2018年11月14日

取り敢えず、アウトではありませんでした! ! !

    今日は、先週8日に実施した血液検査とMRIの検査結果を聞く日でありました。

   合室で待っていると、今日は意外と早く呼び入れられました。既に、度々お世話になっておりますので、検査結果を聞く時は、ドアを開けて先生の声を聴いて、顔を見れば、大体の予想は着くようになりました。今日も、入室して最初の言葉は、割合明るい声での「その後、体調に変化はありませんか?」でありました。

 体、最初に検査結果についてのコメントが出る時は、余り、結果が良くない時でありまして、今日のように、現在の体調・状態等から話が始まる時には、検査結果に問題が無い場合が多いのであります。お陰様で、今日の結果も、全体としては、問題が無い状態でありました。

 体的に申しますと、コレステロールについては、高いながらも基準値には一割くらいの余裕を残してセーフに戻りましたし、前立腺のpsaについては基準からするとアウトなのですが、細胞検査をしなければならない5は越していませんし、検査値も以前の値からしても低い方の値でありました。先生も、「う〜ん、MRIの検査でも問題なかったし、この値なら前立腺がんの心配は、少し、和らげて良いかなァ・・・。検査期間も、半年まで伸ばして良いかなぁ。」とのお話でした。

 レステロールについては、我が家の奥様も、「芋虫みたいにブロッコリーを食べさせたからねぇ。絶対、下がると思ったわよ!」とのご宣託でありました。ブロッコリーは、"高コレステロールに良いから"と、私が奥様にお頼みしたものであります。

 回は可なり心配をした検査結果でしたが、決定的なアウトにはなりませんでしたし、内容的には、良い方向でありました。ありがたや〜、ありがたや〜!!!


 院からの帰宅時に、珈琲を買って帰りました。お店は、新横浜のプリンスペペの地下に在ります。"何故ここで買うのか?"と言いますと、私の好きな銘柄の珈琲を常に置いているのと、一階上には、別の銘柄を売っている成城石井があるからです。ここで私が買うのは、モカマタリであります。 
 何故、これなのかと言いますと、全体としてマイルドな味で、特に私の嫌いな"苦み"が強くないからであります。

 のモカマタリを買うようになって久しいのですが、最近、"モカとモカマタリの関係は何なのだろう?"と、思うようになったのであります。一度、調べてみようとか、聞いてみようと思っておりましたが、今日まで果たせなかったのであります。確かに、昔はモカを飲んでいましたからねぇ・・・。

 る恐る聞いてみたのですが、お店の人は、にっこり笑って、「全然違いますよ。香りが違うし、酸味にしても苦みにしても、とても、マイルドですよ。勿論、値段も違いますけどね。」とのことでありました。更に、「私、珈琲は飲まないのですが、マカマタリだけは飲むことが出来ます。」とのお話でした。確かに、私がモカマタリを飲むようになったのも、"味のマイルドさ"でありましたし、特に、苦みが弱いのが最大の理由でありました。
 お店の人の調べでは、産地はモカはエチオピアで、モカマタリはイエメンであり、名前は似ていますが、全く関係ないようでありました。

 のブログをアップする序にネットで調べた
結果では、元々、イエメンのモカ港からヨーロッパに輸出されていた珈琲を"モカ"と言っていたのですが、その中には、対岸の国のエチオピアの珈琲も入っていたのであります。その後、これらを区別するために、モカの次に産地をつけて区別するようになったそうです。偶々、今日のお店に在ったモカはエチオピア産の珈琲だったようです。

 い時は、珈琲はモカが一番と思っていたのですが、この歳になって、モカはモカマタリでなければと思うようになりました。これって、善い事なのか齢の所為なのか分かりません。



sfree261jp at 13:41コメント(0) 
横浜 | コーヒーのお話

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
Categories
Recent TrackBacks