2019年01月18日

私のお正月が、無事、終わりました。

 予報通り、暖冬なのですねぇ・・・。

 の暖冬の中で、私にとってのお正月の行事は、全て終わる事が出来ました。と言いますのも、3年前から、一般的なお正月の行事を終わりましたら、夫婦で旅行することを始めました。そして、この旅行を以て、私のお正月の全ての行事の終わりとすることにしたのであります。
 何故こんな事をするようになったのか、今では、良く解らない処もあるのですが、"正月行事をこなすのに疲れを感じるようになり、ゆっくり温泉でも行きたい。"と言うのが、始まりではなかったかと思っております。

 初の年は、片山津温泉と金沢に行きましたし、昨年は京都に2泊しての旅でありました。そして、今年は、天橋立と京都と言うことになりました。天橋立も京都府内なのでありますが、所謂、洛中ではないと言う意味からの表現です。
 例年、12月の中旬までに場所と行程を決めて予約を完了することにしております。今までは、目的地は我が家の奥様の意見を尊重し、その行程は私が決めるという事になっております。旅館も私が決めますが、後で、我が家の奥様から、クレームが来る時があります。

 年のテーマは、奥様の説明によれば、天橋立は天橋立そのものと共に、近くにある元伊勢籠神社と奥の院の眞名井神社に参拝することでありまして、京都(洛中)では、修学院離宮と詩仙堂を訪れることでありました。私も、お寺程ではありませんが、神社にも興味はありますし、神社専用の御朱印帳も持っておりますので、目的地については、私自身賛成なのであります。更に、京都に宿泊するのであれば、文句のつけようが無いのであります。

 いう事で、今年は、15日朝に横浜を出発して、新幹線と在来線特急を乗り継いで、天橋立まで直行いたしました。午後2時頃に到着しまして、その後は駅周辺で、高台からの天橋立展望、天橋立内の散策、寺の参拝をして、17時過ぎに宿に入りました。

 16日は、午前中は小雨がぱらついており、参拝中の半分以上傘をさしての移動でありました。我が家の奥様によりますと、参拝中の雨は、寧ろ、喜ばしい事だそうでありまして、奥様は納得しておりました。普通なら、雪が降っている筈ですから、積雪と雪よりは良かったのかもしれません。お昼に天橋立駅を離れ、午後2時過ぎには京都に戻ることができました。


 は、当初予定では京都入りの時間を17時前と考えていましたし、これまでの経験から、"二日目は余り行動しないでおこう"と思っておました。予定していない時間が京都で出来ましたので、これをどうするかは、前日から意見交換をしておりました。
 色々案は出たのですが、結局、最もポピュラーな、祇園八坂神社から四条烏丸、錦市場を散策し、京都駅近くのホテルに17時頃に入る事にしました。このルートは過去何度も歩いているのですが、何の目的もないまま散策するのは初めての経験でしたが、本当に楽しいと実感いたしました。 確かに、これまでは何々を買うからとか、何処何処のお店に行きたいからと言って、祇園に行っておりました。今回の様に、目的もなく、時間的制約も無しで、京都の街を歩くという事が、本当に、解放されたような非日常を味わうことが出来るということに、我ながらびっくり致しました。矢張り、京都です。改めて、"来て良かった!"と思いました。

 17日は、信じられないような快晴の一日でありまして、"3月になったのか?"と思いたくなるような天候でありました。まず最初に、事前に許可を取得していた修学院離宮を訪れ、昼食後に詩仙堂を訪れました。その後は、銀閣寺近くにあるお菓子屋さんを探しに行くことにしておりました。
 その動機は、"昨年の暮れに頂いた京都のお菓子が、とても美味しかったので、是非、お店を訪れたい。"と言うのであります。私も、お酒も飲みますが、甘いものも大好きですから、そう言うお店を訪ねるのに異存はないのであります。

 の後は、我が家の京都最終日の定番ルートであります。四条河原町、錦市場を経由して、京都駅付近で食事をして帰宅いたしました。最終部分は、前日歩いたルートと、可なり重なりますが、この日の目的はお土産の確保でありまして、昨日の散策が無駄になる訳ではありませんし、昨日の散策の途中での品定めは、17日のお土産確保にも参考になったのも、事実であります。

 の旅行も今年で三年目になります。お陰様で、小旅行は無事に終わりました。多量に持って行った"使い捨てカイロ"は、一枚も使いませんでしたし、旅行中はトラブルもなく、"行って良かった!"と思える旅行が出来ました。
 こんなことが出来るのも、経済的にも体力的にも、何とかやっていけるからであります。来年もこの様なことが出来るかどうかは、全く、予想がつかないのであります。ですから、旅行中も来年の話はしておりません。今の状態であれば、"何とか、なるのではないか!"という、淡い期待は持っておりますがねぇ・・・。


sfree261jp at 14:24コメント(0) 
横浜 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
Categories
Recent TrackBacks