2018年06月13日

筋書き通りですけどねぇ・・・。

 定通り、筋書通り米・北朝鮮の話は終わりました。
 お互い、笑顔での会談であったようであります。しかし、現実には、お互いが満足する筋書などは有り得ない訳で、何処かに、不明確な処・曖昧な処を残しての結末であろうと思います。今日になってのマスコミの評論は、一斉に、具体性が無いということで、会談失敗説まで飛び出しております。勿論、現在の北朝鮮が、我々の想像を超えた状態にあるという可能性は、在り得ると思っておりますがね。

 朝鮮の"全ての障害を乗り越えてここまで来た"という言葉にも、拉致を含めて、今までやって来たすべての犯罪行為を、そう簡単に乗り越えられても困るのであります。今の状態を、乗り越えた結果だと言われてもねぇ・・・。

 "米国が拉致問題を議題にするように"と、やいのやいのの催促も、私も日本国民ですから気持ちは分かるのですが、過分の固執が良い結果を導くのかどうかは、分からないと思っております。基本的には、"拉致問題は北朝鮮と日本との二国間の問題ではないか?"と思えるからです。北朝鮮や世界から、"トラの威を借るキツネだ"と言われるでしょうしね。
 現実的には、米国の力を借りなければ解決の可能性が無いのも事実でありまして、被害者の気持ちを考えると、そうせざるを得ないのも事実であります。北朝鮮もそこを見越して、「何故、直接言ってこないのだ。」と言っているのですよねぇ。

 かに、歴史的会見ではありました。トランプさんは、鼻高々の成功宣言です。でも、単なる、政治ショーで終わらせる訳には行きませんし、北朝鮮の時間稼ぎに終わらす訳にはまいりません。全ての評価は、今後の事態の推移を確認した後しかできないのも事実であります。北朝鮮がこれまで開発した核兵器とミサイルを、「はい、分かりました。」と、あっさり全てを放棄するとは、どう考えても考えられないのですがねぇ・・・。米国本土も、結構、冷ややかな目で見ている人も多いようですが、今後の事態の推移を見るしかないと思うのです。また、以前の二の舞を演じないように、注意をしながら・・・。勿論、拉致問題の為には二国間の協議を目指さなければなりません。拉致問題は、日本と北朝鮮との問題だと思います。



6月の軽井沢

6月に軽井沢に入ると、何時も思う事があります。それは、軽井沢の6月が、私が育った西日本の状況と、可なり、異なるということに起因するのかもしれません。勿論、位置的な違いから、緯度・標高が異なることによるのですが、見た目も状況もかなり異なりますからねぇ・・・。

井沢を訪問するようになって、6月の軽井沢で、一番、びっくりしたのは、エゾハルゼミの声でありました。生まれて初めてのことでしたので、最初の言葉は、「あれは何なの? カエルか?」だったと思います。緑の海の中、湧き上がるように聞こえる鳴き声は、私にとっては、何とも説明のつかないものでありました。

れが、"エゾハルゼミ"だという事を聞いて、その後は、軽井沢でこの声を聞く度に、"あぁ〜、今年も春ゼミの声を聴くことが出来た!"と、一年の時の経過と、わが身の状態に感謝の念を感じるのであります。また、軽井沢の6月は、木々の緑が、一番、綺麗な時だと思っております。緑の濃さは7月の方かもしれませんが、明るさ・鮮やかさを持った緑と言う意味では6月の緑が最高だと思います。この感激は、単に、観光で訪れた場合は、中々、実感できるものでは無いと思います。

年は、梅雨入りの日に軽井沢入りをしましたが、お陰様で、雨に降られたのは最初の日と最後の日だけでした。最後の日は、台風接近のおまけまでつきましたがねぇ・・・。

(下)6月の軽井沢。
186131186134







186133186132






ハルゼミと
緑のるつぼ
軽井沢
この一年の
無事を慶ぶ

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



sfree261jp at 09:13コメント(0) 
軽井沢 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
Categories
Recent TrackBacks