得するのは、難しいのであります。

 くない事なのですが、だから、社会が成り立っているのかもしれません!  確か、武者小路実篤も同じことを言ってたいと思います。私の記憶だけですがね。

 我が故郷の街 福岡・博多(宇美町)
 回の福岡滞在は色々な思いでありましたが、幼年期に自分が生活した処を訪ねてみたいというのも、テーマの一つでした。在福の従妹に「90歳を過ぎた叔父が、同じようなことを考え、かつ、行動しているよ。」と言われて、少し、淋しくなりましたがねぇ・・。

 
初に選んだのは福岡市の傍に在る宇美町であります。選んだ理由は、福岡市に近い事、この町で小学校に入学したことでありました。我ながら不思議なのですが、小学校の校門付近の景色と、通学路の数ポイント、自宅付近の風景のみが断片的に記憶として残っております。うん十年前の小学校入学当時の記憶ですから、当然と言えば当然なのですが、何故、そのシーンだけが記憶に残っているのかわかりません。

 指したのは、記憶にある風景(特に小学校)を確認する事、通学路を思い出すことでした。できれば、住んでいた家も確認したいとは思っていたのですが、当時あった炭鉱はとっくに閉山になっております。単に無くなっているだけでなく、その地域全体が変わっている筈ですから、無理だろうと思っておりました。

 美町はJR福岡駅から、バスで一時間くらいの処でした。当時からそれくらい要していたと記憶しておりましたので、もっと、短時間で着くと思っていたのですが、経路が色々変わっておりまして、所用時間は変わらなかったようです。取り敢えず、記憶にある小学校の名前から、インターネットで探索して地図を得ました。そして、この地図を頼りに、先ず、小学校を確認して、それから、通学路を思い出し、出来れば、自宅があった所まで行きたいと思って出発いたしました。



 学校には割合簡単に辿り着きましたが、やはり、其処が記憶通りの場所であり、自分が入学した学校に間違いないと分かった時には、思わず、胸に熱いものを感じました。本心は、学校を訪ね、私が在学したことを証明する何かが残っていないか聞いてみたかったのですが、今日の学校は、色々な事件があり、予約をしていないと不審者扱いであります。学校に入るのは諦めました。

 学校に続いて、通学路を確定するのは、結構、難しかったのです。時間切れで、おぼろげながらしか見つけられなかったのですが、それでも、遠景ながら当時住んでいた付近を確認できました。もう一度行けば、見つけ出すことは可能だろうと思っております。結構、ウロウロした後で、自分が住んでいた処はあそこらしいと確信した時は、また、胸に熱いものを感じてしまいました。単に、個人の懐古趣味だけの話なのですが、この気持ちは表現しがたいものでありました。言葉で表現が出来れば、"私も文章が上手だ!"と自慢できるのですがねぇ・・・。入学した小学校に行ってみたいと思うのは、やはり、歳の所為ですかねぇ!

(下・左)私が入学した宇美小学校です。校門、橋、川が、記憶通りでありました。(下・右)通学の時、通った筈の宇美八幡宮です。この神社のどちらの道を通っていたかが、中々、思い出せませんでした。
17121711712174






(下・左)このクスの大木を見た瞬間、この木だ!と確信致しました。(下・右)黒丸で囲んだ処辺りに、家があった筈です。あの斜面が記憶と一致しましたので・・・。

17121731712175

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



sfree261jp at 20:31コメント(0) 
横浜 | 我が故郷、福岡

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
Categories
Recent TrackBacks