2018年10月12日

退院いたしました!

  日、やっと退院いたしました。
   と言っても、私自身ではありませんで、パソコンのことであります。実は、10月8日に、パソコンで月末の福岡行きの航空券の予約をして、結果をプリンターで打ち出しをしたのですが、文字が出てこないのであります。正確に申しますと、黒文字が出てくるべきところが、印字が無いのであります。他の色の文字は打ち出すのですがねぇ・・・。何回か繰り返していると、黒文字の処も、何か印刷はしているのですが、何を印刷しているのかは分かりません。

 何回繰り返しても、駄目なものは駄目でした。翌日も、トライしたのですが、翌日は、更に,悪化して、何回やっても白紙のままです。遂に、対応の方法がなくなり、メンテを頼んでいるお店に、パソコンとプリンターを持ち込みました。

 
 査をして貰った結果は驚くものでした。だって、「どこも悪くないですよ。テストをしても、年数を考えれば、これくらい綺麗に色が出るのは珍しい方です。 ただ、パソコンのメンテがなされていないので、この際、きちんとメンテをしたらどうでしょう。」とのお返事でした。

 プリンターの買い替えを覚悟していた私にしてみれば、"助かった!"であります。でも、"どうして、我が家では、プリンターであんなことが起きたのでしょう"という疑問は残ります。それに対しては、「メンテをしていないと、システムに誤動作が出てくることがあります。その為にも、この際メンテをしてください。」とのお話でありました。

 
 方なく、そのまま入院ということになりました。そして、今日が退院の日でありました。
"メンテが済んだら、今日は自宅に持ち帰れる!"と、約束のお昼過ぎに、お店に行きました。

 「パソコンを受け取りたいのですが。」とお聞きしたら、「大変申し訳ありません。その後、改めてプリンターを調べて見ましら、やはり、ヘッドが可なり傷んでおりました。工場に送って修理するか、更新するかないようです。この際、更新をお勧めしますが・・・。」とのことであります。


 んな!!!」とは思いましたが、仕方ありません。プリンターの更新をすることにして、プリンターの買い替えとセットアップ代2万円弱を支払い、今日の19時前に引き取りを完了いたしました。
 2万円弱の出費はありましたが、やっと、このブログもアップできるようになりました。でも、この間、日常生活で如何にパソコンに依存していたかが良く解りました。"依存症"とまでは言いませんが、本当に、不便さと寂しさを実感いたしました。

恐ろしい事です ! 
世の中、何が起こるか分からないのです! ! !

 

 

 



我が故郷、福岡(最近の福岡)

"当然"と言えばそれまでですが、私が学校卒業して以降、街は大きく変わりました。勿論、私が言っている"街"は、福岡市の中心街・繁華街のことであります。そして、その変化の大部分は、バブル崩壊以降の不況の時期だと思います。
 日本経済は、バブルの崩壊以降、アメリカのリーマンショックを受け、長い・長い失われた時代となりました。折しも、民主党政権となり、"公共事業=悪"の認識が広まりました。確かに、不況だから仕方が無いのかもしれませんが、"安ければよい"という時代となり、この時代に日本全体が、物理的にも、精神的にも大きく変わった時代だと思います。

岡も大きく変わったと思います。私が子供の頃、絶対的な中心地だった天神町界隈は、岩田屋デパートの移転と共に、その雰囲気は一変致しました。その他の地域も大なり小なり、似たような経過を経た筈であります。そして、その中で、新たな芽生えと復活を遂げた処と、まだ、低迷したままの処とが混在しているのではないでしょうか。

も福岡市全体を見ている訳ではありませんが、独断で、芽生えと復活をした処は、天神界隈、カナルシティや中洲・川端商店街、JR博多駅界隈等だろうと思います。これらの処は、元々、福岡市の繁華街でしたから当然言えば当然なのです。その中で、JR博多駅界隈は、新幹線の駅もあるにもかかわらず、昔は、余りにぎやかな処では無かったと記憶しております。でも、近年、急速に発展した様です。JRの在来線と新幹線の駅、バスターミナル、地下鉄の駅等からすると、遅すぎなのですがねぇ・・・。これも、不況の所為ですかねぇ・・・。一方、箱崎などの東部地区と"夜の街・中洲"は、未だに、以前の活気を取り戻してないような気もします。

は変わって当然と言うか、変わらなければならないとは思います。でも、年に1〜2回見る我が故郷は、まだまだ、平成の大不況の後遺症の中に居るような気がします。先日、テレビで平成の総括の様な番組を見ましたが、私的には、平成は"不況と破壊"の時代だったと思います。(下・左)川端商店街。博多の一番古い商店街では無いでしょうか?(下・右)中洲の川。この川を見ると、バーブ佐竹の演歌"ネオン川"を思い出すのです。

181091181092







(下・左)昼の中洲。昼の盛り場は、観るものでは無いと言いますがねぇ。(下・右)現在の天神の街並み。
181093181094








 故郷は 遠きに在りて 思うもの ですかね!

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



sfree261jp at 22:07コメント(0) 
横浜 | 我が故郷、福岡

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
Categories
Recent TrackBacks