2018年08月31日

8月31日です。

 日は、タイトル通り、8月31日です。一般的には、夏の終わりを意味するものだと思います。
でも、今年の夏は、今迄の夏には無かったような夏だったと思っております。"暑さ"にしてもそうなのですが、同時に、自分自身でこれほど強く"歳"を感じのも初めてでした。

 年の夏を言葉で表すなら、"酷"だと思います。色々な意味を持つ言葉なのですが、今年の酷は、厳しいという意味を込めております。まず、今年の関東の梅雨明けは、信じられないくらい早い時期だったと思います。そして、残暑も例年以上に厳しいものでした。従って、経験したことの無いような、長い夏となりました(関東だけかもしれませんがねぇ)。8月の初旬には、"今年の夏は長いなぁ"と、"天麩羅のたね"になって八方ふさがりの様な気分になったことを覚えております。

 温も、最高気温の記録更新をしたと記憶しておりますが、兎に角、暑い日が続きました。私のように老年になりますと、暑さの感じ方が鈍くなるのですが、35゜Cを越す気温を体験しますと、流石に、"異常さ"を感じざるを得ませんでした。個人的には、中東で50゜C超を経験したことはありますが、今年の夏は、それとは異なる不快感を感じてしまいました。高い湿度の為だろうとは思っているのですが、中東でも、湿度は高かったと記憶しているのですがねぇ・・・。

 年言われている"異常気象"とか、"地球温暖化"と云う言葉を信じてしまい、更に温暖化が進めばどうなるのだろうという"恐怖心"と共に、8月の終わりを迎えることになりました。私は、残された年数に限りがありますが、若い人々は、どう感じての8月の終わりなのでしょうねぇ・・・。

 では、スポーツ界の不祥事が続いております。自然も人間も、変化しているのですかねぇ・・・。


8月終わりの軽井沢(1)

 が家的には、夏の軽井沢での滞在期間は、大まかながら決まっていたのですが、今年は家庭の事情もあり、可なり、変則なものとなりました。今回は、23日から29日の滞在となりました。今年の夏トータルとしては、例年よりは少ない日数だったと思います。我が定宿の近くの別荘持ちの人から、「今年は来てないけど、どうしたの?」と電話がかかってきたこともありました。

 年も、何回か軽井沢行きをしたのですが、これを言葉で言えば"暑"だと思います。流石に軽井沢ですから、"酷"という言葉は使えませんが、暑かったですねぇ。軽井沢では、過去、何回も最高気温30゜C超えを経験しましたが、今年の"暑"は、今までにない不快感を感じました。理由は分かりませんが、最低気温が高かったからではないかと思っております。

 "暑"の影響だと思いますが、今年の観光客数は少なかったと思います。テレビで、"今年の軽井沢は暑い"と放映されたことが影響しただろうと思っております。8月のテレビで、"例年、夏の観光客が20万人弱だが、今年は2万人位少ない"と、放映されたと記憶しています(全て、うろ覚えの数字です)。ても、確かに、ツルヤや旧軽銀座の人出を見ると、"なる程!"と納得します。

 国的に、植物の生育に変化があったと言われております。今年の桜も、異常に近い程、早かったですよねぇ。軽井沢近辺でも、植物全般、特に果物などは、生育が10日程度早いと言われておりました。我が定宿の付近も、大体、2週間程度早いのが多かったのですが、今回の訪軽で、例年、8月15日前後に満開になるレンゲショウマが、まだ、蕾のままで残っているものが在ったことには、驚いたり、よろこんだりでありました。だって、レンゲショウマは、私の一番好きな花なのです。"清純"、"控えめ"を花にすれば、是しかないと思っているのです。(下・左)レンゲショウマ。(下・右)フシグロセンノウ。
k8311k8312





(下)8月28日頃の旧軽銀座。

k8271k8281


sfree261jp at 11:54コメント(0) 
横浜 | 軽井沢

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
Categories
Recent TrackBacks